軽度 知 的 障害 女性。 ある知的障害をもつ女性が抱える、恋と育児にまつわる様々な問題(石井 光太)

軽度知的障害とは? ~軽度という言葉に惑わされない

軽度 知 的 障害 女性

みなさま、とてもとてもお久しぶりです。 2年ぶり?のリナッツです! この2年の間にいろいろありました。 年号も平成から令和になりましたね! まずは近況報告から書きたいと思います。 前回のブログでは、流産したと書きました。 その後、また妊娠する事ができ、無事に出産することができました! 上の子は女の子なのですが、下は男の子です。 その下の子も、この間一歳になりました! 久しぶりの赤ちゃんのお世話、上の子の赤ちゃん返りと幼稚園入学が重なり、去年はすごーくバタバタの一年でした。 ですが、主人や義理のお母さんの協力もあり、なんとか乗り越えてきました。 私がもうちょっと効率良く行動できたら、もっと楽なのになーと思いながら、日々過ごしています。 今はおっぱいの回数も減り、夜ゆっくりと寝てくれるようになったので、少しづつ自分の時間も持てるようになってきました。 長い間ほったらかしだった、このブログも久しぶりに開くことができるようになり、とても有難いことに閲覧して下さっている方がまだいてくださる!!!と喜んでおります。 正直言って、なかなか頻繁に更新することができないのでブログを辞めようかと思っていたのですが、主人に『頻繁にできなくても、これだけアクセスしてくれる人がいるんだから、ゆっくり続けたら?』と言ってもらい、自己満足になりますが続けることにしました。 これからもマイペースになりますが、ちょくちょく書きたいと思います。 また、宜しかったら見ていただけると有難いです。 それでは、また次の機会に! rinuts1988 とっても遅くなりましたが、みなさま 明けましておめでとうございます! 新年からバタバタしており、なかなか更新できませんでした。 まず、悲しい報告から。 去年から旦那といろいろ話し合い、もう一人子どもを作ろうとなり、妊活してました。 今年に入ってすぐに妊娠検査薬で陽性が出て、とっても嬉しかったのですが、でお腹の中で成長していないことがわかりました。 10人に1人がなる流産らしく、日帰りの手術をしてきました。 人生で始めての麻酔を経験して、改めて子どもを持つということの大変さや大切さがわかりました。 話が変わりますが、私は寒いの苦手なので、冬はあんまり好きではありません。 が、暑いのも苦手なので夏も好きではありません。 ついでに、春は花粉症で嫌いです ・・; 秋は食べ物も美味しいし、すごしやすいので好きです。 笑 寒いの、暑いの、嫌いと書きましたが、それは屋外での話。 室内では自分の感覚がおかしいみたいで、ほぼわかりません。 知的障害が関係あるのかわかりません。 ただ単に感覚が鈍いだけかも。 ちょっと暑いから長袖から半袖に着替えようとか、薄手のシャツにしようとか、エアコンつけようなど、ぜんぜんわからずによく風邪をひきます。 なかなか自分では服を選ぶのも苦手。 お洒落とは無縁の世界です。 服を買うのも苦手。 誰かにオススメされないと買えません。 独身時代は妹に、今は主人か義理のお母さんにお願いしています。 自分で選ぶとボーダーのばっかり選んでしまいます。 あとは、グレーのパーカーか黒とかの地味な色。 昔は引き出しあけると、同じようような服ばっかりでした。 私より主人のほうが女物の服に詳しいっていうよくわからない感じになってます。 笑 知的障害が関係あるのか、私の個人的な性格なのか、他の方はどうなのか聞きたいです。 またまた、話が変わりますが みなさま、コメントありがとうございます。 一人一人にお返事をしないといけないのですが、ちょっと今バタバタしていて余裕がないので、また余裕がある時にお返事書かせていただきます。 それではまた次回に。 今回も見ていただきありがとうございます。 rinuts1988 またまたまたご無沙汰しております。 久しぶりのリナッツです。 なかなか更新できず申し訳ない。 