お 香 焚き 方。 お香の香木の種類や焚き方とは!?

お香の焚き方 » 香道の美 » 香司 鬼頭天薫堂 鎌倉

お 香 焚き 方

お香は、良い香りがして、人の心や体を元気にしたりするヒーリング効果があります。 お香には、様々な国で古くから香りを楽しんできた歴史があります。 インドでは、お香の原料となる香木が豊富に手に入るため、お香が盛んに使用されていました。 仏事だけでなく暑さによる臭気の消臭や、人をおもてなしするために体に香料を塗り込んだりして、礼法の1つとしても使われていました。 インドから、仏教とともにお香は中国にも伝わりました。 しかし、中国ではインドのように国の広くまで浸透することはなく、上流階級の人しか楽しむことができず、お香は高級なものとなりました。 日本も、仏教とともにお香が伝わってきたと言われています。 また、お香の古い記録としては、日本書紀に淡路島の淡路市にある江井の海に流木が漂流し、その流木に火を点けた漁師が、とても良い香りがすることに気づき、その流木を推古女帝に献上し、摂政の聖徳太子がその流木が沈香だということを教えたと言われています。 そこから、平安時代の貴族によってお香を焚いて香りを楽しんだり、着物に焚きしめたりして香りを着物に付けたりして仏事以外にも使われるようになり、禅宗の影響を受けた武士などにより、広くお香が浸透して行き、今現在のようなお香の文化に定着しました。 このお香の文化は体系化され「香道」と呼ばれるようになりました。 また、日本だけでなく古代ギリシャでは、ギリシャ文明がピークを迎えるとともに香りの流行も到来したと言われています。 お香などの香料を焚いたり、衣服に香り付けするだけでなく、体に塗ったり食べ物に入れるだけでなくペットなどの動物にまで塗っていました。 そして、古代エジプトでは、香料は、ミイラを作るためにとても重要なものでした。 ミイラを作る時に、ミイラのお腹の中に没薬を入れて保存していました。 そのため、ミイラからは良い香りがしていたと言われています。 また、ミイラの中には乳香が使われていました。 この乳香は、ミルラとも言われ、ミイラの語源の由来にもなっています。 この乳香は、フランキンセンスとも呼ばれています。 今回、このフランキンセンスや正しい焚きかたなどについてお伝えします。 お香フランキンセンスとは!? フランキンセンス(乳香)は、カンラン科ボスウェリア属の樹木から採れる固形の樹脂の香料です。 古くからミイラを作る際に重要な没薬で、今でも貴重な香料になっています。 フランキンセンスは、ほのかに甘い香りと果物のような香りとスモーキーでスパイシーな香りがします。 また、フランキンセンスには、アンチエイジングの効果もあると言われています。 フランキンセンスは、キリスト香とも呼ばれていて、教会などでもよく焚かれている樹脂香で、その教会ごとの独自のブレンドがあります。 このフランキンセンスは、インドやアフリカ、中東のイエメンやオマーンなどでも採取されます。 そのため、樹脂香であるフランキンセンスは、インドなどでは日常的に焚かれています。 