チョッキバンギラス 剣盾。 【剣盾育成論】耐久振り弱保バンギラス

【育成論】突撃チョッキジュラルドン【ポケモン剣盾】

チョッキバンギラス 剣盾

そこで「じゃくてんほけん」を持たせ、バンギラスの攻撃力上昇を狙うのがこの型のコンセプトです。 また、攻撃は性格補正を受けやすい数値 11n調整 、素早さは60族の素早さ無振りのポケモンを余裕持って抜ける調整です。 今回は「ミミッキュ」を意識し、「ばけのかわ」を剥がすことができる「ロックブラスト」を採用しました。 ・バンギラスやナットレイを意識した技選択。 使ったあとは攻撃が下がるので注意しよう。 ・ナットレイやドリュウズを意識した技選択。 威力はそこまで高くないので気をつけよう。 技の構成や選択は「じゃくてんほけん型」と変わりませんが、攻撃に特化しており倒せる範囲が広がっています。 使ったあとは攻撃が下がるので注意しましょう。 ・ナットレイやドリュウズを意識した技選択です。 威力はそこまで高くないので気をつけましょう。 耐久力を活かしたアタッカーの面を持ちつつ、「ちょうはつ」「ステルスロック」の組み合わせによる起点づくりが強力です。 積みポケモンなどに対して有効。 「ひかりのかべ」「リフレクター」などを壊せる、格闘タイプの技。 バンギラスの役割と立ち回り 耐久もある物理アタッカー 「バンギラス」は攻撃のみならず、HPや防御、特防の種族値も高い、高耐久物理アタッカーです。 その高耐久を生かして、後出ししたり、「じゃくてんほけん」を使って火力を上げる戦略が強力です。 砂パーティの中心ポケモン 「バンギラス」は特性の「すなあらし」で天候をすなあらしにできるので、特性「」を持つ「ドリュウズ」と組ませることでいわゆる「砂パ」を組むことができます。 天候がすなあらし状態では、岩タイプのポケモンの特防が1. 5倍になるほか、岩、地面、鋼タイプ以外のポケモンは微量ですが固定ダメージを受けるので、岩タイプは非常に有利な状況にすることができます。 バンギラスと相性の良いポケモン 格闘タイプに強いポケモン バンギラスは、格闘タイプの攻撃で弱点を狙われやすいので、格闘タイプに強いポケモンがおすすめです。 格闘タイプの攻撃を無効にするゴーストタイプや、格闘タイプに弱点をついて起点にしやすい、飛行タイプのポケモンなどがおすすめです。 そのため、バンギラスの「すなおこし」を活かせるポケモンとして、非常に相性が良いです。 相性補完の面では、ドリュウズの苦手な飛行や炎タイプに対して、バンギラスが対処しやすいです。 ただし、格闘技を持っているポケモンに注意して戦いましょう。 いかにバンギラスの防御種族値が高いといえど、4倍弱点のタイプ一致技は耐えるのが難しいので、格闘タイプの技で一撃ひんしを狙いましょう。 バンギラスがダイマックス化した場合は、攻撃全振りギルガルドのインファイトでも一撃で倒すことはできないので、ダイマックスでの受けは必ず警戒しましょう。 「」や「」などを使い、積極的にやけど状態を狙いましょう。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。 関連記事 新ポケモンの育成論一覧.

