猫 に なっ たん だ よ な 君 は 歌詞。 ASIAN KUNG

東方 歌詞: のりたんの日記

猫 に なっ たん だ よ な 君 は 歌詞

楽曲名「君がいて水になる」とは 「水になる」とは 消えうせる。 むだになる。 ふいになる。 という意味になっています。 そのため 「君がいて水になる」は 君がいると、無駄になる という意味を持ちます。 この楽曲名が後述していく 歌詞の内容と大きく関与してきます。 ) zutomayo とコメントしてます。 朧げとは、 はっきりしないさま。 ぼうっとしているさま。 見比べると 「澄明」と 「朧げ」は 相反した意味を持つことが分かります。 どちらの側面も持っているということでしょうか? 本題の歌詞に迫っていきます。 歌詞 はみ出してた 淡い紺色がずっと 僕らの時間を解決させずに 砂を払ったりした 考えとか捉え方も知らないや 朝に齧った憂いで 記憶を眠らせたくて どこかにゆくのか 留まる勇気が 試されてるのか 疑うことで信じたい 踊りはしないさ 音も無くなれば 手放せた 借りパクしてた 夜弦の月も 気配だけで超えられるから 柵や秩序の甘えは 君がいて水になる 色のない輝きを追うばかり 気にしてしまう距離が 僕にだけでありますように 小さな船流れ出す ただ力の抜けた光る方へ 鮮やかなフルーツに毒を吐いて 習ったばかりの嘘を挟んで 食べ尽くすことで どうにか立っている 変な言葉使う僕でいなきゃ 交わることない 類いにはまって 君を逸らして 傷を抉って 磨り減った心で 歌を歌って 君が笑うなら 僕も笑ってみるよ 気配だけで超えられるから 柵や秩序の甘えは 君がいて水になる 色のない輝きを追うばかり 気にしてしまう距離が 僕にだけでありますように 小さな船流れ出す ただ力の抜けた光る方へ カシス色の髪が揺れている 喉が乾くほどに泣いている まだ 君のことまだ 途中地点の話をさせてね 何に誰に許可を貰って暮らしてんの 気持ちに名前 付ける必要なんてあんの 嗚呼 言い切れない 今は言い切れないままさ お洒落な言葉でいいから 少しでも触れられた瞬間 憧れで終われない 色のない輝きを追うばかり 探ってしまう歌が 君には届きませんように 小さな船流れ出す ただ力の抜けた光る方へ スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 はみ出してた 淡い紺色がずっと 僕らの時間を解決させずに 砂を払ったりした 考えとか捉え方も知らないや 朝に齧った憂いで 記憶を眠らせたくて 登場人物は 「僕」と 「君」 なにか「君」と出来事があって、 それを忘れたい 眠らせたい 君との出来事を、どういう思い出にしたらいいのかわからない 解決していない から、それに対して 憂鬱を感じている。 どこかにゆくのか 留まる勇気が 試されてるのか 疑うことで信じたい 踊りはしないさ 音も無くなれば 手放せた 借りパクしてた 夜弦の月も ここで私は解釈の肝となる二人の出来事を 主人公と君は不倫関係を持ってしまった のではなないか?と断定しました。 不倫だから、君との関係を続けていいのか、断ち切った方がいいのか。 葛藤している。 相手にとっては、その日限りの出来事。 心なんて動いていない。 自分にとっては、こうして 悩んでしまうほどの大きな出来事。 疑う 悩む 時間は君と関係を持った 証。 だから、こうして悩むことで君との関係性を顕在化させたい。 自分と同じように、君の心も揺れ動いていると信じたい 音というのは君との夜を彩ったもの。 自分が勝手に持ち帰った記憶 夜弦の月 も音さえ消えれば忘れることができそう。 サビ1 気配だけで超えられるから 柵や秩序の甘えは 君がいて水になる 色のない輝きを追うばかり 気にしてしまう距離が 僕にだけでありますように 小さな船流れ出す ただ力の抜けた光る方へ あくまでも君との関係は 「不倫」 法律や世間体、秩序があるから 君に本気になることはないという甘え。 結局、君のことをどうにかしたいと思う。 これは、隠し切れなかった明確な意思。 はっきりした幸せには進めないと分かっているけど、ぼんやりとした欲に溺れてしまう。 2番 鮮やかなフルーツに毒を吐いて 習ったばかりの嘘を挟んで 食べ尽くすことで どうにか立っている 変な言葉使う僕でいなきゃ 鮮やかなフルーツは、朧気な今の自分と対極な立場にある人々を比喩する。 つまり 真っ当な幸せを掴んだ人々のこと。 悔しいから、羨ましいから、それに小言を吐いてしまう。 不倫していることは誰にも言えないから 会話の中では必然的に嘘を挟む。 小言や嘘でまみれた自分が惨めなことは百も承知。 しかし、そうすることで、どうにか自分を成り立たせている。 交わることない 類いにはまって 君を逸らして 傷を抉って 磨り減った心で 歌を歌って 君が笑うなら 僕も笑ってみるよ 今まで好意を抱くことはないような どうでもいい類の人間に夢中になる。 君を忘れるために、そういった人にハマろうとするが、結局は 自分が擦り減っていくだけ。 気付けば、君の笑顔ばかり思い出している。