実は娘にイヤイヤ期がやってきたみたいで、ついでに夜泣きを復活させてきたみたいで ・・; なかなかブログを書く余裕がありませんでした。 娘が産まれてから2年がたち、だんだん育っていく可愛い怪獣を見ていると、世の中の母の偉大さに気付かされる日々です。 ついこの間まで、歩けなくて、寝返りもできなくて、喋れなくて、泣いてばかりだったのに、 今や『いやっ』って言いながら私の選んだ服を着るのを拒否するようになってるなんて。 毎日、娘に振り回されながら、子どもを持てたことに感謝です。 と、子育ての話はここまでにして、 興味のない方には長々と書いてしまってスミマセン このブログを見て下さっている皆さんは軽度の方とその家族さんが多いと思うのですが、他の方が家事育児や仕事など、どんな感じでされているのか気になります。 私は動作制IQが低いせいが、基本的にどんくさくて効率が悪いので何をやっても時間がかかってしまうのが悩みです。 娘が幼稚園入学の時に、園バスの時間に間に合わせられるのか、お弁当を作れるのか、など悩みはつきません。 私自身、妹がいて良かったと思えることが多いのですが、主人は弟がいてあまり良い面がなかったみたいで。 デリケートな問題だし、難しいです。 いろいろ悩みはつきません。 愚痴っぽくなりましたが、今回はこんな感じで終わりにしておきます。 では、また次回に。 rinuts1988 こんにちは。 よっぽど詳しくないと見抜けないよね。 私はとっても能天気というか、ポジティブというか、あんまり物事を深く考えないタイプで、何かにとっても怒っていても寝たら忘れるタイプの人間だったので、正直ここまで苦労の連続の人生って感じではありません。 朝起きれないのも、忘れ物が多いのも、みんな他の人もそんなもんだと思っていたので。 世の中には気付いていないだけで障害がある人ってけっこういるのかもしれないですね。 さて今回は、前回予告した通り、今回はについて詳しく書いてみたいと思います。 といっても、詳しい事は役所で聞いたほうがわかりやすいかと思うので、実際にを持ってみての感想を書きたいと思います。 まず、手帳についてですが、事前に提出した私の写真が貼ってあります。 しかも、がっつり外から見えるところに。 しかも、次回の判定まで10年間同じ手帳を使うそうです。 私は写真の事をすっかり忘れていたので、深夜に適当な証明写真の機械で撮りました。 その結果、とっても顔色が悪い感じの写真で、さらにスッピンです。 私がよく使っているのメリットは、施設の入場料金が安くなること!です。 動物園や水族館などが無料になったり、割引になったりするのはありがたいですね。 あとは、市バスが半額になったり、タクシーが一割引になったり、JRなどは101キロからしか割引が使えないので今のところ使っていませんが。 残念なのは、高速道路の割引などはB判定のうちはないこと。 車の重量税などの免除もA判定の方だけだそうです。 うちはよく車で出掛けるので高速道路の割引もあったら助かったのになーと思います。 残念ですが、仕方ないですね。 私は今のところ、そこまで困っていませんが、何かあった時に公的に相談できる窓口ができた事が安心感につながりました。 主人もそこが安心らしいです。 では、また次回に。 rinuts1988 またまた御無沙汰しております。 ちょっといろいろバタバタしてて更新できていませんでした。 でも、新しくコメントを書いて下さった方もいて、とっても嬉しく拝見しておりました。 まず、ご報告。 実はをもらえる事が決定してからすぐに、今度はのことで動いていました。 自分の力ではちょっと厳しそうだったので、に強い社労士さんを探してお願いしていました。 最初の2ヶ月分は社労士さんの成功報酬になりますが。 であることが発覚してからそろそろ一年。 そこから自力でいろいろ調べたりして、まだまだ自分の事なのにわからない事もありますが、理解ある旦那様と、そのご両親とにかこまれて何とか生活しています。 とりあえず、簡単にですが報告です。 また、の詳細との詳細は別に書きたいと思います。 rinuts1988.

