エアコン から 水。 エアコンからポコポコ音がする?その解消や対策方法は?

【エアコン】 エアコン本体から水漏れする

エアコン から 水

冷房が効いた部屋の中を歩いていると「冷たっ!」。 何かと思い足元を見てみると、フローリングが濡れているではありませんか! よく見るとエアコンの室内機から水がポタポタと垂れてきてます。。。。 こんな場面に出くわすと、とにかく慌てふためいてしまいます。 でも、ここでいったん深呼吸。 「ス~~。 ハ~~。 ス~~。 ハ~~。 ス~~。 ハ~~。 」して落ち着いてください。 エアコンから水漏れする原因は3つのパターンに分類されます。 そのパターンごとに、対策が変わってくるので、自宅のエアコンがどのパターンに当てはまるのか見極めることが重要です。 では早速、3つのパターンごとに説明していきますね。 1.ルーバー(風向板)から水が垂れてくる ルーバー(風向板)の方向を、下向きにすると、冷やされた空気がルーバーにあたります。 そのまま冷房運転を続けると、ルーバーに結露が発生し、水滴が落ちてくることがあります。 夏の暑い日に、コップに冷たい水を注ぐとコップ表面に水滴が付く現状と同じです。 エアコン内部から吹き出される冷たい空気が、ルーバーにあたり冷却されます。 そして冷却されたルーバーに水滴がつくのです。 この症状は、部屋の中の湿度が高いときに、発生することが多いです。 対処法 ルーバーを上向きにしてください。 冷やされた空気の向きとルーバーが平行になるように調整すれば、ルーバーに冷気が当たりにくくなるので、結露を抑えることが出来ます。 2.奥のほうから風に乗って水が降ってくる エアコン吹き出し口の奥のほうから、冷気といっしょに水が飛んでくることがあります。 原因は2つあります。 1)フィルターの目詰まり フィルターがホコリなどの汚れで目詰まりしている状態だと、空気の流れが悪くなります。 空気の流れが悪くなると、熱交換器部分に一定時間空気がとどまるので、過剰に冷却されてしまいます。 過剰に冷却されると、エアコン内部のいたるところで結露が発生するのです。 その結露した水が、ファンで送り出される風とともに、吹き出し口から飛んでくるのです。 対処法 フィルターを丸洗いするようにしましょう。 掃除機でホコリを吸い込むだけでも有効ですが、完全に取りきることが出来ません。 台所用の中性洗剤で構いませんので、よく洗って下さい。 汚れが取れたら、フィルターをよく乾燥させエアコンにものと通り取り付けてください。 2)熱交換器(アルミフィン)の汚れ・目詰まり フィルターの目詰まりと同じように、熱交換器に汚れやホコリが目詰まりしてしまうと、空気の流れが悪くなり過剰に冷却されてしまいます。 また熱交換器のアルミフィン1本1本の表面が汚れてしまうと、結露水がはじかれてしまい、水滴となります。 その水滴がファンで送り出される風とともに、吹き出し口から飛んでくることもあります。 対処法 熱交換器の洗浄は、できるだけ業者に依頼することをオススメします。 どうしても自分でやりたい場合には、掃除機で表面のホコリを吸い取るか、フィン用ブラシを使用してください。 歯ブラシなどでホコリや汚れを落とそうとすると、ホコリを奥のほうに押し込むことになるので、状況を悪化させることにもなりかねません。 ブラシを使うことは避けてください。 エアコン洗浄スプレーの使用は、オススメ出来ません。 洗浄液を噴霧するパワーが小さいため、熱交換器表面のホコリを奥に押し込んでしまいます。 それが新たに大量の水漏れを引き起こす可能性もあるのです。 3.室内機の底部から水が垂れてくる エアコン室内機から、水がにじむように垂れてくる場合があります。 この場合の原因は、ドレンホースやドレンパンの詰まりによる可能性が高いです。 熱交換器で冷やされた結露水は、ドレンパンに垂れ落ち、ドレンパンに接続されたドレンホースを伝わり、室外に流されます。 しかしドレンホースのどこかの箇所で汚れなどが詰まってしまうと、結露水が行き先を失ない、室内側にこぼれてしまうのです。 対処法 ドレンホースの詰まりを解消できれば、水漏れを解消することが出来ます。 ドレンホースの詰まりには、エアコン用サクションポンプを試してみてください。 室外機脇にあるドレンホース先端にこのサクションポンプをあてがって、ハンドルを数回引くだけです。 エアコンの水漏れは、3つのパターン以外にも原因があることも エアコンの水漏れの代表的な3つのパターンについて、説明してきました。 しかし水漏れの原因は、これ以外にもあることがあります。 下記ページで詳しく説明していますので、よろしければご覧になってください。

