カー リース メリット デメリット。 カーリースはデメリットだらけ。巧妙なカラクリの罠とは?

カーリース契約満了後に再リースはできる?再リースのメリット・デメリット/カーコンカーリース もろコミ(もろこみ)

カー リース メリット デメリット

『』 「 経費精算の業務量を減らしたい・・」 「 経費精算の入力ミスが多い・・」 そんなお悩みを抱える方には『 』がおすすめ!• 領収書を撮影するだけ!簡単操作で自動入力!• 会計ソフトへデータを自動連携!99. 領収書の全件チェック・倉庫7年保管を代行! は 車離れが進む中、個人向けには、カーリースをはじめ車の乗り方の多様化が進んでいて、購入する以外の選択肢も増えています。 法人向けの社有車カーリースも、労働人口が減少に転じていることから、社有車の台数は減少していますが、社有車のリース化は順調に進み、特に中小企業向けの新規リースが増加しています。 筆者も経理部門の担当であった頃は、社有車の一括購入が当たり前で、社有車に係る償却費計算や税金・保険の支払いなど管理業務に苦労した覚えがあります。 本稿では、社有車カーリースと購入した場合との比較をして、それぞれのメリット・デメリットを解説します。 法人カーリースとは? 法人カーリースとは、自動車メーカー系やレンタル会社系のリース会社が提供している、リース会社が車を購入し、それを毎月のリース料で法人に貸すサービスです。 購入が「資産」であるのに対し、リースは「経費」として処理できるなど、多くのメリットがあります。 契約期間や走行距離、オプションサービスも選べることができるので、法人のニーズに合わせて利用できることもカーリースの大きな魅力です。 カーリースには、車両の調達コストをカバーする ファイナンスリース 注 と、整備など維持コストもカバーする メンテナンスリース 注 があります。 ファイナンスリース 注 車両購入、登録・納税、保険に係わる業務のみアウトソーシングする、金融的性格の強いカーリース メンテナンスリース 注 購入から売却まで、車両管理業務全般をアウトソーシングするマネジメント主体のカーリース 出典 カーリースと購入と6つの違いを解説!メリット・デメリットを徹底比較 両者の違いから発生するメリット・デメリットは次の通りです。 カーリースと購入の主な違いは次の通りです。 違い1. 権利関係 「カーリースは所有権と使用権が異なる」 カーリースの場合、車の所有権はあくまでもリース会社にあり、車検証の所有者欄にもカーリース会社の名前が記載されます。 事業者は、車の使用者欄に名前が記載されることになり、車を利用する権利 使用権 が発生します。 そのため、税金や自賠責保険など法律上支払わなければならないコストはリース会社が支払います。 もちろん税金などはリース料に含まれていますので、実質的な負担は事業者 利用者 側になります。 違い2. キャッシュフロー 「カーリースは毎月定額払い」 カーリースと購入の一番の違いは、キャッシュフローです。 下図ご参照 購入の場合、車の購入代金や税金、保険料、整備費用などは、都度一括払いです。 意図しない高額の一時払いが発生する可能性があります。 特に、購入時に手元資金が無い場合などはローンにより資金調達をしなければなりません。 それに対し、カーリースの場合は、毎月の定額払いです。 毎月支払う金額が固定されるため資金計画も立てやすくなり、一時的な資金負担も原則発生しません。 支払総額は、同じ車、同じ走行距離など条件が一緒であれば、通常、カーリースの支払総額は、購入による支払総額よりも大きくなります。 リース料には、車両価格に税金など諸経費の支払いなど管理業務コストに加え、リース会社の利益や盗難・事故などのリスクが上乗せされているのが一般的です。 違い3. 会計・税務 カーリースは会計処理がシンプル キャッシュフローが違うため、当然会計や税務も変わってきます。 尚、中小企業会計指針に沿って経理処理を行う場合の比較となります。 余談ですが、大企業などに適用される企業会計基準に基づくリース会計は、会計系資格試験では難易度の高い分野の一つです。 