次の

【剣盾S4シングル】邀撃バンギバナガア【最終101位/142位】

チョッキバンギラス 剣盾

そこで「じゃくてんほけん」を持たせ、バンギラスの攻撃力上昇を狙うのがこの型のコンセプトです。 また、攻撃は性格補正を受けやすい数値 11n調整 、素早さは60族の素早さ無振りのポケモンを余裕持って抜ける調整です。 今回は「ミミッキュ」を意識し、「ばけのかわ」を剥がすことができる「ロックブラスト」を採用しました。 ・バンギラスやナットレイを意識した技選択。 使ったあとは攻撃が下がるので注意しよう。 ・ナットレイやドリュウズを意識した技選択。 威力はそこまで高くないので気をつけよう。 技の構成や選択は「じゃくてんほけん型」と変わりませんが、攻撃に特化しており倒せる範囲が広がっています。 使ったあとは攻撃が下がるので注意しましょう。 ・ナットレイやドリュウズを意識した技選択です。 威力はそこまで高くないので気をつけましょう。 耐久力を活かしたアタッカーの面を持ちつつ、「ちょうはつ」「ステルスロック」の組み合わせによる起点づくりが強力です。 積みポケモンなどに対して有効。 「ひかりのかべ」「リフレクター」などを壊せる、格闘タイプの技。 バンギラスの役割と立ち回り 耐久もある物理アタッカー 「バンギラス」は攻撃のみならず、HPや防御、特防の種族値も高い、高耐久物理アタッカーです。 その高耐久を生かして、後出ししたり、「じゃくてんほけん」を使って火力を上げる戦略が強力です。 砂パーティの中心ポケモン 「バンギラス」は特性の「すなあらし」で天候をすなあらしにできるので、特性「」を持つ「ドリュウズ」と組ませることでいわゆる「砂パ」を組むことができます。 天候がすなあらし状態では、岩タイプのポケモンの特防が1. 5倍になるほか、岩、地面、鋼タイプ以外のポケモンは微量ですが固定ダメージを受けるので、岩タイプは非常に有利な状況にすることができます。 バンギラスと相性の良いポケモン 格闘タイプに強いポケモン バンギラスは、格闘タイプの攻撃で弱点を狙われやすいので、格闘タイプに強いポケモンがおすすめです。 格闘タイプの攻撃を無効にするゴーストタイプや、格闘タイプに弱点をついて起点にしやすい、飛行タイプのポケモンなどがおすすめです。 そのため、バンギラスの「すなおこし」を活かせるポケモンとして、非常に相性が良いです。 相性補完の面では、ドリュウズの苦手な飛行や炎タイプに対して、バンギラスが対処しやすいです。 ただし、格闘技を持っているポケモンに注意して戦いましょう。 いかにバンギラスの防御種族値が高いといえど、4倍弱点のタイプ一致技は耐えるのが難しいので、格闘タイプの技で一撃ひんしを狙いましょう。 バンギラスがダイマックス化した場合は、攻撃全振りギルガルドのインファイトでも一撃で倒すことはできないので、ダイマックスでの受けは必ず警戒しましょう。 「」や「」などを使い、積極的にやけど状態を狙いましょう。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。 関連記事 新ポケモンの育成論一覧.

