洗面所 タオル収納。 【タオル収納実例集】たたみ方&美しくて使いやすいアイデア21選

【タオル収納実例集】たたみ方&美しくて使いやすいアイデア21選

洗面所 タオル収納

洗面台に収納するものって、どんなものがあるでしょうか?シャンプーやリンス、トリートメント、洗濯洗剤に柔軟剤、漂白剤、それから洗顔フォームやカミソリ、歯磨きセット、ヘアブラシ、ドライヤー、お風呂掃除の洗剤や入浴剤など、実にたくさんあります。 これらはほとんどの家庭で置いているものですよね。 予備のものを含めると、その数は膨大なものになります。 でも洗面台はそんなに大きくはないので、そのすべてを収納できるほどスペースがありません。 とはいえ、洗面道具やお風呂道具、それにお掃除用具はどれも必要な物ばかりなので、簡単に減らすことはできませんよね。 洗面所や脱衣所をスッキリさせるアイデアはないものでしょうか?ここでは、そんなお悩みを解決する、洗面所や脱衣所の収納アイデアを解説していきます! 使うものは出して、使わないものは隠す収納術 洗面台に限らないのですが、収納の基本は「使うものは出して、使わないものは隠す」ことです。 とくにスペースが狭い洗面所や脱衣所は、モノがたくさんゴチャゴチャ並んでいると、キチンときれいにしていても、それだけで乱雑に見えてしまうものです。 そこでまずは、収納は「隠す」ことを第一に考えましょう。 毎日使うものは隠すと使いづらくなるので、頻繁に使うものだけは出すようにして、あとはスッキリ見えるように扉やカーテンの奥に収納して隠してしまいます。 もちろん狭い収納スペースを有効活用させるにはさまざまなアイデアが必要ですが、置く場所がないからといって、出しっぱなしになるのが一番スッキリしません。 狭くてもスペースを無駄なく使うとずいぶん違いますよ。 100円ショップで売っているものを上手く活用して、収納上手になりましょう! 洗面台下をきれいに収納するアイデアは? 洗面台下に扉がないときの収納方法 まずは洗面台下の収納を考えてみましょう。 洗面台下は、扉がついている場合と、ない場合があります。 ここで考えたいのは、扉がなく棚のようにになっている場合の収納方法です。 扉がなくても、アイデアしだいできれいに隠すことができますよ! 簡単なのは、カーテンをつけて隠してしまう方法。 100円ショップで売っている突っ張り棒にリングやフックを通してカーテンをつけると、雰囲気がガラリと変わって、お好みのスペースに大変身!カーテンなら色柄も種類が豊富なので好みのものを見つけやすいでしょう。 カーテンをつけない場合は、プラスチックやバスケットなどを用います。 洗濯用、お風呂用、掃除用、などの用途ごとに収納するようにすると、使いやすいうえに、中身が隠れるので見た目もキレイになります。 ケースごとに移動できるので、棚のお掃除もラクラク! 洗面台の下の収納スペースは、幅が狭く、奥行きがあります。 シャンプーの詰め替えをしようとしたら、どこにあるのかわからなくて、結局一番奥にあった、という経験はありませんか?この狭い場所を無駄なく使うには、100円ショップで売っているA4サイズのプラスチックケースが便利です! 予備の詰め替えなどはシャンプーやお風呂洗剤など、分類ごとにプラスチックケースを用意して、その中に収納するようにしましょう。 さらに、プラスチックケースにはラベルを貼って名前を書いておくと一目で中身がわかります! これでもう、出すときに全部引っ張りださなくても簡単に取り出せますよね!狭い洗面台の下は、キッチリスペースを使いたいもの。 でも、ただ詰め込むだけでは取り出すときに大変です。 ケースごとに収納することで、見た目もスッキリするうえに、手間が省けるようになります。 洗面台下は衣装ケースでスッキリと! 洗面台の下はそれなりに高さがあるものです。 洗剤類はここまでの高さはないので、思い切って2段にして使う方法もあります!よく「コの字ラック」「洗面台下ラック」などという名前などで販売されていますが、ラックを使って2段にすると、簡単に収納力を倍増できます。 洗面台の下にラックを置くときにひとつ気を付けたいのは、「洗面台の下には排水管がある」ということです。 ストレートに1本の管になっているタイプの排水管もありますが、カーブを描いたタイプのほうが一般的かもしれません。 意外にもスペースをとるもので、収納の邪魔になります。 こちらでおすすめするのは、洗面台下にある排水管を上手くはさんで設置できるラックです。 排水管を囲うような形で2段のラックを設置できるので、とても便利なアイデア商品ですよ! 洗面台下の扉も収納に活用 洗面台についている鏡面まわりは、顔を洗ったり歯を磨いたりするときに活躍するグッズを収納しておきたいところです。 とくに洗顔のときには手が濡れていることが多いので、すぐに必要なものを取り出せるように、洗顔フォームや歯磨きセットなどは鏡面まわりに出しておくと便利。 新しいタオルもすぐに手が届くところに置いておきたいものです。 洗面台の上の部分にプラケースやバスケットを置いたり、壁にアイアンバーを2本縦に設置すると、簡単にタオルを収納できるようになります。 