費用処理 費用処理の違いは、カーリースの場合はリース料が全額費用計上されるに対し、購入の場合は減価償却費に都度発生する諸経費が費用計上されます。 購入の場合は、毎期の償却費計算や都度の支払いや費用処理を行うため、経理部門にとっては負担の大きい業務になります。 固定資産計上 資産計上処理の違いは、カーリースの場合は車を所有していませんので当然固定資産計上されません。 それに対し、購入の場合は、取得した車を固定資産計上する必要があります。 車を購入するために、手持ち資金を使ったり、借入を行うことになりますが、現預金の減少や固定負債の増加を招くことになり財務諸表の健全性がそこなわれます。 税務 税金の違いは微妙です。 税金計算や申告書作成は、カーリースの経理処理がシンプルのためとても楽です。 一方節税効果は、購入の場合、購入初期段階で定率償却による償却費計算を行うと損金計上が大きくなり節税効果が大きくなるメリットがあります。 違い4. 管理業務 カーリースは管理業務コスト削減効果が大きい カーリースの一番のメリットは車の管理業務が劇的に削減できることです。 メンテナンスリースであれば、車を維持管理するための税金・保険などの支払い、整備や車検の手配など車の管理業務のほとんどを一括して代行してもらうことも可能です。 交通事故発生時に、専門のスタッフが迅速に対応し、示談・保険手続きなどを保険会社と一体になって処理してもらえるオプションもあります。 車のリスク管理をお任せできることもメリットです。 今後の損益計画や資金計画が立てやすくなるのも見逃せません。 購入の場合、減価償却計算や整備計画など専門部門での計画が必要となりますが、カーリースの場合は毎月のリース料を計画に織り込むだけで済みます。 結果として部門別予算などが立てやすくなり、社内の原価意識の向上も期待できます。 違い5. 中途解約 カーリースには中途解約違約金が発生する可能性がある 全損事故や盗難などリース期間中に、どうしても解約をしなければならない状況になってしまう可能性はゼロではありません。 通常の場合、リース契約は中途解約ができません。 原則的には、中途契約した場合は、中途違約金を請求され支払わなければなりません。 通常、中途解約金は次の計算式で計算されます。 違い6. 使用制限 カーリースは走行距離制限など使用制限がある カーリースの料金設定は、新車車両価格から、契約満了時の 予想残存価格 注 を差し引いた額によって決められています。 予想残存価格を下回るほどの消耗がある場合 俗にいうマイナス査定 には、その分の費用を請求されることがあります。 そのため、カーリースの契約では、多くの場合、走行距離に制限が設定され、走行距離制限超過費用を請求されることもあります。 また、原状回復が難しい改造やカスタマイズを加えることも制限されています。 予想残存価格 注 リース契約時に設定するリース期間満了時におけるリース車両の予想査定価格。 満了時の査定価格 売却価格 を保証するものではない。 結局カーリースと購入はどっちがお得? カーリースと購入でどちらがオトクなのでしょうか?オススメの事業者タイプを解説します。 「購入」がお得な3つのタイプの事業者 1. 事業用車両で走行距離が長くなることや車の劣化が早い事が予想される事業者 理由 車両返却時に追加料金が発生しない 2. 資金的に余裕のある事業者 理由 購入資金が自己資金で賄え、支払総額が少なくなるメリットが受けられる 3. 車両管理部門や経理部門などが充実している事業者 理由 管理コストが内部で賄え、余分なキャッシュアウトが不要 「カーリース」がお得な3つの事業者 1. 営業車両など利用頻度や走行距離の計画が立てられる事業者 理由 カーリースのリスクである返却時の追加料金が発生しない 2. 資金的に余裕のない事業者 理由 合理的な月額料金で車を利用開始できる 3. 車の管理業務に困っている事業者 理由 メンテナンスリース活用により管理業務を代行してもらえる.