スポンサードリンク フランキンセンスのお香には浄化の効果がある!? フランキンセンスは、中東の国などではフランキンセンスの専門店があるほど生活に定着している樹脂香です。 これは、フランキンセンスを焚いて、家を清め、浄化する習慣があります。 このように、フランキンセンスは、浄化する効果が期待できます。 また、天然石との相性も良く天然石の浄化にも最適です。 焚かずに置いておくだけでも良い香りがします。 この香りは、気の流れを促進させ、嗅覚に刺激を与え、神経の緊張を取り除いてくれたり弱った身体を回復させてくれたりします。 心を癒すヒーリング効果もあり、抗うつ作用があると言われています。 このため、心が乱れていて、イライラや不安感の強い時に効果があります。 こちらに、フランキンセンスのURLを載せておきます。 スポンサードリンク フランキンセンスのお香としての焚き方とは? フランキンセンスは、他のお香と違い、樹脂香となっています。 そのため、他のお香のように直接お香に火を点けて香りを楽しむタイプではなく、 火を点けた香炭などの上で樹脂香を燃焼させる方法で香りを楽しみます。 この方法は、日本でも焼香の際にも、香炉や香灰や香炭を使います。 しかし、香灰や香炭が手に入らないなど、より手軽に行いたい場合は、オイルウォーマーやコンセントにつなぐ電子香炉や樹脂香専用の香炉なども市販されています。 これらを使用するのも手軽でおすすめです。 こちらに香炉のURLを載せておきます。 また、こちらに電子香炉のURLを載せておきます。 しかし、フランキンセンスのより良い香りを楽しむ方法は、香炉・香灰・香炭を使った方法が効果的です。 香炉に香灰を入れ燃焼させた香炭にフランキンセンスの樹脂香を置いて燃焼させます。 また、この他にも燃焼さえた香炭にアルミホイルを置いてその上にフランキンセンスをのせて溶かしながら香りを楽しむ方法もあります。 また、不燃性の器に、燃焼させた香炭にフランキンセンスをのせて香りを楽しみます。 樹脂製のお香のため溶けて樹脂香が固まるため香炭の上にアルミホイルを敷いてその上にフランキンセンスをのせて溶かしながら香りを楽しむ方法もあります。 これらの方法以外にもオイルウォーマーなどで温めてフランキンセンスを溶かす方法もあります。 オイルウォーマーは、オイルウォーマーのお皿にフランキンセンスを置いて下からアロマキャンドルなどで温めます。 煙が少なくフランキンセンスの良い香りがします。 また、この溶けたフランスに水を足して温める方もあります。 溶けたフランキンセンスは樹脂香のためお皿に溶けた樹脂が固まってしまうことがありますが、水に一晩浸すことで汚れを取ることができます。 こちらにオイルウォーマーのURLを載せて置くので参考にしてみてください。 まとめ このように、お香には直接火を点けるタイプとフランキンセンスのように香炭の熱で樹脂香を溶かして香りを楽しむタイプのお香があることがわかります。 フランキンセンスは樹脂香タイプで良い香りがし、浄化作用があり、古くから貴重な香料として扱われてきた香料です。 様々なお香のタイプがありますが、少し違う方法で香りを楽しみたい方は、フランキンセンスのような樹脂香もおすすめです。 スポンサードリンク.