洗面所や脱衣所は狭いスペースですが、動線を考えて置くものを配置しておくとストレスになりません。 とくにアイアンバーは2本あれば簡単にタオルやティッシュなどを収納できるようになるので、ぜひ参考にしてみてください! 収納がないなら作ればいい さきほどアイアンバー2本で収納スペースを増やせるというお話をしましたが、吸盤もアイデアしだいで活躍します。 洗顔の時に外すメガネやお風呂に入る前のピアスなどは洗面台付近に直置きすることが多いと思いますが、ただ置いただけでは紛失の原因になります。 一時的に小物を置く場所を、吸盤と小皿や布製の小さなポケットで作って設置しましょう。 洗面台の横などは見落としがちですが、ここに吸盤を使って小さなものを収納できる専門の場所を作っておくと、紛失が防げます。 また、同様に、アイロンやヘアブラシなども洗面台の横にあると使い勝手が良くなります。 鏡面まわりはゴチャゴチャしやすいものですが、吸盤を使って横の部分もしっかり収納に生かしましょう。 一般的な洗面台は、鏡の両脇にポケットがいくつかついた形になっています。 このままシンプルに使うとスッキリと清潔感がありますが、もっとおしゃれにしたい!という人は、ポケットを外してワイヤーラックを取り付けると、個性を生かしたスペースにできます。 やり方は簡単!洗面台のポケットは取り外すことが出来るので、外した後にフックを使ってワイヤーラックを設置するだけです。 工具を使うことなく設置できるので、賃貸住宅に住んでいる人でもラクラク。 ワイヤーラックにさまざまなものを引っかけて収納場所を作れるので、ポケットの数や大きさ、位置などが自由自在。 わずかなお金とアイデアで自分だけのオンリーワンの洗面台スペースができます! 脱衣所にある洗濯機ラックを収納スペースにするには? 洗濯機ラックは目隠しをして収納に活用! ホームセンターなどで売っている洗濯機ラックはいろいろな物が置けて便利ですが、あまり物を置くと、雑然として見た目がよくありません。 せっかくたくさん物を置けるスペースなので、ここは目隠しをして収納するようにしましょう。 一番上の段は手が届きにくい高さにあるので、普段あまり使わないものを置きます。 予備のタオルや洗濯ばさみ、洗濯ネットなど、軽い物を置くと取り出すときも楽です。 見た目がスッキリするように、バスケットに入れて置くのがおすすめです。 それより下の段は手が届きやすく使い勝手がいい場所なので、毎日ひんぱんに使うものを置くと便利です。 たくさん物を置いても見た目がよくなるように、カフェカーテンやレースのカーテンなどを目隠しにするときれいですよ! 防水パンが空いていたらそこも収納スペースに! 洗面所や脱衣所は狭いので、できることなら何も置かないほうがいいのですが、上でご紹介したような収納方法を試してみても、どうしても収納スペースが足りない!というときは、思い切って収納用のケースをひとつ置くことでずいぶん片付きます。 このときに半透明になった収納ケースだと、どうしても雑多な感じが出てしまうので、中が見えないもののほうが見た目が良いでしょう。 安定性があり、ある程度の高さのあるケースがベスト。 上の段は脱衣かごとして使い、下の段には重い洗濯洗剤や柔軟剤、お風呂用の洗剤などを置くと安定します。 狭いからと言って、洗面所や脱衣所の床に洗剤などを直置きしてしまうと、どうしても見た目がよくありません。 10センチ程度の空きスペースがあれば、そこに収納ケースをはめ込めるので、上手に活用しましょう。 体重計の収納はまな板スタンドで! 洗面所や脱衣所のなかで、とくにスペースを独占してしまうものがあります。 この大きさのものをずっと床に置いておくのって、洗面所や脱衣所のスペースの無駄遣いですよね?そこで、体重計は立てて置くようにしましょう。 ただ、立てておくと言っても、ただ壁に立てかけるだけでは不安定です。 意外かもしれませんが、体重計はまな板スタンドを利用して立てるようにすると安定します。 重いまな板を立てて収納するためのスタンドですから、体重計だってきれいに収納できます。 このアイデアは便利ですよ!ぜひ参考にしてみてください! まとめ スペースが限られる洗面所や脱衣所と、洗面台の収納アイデアについてご紹介してみました。 洗面台には毎日使うものが沢山あふれていますが、収納スペースはそれほど大きくありません。 置く場所がないからと床の上に洗剤を置いたり洗面台のポケットに積んでいると、物を紛失してしまう原因にもなります。 まずは使わないものを隠して、使うものだけを出すことから始めましょう。 スペースが限られているからとあきらめてしまうのはまだ早いですよ!洗面台下は奥行きがあってたくさん収納できる場所なので、工夫してデッドスペースを作らないようにしましょう。 限られたスペースを最大限に有効活用するには、100円ショップがとっても便利です!スペースに合わせたサイズの突っ張り棒やプラスチックケースを選ぶと、使い勝手の良い洗面台にカスタマイズできます。 ぜひ試してみてくださいね!•

