スパーク ライン と は。 Excel 2013|数値とグラフを組み合わせた“スパークライン”の見せ方を工夫する

グラフより普通にスパークラインが好きー!データ項目が多いときのExcel表現

スパーク ライン と は

さっそく作ってみよう。 【Excel・エクセル】スパークラインの作成方法 下図は、店舗ごとの上半期の売上をまとめた表です。 それぞれの店舗の売り上げの推移を、スパークラインで表してみたいと思います。 例題 まず、 スパークラインを出したいセルを選択します。 今回はセルH3からH13に出したいので、ドラッグして範囲選択します。 出したいセルを選択する 選択できたら、 「挿入タブ」のスパークラインにある「折れ線」をクリックしてみてください。 折れ線の場所 「スパークラインの作成ダイアログボックス」が表示されました。 スパークラインの作成ダイアログボックス 場所の指定はすでに入っているので、データ範囲を選びます。 データ範囲のボックスをクリックして、カーソルが出ていることを確認してください。 カーソルがあるのを確認 データ範囲では、 グラフのもとになる数字がある場所を選べばOKです! 今回は4月から9月までの売り上げをグラフにしたいので、B列からG列ですね。 最初にドラッグした範囲はセルH3からH13なので、 セルB3からG13までを選ぶのがよさそうですね。 ふっふっふ、もはや何人にも消すことは…… あ、大丈夫です。 もちろん消せます。 まず、 消したいスパークラインをクリックしてください。 スパークラインが入ったセルをクリック スパークラインをクリックすると、タブの一番右に 「スパークラインツール デザイン」という新たなタブが現れます!これをクリックし、 グループのところにある「クリア」をクリックしてください。 クリアの場所 すると、今クリックされたせるのスパークラインだけを消すのか、関連したすべてのスパークラインを消すのか聞かれます。 クリアのメニュー 選択したスパークラインのクリア クリックしたセルだけを消す(例の場合セルH3のみ) 選択したスパークライングループのクリア クリックしたセルと関係しているすべてのスパークラインを消す(例の場合H3からH13まで) どちらかを選択してクリックすれば、該当のスパークラインが削除されます。

次の

Lesson 070

スパーク ライン と は

この記事の目次• スパークラインを削除する方法 それでは始めていきましょう! 「デザイン」タブからの削除方法 「デザイン」タブからの削除方法に ついてご説明していきます。 削除したいスパークラインのセルをクリックして選択する 最初に削除したい スパークラインの セルをクリックして選択してください。 「スパークラインツール」の「デザイン」タブをクリックして選択する スパークラインのセルを選択したら、 「スパークラインツール」の 「デザイン」 タブをクリックして選択しましょう。 そのリストから 「選択したスパークライン グループのクリア」をクリックして選択 してください。 そうすると、スパークラインのグラフを 削除することができます。 右クリックからの削除方法 右クリックからの削除方法に ついてご説明していきます。 削除したいスパークラインのセルを右クリックする まずは削除したいスパークラインの セルを 右クリックしてください。 リストから「スパークライン」へマウスポインターを合わせる スパークラインのセルを右クリックしたら 機能リストが表示されます。 そのリストから 「スパークライン」へ マウスポインターを合わせましょう。 リストから「選択したスパークライン グループのクリア」をクリックして完了! 「スパークライン」へマウスポインターを 合わせたら、さらにリストが表示されます。 そのリストから 「選択したスパークライン グループのクリア」をクリックして選択 します。 そうすると、スパークラインのグラフを 削除することができます。 まとめ 「デザイン」タブからの削除方法• 削除したいスパークラインのセルをクリックして選択する• 「スパークラインツール」の「デザイン」タブをクリックして選択する• リストから「選択したスパークライン グループのクリア」をクリックして完了! 右クリックからの削除方法• 削除したいスパークラインのセルを右クリックする• リストから「スパークライン」へマウスポインターを合わせる• リストから「選択したスパークライン グループのクリア」をクリックして完了! お疲れ様でした。 スパークラインを削除することは できましたでしょうか? 「デザイン」タブのクリア機能を使用すれば スパークラインのグラフを削除できるので 活用していきましょう。 あなたの作業が、つまづくことなく 進められることを心より応援しております。

次の

【Excel・エクセル】スパークラインとは?作成方法、使い方

スパーク ライン と は

この記事の目次• スパークラインを削除するやり方 それでは始めていきましょう! 「デザイン」タブから削除するやり方 「デザイン」タブからの削除するやり方 についてご説明していきます。 スパークラインのあるセルをクリックして選ぶ まずはスパークラインのあるセルを クリックして選んでください。 「スパークラインツール」の「デザイン」タブをクリックして選ぶ スパークラインのあるセルを選んだら 「スパークラインツール」の 「デザイン」 タブをクリックして選びましょう。 その中から 「選択したスパークライン グループのクリア」をクリックして 選びます。 そうすると、スパークラインを 削除することができます。 右クリックから削除するやり方 右クリックからの削除するやり方 についてご説明していきます。 削除するスパークラインのセルを右クリックする 最初に削除するスパークラインのセルを 右クリックしましょう。 メニューにある「スパークライン」へマウスカーソルを合わせる スパークラインのセルを右クリックしたら メニューが出てきます。 そのメニューの中から 「スパークライン」に マウスカーソルを合わせます。 メニューにある「選択したスパークライン グループのクリア」をクリックして終了! 「スパークライン」へマウスカーソルを 合わせたら、さらにメニューが出てきます。 そのメニューから 「選択したスパークライン グループのクリア」をクリックして選んで ください。 そうすると、スパークラインを 削除することができます。 まとめ 「デザイン」タブから削除するやり方• スパークラインのあるセルをクリックして選ぶ• 「スパークラインツール」の「デザイン」タブをクリックして選ぶ• メニューにある「選択したスパークライン グループのクリア」をクリックして終了! 右クリックから削除するやり方• 削除するスパークラインのセルを右クリックする• メニューにある「スパークライン」へマウスカーソルを合わせる• メニューにある「選択したスパークライン グループのクリア」をクリックして終了! お疲れ様でした。 スパークラインを削除することは できましたでしょうか? 「デザイン」タブのクリア機能を使えば スパークラインを削除することができるので 活用していきましょう。 あなたのお仕事が、ストップすることなく 進められることを心より応援しております。

次の