メルカリ オファー と は。 メルカリでオファーが来たら無視する?対処法おすすめはコレ!

メルカリ。オファーのキャンセルについて

メルカリ オファー と は

値下げ交渉は可能かどうか?• 購入希望価格の提示 もちろん、値下げ交渉のコメントは、自分以外のメルカリユーザーさんにも閲覧できてしまいます。 それに対してオファー機能は、商品ページに設置されている「オファー」というボタンをタップするだけで値下げ交渉が可能なので、自分以外のメルカリユーザーにやり取りを見られる心配もありません。 上記の オファーボタンをタップして出品者さんに購入希望金額を提示するだけで、値下げ交渉が可能だということです。 また、 出品者さん側は提示されたオファーを承諾するかどうか自分で決めることができるので、オファー価格で商品を売りたくない場合は受けなければOKです。 もちろん、 オファーを承諾しなかったからといってペナルティはありません。 オファー機能を利用することで、メルカリユーザーさんたちの間でが解消されると良いですね? 値下げ交渉については、以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。 商品ページでオファーボタンをタップ• オファー価格を入力• 「オファーする」をタップして送信• 出品者さんの対応を待つ• オファーが承諾されたらオファー価格で購入 実際にスマホの画面を使ってさらにわかりやすいように解説しましょう。 まずは、商品ページのオファーボタンをタップします。 オファー画面に切り替わったら、オファー価格(購入希望金額)を入力して「オファーする」をタップしてください。 出品者さんにオファーを送信すると、お知らせの画面にも以下のように通知されます。 あとは、出品者さんの判断でオファーが承諾されれば、オファー価格で購入手続きを開始すればOKです。 ただし、オファー価格での購入は、出品者さんがオファーを受け取ってから24時間以内に承諾した場合に限定されるのでご注意ください。 また、同時に出せるオファーは10件までという上限があります。 スポンサーリンク オファーをキャンセルする方法 メルカリのオファーはキャンセルも可能です。 オファーした商品ページで、 キャンセルボタンをタップするだけで一度出したオファーをキャンセルできます。 もし間違ってオファーをしてしまった場合でも、かんたんにキャンセルできるということです。 オファーが自動キャンセルされる場合 メルカリの購入者さんにとっては、値下げ交渉に便利なオファー機能ですが、はやり 最終的には出品者さんの判断に委ねられます。 購入希望者さんがオファーを出しても、場合によっては自動キャンセルになることもあるのでご注意ください。 オファーが自動キャンセルになるのは、以下の条件が成立したときです。 オファーが自動キャンセルされるケース• オファー機能の搭載によって、出品者が値下げ交渉を希望していない場合でも値下げの対象となってしまう懸念がある• 商品出品時に出品ページから「オファーあり・なし」を設定できるようにしてほしい• オファー機能が、すべてのカテゴリーに適用されたら出品者はオファー価格ありきの価格設定を強いられる懸念がある• オファー承諾後、いつまで経っても購入しないユーザーが増えそうで心配• オファーを無視したまま24時間放置する出品者が増えそう• オファー機能に関するマイルールが増える予感 出品者さんは、商品出品時に「オファーあり・なし」を設定できるようにしてほしいというのは同感です。 やはり、無条件にオファーありが前提となってしまうのは、出品者さんにとって良いことではないかなと…。 オファーに関するマイルールが増える? 今後は オファーに関するマイルールは増えるかも知れません。 マイルールについては以下の記事で解説しています。 ただでさえ、コメント逃げ禁止だとか、購入意思のない「いいね」禁止などといったマイルールが当たり前のようになっているので、オファー機能についても以下のようマイルールを独自で主張するユーザーさんが出てくることは安易に想像できます。 オファーに関するマイルールの事例• オファーしてきたらブロックします!!• オファーは可ですが、承諾後24時間以内に購入しない場合は通報&ブロックします!• オファー逃げ禁止!!• 値下げ交渉はオファーではなく必ずコメントでお願いします! オファー機能の搭載によって、新たに上記のようなマイルールを主張するユーザーさんも増えると思います。 また、販売価格をわざと高額に設定しておいて、オファー機能を利用して一番高い金額を提示した人に売るといった感じのオークション的な出品方法もできてしまうと新たな問題やトラブルにつながる危険もあります。 オファーを出したユーザーさんは、出品者さんにしかわからないようになっていますからね…。 オファー機能によって、購入者さんは値下げ交渉が便利になったとしても、 あくまで決定権は出品者さんにあるということは覚えておきましょう。