次の

【新築】後悔しないための洗面所収納について徹底考察!

洗面所 タオル収納

こんにちは、ヨムーノ編集部です。 洗面所に日用品を収納するとき『タオルの置き場所』に困ったことはありませんか。 かさばるタオルをすっきりと、取り出しやすく収納するのはなかなか大変ですよね。 そこで、狭い洗面所でも美しくタオルを収納できるアイデアを紹介します。 洗面所にタオルを収納するときのポイント 浴室の隣にある洗面所は、湿気が気になる場所です。 たくさんのタオルをぎゅうぎゅうに詰め込んだままでは、知らないうちにカビが発生してしまうかもしれません。 また、手前に置いてあるタオルばかり使ってしまい、奥のほうに置いてあるタオルの出番がない、ということもよくあります。 必要なタオルの枚数を決めて隙間をあけるなど、余裕のある収納を心がけましょう。 バスタオルは脱衣所に、フェイスタオルは洗面所にと、使いたいときにすぐに取り出せる場所に収納することも大切です。 収納は詰めすぎず、湿気に注意しよう 洗面所は物が多いため、かさばるタオルはつい詰め込んでしまいがちです。 そのままでは湿気がこもってしまいますから、隣同士がくっつかない程度にゆったりと空間をあけて収納しましょう。 このとき、『タオルの色やたたみ方を統一』すると、見た目もきれいになりますよ。 除湿剤などを置いて対策 タオルのカビ予防には、洗面所の湿気対策も重要です。 洗面台を使ったあとはこまめに水気を拭き取り、除湿剤や除湿器を置いて湿気がこもらないようにしましょう。 除湿のために重曹を入れたガラス瓶を置いてみるのもよいでしょう。 湿気を吸った重層は固まってきますが、そのままお掃除に使うことができるのでとても経済的です。 また、ガラス瓶に入れた重層を土にみたてて、グリーンを上に置くことで、簡単におしゃれな『重層ポット』を作ることもできます。 2カ月程度は効果を期待することができるとして、ご家庭でよく試されている方法です。 狭い洗面所にタオルを収納するアイデア ゆったりとした収納をしたくても、『洗面所が狭くて収納スペースが足りない』という方も多いことでしょう。 しかし、空いている壁やすき間というのは意外とあるものです。 ちょっとしたすき間を使って、収納スペースを増やすアイデアを紹介します。 木材とパーツがセットになったものを買えば、ノコギリで木を切る必要もありません。 木材の上下に突っ張り式のアジャスターを付ける方式なので、女性でも簡単に高さのある棚を作ることができます。 棚板の幅や高さは自由に決められるので、狭い洗面所にもぴったりのものを設置できます。 棚板のほかに、アイアンバーやフックをつけたり、バスケットを置いたりすることでタオルもたくさん収納できます。 また、棚を設置するスペースすらないという場合でも、ラブリコの柱を1本立てるだけですき間収納を作ることができます。 立てた柱に小物入れやフックをつけて歯ブラシやドライヤー、ハンドタオルなどを収納しましょう。 すき間に合わせた収納ワゴンを作ろう 洗面所の壁と洗濯機の間などにありがちなすき間も、工夫すれば立派な収納スペースになります。 100均のすのこや板で木の枠を作り、キャスターと取っ手をつければ引き出せるすき間収納ワゴンの完成です。 好きな位置に棚板をつけたり、背板をつけて補強したり、使い方に合わせて工夫してみてください。 