次の

「もっと早くに気づけたら」 発達障害、軽度知的障害が生む二次障害|特定非営利活動法人エス・エス・エス(NPO法人 SSS)

軽度 知 的 障害 女性

ウチの子がんばっているんだけど、なかなか成績が上がらないのよ。 凄く優しくて、真面目な子だし、先生からの評判も悪くないんだけど、なかなか結果に表れなくて困っているのよねー 「子どもは一生懸命頑張っているんだけど、なかなか勉強についていけなくて困っている。 」 一般的に軽度知的障害と言われるような、正常と異常の狭間にいるようなグレーゾーンの子どもって、世間的にはそう少なくないと思います。 私の友人は学校の勉強は得意な方ではありませんでした。 寧ろ、赤点を取ることが多く、勉強の仕方がわからないけど、努力はするため、授業態度だけでは満点を取るような子どもでした。 しかし社会では普通に生活が送れ、普通の仕事について一人で暮らすこともできています。 「軽度発達障害と言われる子ども達が、普通の社会で馴染んでいくためにはどのような支援が必要なのか」 つまづいているのは「勉強方法」です。 どのように勉強すれば良いのかわからないからつまづいてしまうのです。 今回はそんな軽度知的障害のお子さんを持つ家庭で、小学生の内からやっておきたい勉強法について、紹介していきたいと思います。 補足 IQとは知能検査の結果の表示法の一つ。 ビネー式知能検査では、合格した問題の数あるいは合計得点を精神年齢(知能年齢) に変換する。 それにより出た数値をIQと呼ぶ。 基本的には日常生活上に配慮する必要はないレベルの障害ですが、 場合によっては行動上の指導を必要とする場合があります。 軽度知的障害を持つ子は、早期からの支援が必須!! 全国の公立小中学校の通常学級に在籍する児童生徒のうち、人とコミュニケーションがうまく取れないなどの発達障害の可能性のある小中学生が6. このデータの通り、発達障害と呼ばれる子の割合としては、少なくありません。 厳密にいうと、発達障害の診断はついていなくても、そのような傾向があるお子さんもいるため、統計上よりも多くいる事が考えられます。 しかし、その中の4割が支援を受けていないというデータには驚きました。 軽度知的障害と呼ばれる子の多くは、 普通の子よりも勉強につまづく事が多いので、 早期からつまづきに気づいてあげる事によって、 勉強についていけるケースが多いです。 そのため、早期からつまづきに気づき、 サポートする事が必須となります。 小学校からの勉強についていけるか不安 先天性だから、自分の特性とかまだまだ分かりきってない部分が多い=周囲に似たような特性の人いないと不安。 ってなるんだよね、。 「自分は自分」って言われたけど、難しいものがあるよね。 — ジラソーレ hentekomusi 軽度知的障害の子どもは、日常生活に適応できる能力は持っていているのと同時に、 生きづらさもあります。 保育園や幼稚園の生活とは違い、集団で勉強するといった今までの環境から変化するため、 不安に思うこともあるでしょう。 そこで、軽度知的障害を持つお子さんが、小学校でつまづきやすいポイントを紹介します。 軽度知的障害の子どもがつまづきやすいポイント• 勉強についていけず、みんなが進んでいる授業内容から遅れをとってしまう• 授業に集中する事ができず、途中で立ち上がってしまうなどの行動をとってしまう• TPOに合わせた言動や行動が取れない 勉強についていけず、みんなが進んでいる授業内容から遅れをとってしまう 40人程度で同じ授業の内容を学習する小学校の授業スタイルでは、ついていけない場合もあります。 現在小学2年生男の子で、去年軽度知的障害と診断されました。 学校では国語と算数の授業だけ特別学級で学習しています。 平仮名はようやく半分くらい読めるようには なりましたが書くことが苦手です。 足し算や引き算は出来ません。 