次の

あいみょん「猫」歌詞の意味を解釈&考察!強がる彼の気持ちとは?

猫 に なっ たん だ よ な 君 は 歌詞

楽曲名「君がいて水になる」とは 「水になる」とは 消えうせる。 むだになる。 ふいになる。 という意味になっています。 そのため 「君がいて水になる」は 君がいると、無駄になる という意味を持ちます。 この楽曲名が後述していく 歌詞の内容と大きく関与してきます。 ) zutomayo とコメントしてます。 朧げとは、 はっきりしないさま。 ぼうっとしているさま。 見比べると 「澄明」と 「朧げ」は 相反した意味を持つことが分かります。 どちらの側面も持っているということでしょうか? 本題の歌詞に迫っていきます。 歌詞 はみ出してた 淡い紺色がずっと 僕らの時間を解決させずに 砂を払ったりした 考えとか捉え方も知らないや 朝に齧った憂いで 記憶を眠らせたくて どこかにゆくのか 留まる勇気が 試されてるのか 疑うことで信じたい 踊りはしないさ 音も無くなれば 手放せた 借りパクしてた 夜弦の月も 気配だけで超えられるから 柵や秩序の甘えは 君がいて水になる 色のない輝きを追うばかり 気にしてしまう距離が 僕にだけでありますように 小さな船流れ出す ただ力の抜けた光る方へ 鮮やかなフルーツに毒を吐いて 習ったばかりの嘘を挟んで 食べ尽くすことで どうにか立っている 変な言葉使う僕でいなきゃ 交わることない 類いにはまって 君を逸らして 傷を抉って 磨り減った心で 歌を歌って 君が笑うなら 僕も笑ってみるよ 気配だけで超えられるから 柵や秩序の甘えは 君がいて水になる 色のない輝きを追うばかり 気にしてしまう距離が 僕にだけでありますように 小さな船流れ出す ただ力の抜けた光る方へ カシス色の髪が揺れている 喉が乾くほどに泣いている まだ 君のことまだ 途中地点の話をさせてね 何に誰に許可を貰って暮らしてんの 気持ちに名前 付ける必要なんてあんの 嗚呼 言い切れない 今は言い切れないままさ お洒落な言葉でいいから 少しでも触れられた瞬間 憧れで終われない 色のない輝きを追うばかり 探ってしまう歌が 君には届きませんように 小さな船流れ出す ただ力の抜けた光る方へ スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 はみ出してた 淡い紺色がずっと 僕らの時間を解決させずに 砂を払ったりした 考えとか捉え方も知らないや 朝に齧った憂いで 記憶を眠らせたくて 登場人物は 「僕」と 「君」 なにか「君」と出来事があって、 それを忘れたい 眠らせたい 君との出来事を、どういう思い出にしたらいいのかわからない 解決していない から、それに対して 憂鬱を感じている。 どこかにゆくのか 留まる勇気が 試されてるのか 疑うことで信じたい 踊りはしないさ 音も無くなれば 手放せた 借りパクしてた 夜弦の月も ここで私は解釈の肝となる二人の出来事を 主人公と君は不倫関係を持ってしまった のではなないか?と断定しました。 不倫だから、君との関係を続けていいのか、断ち切った方がいいのか。 葛藤している。 相手にとっては、その日限りの出来事。 心なんて動いていない。 自分にとっては、こうして 悩んでしまうほどの大きな出来事。 疑う 悩む 時間は君と関係を持った 証。 だから、こうして悩むことで君との関係性を顕在化させたい。 自分と同じように、君の心も揺れ動いていると信じたい 音というのは君との夜を彩ったもの。 自分が勝手に持ち帰った記憶 夜弦の月 も音さえ消えれば忘れることができそう。 サビ1 気配だけで超えられるから 柵や秩序の甘えは 君がいて水になる 色のない輝きを追うばかり 気にしてしまう距離が 僕にだけでありますように 小さな船流れ出す ただ力の抜けた光る方へ あくまでも君との関係は 「不倫」 法律や世間体、秩序があるから 君に本気になることはないという甘え。 結局、君のことをどうにかしたいと思う。 これは、隠し切れなかった明確な意思。 はっきりした幸せには進めないと分かっているけど、ぼんやりとした欲に溺れてしまう。 2番 鮮やかなフルーツに毒を吐いて 習ったばかりの嘘を挟んで 食べ尽くすことで どうにか立っている 変な言葉使う僕でいなきゃ 鮮やかなフルーツは、朧気な今の自分と対極な立場にある人々を比喩する。 つまり 真っ当な幸せを掴んだ人々のこと。 悔しいから、羨ましいから、それに小言を吐いてしまう。 不倫していることは誰にも言えないから 会話の中では必然的に嘘を挟む。 小言や嘘でまみれた自分が惨めなことは百も承知。 しかし、そうすることで、どうにか自分を成り立たせている。 交わることない 類いにはまって 君を逸らして 傷を抉って 磨り減った心で 歌を歌って 君が笑うなら 僕も笑ってみるよ 今まで好意を抱くことはないような どうでもいい類の人間に夢中になる。 君を忘れるために、そういった人にハマろうとするが、結局は 自分が擦り減っていくだけ。 気付けば、君の笑顔ばかり思い出している。