バスケットやプラスチックボックスを置けば、タオルも収納できます。 100均グッズでタオルを収納するアイデア 100均にはバスケットやタオルホルダーなど、タオルの収納に最適なグッズがたくさんあります。 たくさん買っても出費が少なくて済む点も、嬉しいポイントです。 棚やワゴンで収納スペースが確保できたら、こうした100均グッズを活用して上手にタオルを収納していきましょう。 ワイヤーでつくる省スペース収納 - 2017年10月月3日午前1時38分PDT 100均には、タオルホルダーとして優秀なアイテムがたくさんあります。 洗面所の壁に2本のタオルホルダーを縦に平行に取り付け、丸めたフェイスタオルを挟むように重ねる収納アイデアも。 使うときは1番下のタオルを引き出し、洗濯が終わったタオルは上から収納することで、手持ちのタオルを順番に無駄なく使えます。 こちらは、セリアのアイアンバーを縦にレイアウトして、タオルホルダーを作ったもの。 見た目も綺麗ですね。 キッチンや洗面所に、ぜひまねしてみたいアイデアです。 ニトリのタオル収納に使えるおすすめ商品 タオルの収納に便利なバスケットやラックは、サイズやカラーの種類が豊富なニトリでそろえるのもおすすめです。 実用性とデザイン性を兼ね備えた、使いやすい商品を紹介します。 タオルをバスケットに入れて収納 通気性に優れたニトリのバスケットは、タオル収納に最適です。 洗面所のイメージに合わせて素材や色を決めて、同じシリーズでそろえるとスッキリとしたおしゃれな収納スペースになります。 ナチュラルにまとまるムスカシリーズ 天然素材を編み上げた、ナチュラルな雰囲気のバスケットです。 幅と奥行がカラーボックスの1段にちょうど収まる大きさになっています。 ほかに高さや幅の違うタイプが2種類あり、入れるもののサイズに合わせて組み合わせて使えます。 2色から選べるライラ3 ペーパー素材の軽いバスケットですが、外枠がスチール製で頑丈な作りになっています。 薄いベージュと濃いブラウンの2色展開で、洗面所の雰囲気に合わせて選べます。 ムスカシリーズと同じく、カラーボックスに合う3種類の大きさがあります。 おしゃれな雰囲気のワイヤーバスケット 持ち手部分がパイン材でできている、おしゃれなワイヤーバスケットです。 ガーデニング用として紹介されていますが、通気性が良いのでタオル収納にもおすすめです。 扉付きのおしゃれな洗濯機ラック 扉が付いているものなら、生活感を出さずにタオルや洗剤などをまとめて収納できます。 とくにルーバー扉のタイプは通気性が良く、タオルなど布類の収納にとても向いています。 突っ張り式なので天井まで無駄なくスペースを使えるのも嬉しいですね。 イケアのタオル収納に使えるおすすめ商品 イケアの収納グッズは値段が安いものやカスタマイズができるものが多く、いろいろなシーンで活躍してくれます。 なかでもタオルの収納に向いているアイテムと、使い方のアイデアを紹介します。 プチプラ商品が使える イケアにはキッチンツール、バスグッズ、インテリアグッズなどのプチプラ商品がたくさんあります。 キッチンツールを洗面所収納に応用するなど、通常と違う使い方を気軽に試すことができます。 鍋ぶたオーガーナイザーをタオル掛けに 鍋ぶたを立てて収納するためのキッチン用収納アイテムですが、横にして洗面所の壁に取り付けるとなんとタオルストッカーとして使えます。 