しみのじ新発見。 美白剤開発に標的となる新分子を発見

ファミマの新商品「黒みつしみうま生どら焼」を食べてみた結果 → ふんわり極上の味だった!

しみのじ新発見

CONTENTS• 次から次と開発される「がん早期発見ツール」、良いことのはずだけど問題点は無いのか? 血液一滴でがん検査ができる方法が話題になっています。 私は医師としてはもちろん個人的にも線虫を使ったがん早期発見検査の方が興味があります。 尿を一滴検査するだけで、がん早期発見が可能であれば患者さんの肉体的な負担も金銭的な負担もかなり軽減されると思われます。 簡単にがんを早期発見することが可能な検査方法の実用化はよろこばしいことであっても、実際に日常の診察で使用するツールしてはいくつかの問題点が残されています。 この尿一滴を使うだけで、がんの早期発見ができる検査方法は以前、医師以外に乱用された辛い歴史がありました。 何を思ったか、どんなつもりだったのか、美容室でがんの検査が行われていたのです。 いくら手軽にがん検査ができる方法が開発されたとしても、最終的な診断が美容師さんにできるはずもなく、診断してしまったら医師法違反で即アウトです。 このブログをお読みになった広津先生から「皆さんが騙されることのないよう注意喚起を行っております。 美容室で臨床研究や検査をすることはあり得ません」とのメールをいただきました。 長い長い道のりを経て、広津崇亮先生(今では「HIROTSUバイオサイエンス」の代表取締役)の夢が実用化されることが、信頼度が高いとされているヨミドクターで取り上げられました。 yomiuri. がんを見逃す可能性もあります がんを早期発見すると言われている血液検査の場合でさえいくつかの問題があります。 一番問題となるのは「がんを見逃すこと」です。 がんの腫瘍マーカーと呼ばれている、人間ドッグのオプションで選択できることが多いですよね。 人間ドッグでどうせ採血できるのですから、ちょっとお金をプラスしてがんの早期発見をしたいと思うのが人情です。 腫瘍マーカーで重要視されるのが「感度」です。 がんの患者さんが100人いたとして、90人に対して腫瘍マーカーが陽性となったら感度は90パーセントです。 10人のがんを見逃してしまいます。 がんがあっても見逃してしまう危険性があります そうなると、感度は高ければ高いほど良いに決まっているように思われますが・・・感度が高い=優れたがん早期発見方法とは言い難いのです。 感度以外に「特異度」があり、これが高くないとがん検査方法としてはめちゃくちゃ優れた方法とは医師の間では一般的には判断されません。 がんは無いのに、がんと判定してしまうことがあります 腫瘍マーカーにしろ、線虫を使った検査にしろ、いくら感度を高めても、「特異度」という問題が発生します。 特異度は偽陽性とも強く関連しています。 偽陽性とは本来はがんは無いのに、がんがあると診断されてしまうことです(現在行われているがん検診でも、血液検査以外の検査でも偽陽性は問題をはらんでいます)。 一般的には感度を高めると、特異度が下がってしまいます(私の専門分野である泌尿器領域では前立腺の腫瘍マーカーであるPSAがそれにあたります)。 私が尊敬する「ナトロム」さんはブログでこのように書いています。 特異度を度外視すれば感度100%を達成するのは容易で、検査を受けた人全員を陽性と判断すると、特異度は0%だが感度は100%になる。 検査の性能を評価するには、感度と特異度のどちらかだけでは不十分だ。 NATROMのブログ 「」より 感度をあげると特異度が下がる、血液検査であれ、尿を使った検査であれ、がん早期発見方法は常にこの問題に直面します。 がん陽性と判断されても、がん自体が見つからないことがあります 非常に感度が高く、それなりの特異度が認められているPSA検査、前立腺がんを見つけるための血液検査は泌尿器科医以外でも多用されています。 PSAは前立腺特異抗原 Prostate Specific Antigen の略で、「特異」とついているので、感度も高く特異度も高いと思われがちです。 しかし、PSAが基準値を超えていたとしても前立腺がんが見つからないことも稀ではありません。 尿を使った検査あるいは血液検査で「がん陽性」と判断されても、実際にはがんが体に存在しない場合を「偽陽性」としています。 いくら感度と特異度が高くても、検査で陽性となった人の中で本当にがんがあることを示す陽性的中率がどのくらいなのかが問題となります。 前立腺がんの特異的な腫瘍マーカーであるPSAが高い値を示していたら、どうにか前立腺がんを見つけようとMRI検査を行い、さらにはで診断を確定しようと多くの泌尿器科医は試みます。 これまた私が尊敬する若手外科医の山本健人先生は東洋経済でこのように述べています。 「腫瘍マーカー高値」という検診の結果を持って患者さんが病院にやってこられ、精密検査をして「何も異常が見つからない」という事態を数え切れないほど経験しています。 「腫瘍マーカー」という言葉でありながら、「がんだけで上昇する項目ではない」という点に注意が必要なのです。 東洋経済 私のクリニックではPSAが高値であった場合、多くの医療機関では入院が必要とされる前立腺生検を日帰りで行っており、入院費の負担・入院という日数の負担軽減に努めています。 しかし、検査によるひょっとしたら無駄になってしまう医療費。 生検という麻酔をしたとしても恐怖と痛みを伴う検査、生検後の出血や感染のリスクを考えたら、安易に行うことは避けるべき検査だとも考えられます。 がんの早期発見は常に過剰診断・過剰治療問題を避けることができないジレンマが存在します。 腫瘍マーカーや線虫を使った尿検査で「がん陽性」と判断されても、実際は発見できない「偽陽性」をどのようにして排除していくかという大問題が腫瘍マーカー、がん早期発見診断には課せられているのです。 追加してお伝えしておきたいのは、前立腺がんを早期発見できるPSAは感度も高く、それなりの特異度もあります。 でも、前立腺がんの場合、将来にわたってその人の生命を脅かす危険性がかなり低いがんの種類もあるので、泌尿器科医はPSAを上回る特異度のある検査の研究が世界中で行われています。 私は広津先生がベンチャーを立ち上げて、線虫を使って尿一滴でがんを早期発見できる検査方法の研究を真面目に行って実用化を目指して、実用化の目処がついたことは全面的によろこばしいことであり応援しております。 実用化によって大規模なデータを蓄積することによって、特異度を高め、確実に治療するべきがんまで判定できるようなレベルにまで「1滴の尿でがんを検知」を極めていただきたいと思います。