次の

カーリースとは?メリットとデメリットも詳しく解説|オリックス自動車

カー リース メリット デメリット

カーリースとは?10秒で解説 カーリースとは、1年~11年の分割払いで好きな自動車に乗ることができるサービスです。 カーリースの場合 ローンの場合 レンタカー カーシェアリング 車両代 分割 分割 利用する分だけ 利用する分だけ 頭金 0円 必要 ー ー 税金 月々コミコミ 自分で納付 ー ー 車検 月々コミコミ 自分で負担 ー ー メンテナンス まるっとお任せ 自分で管理 ー ー ガソリン代 実費 実費 実費 利用料に含む 維持費 最大11年間定額 毎年変わる ー ー ナンバー 普通ナンバー 普通ナンバー 「わ」ナンバー 「わ」ナンバー 所有権 契約期間中はリース会社 (終了後買取orもらえる) 自分 レンタカー会社 カーシェア会社 利用制限 走行距離制限あり (解除可能) なし 時間制 要予約、時間制 このように、本来自分でやらなければいけない自動車の維持・管理の手間を無くし、 月々定額を支払うだけでいい便利なサービスのことをカーリースといいます。 サービスによっては、ガソリン割引や契約終了後に車がもらえる・商品券がもらえる・傷や凹みの補償サービスなど、ローンで購入するよりもお得に利用できるものがあります。 自動車リースについては、一般的には、「資金面でのメリット」、「財務面でのメリット」、「税務面でのメリット」、「車両管理面でのメリット」、「事故処理面でのメリット」などがあげられます。 初期費用が不要 カーリースはネットから申し込みができ、契約書も郵送で送られてくるので自宅でかんたんに手続きができるのもメリットです。 ローンで購入する場合は何度もディーラーに行くためのガソリン代などの交通費もかかりますよね。 他にも、ローンの場合は頭金や法定費用・登録手数料など支払うものが多いので「思ったより高くついた」と思ってしまうことがあります。 一方、カーリースでお財布からお金を出すのは車庫証明書を準備するときだけ。 ローンの場合支払わないければいけない初期費用も、月々の支払い額に含まれているので、 貯金やまとまったお金が無くてもかんたんに新車を手に入れることができます。 2つのパターンの解説と、を説明しますね。 カーリース会社からの案内通りに、指定工場へメンテナンスを受けに行く オイル交換やタイヤ交換、車検の時期になるとカーリース会社からはがきやメールが届きます。 その案内通りに、指定のメンテナンス工場に自動車を預けるだけでOKです。 指定工場以外では受けられない。 変更には書類送付など手続きが必要。 カーリース会社から案内がきたら、好きな工場でメンテナンスを受ける オイル交換やタイヤ交換、車検の時期になるとカーリース会社からはがきやメールが届きます。 期限内に、カーコンビニ俱楽部やオートバックスなど、対応しているメンテナンス工場でメンテナンスを受けます。 メンテナンス費用を肩代わりしないといけない。 肩代わりした分は申請した翌月振り込まれる。 メンテナンス方法の見分け方 カーリースを申し込むとき、メンテナンスの案内が書いてあるはずです。 「預けるだけ!」と書いてあれば、指定工場。 それ以外なら、好きな工場でメンテナンスを受けることができます。 1円でも安くしたいという気持ち、よくわかります。 でも、何度もディーラーに通って面倒な値引き交渉をして、ローンを組む手続きをして、乗り出してからも維持・管理をする・・・。 いっぽう、カーリースはネットで申し込みができます。 手続きは家で出来ますし、維持・管理もお任せできるので、自動車にかける手間はほぼ0です。 いま、カーリースが選ばれているのはそんな手間を無くしたいと思う人が多いからだと感じます。 契約終了後も自動車が自分のものにならない カーリースは1年~11年の契約で、 返却をする代わりにカーリース専用の値引きがされています。 契約終了後、買取をする場合はその値引き分を支払うことで自分のものにすることができます。 先生さん カーリースは返却を前提にしているサービスなので、契約した時と同じ状態で返却する必要があります。 その理由は、カーリース会社は、あなたから毎月の利用料をもらうことで儲けていますが、 返却された車を転売することでも利益を出しています。 もともと転売をするつもりで大幅な値引きをしているという事情もあるので、メーカーオプション以外のカスタマイズは査定金額が下がる原因になるので厳しいというわけです。 解決策 原状回復費用を回避できるカーリースもある ポイントは、返却する場合は原状回復が必要ということです。 返却せず、買い取るか「もらえる」カーリースに申し込むことで、 カスタマイズも改造も自由にできる車を手に入れることができます。 もしくは、ので、返却の際に余計な費用を請求されない対策にもなります。