次の

お香の使い方をマスター!火を使わずに香りを楽しむ方法も | 女性の美学

お 香 焚き 方

火筋(香火箸)で香炉灰をよくやわらげ、香たどんは火を上に香炉の中央にいけます。 香炉灰はよく乾燥させておいてください。 香たどんはよくおこしてからいけてください。 火筋で四方からうすく香炉灰をかきあげます。 灰押さえで香炉灰の形を整えます。 香炉の縁と同じ高さになるようにしてください。 灰押さえはなるべく軽く押さえてください。 羽箒で香炉の内側についた香炉灰を掃き、次に香炉の縁を払って清めます。 この後、もう一度灰押さえで灰を押さえます。 一本の火筋で香炉灰の中央に火気を通す火穴を作ります。 (火穴は火窓とも言います。 ) 銀葉挟みで火穴の上に銀葉をのせます。 香箸または香匙で香を銀葉の上にのせます。 (香道の御家流では試香の場合に香箸を用い、本香の場合は香匙を用いています。

次の

【お香の焚き方】香炉灰でお香を寝かせて焚くおすすめのたき方・使い方でたいてみた!便利・快適・経済的

お 香 焚き 方

[1]お香の歴史とその効果を知ろう 日本で最も古いお香は日本書記に記されていると言われています。 流れ着いた流木を島民が薪にして火にくべたところ、思いがけず芳しい香りが漂い、すぐに聖徳太子に献上されたそうです。 聖徳太子はその香りが「沈(香木・沈木)である」と即答されたとのこと、すでに香木の存在が知られていたことがわかります。 また、同じ頃、仏教の伝来とともにお香も伝わり、魔除け、厄除け、防虫などの目的で使われていました。 その後、平安時代になると貴族たちの間で日常生活の中にお香が使われるようになり、部屋に香りを漂わせたり、衣装にお香を焚きしめるなどの文化が形成、定着していきました。 鎌倉時代になると貴族が好むような高価で手間暇かけて香りを調合するようなスタイルから、禅宗の影響を受けた武士たちの間で今の焼香のような形式のお香文化が作られていきます。 こうして発展したお香の文化は宗教的なセレモニーから日常生活の香りの演出までさまざまな形で現代に受け継がれています。 お香の原料は基本的にすべて天然由来のものです。 高価で希少価値の高い白檀や沈香などの香木を始め、漢方や生薬に使われる植物を配合して作られたものが中心です。 お香の魅力はなんといっても深く癒される穏やかな香り、また、その空間の気を清め、浄化すると言われる高い精神性にあるようです。 [2]お香にはどんな種類があるの? スティックタイプ 最も定番である棒状のお香がスティックタイプです。 棒状なので始めから終わりまでほぼ均一に香りが広がります。 約30分から1時間の持続時間で、短くしたいときにはスティックを折ることで時間調節ができます。 コーンタイプ 円錐型のお香は下に向かって面積が広くなるので、だんだんと香りが強くなっていきます。 また、灰が飛び散ることも少ないので扱いやすいと言えそうです。 比較的短時間で一気に香りを広めたい場合に向いています。 うず巻きタイプ 蚊取り線香のようなうず巻き形のお香は、燃焼時間が長く屋外などで使用されることが多いようです。 途中で火を止めたい場合はクリップなどで挟んでおくとよいでしょう。 火を使わないタイプ 最近ではアロマでも火を使わず室温や体温で香りが広がるタイプが人気があります。 お香もこの流れから火を使わないものを希望する方が増えているようです。 香木など香りの原料を細かく刻んで布に包み持ち歩く、匂袋や香嚢があります。 [3]人気のスティック型お香の使い方を徹底分析 焚き方、消し方は? スティックタイプのお香には、香料のみでできているものと芯材に練り香料がつけられているものがあります。 どちらも香料の部分に火をつけてお香立てにセットしましょう。 すべて燃え尽きて自然に鎮火するのを待つか、金属のクリップなどでスティックを挟み、途中で火を消すこともできます。 保管方法は? 直射日光や高温多湿の場所を避けることでお香がしけてしまったり、香りが変化してしまったりすることを避けられます。 また、自然の素材を中心に作られていることを考えると香りの経年劣化もあり得ると心得ておいた方がよさそうです。 香りの時間は? 燃焼時間の長さが香りの持続時間になります。 短い順に、コーンタイプ、スティックタイプ、うず巻きタイプです。 一番短いコーンタイプは30分~1時間、一番長いうず巻きタイプは半日から1日のようですが、商品によって差異があります。 どこで焚く? 香りを楽しみたい場所で焚くのが基本です。 リビングや玄関、洗面所、トイレなどが主な場所だと思いますが、火を使っていることを忘れずに、燃えやすいものが周りにないこと、安定した場所であること、換気ができることなどを条件に、必ず人目があるところで使用しましょう。 [4]お香スティック 人気の香り10選 GONESH ガーネッシュ インセンススティックNo. 4 Amazonの情報を掲載しています 白檀(サンダルウッド)はお香の中でももっとも有名な香りの1つです。 原産国のインドではスピリチュアルな香木として数千年前から仏教儀式に欠かせないものとされてきました。 免疫力、自然治癒力を高め、血流促進効果もあると言われています。 また邪気を払い浄化する力を持っていると信じられていることから、ヒーリング作用も高いようです。 スティック1本の燃焼時間は約25分。 ゆらぐ香煙が心を落ち着けて、深い癒しをもたらせてくれます。 お香初心者にもおすすめです。 スティック1本の燃焼時間はおよそ25分。 40本入りで便利なお香立て付き。 淡路海薫堂お香スティック精油のしずくゼラニウム.

次の