次の

しみ・そばかす対策|消す方法は?皮膚科医直伝のレーザー治療・薬・食べ物などをご紹介

しみのじ新発見

有害な紫外線から体を守るメラニン色素は、細胞内の小胞メラノソームの中でメラニン合成酵素によって合成される。 このメラニン合成酵素は、細胞内でメラノソームへ輸送される。 研究グループは、この輸送を制御するタンパク質としてVarp バープ を同定し、この発現異常でメラニン合成酵素の分解 メラニン色素量減少 が促進されることを見いだしていた。 しかし、Varpの発現調節に関わる細胞内の仕組みは分かっていなかった。 研究グループは今回、マウスの細胞内でVarpに結合する新分子としてRab40Cを見つけた。 Rab40Cはメラニン色素産生細胞のメラノサイトに内在して、タンパク質分解酵素のプロテアソームでVarpを分解に導くことを明らかにした。 Rab40Cをメラノサイトに過剰に発現させると、Varpの分解が進んだ。 逆にRab40Cの発現を低下させると、Varpの蓄積が観察された。 メラニン合成酵素の輸送には適切な量のVarpが必要なため、いずれの場合もメラニン合成酵素が正しく輸送されず、結果的にメラノソームから消えてしまうことを確かめた。 福田光則教授は「メラニン合成酵素には直接作用せず、メラニン合成酵素の分解を促進する新分子を発見した。 従来の『メラニン合成酵素の直接的な酵素活性の阻害』という観点とは異なる美白剤の開発に、この新分子が応用されるよう期待している。 しみやそばかすの予防にも効くだろう」と話している。 メラニン色素産生細胞のメラノサイトにおけるメラノソームの形成・成熟・輸送の仕組み 図2. Rab40C発現によるメラニン合成酵素Tyrp1の発現低下。 マウス培養メラノサイトに緑色蛍光タンパク質を付加したRab40C 野生型及び各種変異体 を発現させ、メラニン合成酵素Tyrp1の発現に対する影響を免疫染色法で示した。 野生型Rab40CやQ73L変異体を発現する細胞では、Varp分子の発現が低下するため、Tyrp1の発現が顕著に低下した 点線の細胞、矢印。

次の

お肌の悩み解決!雑穀パワー

しみのじ新発見

12月も残すところ20日を切って、もうすぐクリスマスがやってくる。 この時期はケーキやシュトレンといった洋菓子に注目が集まる時期だが、今回はちょっと気分を変えて、新発売の「どら焼き」をレポートしたい。 2018年12月14日、ファミマで発売されたその商品の名前は『黒みつしみうま生どら焼』だ。 1818年創業の老舗和菓子店「榮太樓總本鋪(えいたろうそうほんぽ)」が監修した商品でありながら、ビジュアルもインパクト抜群だったのでさっそく食べてみることにした。 筆者はそう思っていた。 だがしかし、商品ページの写真を見てみたところ…… おぉぉぉおおおおおーーーーーっ! マウンテン!! 生クリームが山のようにこんもりトッピングされているではないか。 どら焼きにしてはずいぶんとインパクト抜群のビジュアルだ。 ・すかさずファミマで購入 ということで、ワクワクしながら最寄りのファミマへ足を運び、スイーツコーナーをチェックしてみたところ……キタッ! 『黒みつしみうま生どら焼』を発見!! 価格は税込280円と少し贅沢である。 購入して持ち帰りパッケージの蓋を開けると…… 金色のトレーが高級感を醸し出していた。 ・極上の生どら焼きだった よーし、いざ実食だ。 ファミマによると榮太樓總本鋪の黒みつとつぶあんが使用されているほか、生地には有機丸大豆醤油を使用して香ばしく仕立ててあるという。 どんな味がするのか? 生地・あん・クリームをスプーンですくって味わってみたら…… ウマっ!! さらに粘りのある濃厚なあんとミルキーな生クリームのコンビもたまらない。 なお、気になっていた醤油の味は ほんの隠し味程度で甘辛さはほぼ感じられなったが、全体のバランスは良好。 ふんわり柔らかな食感と味わい深い甘みが印象的な極上の生どら焼きであった。 12月といえばケーキが定番だが、こんなどら焼きなら老若男女問わずきっと喜ばれるはず。 数量限定なので気になる方は早めの購入がオススメだ。 ちなみに、残念ながら北海道、宮崎県、鹿児島県、沖縄県では販売されていないので該当地域の方はご注意を。 参考リンク:ファミリーマート Report: Photo:Rocketnews24.

次の