次の

カーリースのメリット・デメリット|カーリースの「“らく楽リース”オートフラット」

カー リース メリット デメリット

【プロフィール】 モータージャーナリスト 五味 康隆(ごみ やすたか) 【2019--2020 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。 自転車トライアル競技で世界選手権に出場。 その後4輪レースに転向し全日本F3選手権で戦ったのち、モータージャーナリスト活動を開始するという異色の経歴を持つ。 確かなドライビング理論と優れた運転技術に裏付けされたわかりやすい解説には定評がある。 また次世代車への造詣も深く、今まで保有したHV車は4台。 絶えず次世代車を所有し続けている。 クルマの買い方に対する意識が変わる! カーリースと購入、その違いについて知りたい クルマの購入方法は、一括して支払う現金購入と、分割して返済するローンに分けられる。 ローンは車両価格に相当するお金を借りることになるため、借金と同じく利息を支払う。 そのかわり現金購入と違って、手持ちのお金が少なくてもクルマを手に入れることが可能だ。 そしてもうひとつあるのが、買うのではなく借りる、カーリースだ。 近頃はさまざまな場面で「カーリースを選ぶ人が増えているようだ」と聴くようになり、注目度が格段に上がっていることを実感。 なぜ今、カーリースが選ばれているのか。 カーリースもローンと同様に、手持ちのお金が少なくてもクルマを手に入れることができる。 借りる方式なので 頭金を納める必要はない。 また、リース料金は、契約満了時に残るクルマの予想価格(残存価格)を算出し、それを差し引いた金額になるので、ローンと比べて出費を少なく抑えることも可能だ。 こうした新しいクルマの持ち方もあるのでしっかり比較検討しよう。 だが、その一方でカーリースにも注意点がある。 契約時に決めた走行距離が規定以上に伸びたり、クルマにキズが多くついてしまったりなどで清算が生じることがある。 自宅のガレージに置いていつでも乗れるので、購入したのと変わらないとはいえ、文字通り借りているクルマであることを認識し、大切に使う必要がある。 やりくり不要でライフスタイルが充実! カーリースなら家計に負担をかけずに好きなクルマを新車で所有できる カーリースを使う最大のメリット。 それは、出費が分かりやすく、税金などを納める手間がいらないことだ。 月々の支払いが定額なのでスマートフォンを使うのと同じ感覚で、 好きなクルマに新車で乗ることができる。 また、クルマを所有していると、時々予想外の出費が発生する。 しかし、カーリースなら車検や点検、オイル交換費用をリース料金に組み込んだおトク感のあるメンテナンスリースも普及しており、不定期の出費はほとんど発生しない。 カーリースなら家計のやりくりをしやすく、リース満了後の見通しも立てやすい。 このメリットは、2台以上のクルマを使う世帯なら、さらに際立ってくる。 複数のクルマを使うと車検や点検が頻繁に発生し、時期が重なると一度に多額の出費になるが、 カーリースであれば月々定額なので、複数のクルマを使っていても毎月の支払い額は一定だ。 そして、ビジネスでクルマを使う場合には、カーリースであれば会計処理がしやすいことも魅力。 購入した場合と同じく、契約期間の途中で車の変更などはできない。 解約する際は違約金が発生する場合がある。 リースの契約期間は契約時に決めることができるので、ライフサイクルを意識して契約期間を決めよう。 忘れた頃にやってくる「クルマの面倒事」も心配無用! コスモMyカーリースなら車検・税金・点検も含まれているからランニングコストの悩み解消へ カーリースのなかでもぜひ注目してほしいのが コスモMyカーリース。 コスモ石油が運営するカーリースだから安心。 まず、クルマ選びのための面倒なディーラーまわりは不要。 国産全メーカー・全車種から選ぶことができ、経済的で扱いやすい軽自動車から走りを楽しめる人気のSUVまで幅広く揃う。 カーリースといってもすべて新車。 もちろん、車種・タイプ・ボディカラー・ナンバーなども自由に選べて、契約の際にニーズに合わせてエアロパーツやルーフキャリアなど、メーカー・ディーラーオプションで自由にカスタマイズできる。 そう、購入したときと変わらないのだ。 しかも面倒な車の点検などはまるっとおまかせのメンテナンスパックも付帯できる。 