次の

【ポケモン剣盾】ウインディの育成論と対策

チョッキバンギラス 剣盾

一貫性の高い技による相手のサイクルへの負担 持ち物の項で話した通りですが、ある程度の火力を持たせることにより後続の負担を軽減することが可能です。 選出の柔軟性 見せ合いの時点で相手に受けループが苦手とするポケモンが見えたため受けループではなく裏選出をする場合、このバンギラスはAにしっかりと振ってあるため高耐久物理ATとして普通に機能するので選出をそれほど圧迫しないですみます。 言い換えれば受けループ要因としても裏選出の物理ATとしても動けるということです。 受けループメタメタ メタというのは言い過ぎかもしれませんが受けループが苦手なメガゲンガー・ギルガルド・ウルガモスに打点をもてる点は他のポケモンにない強みです。 また追い討ちにより苦手な相手を確実に処理できる点もありがたいです。 努力値、性格 性格は意地っ張りで確定、努力値はHA252,S4をベースに調整をしていくのがベストかと思います。 ただ下手にAを削るとこの型の強みが薄れるのでその点には注意してください。 ちなみに特殊耐久はH振りチョッキだけでも特化バンギラスをに上回ります。 ちなみにこの振り方だと実質的なD種族値が250、種族値合計が750となり多くのメガシンカ勢をも上回る種族値となります。 他に目ぼしい調整先がありましたらコメント欄でご指摘くださると助かります。 技 確定技• 今作で鋼に対して等倍で入るようになり一貫性が上がったので使う機会も多目です。 やりたいことが違うので両立もありです。 ストーンエッジ ファイアローやリザードンY、オンバーンなどへの遂行技。 一貫性が高く、出てくる相手にも等倍以上で入りやすいので確定です。 岩雪崩は今回のコンセプトを考えると候補外です。 技マシン。 選択技• 地震 岩技との相性補完。 ギルガルドに非接触で抜群をとれる貴重な技ですが、実際に撃ちたい相手はそれほど多くないです。 技マシン。 前作教え技。 冷凍パンチ ガブリアスがどうしようもないときに。 相手が後だしをしてくるタイミングか交代読みで文字・剣舞をしてくる隙を見て使います。 前作教え技。 大文字 ハッサムやエアームドへの役割破壊。 特にエアームドは受けループを使っていると意外と面倒な相手なので採用価値は十分です。 技マシン。 空元気 未だに多い鬼火持ちへの打点として。 ゴーストを呼ばないので相性は悪くないですがやはりピンポ気味なので優先度は低いです。 技マシン。 ダメ計 まだ環境が安定していないのでメジャーそうなものだけ載せておきます。 与ダメ メガライボルト・メガクチートは威嚇込みの計算です。 [ストーンエッジ] H4 156-90 バシャーモ 81. リザYの気合玉でも砂下なら耐え、ウルガのさざめきを半分以下に抑えるあたり化け物じみた数値の力に戦慄させられますね。 またドラゴンテール自体もチョッキを持たせている関係でステロとの両立ができず、一致技の一貫性とサブウェポンの範囲が優秀なため使っていて欲しいと感じた場面も少なかったです。 折角の提案申し訳ないですが以上の理由で見送らせていただきます。 ミトムは環境初期はHB オボンみたいなのがほとんどでしたがここ最近は拘りや壁などの鬼火を持たない個体も一定数いるのでなんとも言いがたいですね。 鬼火持ちが未だに多いので一応候補には追加しておきますが優先度は高くなさそうです。 代弁感謝です。 サーナイトに関してもご指摘の通りなので調整案を見直しておきます。 特殊耐久に関しては特化バンギラスの1. 07倍の耐久なので流石といったところですね。 敬語を使っていないコメントは申し訳ないですが規約違反として削除させていただきます。 申し訳ありません。 打点をもてるといった程度に捉えていただけるといいかと思います。 基本、相手にギルガルドが見えた場合受けで固めた選出はできないので受けループ要因以外での選出を考えます。 その際このバンギラスは通常の物理ATとしての選出ができ、ギルガルドにしっかりとした打点を持てるポケモンがいることで他の2体のポケモンの動きに余裕を持たせられるといった具合です。 ギルガルドに関するダメ計はこちらのミスですので追加させていただきました。 そして命の珠は持たせるポケモンを限定せず、メガシンカよりもよほど奇襲性が高いです。 とどのつまり、メガシンカ云々のくだりはまるまる削ってもいいかと。 AC150超えがざらであるメガシンカのポケモン、という表現を見るかぎり、投稿者はほとんどのメガシンカ勢が命の珠をもたせたポケモンに火力で劣ることを失念してたっぽいですし。 ちなみに5世代の受けループは、珠アタッカーに崩されることはありませんでした。 頭の中ではわかっていたのですが文章を書き直しているうちにこのような表記になってしまったようです。 修正しておいたのでご確認ください。 評価は5で。 バンギラスには、ゴースト・エスパーに対する追い討ち要員というイメージがあるのですが、対面した時にどのくらい追い討ちが決まるのか、体感でいいので教えてください。 ぼくはシーズン1でHAチョッキバンギを愛用してました。 ぼくのPTはでんきが重く、電気は特殊が多いイメージだったので、チョッキを持たせ、じじんで追行するというコンセプトでした。 技構成は、「なだれ、かみくだく、じしん、アイヘ」でした チョッキを持っているおかげで、メガデンリュウのきあいだまやメガサーナイトのムーンフォースも耐え、打ち勝つこともありました。 シーズン2はほとんど潜れていないのですが、チョッキバンギは攻守ともに備えたアタッカーとして、非常にいい型だと思います。 一応ギルガに対してですが、交代読みでかみくだくを打ち込めなければ、対面でじじん連打で 聖剣のないギルガは倒せました。 すべてのギルガに強いとは言い切れませんが、少なくとも負荷はかけれます。 相方には、ガブを見れるスカーフキッス、ヤドラン ガルーラにワンチャンあるギルガ、ガブの3体で回すことが多かったです。 ガルーラと対面したときの恐怖がありますので バンクも解禁しましたし、物理受けデスカーンなんかとの相性がいいなと感じました。 長くなってしまい申し訳ありません。 チョッキバンギを使用した感想でした。

次の