次の

ネコミミアーカイブ

猫 に なっ たん だ よ な 君 は 歌詞

オレンジ 作詞 トーマ 作曲 トーマ 唄 初音ミク 君のいる世界で笑ったこと、 君の見る未来を恨んだこと、 君の声、温もり、態度、愛のすべてが… 海街、赤錆びた線路沿い 二人、「幸せだ」って嘘ついて くしゃくしゃに笑う顔、繋いだ手 遠くの島、朝焼け 愛しきれない君のこと、 つられて泣く私も弱いこと、 代わりなんてないって、特別だって 許し合えた日も もう二人に明日がないことも ただ、ずっと。 そう、ずっと 隠してしまおう。 残される君に届く ただひとつを 今でも、探してる。 「元気でいますか。 」 「笑顔は枯れてませんか。 」 「他の誰かを深く深く、愛せていますか。 」 ずっと来るはずない君との日を願ったこと 鍵かけて。 三日月島、陰る渚鳥 ツタに飾られた教会裏で また子供じみた約束しては 逃げ出す話をしよう。 誰も満たされないよりも 望んだ最後だけを温める 怖い夢を見ただけの私に そうであったように。 許すだけでも、耐え抜くだけでも ただ、きっと。 そう、きっと 誰も変われないこと。 傷付けない弱さが生きられないほど 大きく育ったの。 覚えていますか、 初めて会ったことも、 君の嘘も、甘えも、弱さも、流してゆくような この朝焼けであの日のように君はまた 素敵に変わってゆく 愛を歌った 大地を蹴った 今、「最低だ」って殺した最後も 不完全だって不確かになって ほら蹴っ飛ばして、ないや。 歳月が巡って 声を辿って また生まれ変わったら 真っ先に君に会いに行こう。 愛していました。 最後まで、この日まで。 それでも終わりにするのは私なのですか、 君の幸せな未来を、ただ、願ってる。 君のいる世界で笑ったこと、 君の見る未来を恨んだこと、 君の声、温もり、態度、愛のすべてに さよなら。 All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 初音ミクさん『オレンジ』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 初音ミクさん『オレンジ』の歌詞 オレンジ words by トーマ music by トーマ Performed by ハツネミク.

次の