リース料には税金や自賠責保険料、 コスモMyカーリースならパックによってメンテナンス費用もリース料金に含まれるので、手間いらずでクルマを手軽に便利に使える。 メンテナンスパックには、まるっとおまかせの「ゴールドパック」、ライトなメンテナンスがついた「シルバーパック」、メンテナンスは自分でやりたいという方向けにメンテナンスなしの「ホワイトパック」とニーズにあわせたラインナップが用意されている。 また、さまざまなメリットがコスモMyカーリースにはある。 中でも経済性でうれしいのは ガソリン割引だ。 消耗品の交換費用まで含まれたゴールドパックなら、ガソリン1Lあたり5円が割引に。 定期点検やオイル交換を含んだシルバーパックでも、指定のカードを使って給油した場合、ガソリン1Lあたり3円が割引となる。 さらに、 コスモMyカーリースなら、いつものサービスステーションや提携の自動車工場でメンテナンスを受けられる。 コスモ石油は 全国にサービスステーションを展開しているので、それらを使って各種サービスを受けられるのは大きな魅力だ。 メンテナンスのたびにクルマを遠方のディーラーまで持っていかなくても、 困ったことがあった時に近くで相談できるのは安心感が大きい。 コスモMyカーリースなら、クルマ選びから乗っている間のサポート、車検・点検まで クルマの面倒事はすべておまかせだから「乗るだけでいい幸せ」を実感できる。 まとめ カーリースは、クルマ購入で初期費用を抑えたい、クルマの管理に 手間を費やしたくない、クルマ関連の 出費を定額でシンプルにしたいなど、さまざまな人のニーズに応える優れたサービス。 複数のクルマを所有したい人や、事業を営んでいてクルマが必要な人にも最適だ。 新車購入を検討する時には、ぜひカーリースも選択肢のひとつに加え、自分のライフスタイルにおける利用価値を検討してみることをオススメしたい。 コスモMyカーリースならガソリン割引もあり、全国展開で安心。 さらにクルマ選びの段階から相談できる カーライフコンシェルジュの存在は心強い。 ライフスタイルや好みにあった最適な車を提案してくれるだけでなく、クルマ選びから新車が納車されるところまで細かく対応してくれるので相談してみよう。 また、 サービスステーションの中にはクルマの相談窓口となる「コスモMyカーリースSTORE」が展開されているので便利で使いやすいことも大きな魅力だろう。 最後に・・・ 『コスモMyカーリースを推す、3つの理由』 一、 クルマの管理に手間を費やす必要がなくなる! 二、 ライフスタイルに合わせたプランが用意されている! 三、 クルマのことがよくわからなくても相談できるから安心! クルマの買い方に対する意識が変わる! カーリースと購入、その違いについて知りたい クルマの購入方法は、一括して支払う現金購入と、分割して返済するローンに分けられる。 ローンは車両価格に相当するお金を借りることになるため、借金と同じく利息を支払う。 そのかわり現金購入と違って、手持ちのお金が少なくてもクルマを手に入れることが可能だ。 そしてもうひとつあるのが、買うのではなく借りる、カーリースだ。 近頃はさまざまな場面で「カーリースを選ぶ人が増えているようだ」と聴くようになり、注目度が格段に上がっていることを実感。 なぜ今、カーリースが選ばれているのか。 カーリースもローンと同様に、手持ちのお金が少なくてもクルマを手に入れることができる。 借りる方式なので 頭金を納める必要はない。 また、リース料金は、契約満了時に残るクルマの予想価格(残存価格)を算出し、それを差し引いた金額になるので、ローンと比べて出費を少なく抑えることも可能だ。 こうした新しいクルマの持ち方もあるのでしっかり比較検討しよう。 だが、その一方でカーリースにも注意点がある。 契約時に決めた走行距離が規定以上に伸びたり、クルマにキズが多くついてしまったりなどで清算が生じることがある。 自宅のガレージに置いていつでも乗れるので、購入したのと変わらないとはいえ、文字通り借りているクルマであることを認識し、大切に使う必要がある。 やりくり不要でライフスタイルが充実! カーリースなら家計に負担をかけずに好きなクルマを新車で所有できる カーリースを使う最大のメリット。 それは、出費が分かりやすく、税金などを納める手間がいらないことだ。 月々の支払いが定額なのでスマートフォンを使うのと同じ感覚で、 好きなクルマに新車で乗ることができる。 また、クルマを所有していると、時々予想外の出費が発生する。 