衆院選 2019。 衆院選衝撃予想 TBSが伝えた「れいわ37議席獲得」の現実味(日刊ゲンダイ) 赤かぶ

参議院選挙は次回いつ?2019年任期満了に伴う解散の日程は?

衆院選 2019

6月30日• 7月7日• 7月14日• かなり慌ただしい2019年のスケジュールを チェックしてみましょう 2019年の参議院選挙のスケジュールや投票日は? 参議院選挙の具体的なスケジュールなんですが 招集 1月28日(月) 会期末 6月21~27日 参院選 7月4日(木)公示 投票日は7月21日(日) 2019年はスケジュールが詰まっていて 日程 スケジュール 1月 首相、英国とオランダ訪問 1月22日~25日 首相、ダボス会議 前後に日露首脳会議も? 4月7日、21日 統一地方選挙、衆院沖縄3区補選も? 4月30日 天皇陛下は退位 5月1日 皇太子さまが新天皇に即位 改元 5~6月? トランプ大統領来日 6月28、29日 G20大阪 トランプ大統領、プーチン・ロシア大統領 習近平・中国国家主席らが来日 衆院選・投開票日 6月21日~26日の解散で同日選が可能に 統一選挙と参院選の投票日をなるべく 離したい意向が公明党にあります 7月21日の投票日には 衆院選と参院選のダブル選挙の可能性もあり。 重要な天皇陛下の退位や国際会議も重なって 2019年はかなり慌ただしいスケジュールとなっています。 参議院議員の定数は242人 任期は6年で3年毎、半数の選挙です。 自民党は今の選挙制度で最多の65議席を獲得し大勝しました。 自民・公明両党で76議席を獲得し、衆参のねじれが3年ぶりに解消された。 一方、民主党は結党以来最も少ない17議席にとどまり、大敗。 共産党は12年ぶりに選挙区で議席を獲得するなど 非改選を合わせて党単独で参議院に法案を提出できる11議席を確保した。 結果、自民・公明両党で改選議席の過半数を上回る70議席を獲得。 これに維新やこころ、憲法改正に前向きな無所属議員を含めると 憲法改正の発議に必要な、参議院全体の3分の2の議席を占めることになった。 この選挙では、選挙権年齢の18歳への引き下げや 隣接する2つの県を1つの選挙区にするいわゆる「合区」が初めて導入された。 参議院選挙で圧勝の後には負けるのが通説なんですが 自民党の他にこれといって魅力的な政党もなく 憲法改正の議論や国民投票などが どう影響するか気になる選挙です。 結果は、自民党が追加公認を含めて291議席と圧勝し 公明党と合わせて全議席の3分の2を上回った。 民主党は、選挙前議席を上回ったが 海江田代表が議席を失い代表を辞任。 共産党は選挙前の2倍を超える21議席を獲得し躍進。 投票率は戦後最低に。 2017年 第48回 平成29年10月22日(安倍首相) 自民291議席で圧勝 民主・海江田代表が辞任 改選 当選 自民 284 284 希望 57 50 公明 34 29 共産 21 12 立民 15 55 維新 14 11 社民 2 2 こころ 0 0 民進 7 — 無所属 38 22 衆議院議員の任期を1年余り残す中、安倍首相は、突然衆議院を解散。 同時に野党の再編が一気に進み、民進党は分裂し 希望の党と立憲民主党が設立。 安倍政権の継続の是非を争点に、自民・公明の与党 希望・維新、共産・立民・社民をそれぞれ中心とする 3極の争いの構図になりました。 結果、自民党が選挙前と同じ284議席 公明党と合わせて憲法改正の発議に必要な 全議席の3分の2を上回る議席を獲得して圧勝。 立憲民主党は、野党第1党となった。 小池百合子劇場は記憶に新しい… 2019年の参議院選挙ですが 野党が勝利するには『風』が吹くしかありません まだ現在は野党が逆転する要因や魅力がみつかりません。 与党は揚げ足を取られないように 淡々と過密なスケジュールをこなせば 自民党が勝つと予想しております。 まとめ 2019年 参議院選挙の日程やスケジュールと 投票日はいつですか? という疑問を調査! 選挙の予想も考えてみました。 最後までお読み頂き、ありがとうございました。

次の

参議院選挙【2019】日程や予想とスケジュールや投票日はいつですか?

衆院選 2019

選挙特設ページ• 2020年7月5日投開票 都知事選のニュースはこちら。 2019年7月21日投開票 ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的に• 2019年4月 亥年選挙がスタート。 候補者の顔ぶれや開票速報、企画連載も。 2017年10月22日投開票 自民、公明両党で定数の「3分の2」を維持し、与党が大勝。 2017年7月2日投開票 小池氏支持勢力が過半数、自民は過去最低を大きく下回る23• 2016年7月31日投開票 小池百合子氏が増田氏や鳥越氏ら破り、女性初の都知事に• 2016年7月10日投開票 憲法改正に前向きな「改憲勢力」、参院全体で3分の2を超す• 2015年11月22日投開票 大阪知事に松井氏、大阪市長は吉村氏。 ともに「大阪維新の会」公認• 2015年4月 投票率、各地で最低更新 無投票も増加、空洞化示す• 2014年12月14日投開票 自公大勝、3分の2維持 「アベノミクス」継続へ• 2014年2月9日 舛添要一氏が細川護熙元首相らを破る• 2013年7月21日 自公が圧勝、過半数を獲得。 衆参の多数派が異なる「ねじれ」状態が3年ぶりに解消• 2013年6月23日投開票 自公が全員当選、民主は第4党に転落• 2012年12月16日投開票 自公320議席超、民主は壊滅的敗北。 安倍政権が誕生• 2012年12月16日投開票 石原氏が突然の降板 都知事選に猪瀬直樹氏が初当選.