特別学級の先生から支援学校への転入も勧められたのですが「もう少しだけ」とワガママを言い現在学校は変更していません。 しかし勉強の教え方が分からずかなり手こずっています。 本人が文字や数字に興味が無いので集中力が続かず他のことに気がいってしまい1枚のプリントやるのに30分以上かかることもありイライラしてしまいます。 やる気が無くなると筆圧も薄く適当に書くので消してやり直し。 となると余計やる気が無くなってしまい子供もイライラしてきてしまいます。 褒められるのが好きな子なので、上手にかけた時は大袈裟に褒めるのですが勉強に関しては褒められても嬉しくないようで効果もありません。 引用: 知恵袋で相談しているこのお子さんは、軽度発達障害を持っている子のようです。 勉強は頑張っているようですが、 数字や文字に関して理解できず、飽きてしまうため諦めてしまうようです。 この子の場合、数字や文字に関して理解しきれていないため、興味が持てずに発達が遅れてしまっている事が原因だと考えますが、勉強に関して成功体験が少なく、できない事が多いため 集中力が続かないというループに陥っているように思います。 学習障害など、文字や数字などの概念を理解する事が難しい場合もありますが、計算を計算プリントだけではなく、実際の物を使って数の計算をしてみるなど、 考え方を変える事によりつまづきをなくす事もできます。 授業に集中する事ができず、途中で立ち上がってしまうなどの行動をとってしまう これも先ほどの項目とかぶるのですが、小学校などの授業中に急に立ち上がって何か違う行動をしてしまうなど、 他の子とは違う行動をとってしまう事で目立ってしまう場合があります。 小学校低学年で、学校側の配慮等もあれば一緒に集団生活を送る事ができると思いますが、中学年や高学年になっても同様の行動が出てしまうようであれば、普通級ではなく、 特別支援級での支援が必要になると思います。 衝動的に立ち上がるなどの行動は、注意欠陥・多動性障害(ADHD と呼ばれる行動の特徴で起きている場合が多いですが、そもそも授業についていけず、 よくわからない内容が繰り広げられているため、立ち上がるといった行動に出ている場合もあります。 子どもが他人とは違う行動を起こしてもすぐに怒らず 、なぜそのような行動をとったのかを考える必要があります。 TPOに合わせた言動や行動が取れない とのごく軽いものを診断されている息子を、先々月から週一回、地元のとある合気道の幼年部に通わせています。 多動があり、たいていどのお稽古事に通わせても自分勝手なことをしていますが、合気道では練習中にフロアの黒板に走っていって落書きをする、木刀を勝手にキープして人が持っていくと泣いて怒る、その他少しでも自分の思い通りにならないと駄々をこねて騒ぐ、などの行動が見られました。 引用: 学校の勉強だけでなく、対人関係の問題により支障が出る場合があります。 こだわりが強く、みんなで共有する物なのに、お気に入りのものを他人に取られたら怒ってしまうといったことであったり、先生と友達との会話にも差がなく、距離感がわからずに 同じように話してしまうなどの問題が出てしまう事もあるでしょう。 コミュニケーションの問題は難しく、学習のつまづきを見つけるのとは違うため 経験が大切です。 人の物を取ろうとしたら、なぜその行動がダメなのかを具体的に伝え、物の貸し借りのルールなどを学んでいったり、こだわりが強い子であれば、好きなキャラクターを身につけておいて、こだわりをそのキャラクターで代償してあげるなど、 気持ちを切り替えられるような手段を見つけてあげる事で、 コミュニケーションが取りやすくなるかもしれません。 軽度知的障害を持つ親御さんなら必ず知っておきたい、サポートの仕方を紹介! 環境を考えてみる 子どもは苦手な勉強に対してどのような反応をしていますか。 おそらく、途中で立ち上がってその場から離れてしまったり、違うことをやり始めてしまい、集中できていないという行動は取っていませんか。 