次の

メルカリ。オファーのキャンセルについて

メルカリ オファー と は

値引き「オファー」機能とは 値引きの「オファー」とはコメント機能を使うことなく、希望価格を打ち込むだけで簡単に価格交渉ができる機能のこと。 なお「オファー」のやりとりは第三者に公開されることはないので、出品者と交渉者の2人の間だけでこっそりと値引き交渉を行うことができる。 いずれにしても出品者側には特にメリットは感じられない。 「オファー」機能によって取引きの活性化はあったのか? 果たして「オファー」機能が付いたことによって取引はスムーズになったのか?? プラス効果の期待に反して、メルカリボックスには早くも続々と 「値下げを承諾したのにバックレられた」との声が寄せられている。 コメントのように公開されているわけではないので、 気軽に交渉して気軽にバックレるといったところだろうか。 まあ、こうなることはおおよそ予想がつきそうなものだが…。 そもそも多くの出品者が嫌う価格交渉者の言動に 「挨拶もしない」・ 「突然に値引き額だけを提示する」というものが1・2位を争う勢いで挙げられているのだが、これってまさに「オファー」機能そのものじゃないのか? 感じが悪いことはもちろんだが、出品者側からの細かな妥協案の提案などができない分、交渉を成立させる手段としては非効率なんじゃないだろうか。 このへんがすごくメルカリ運営サイドと出品者側との思惑が食い違っているところな気がするのだけれども… まあそれはいつものことか…。 「オファー」機能を使う人にはダメ元交渉の人が多い印象だから、結局のところ無茶なコメントが「オファー」にすり替わっただけな感じだ。 あと個人的には承諾ボタンとお断りボタンの位置が近すぎて、ミスタップをしてしまいそうで怖い。 そんな理由でこの画面を開くのすらイヤ。 「オファー」機能、出品者に嫌われそう 「オファー」機能に関してはオファー交渉者についてもそうだけど、 何よりメルカリ運営事務局が出品者から嫌われそう。 メルカリのこの「とにかく売れればユーザーの気持ちなんてどうでもいい」って姿勢が今までも、そしてこれからも出品者たちに嫌われ続ける理由だろう。 あんまり変な機能ばっかり付けないでほしいなあ… そんなことよりも 魚のオブジェの諭吉とかを取り締まることの方が優先なんじゃないのか?? せっかく追加された機能だけど、個人的には「オファー」が来てもスルーする形で対応していきますよ!.

次の

【メルカリ】オファー機能の使い方と注意

メルカリ オファー と は

メルカリのオファー機能とは? 気付いたら導入されていた新機能だが、出品者・購入者両方の立場からメルカリのオファー機能について紹介していく。 メルカリのオファー機能とは? 出品商品を見ていたらメルカリのオファー機能という新しいシステムがあるのを気付いたことがある人は多いだろう。 オファー機能とは、簡単に言うと値下げ交渉機能だ。 通常、メルカリでは値下げ交渉をする時に購入予定者はコメント欄に書き込み交渉をする。 「購入希望者です。 可能でしょうか?」 などだ。 出品者側からすると面倒な一面もあるので、最初から値下げ交渉不可と記載している出品者もいる。 今までコメント欄でやり取りしていたものが、それ専用の問い合わせフォームのようなものが出来たとの理解でいいだろう。 [購入者側]オファー機能で値下げ交渉をする それでは先に購入者目線でのオファー機能の使い方を見てみよう。 通常、商品ページの最下部に購入ボタンが表示されるのだが、この左側にオファーボタンがある。 このボタンをタップすることでオファーフォームへと進むことができる。 オファーボタンがある商品とそうでない商品があるが、この違いについては後述する。 オファーの使い方を以下にまとめると、• 出品者へ希望の価格を送る• 出品者が 24時間以内にオファーを承諾した場合、その価格で購入することが可能 なお、出品者以外、つまり他の購入希望者へはこのやり取りは公開されない。 なので、こちらが2000円の商品を1500円で値下げ交渉して他の出品者が1600円でカウンターオファーを出すことはできない。 複数の非公開のオファーが出品者に届き、どれを選ぶかは出品者次第だが。 このオファー価格は最初から一定の割合で値引きされたものが入力されているが、数字部分をタップすることで自分で決めた金額を入力することもできる。 ちなみに一度に出せるオファーは10件までなので、爆撃のように100件も値下げ交渉を出すことはできないので注意しよう。 そして、もう一度操作をすることでオファーを撤回することもできる。 商品を購入する必要がなくなった場合などはオファーを撤回しよう。 [出品者側]オファー機能はオプションなの?勝手に付いているけど 出品者側からすれば、オファー機能を使いたいと思う人もいれば、なぜか勝手にオファー機能が付いていると思う人もいるだろう。 結論から言うとオファー機能は特定のカテゴリーで勝手に付与される機能になる。 なので、オファー機能を使いたい!と思う出品者でもカテゴリが違えば利用できないし、勝手に付いているので外してほしいと思う出品者も 該当カテゴリなら自分で外すことはできない。 オファー機能が適用されるカテゴリ 現在、オファー機能が適用されるカテゴリは以下のカテゴリだ。 インテリアカテゴリー• 雑貨カテゴリー 今後、追加されるのか削除されるのかは運営側も様子見のようなので変更があり次第、こちらに追加していこうと思う。 オファー機能の感想 ここからは個人的な意見だ。 これはメルカリで出品者側か落札者側かのポジションで変わると思うが、僕はメルカリで出品6 購入4くらいのユーザーだ。 個人的には手間が省ける機能だとは思う。 先ほども紹介したように、通常値下げ交渉をする場合は 「はじめまして。 コメント失礼します。 単なる値下げオファーなのに、「こんにちは、はじめまして」という挨拶文を入れるのももどかしい部分もある。 一方、値下げ交渉を受けた出品者側も丁寧に断りのメッセージを入力しないといけない。 これが 購入者:金額を入力するだけ 出品者:無視するか応じるだけ このように手続きが簡便になったのは歓迎すべきことだろう。 しかし、特定カテゴリに問答無用で追加されるのは出品者としては最初から「値下げ交渉に応じますよ〜」と言っているようで誤解を招きかねない。 事実、オファー通知が殺到して外したいと思っている出品者も多いようだ。 まとめ いかがだろうか。 メルカリの新機能である「オファー」について言及した。 それぞれの立場によって意見は分かれると思うが、値下げ交渉の手間は省かれたが値下げ交渉を多発させる機能追加のような気もしなくない。 値下げ交渉がフリマアプリの醍醐味と言えばそうなるが... haruharu5.

次の