豚肉の生姜焼き レシピ。 定食屋の味に近づく!生姜焼きを柔らかく仕上げる簡単テク

【殿堂】生姜焼きレシピ!人気1位は?つくれぽ1000超えの絶品だけ集めました♪

豚肉の生姜焼き レシピ

豚肉の筋切りと下漬け 豚肉は厚みのある生姜焼き用を2人分で200gほど使います。 それに対する生姜の分量は下の写真くらいのサイズ。 20〜30gほどあればしっかり生姜の風味が出てくれると思います。 肉の下ごしらえは 『筋切りと下漬け』をします。 まず、まな板の上に豚肉を1枚ずつ広げ、赤身と脂肪の間に筋があるので、 1㎝間隔くらいで包丁の切っ先を筋に刺して、断ち切ります(片面は丁寧に、裏面は大きな筋に包丁を入れるくらいでOKです)。 それから、焼く前に下漬けをします。 厚みのある生姜焼き用の肉はそのまま焼いたら少し硬くなるので、生姜や酒に漬け込み、しっとりやわらかく焼き上げるためです。 下漬けとたれに生姜とにんにくを使うので、たれを作るボウルにまとめてすりおろします。 筋を切った豚肉はバットに広げ、Aを加えます。 そこに 先ほどしぼった生姜&にんにくをひとつまみ分ほどしっかりしぼって汁を加えます。 豚肉を漬け込んでいる間に、玉ねぎを薄切りにして、キャベツのせん切りなどの野菜も準備しておきましょう。 そこに 下漬けに使った調味料を7〜8割ほど加え、しっかり混ぜ合わせます(残りの2〜3割の調味料は捨てて、しっかり汁気を切っておきましょう)。 スプーンの中に残りやすいケチャップを量る前に、ごま油でコーティングするとケチャップがキレイに落ちてくれます。 全体に油がまわれば、玉ねぎを端によせ豚肉を広げ入れます。 豚肉を焼き始めると、肉から少し水分が出てくるので、その水分が飛び、焼いている面にちらほら色づく部分が出てきたら裏返します。 反対側も色が変わる程度に焼いたら、たれを全量加えます。 火加減そのままで煮詰めていきます。 豚肉と玉ねぎの上下を時おり返しながら、 たれが煮詰まって豚肉にしっかりからんでくるまで焼けば完成です(私はたれを入れて2分ほどで適度に煮詰まりました)。 フライパンを火から外し、器の奥にキャベツのせん切りを、その横に玉ねぎ、手前に豚肉の生姜焼きを盛り付けます。

次の

タモリの豚の生姜焼きの人気1位レシピ

豚肉の生姜焼き レシピ

肉を軽く焼いてからタレを絡めて焼けば完成!37秒で作り方がわかるレシピ動画があります。 豚ロースで作ります。 下味をつけた豚肉に小麦粉をまぶして焼いてからタレを加えて煮詰めます。 豚の生姜焼きの人気検索で1位になったレシピです。 【つくれぽ3,729】なすと豚のしょうが焼き風。 豚肉だけでなく、野菜もたっぷり摂りたいときにもいいですね。 レシピ動画あり(58秒)。 そのあとにタレを加えて焼いて完成。 豚肉は肩ロース、ロース以外にこま切れでもOK。 がっつり食べたいときにおすすめです。 塩コショウし、片栗粉を付けてフライパンで焼いてからタレを入れて加熱して完成。 レシピ動画あり(51秒)。 酒で下味をつけた豚肉と一緒に大根も焼いて、タレを加えて炒めたら完成。 レシピ動画あり(1分5秒)。 フライパンで炒めるときは油を入れないのがこのレシピのポイント。 豚ロース肉を使って、小麦粉を付けて焼いてからタレを入れて焼いて完成。 レシピ動画あり(46秒)。 お肉が薄いから子供でも食べやすいです。 15秒のクックパッド料理動画があります。

次の

【殿堂】生姜焼きレシピ!人気1位は?つくれぽ1000超えの絶品だけ集めました♪

豚肉の生姜焼き レシピ

ご飯に合うおかずベスト3に入ると思われる「豚肉の生姜焼き」。 みんな大好きなおかずなので、 下味を付けてから焼くとか隠し味にヨーグルトを使うとかケチャップを使うとかお酢を使うとか片栗粉を付けてから焼くとか、いや小麦粉だとか玉ねぎも一緒に焼くと甘みが増すとかいろんなことをみなさん研究しておられますが……、 ゆきちゃめゴンはそんなめんどくさいことは一切しません。 材料は3つだけ!• 薄切りの豚肉 250gぐらい• すりおろした生姜 2かけ分ぐらい• めんつゆ(3倍濃縮のものを薄めずにそのまま使用) 大さじ3杯 以上! すりおろした生姜は面倒ならチューブのものでも大丈夫ですし、濃縮のめんつゆがない場合は [醤油大さじ1. 5杯、みりん大さじ1. 5杯] におきかえてもOK! あとは焼くだけ! なのですが、覚えておきたいポイントは2つ。 1つめのポイントがあるとすれば、あえて私は 薄めの肉がよいと思っています。 「生姜焼き用」といって売られているもののなかでも薄めのものを選ぶか、もしくはしゃぶしゃぶ用肉なんかもおすすめです。 薄い方がすぐ焼けるし、味もしみ込みやすくて簡単においしくなるのです。 あとは焼くだけ で、あとは焼くだけです。 まずフライパンに油をひき、 肉を乗せて行きます。 豚肉って、なぜか折りたたんだ状態でパックされていることが多くて、そのまま焼くと火の通りがよくないのでちょっと面倒ですけど広げてから焼きます。 これが2つめのポイントです。 というかこれぐらいしかポイントがないほど簡単なんですわ。 肉を広げながらフライパンへ。 焼けてきたら裏返します。 全体に火が通ったら生姜を投入。 生姜のいい香りがしてきます。 生姜が行き渡ったら、めんつゆをジャーっとかけちゃいます。 こんな感じにフツフツしてきたら完成! いざ、いただきます お皿に盛りつけて、と。 いいテリだ! おいしそう! いただきます! 「!」多すぎだけど気にしない! ご飯にワンバウンドさせ、少しタレをご飯にしみ込ませ、うぅぅ、たまらない! 生姜焼きとご飯のゴールデンコンビ、フォーエバー。 最後に キャベツとはよく合うので、個人的にはあったほうがいいとは思うのですが、野菜なんかいらん、肉! 肉! 肉だけあれば! という方はキャベツもナシでご飯に直接のっけて「生姜焼き丼」にしてもよいと思います。 むしろそっちのほうが豪快かもしれないですね。 とにかく簡単なので、ぜひトライしてみてください!.

次の