小学校からは集団での授業となりますが、その子にあった勉強方法が確立されていないため、 どんどん勉強についていけずに追い抜かれてしまうといった事が考えられます。 小学校の教育スタイルとして、普通級と特別支援級という2つの分類があります。 普通級とは、40名程度の生徒に1人もしくは2人の先生で行われる授業スタイルのことで、世間一般にイメージするような小学校の教育方式です。 特別支援級では、8名程度と小集団で行われるものです。 そのため、数字が苦手で算数がついていけてないという子では、 算数の授業だけ特別支援級で過ごすといった事も可能なのです。 子どもの成績が伸び悩んでいると感じたら、 子どもの勉強環境があっているかを見極めるのも大切かもしれません。 塾などのサービスも検討してみよう それでも成績が伸び悩んで困っているという場合では、塾などのサービスを利用するのも良い選択です。 しかし、集団で行われる塾などは適していない場合があります。 ポイントとしては 「発達障害」に対し、理解がある塾なのかという事と、 個別でのサポートが受けられる という部分を重視しましょう。 インターネット方式で勉強できる!自立学習支援プログラム すらら 引用: パソコンを介しての勉強方法であるため、苦手な分野の勉強を学年を遡って勉強することができます。 子どもにとってはつまづきがあるわけですが、苦手な分野を遡って勉強することに対して、 恥ずかしいなどプライドが邪魔をしてしまう場合もあります。 インターネット方式のe-ランニングでの勉強方法なら、周りに恥ずかしい思いをせず、 映像でわかりやすく勉強できるため、オススメです。 発達障害教育のパイオニア さくらんぼ教室 引用: 発達障害の子に特化した学習塾であり、東京・千葉・神奈川で10教室あります。 小学校入学前の幼稚園児から入園することができます。 ここでの特徴として、勉強はもちろん、 集団生活で学ぶようなソーシャル・スキル・トレーニング(SST)と呼ばれる教育も受けられることができます。 コミュニケーション面でつまづきやすいことは、先ほど説明しましたが、集団生活を送るために必要な能力を学ぶためには、 場面に応じて具体例を学んでいくしかないのです。 発達障害のお子さんをサポートしている塾だからこそ、行うことができる教育であるため、 コミュニケーション面でうまくいかない事が多いお子さんはぜひ検討してみてください。 まとめ 軽度発達障害を持つ子の小学校からの勉強法• 軽度発達障害は早めからの教育が必要• 勉強だけでなく、コミュニケーション面でも問題になる事がある• なににつまづいているかを見つけてあげる事が、子どもの将来性を広げる事ができる• 環境を変えたり、塾などを使って、個別でつまづきを支援していく事が必要 軽度発達障害だからといって、 教育が必要がない訳ではありません。 寧ろ 早めにつまづきに気づいてあげて、そこを 支援してあげる必要があります。 最近では大人の発達障害というものをよく目にするようになりました。 子どもの頃からそのような傾向はあったものの、気付かずに成長していき、大人になって苦労してしまうといったものです。 もし子どものうちからその傾向に気づいていたら、生きづらさも軽減され、特性を理解しながら生活を送ることができたと思います。 そういった事も含め、子どもの つまづきに気づいたらプラスに考えてください。 気づいた事によって子どもの将来性を伸ばす事につながります。 つまづきに気づいたら何をするのかというと、そのつまづきを一 緒に支援していく事が大切です。 できない部分を早めからサポートする事によって、学校の勉強や日常生活を送り、自立して生活できるようになります。 この記事を参考に、子どもの将来性を伸ばす事が出来たら幸いです。 今、 子どものプログラミング学習が熱い!おススメの教室&教材ベスト3.