次の

【エアコン】 ドレンホースから水が出ない

エアコン から 水

「エアコンから水が飛んでくるんだけど、故障したのかなあ・・・?」 とお悩みではありませんか? 暑い時期の必需品である エアコンですが、使用中に冷風の吹き出し口から急に 水がピチピチッと飛んで来たらびっくりしますよね。 今回の結論から言いますと、家のそのクーラーは別の故障も出てしまっていましたので、思い切って買い替えることになったのですが、その際に 水が飛んでくる原因や症状によってはすぐに故障とは決めつけず、きちんとメンテナンスさえすれば解消できるということも業者さんから教えてもらいましたので、今回はその話をお伝えしたいと思います。 ということで今回は、 エアコン(クーラー)から水が飛んでくる原因とその対処法などについて書いていますので、一緒に見ていきましょう! contents• エアコンから水が飛んでくる原因は? エアコンから水が飛んでくる、水滴がしたたり落ちてくるという原因で多いのは、 ドレンホースの詰まりによるものです。 どういうことかと言いますと、エアコンで室内を冷やしているあいだ、エアコン内部のアルミフィン(銀色のパネルで熱交換を行うためのパーツ)には冷えた空気が 結露して水滴がたくさん付きます。 次にこの水滴を受け皿で受け、その溜まった水が室内に入ってこないように外へ流すホースが付いているのですが、これが ドレンホースです。 最近のエアコンは各パーツがきれいに収納されて見た目にもすっきりしていますので、なかなか見えにくい部分ではありますが、部屋についているエアコンからはしっかり 外へ排水するためのホースがあるはずです。 ちなみに家のエアコンからもしっかり外へ出されたドレンホースを確認できました。 そしてこの室内のエアコンから発生した水滴を外へ排水するためのドレンホースが、ほこりやゴミ、水垢、あるいは虫の死骸など、 何らかの異物が原因で詰まってしまうことがあるんですね。 外へ水が流れ出て行かないままに長時間エアコンを使用していたりすると、エアコン内部に溜まった水が行き場を失って室内にあふれて来ることとなります。 エアコンの風と一緒にピチピチと飛んでくることもあれば、本体の淵からポタポタと落ちてくる、他にも壁を伝ってしたたり落ちてくることもあります。 「ドレンホースが完全に詰まってしまうと、かなりの水が行き場を失うので、壁に水がしたたった跡がついてしまうことも多いんですよ。 中心にある黒いスジです。 (泣) 結構気が付かない間に繰り返し漏れていたようですね・・・。 さらに業者さん曰く 「ここまでくっきり跡が付くほどだと、何らかの原因でほぼ間違いなく排水ができていませんね。 」ということでしたので、エアコンの内部や裏側をチェックしてもらいました。 実はそこで 新事実が発覚したのですが、今回の場合はドレンホースの詰まりが原因ではなく、 ドレンホースの勾配が原因と言われました。 これはエアコンの本体から壁を抜けて水が外に落ちるまでのホースの道筋の勾配が悪い、つまり水をより高いところから低いところへ流していくための 坂道の角度が悪く、逆流してしまっているとのことでした。 うむむ、そんなこともあるのか…。 と思いましたが、施工時には問題なくても年月とともにドレンホースがだれてしまったり、それこそほとんど水平で何とかなっていたところにほこりが溜まってしまって初めて症状が出てくるという場合もあり、 これもさほど珍しいケースではないとのことです。 いずれにしても今回は、 エアコン内部に発生した大量の水滴をきちんと外へ排水できていなかったことが、エアコンから水が飛んでくるという状況に繋がっておりました。 長時間エアコンを運転しているにも関わらず、外にあるドレンホースの出口からまったく水が出て来ていないようでしたら、この排水不良が考えられますね。 (通常ですと、ポタポタとホースの先から水が落ちてきます。 ) スポンサードリンク 他の原因もあるの? 