しかし、カーリースなら車検や点検、オイル交換費用をリース料金に組み込んだおトク感のあるメンテナンスリースも普及しており、不定期の出費はほとんど発生しない。 カーリースなら家計のやりくりをしやすく、リース満了後の見通しも立てやすい。 このメリットは、2台以上のクルマを使う世帯なら、さらに際立ってくる。 複数のクルマを使うと車検や点検が頻繁に発生し、時期が重なると一度に多額の出費になるが、 カーリースであれば月々定額なので、複数のクルマを使っていても毎月の支払い額は一定だ。 そして、ビジネスでクルマを使う場合には、カーリースであれば会計処理がしやすいことも魅力。 購入した場合と同じく、契約期間の途中で車の変更などはできない。 解約する際は違約金が発生する場合がある。 リースの契約期間は契約時に決めることができるので、ライフサイクルを意識して契約期間を決めよう。 忘れた頃にやってくる「クルマの面倒事」も心配無用! コスモMyカーリースなら車検・税金・点検も含まれているからランニングコストの悩み解消へ カーリースのなかでもぜひ注目してほしいのが コスモMyカーリース。 コスモ石油が運営するカーリースだから安心。 まず、クルマ選びのための面倒なディーラーまわりは不要。 国産全メーカー・全車種から選ぶことができ、経済的で扱いやすい軽自動車から走りを楽しめる人気のSUVまで幅広く揃う。 カーリースといってもすべて新車。 もちろん、車種・タイプ・ボディカラー・ナンバーなども自由に選べて、契約の際にニーズに合わせてエアロパーツやルーフキャリアなど、メーカー・ディーラーオプションで自由にカスタマイズできる。 そう、購入したときと変わらないのだ。 しかも面倒な車の点検などはまるっとおまかせのメンテナンスパックも付帯できる。 リース料には税金や自賠責保険料、 コスモMyカーリースならパックによってメンテナンス費用もリース料金に含まれるので、手間いらずでクルマを手軽に便利に使える。 メンテナンスパックには、まるっとおまかせの「ゴールドパック」、ライトなメンテナンスがついた「シルバーパック」、メンテナンスは自分でやりたいという方向けにメンテナンスなしの「ホワイトパック」とニーズにあわせたラインナップが用意されている。 また、さまざまなメリットがコスモMyカーリースにはある。 中でも経済性でうれしいのは ガソリン割引だ。 消耗品の交換費用まで含まれたゴールドパックなら、ガソリン1Lあたり5円が割引に。 定期点検やオイル交換を含んだシルバーパックでも、指定のカードを使って給油した場合、ガソリン1Lあたり3円が割引となる。 さらに、 コスモMyカーリースなら、いつものサービスステーションや提携の自動車工場でメンテナンスを受けられる。 コスモ石油は 全国にサービスステーションを展開しているので、それらを使って各種サービスを受けられるのは大きな魅力だ。 メンテナンスのたびにクルマを遠方のディーラーまで持っていかなくても、 困ったことがあった時に近くで相談できるのは安心感が大きい。 コスモMyカーリースなら、クルマ選びから乗っている間のサポート、車検・点検まで クルマの面倒事はすべておまかせだから「乗るだけでいい幸せ」を実感できる。 まとめ カーリースは、クルマ購入で初期費用を抑えたい、クルマの管理に 手間を費やしたくない、クルマ関連の 出費を定額でシンプルにしたいなど、さまざまな人のニーズに応える優れたサービス。 複数のクルマを所有したい人や、事業を営んでいてクルマが必要な人にも最適だ。 新車購入を検討する時には、ぜひカーリースも選択肢のひとつに加え、自分のライフスタイルにおける利用価値を検討してみることをオススメしたい。 コスモMyカーリースならガソリン割引もあり、全国展開で安心。 さらにクルマ選びの段階から相談できる カーライフコンシェルジュの存在は心強い。 ライフスタイルや好みにあった最適な車を提案してくれるだけでなく、クルマ選びから新車が納車されるところまで細かく対応してくれるので相談してみよう。 また、 サービスステーションの中にはクルマの相談窓口となる「コスモMyカーリースSTORE」が展開されているので便利で使いやすいことも大きな魅力だろう。 最後に・・・ 『コスモMyカーリースを推す、3つの理由』 一、 クルマの管理に手間を費やす必要がなくなる! 二、 ライフスタイルに合わせたプランが用意されている! 三、 クルマのことがよくわからなくても相談できるから安心!.

次の