次の

大人のアスペルガーADHD特徴 発達障害 軽度なほど問題な理由

軽度 知 的 障害 女性

知的障害は知能指数 IQ の度合いによって、軽度・中度・重度に分けられる。 その中でも、軽度知的障害は外見から判断することが出来ないために、見過ごされてしまうことが多いそうだ。 何かがおかしいと感じて、相談機関に行っても、たらい回しにされたり知能テストを受けて終了というケースも少なくない。 果たして軽度知的障害は一体、どのようなものなのか。 記憶・運動・思考・判断能力などが同年代の平均よりも遅れており、日常生活や学習面などで支障が生じている状態です。 知能指数IQ51~70に該当する軽度知的障害は、ボーダーラインの下段階にあたります。 遅れた状態は発達期である18歳ごろまでに現れ、個人によってその特性は異なります。 軽度知的障害の問題点は最初にも書いたように、生活に支障がありながらも、それを見た目からは判断することが出来ないが故に、理解を得ることが難しいという点だ。 ゆっくりながらも自分のことができる、ちょっとわがままで聞き分けのない子だと思われているだけで、親も周囲も気がつかないことが多いのです。 生活上の困難が多くフォローが必要なことが理解されないのです。 それでは、「わかりにくい」と言われる軽度知的障害における問題点とは何か。 注意すべき点に触れていこう。 ・言葉の発達が遅い ・理解力が低い ・自分の気持ちを上手く説明できない ・幼い印象がある ・こだわりが強い このように子供時代にも問題を多く抱えるが、大人になってからも軽度知的障害は影響を及ぼすそうだ。 ・学力や理解力が低い ・コミュニケーションが取れない ・素直 ・感情のコントロールが苦手 ・社会適応能力が低い ・ストレスに弱い 以上のように、多くの問題を抱えることになってしまう軽度知的障害者。 きっと、保護者は大きな不安を抱くであろう。 だと嬉しいですが、やはり子供が小さい頃は色々ありました。 特に次男は発達障害に軽度知的障害に鬱病を持っているので、これから先が心配です。 だから、自分のことは自分で出来るように何でもやらせてます。 いつか実を結べばいいな.. と思ってます。 — まつの📫👦👦💖 matuno2605 子育ての最終目的は自立です。 しかし軽度知的障害の方は様々な特性から自立が遅れてしまうことも…。 親や頼りになる人がいなくなっても1人で生きていく力を身につけさせたい…。 これが保護者の方の切実な思いです。 現在では、障害者向けの様々な制度が利用できるようになりましたが、本当の意味で社会は障害者に合わせてくれません。 社会に合わせていかなければならない現実に対応できる力が必要なのです。 そのために小さいうちから将来を考えた選択が求められるのです。 例えば、小学校に入学する際、 「普通学級か特別支援学級か特別支援学校か」という選択は大切な分岐点であろう。 また、就職や結婚など、ライフイベントにおける選択のあり方も重要である。 成長に伴い、本人の障害に対する自覚が進む一方で葛藤も起こります。 本人と保護者の希望がうまくマッチするように進めていけるといいですね。 いずれにしても、本人の意思を尊重し、現実と折り合いをつけていくことが大切なのではないか。 そしてもちろん、軽度知的障害者にも活躍の場はあるのだ。 養護学校で教員してる人に聞いたら、軽度知的障害の子は優等生になれるからほんとイキイキして、よく勉強もするって言っていました。 養護学校、教員の数も圧倒的に多いし、少人数で恵まれた環境なんですけどね。 家族が支援して本人がよく勉強すれば進学については問題ないと思うんだけどなぁ。 — racho rachopen 興味のあるものに向かう集中力と持久力は彼らの大きな特性の1つ。 ぜひ伸ばしていきたいものです。 小さいころからの趣味嗜好や得意・不得意を把握しておくことが大事ですね。 また、軽度知的障害者でも、自治体によって制度に差はあるが、療育手帳を取得出来るケースもある。 療育手帳とは、 都道府県知事 政令都市の長 が知的障害者に向けて発行する障害者手帳のことです。 取得すると特別児童扶養手当や各種割引などの援助措置が受けられます。 愛の手帳・みどりの手帳・愛護手帳など、名称や障害の程度区分は自治体によって異なります。 取得後も時期が来たら更新をしなければなりません。 というものだ。 気になる人は一度、自治体に問い合わせてみても良いだろう。 軽度知的障害は理解を得にくく、誤解も受けやすい。 しかし、周囲からの少しの声かけでも救われる軽度知的障害者やその親は多いはずだ。 記事にも 大事なのは次にどうすればいいのか?であり、数値だけ知りたいのではありません。 とあるように、少しでも軽度知的障害への認知度が高まり、理解を得やすい、より良い社会へと変化していくことが必要であると私は思う。

次の