他にも考えられる原因として、その日の 気温や湿度によってはどうしても水滴が発生しやすくなり、それが送風口の強風に乗って一時的に飛んできてしまうことや、エアコンの周辺に家具や物を置いたことで結露しやすくなるといったことも起こるとのことです。 しかし今回の僕の例を挙げておきますと、一時的では収まらずエアコンを付けるたびに水が飛ぶという状況になってきていましたので、その場合はやはりドレンホースやその他の不具合を疑ったほうがよさそうですね。 あとはエアコンの内部の汚れによってフィルターやアルミフィンが目詰まりを起こしてしまっている場合や、熱交換器の故障によって結露しやすくなってしまっている(正常に運転されていない)場合も考えられます。 この場合はある程度自分で フィルター掃除などをしてみて様子を見ますが、内部の本格的なクリーニングは素人にはなかなか難しいですし、熱交換器やその他のパーツの故障となるとこの辺りはどうしても 業者さんに一度見てもらうということになりますね。 対処法は? エアコンから水が飛んでくるようになった原因が単純な ドレンホースの詰まりであれば、その詰まりを取り除くことで解消される場合があります。 掃除機などを使ってドレンホースの出口から内部の空気を吸い、うまくいけば詰まっていたごみと一緒に水がドバっと抜けて解消されるのですが、 なかなか慣れていないとこの作業は難しいかもしれません。 (掃除機を吸い込むのは1~2秒程度にして、ドレンホースの口を上向けにして吸うなど、ちょっとしたコツが必要です。 ) 掃除機に水を吸い込んで破損させてしまうことも考えられますし、少しやってみてダメな場合や不安なときはあまり無理をしないほうが無難ですね。 潔くプロに頼みましょう。 おわりに 今回の家のエアコンの場合なんですが、実はほぼ同時に まったく部屋が冷えないという状況に陥ってしまっていたのです。 後で分かったのですが、室外機のコンプレッサーもいよいよダメになってきていたようで、今回の水漏れに関してはそのことによる運転不良ということも関係していたのかもしれませんね。 そして、このエアコンに関しては以前から冷媒ガス漏れやコンプレッサーの不具合などもたびたび起こっていたこともあり、ここでまた色々個別のメンテナンスやクリーニングの依頼をするよりも、今回は 新しいものを買うという選択をしました。 購入から10年近くたっていたこともありますし、小部屋用のあまり大きくないタイプのエアコンでしたので、後でまた色々不具合が出てくるよりもいいかなと思いまして。 ちなみに何年使ってもこのような詰まりなど発生しないとこともありますし、1、2年ごとに詰まってしまうようなケースもあると聞きます。 業者さんに詰まりのメンテナンスを依頼すると、あくまでその業者さんにもよりますが出張料に作業料などで 1万円~2万円ほどかかる場合もあります。 (部品の取り換えやエアコンの脱着などがあればその分も) エアコンから水が飛んできたときには、この記事をもとに一度フィルターやドレンホースをチェックしてみてください。 ちょっとした清掃やメンテナンスで解消されればOKですが、本格的な作業をしようとするとエアコンの破損や思わぬ事故の危険性がありますので、無理をせず 安全のためにしっかり業者さんに依頼してくださいね。 この記事があなたの参考になれば幸いです。 それでは今回はこの辺りで。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 人気記事一覧• 225件のビュー• 55件のビュー• 49件のビュー• 29件のビュー• 25件のビュー• 22件のビュー• 20件のビュー• 19件のビュー• 18件のビュー• 15件のビュー• カテゴリー• 147• アーカイブ• 最近のコメント• に 管理人J より• に より• に ルル より• に 管理人J より• に 管理人J より•