次の

2019参院選・公示日タイムライン

衆院選 2019

2019年7月に、2013年選出の参議院の任期満了(2019年7月28日)に伴う、参議院選挙が行なわれます。 現時点(2019年5月20日時点)では選挙日程が確定していませんが、 7月4日公示の7月21日投開票が有力だとされています。 参議院の任期は6年で、3年毎に半数が改定される仕組みです。 2018年7月に成立した改正公職選挙法によって、今回の参議院選挙では、現状の242議席から6議席増え、 248議席の半数の124議席を争う選挙となります。 124議席の内訳としては、 比例代表が50議席、選挙区が74議席となっています。 そこで、今回は 「参議院選挙2019比例代表選の仕組みとは?衆院選の比例との違いは?」をテーマに、昨年成立した改正公職選挙法によって変更になった参議院の比例代表選の仕組みと、衆参同日選挙も噂される中、衆議院の比例代表選との違いについてご紹介していきます。 参議院選挙2019比例代表選の仕組みとは? 出典: 参議院選挙での比例代表とはどういうものかと言うと、衆議院における比例代表とは大きな違いがあり、それは 「比例代表=全国区(1ブロック)」ということです。 つまり、参議院選挙では、選挙区と比例代表は完全に独立していて、選挙区の立候補者と比例代表の立候補者は別で、衆議院選挙のように選挙区で落選しても、比例で復活するようなことは参議院選挙ではありません。 2001年の参議院選挙から、2016年に行われた参議院選挙までは、比例代表選は「非拘束名簿式」が採用されていました。 この「非拘束名簿式」とは、各政党が候補者名簿を提出する際に、候補者の当選順位を決めないで候補者名だけを名簿に記載する方法です。 しかし、2018年7月に成立した改正公職選挙法によって、参議院の比例代表に 「特定枠」が設けられるようになりました。 この「特定枠」とは、 特定の候補者を名簿順位の上位に置く拘束名簿とする制度で、つまり、今回の参議院選挙の比例代表制では、これまでの「 非拘束名簿式」と「拘束名簿式」の2つの制度が存在することになります。 そして、この「特定枠」に入る候補者は、 選挙事務所の設置、自動車などの使用、文書図画の頒布や掲示、個人演説会は認めない。 引用元: とされていて、実質的に選挙運動ができない仕組みになっています。 また制度上、この特定枠については各政党が自由に設定できるようになっていて、比例代表の候補者全員でない限り、何人でも設定できます。 参議院選挙比例代表の投票方法と当選者の決め方 参議院選挙の比例代表の投票方法ですが、• 候補者名を記載• 政党名を記載 の2つの方法で投票します。 この投票数の合計が各政党の総得票数としてカウントされ、 ドント方式によって、各政党の当選者数が割り当てられます。 このドント方式とは、 定数10の場合において、A党の得票数が1500、B党が700、C党が300、D党が200獲得したときの例で説明する。 まず一番大きい1500のA党が1議席。 最終的にはA党が6議席、B党が3議席、C党が1議席、D党は議席無しとなる。 出典: というもので、各政党の当選者数が決まると、政党内での得票数の多い候補者から、つまり、 候補者名での得票数の多い候補者から順番に当選者が確定します。 ただ、今回は先程説明したように、「特定枠」が設けられますので、当選者数に応じて、「特定枠」に指名された候補者から順番に当選者が確定します。 衆院選の比例との違いは? 衆議院の選挙制度は 「小選挙区比例代表並立制」で行なわれます。 この制度では、比例代表を全国11ブロックに区分していて、参議院の 「比例代表=全国区(1ブロック)」とは根本的に違います。 衆議院の比例ブロックは次のように区分されています。 北海道ブロック 定数8• 東北ブロック 定数13• 北関東ブロック 定数19• 南関東ブロック 定数22• 東京ブロック 定数17• 北陸信越ブロック 定数11• 東海ブロック 定数21• 近畿ブロック 定数28• 中国ブロック 定数11• 四国ブロック 定数6• 九州ブロック 定数20 合計176議席です。 衆議院の比例代表は 「拘束名簿式」になっていて、各政党により候補者が1位から順番に並べられています。 また、小選挙区との重複立候補も可能で、小選挙区で落選しても比例ブロックで復活当選ができるようになっています。 注意しなければならないのは、衆議院の比例代表の投票をする場合、あくまで 政党名で投票しなければならず、 候補者名で投票した場合は、無効票となります。 そして、各政党の得票数をドント方式で決定した当選者数に応じて、名簿の上位者から当選となります。 まとめ 今回は、7月に行なわれる参議院選挙の比例代表選の仕組みと、衆議院選挙での比例代表制との違いについて、ご紹介しました。 2016年に行なわれた第24回参議院選挙は、全体の投票率が54. 7%と1947年以降4番目に低い投票率でした。 日本を取り巻く環境も、年々変化している中で、今後の日本行方を占う選挙ですので、前回を上回る投票率になることを期待したいと思います。 今回ご紹介した内容が、少しでもお役に立てれば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございます!.

次の