次の

エアコンからの水漏れはドレンホースが原因!?今すぐできる対処法 | みんなのハウスクリーニング

エアコン から 水

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に 「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4人に1人以上は、エアコンの水漏れを経験したことがあるという結果に!案外たくさんいるのですね。 ただ、そんな水漏れも原因を突き止められれば、落ち着いて対応することができますよ! ということで、今回は、 水漏れの原因と解決する方法がカンタンにわかるフローチャートを作りました。 フローチャートを使って、原因を突き止めてみましょう! そして、エアコンが水漏れした時にどうするのか、原因別にそれぞれ解説しました。 水漏れに焦る方は必見ですよ! ・外のホースからきちんと排水されているか? ・お掃除をして水漏れが直らないか? この2つを確認するだけで、エアコンからの水漏れの原因と対処法がすぐにわかるんです! エアコン水漏れの原因は7つ エアコンからの水漏れには、 7つの原因が考えられます。 そして、その7つの原因は、次の 3つのパターンに分けることができるんです。 パターン1: ドレンホースに原因がある 原因1. ドレンホースの詰まり 原因2. ドレンホースのたるみ・劣化 パターン2: エアコン内部に原因がある 原因3. フィンの結露 原因4. ドレンパンの汚れ 原因5. 部品の故障 パターン3: 超例外 原因6. エアコン(室内機)の傾き 原因7. 実は、 暖房の時は、ほとんど水漏れしません。 暖房を使っていて水が漏れるとしたら 室外機。 ただ、室外機から水滴が落ちるのは 正常です。 故障ではないの安心してくださいね。 約8割の原因はドレンホースの詰まり エアコンから水漏れが……! 実は、その水漏れの原因の多くが「 ドレンホースの詰まり」なのです。 ・エアコン(室内機)の吹き出し口にタオルなどを当てておく ・ハンドルを押すときには、ドレンホースからポンプを取り外す 部品の交換 家の中以外でも、水漏れは発生しているんですよ。 具体的に言うと、ドレンホースの 屋外に露出している部分ですね。 プラスチックでできているドレンホースは、 紫外線により劣化していきます。 当初はやわらかかったホースも、時間が経てばカチカチに。 ふとした拍子にひび割れて、水が漏れてしまうなんてことも。 こうなると 交換するしかありませんね。 直径を意味する記号ですね。 こう聞くと、難しくないですよね。 ではどんな違いがあるのか、見ていきましょう。 ・排水の容量 上でもお話したように、一番の違いは 直径の大きさです。 ですが、エアコンの水はそれほど大量に流れる訳ではありません。 常に少しずつ排水されていきます。 あれ?大きさに意味が無いように思えてきましたね。 ・詰まりにくさ そう、 ゴミなどの詰まりにくさに関係しています。 通常運転の時もそうですが、お掃除の時にもゴミが出ますよね。 これらが詰まってしまうと、水がうまく排出されずに溢れてしまいます。 これが上でもお話した、 ドレンホース詰まりの水漏れ。 聞きなれない単語ですが、とても大切なポイントなので覚えておきましょう。 ・耐候性とは 読んで字のごとく、 気候変化に耐性があるということ。 直射日光に含まれる紫外線が、ドレンホースをボロボロにするとお話しましたね。 この 紫外線に対して強い作りになっているのが、耐候性と呼ばれる商品です。 他にも、温度変化や雨風にも強いと言った特徴があります。 ですが、ドレンホース自体にも大きな違いがあるので、そちらもご紹介。 ポイントはホースの 内側。 外側は白い素材なのに対して、内側には 黒い素材が使われています。 この 二重構造こそが耐候性の特徴なんです。 交換の時に見てみるのも、おもしろいかもしれませんね。 プロにエアコンクリーニングを頼む手もある ちなみに、ドレンホースは「 エアコンクリーニング」でも綺麗にしてもらうことができます。 自分でお掃除するのはちょっと…、という場合には、プロにお願いしましょう。 そこで 「ユアマイスター」では、エアコンクリーニングのプロに「」と聞いてみました! ドレンホースの劣化は自分で解決できない? ドレンホースの詰まりを解消したのに水漏れがする! そんなときは、 ドレンホースのたるみや劣化を疑いましょう。 ドレンホースがたるんだり、劣化したりしていると、そこに水が溜まって、水が流れなくなります。 そして、水が外に排出されないと、水が逆流してきて水漏れになってしまうのです。 劣化したドレンホースは、取り替えなければなりません。 自分で取り替えるのは難しいですよね… そのため、 エアコンの取り付け業者さんや、修理業者さんを呼びましょう! エアコン内部に潜む3つの原因も掃除で解決 外のホースからきちんと排水されているのに水漏れしてる! そんなとき、原因はエアコン(室内機)の内部にあると考えられます。 エアコン内部にある原因として考えられるのは、 3つ。 雨水の侵入 雨が降る時にばかり、水漏れが発生する場合、雨水が侵入していることが原因の可能性があります。 いわば雨漏りの一種ということですね。 雨水の侵入も、自分で解決するのは難しいです。 修理業者さんに連絡しましょう! まとめ 今回は、 エアコンが水漏れする7つの原因とそれぞれの解決方法を紹介しました。 水漏れする原因の圧倒的No. 1は「 ドレンホースの詰まり」。 お掃除で解決しましょう! 他にも、 フィンの結露や ドレンパンの汚れが水漏れの原因になっていた場合も、お掃除で解決できますよ。 ・自分でお掃除するのは、大変…。 ・お掃除する時間が作れない! そんな方には、 プロのエアコンクリーニングがおすすめです。 水漏れ以外にも、 カビや嫌なニオイもいっぺんに解決できますよ! これからエアコンが大活躍する季節です!突然の水漏れにも、焦らず対応できるようになりたいですね!.

次の