ステンレス製で洗面所にあっても違和感がなく、お手入れも楽なのが嬉しいアイテムです。 伸縮するのでタオルの厚みに合わせて幅を変えることも可能です。 シューズキャビネットで見やすく収納 狭い洗面所には、薄くて軽いシューズキャビネットもおすすめです。 奥行きがわずか18㎝と短く、開いた状態でも40㎝と薄いのに、1つのボックスにバスタオルが6枚から8枚ほど収納できます。 くぼんでいる上の部分は、本来は鍵などを置くためのものですが、入浴前に時計や眼鏡などちょっとした小物を置くのにも便利です。 ボックスが3つあるのでバスタオル、フェイスタオル、バスマットと種類別に入れたり、家族別に分けたりするなど十分な使い勝手になっています。 洗濯機周りをムダなく収納 イケアといえば、パーツを自由に選んで組み合わせできるシリーズ家具が人気です。 サビや汚れに強い素材のシリーズを使って、湿気の多い洗濯機周りのスペースを無駄なく活用しましょう。 上下に連結できるので、収納したいアイテムが増えても安心です。 また、高さが調整できず無駄なスペースができている作り付けの棚にこのバスケットを付けると、簡単に棚を増やすことができます。 シンプルなデザインですから、そのまま洗面台に置いても目立ちません。 天然素材が暖かいシェルフユニット 湿気が多い洗面所や浴室でも使える、耐久性に優れた天然の竹素材の収納シェルフです。 無機質になりがちな洗面所を、手軽に暖かい雰囲気に変えられます。 幅が33㎝と、狭い場所にも無理なく置けるサイズです。 ミニタオルの収納はフック付きシェルフが便利 洗面所で洗った顔や手を拭くための小さなタオルは、フック付きのシェルフに収納すると便利です。 シェルフに洗濯済みのタオルをしまっておき、取り出して使ったタオルは下のフックにかけておくようにすれば、タオルの交換がとても楽になります。 角が丸くなっているのでかわいらしく見え、タオルの出し入れのときも安全ですね。 まとめ 毎日使うタオルは、取り出しやすく清潔な状態で収納したいものですね。 これらの商品やアイデアを利用すれば、狭い洗面所でもきれいに収納できます。 通気性と使いやすさを考えて、洗面所や脱衣スペースに合ったタオル収納を心がけましょう。

次の

タオル収納アイデアとたたみ方!洗面所の狭いスペースを有効活用

洗面所 タオル収納

こんにちは、ヨムーノ編集部です。 日々の暮らしに欠かせないタオル。 タオルはどんな風に収納していますか? 今回はタオルのたたみ方から収納方法まで、使いやすく、見た目もよく収納するコツを実例を元にお伝えします。 収納する前に【タオルの選び方】 まずはタオルの選び方からご紹介します。 大きさの違うタオルは、同じように畳んでも違うサイズになって、収納もしづらくなってしまいます。 購入する段階で同じサイズのものに統一してしまえば、こういった悩みは一気に解決することができます。 その場合、タオルを同じサイズにするだけではなく、同色・同素材で統一しておくときれいに見せることができます。 はじめから種類別に全て同じタオルを購入するようにしておくと、破れたり古くなったりしてしまった際の買い足しも、迷うことなく簡単です。 収納する前に【タオルのたたみ方】 収納する際のタオルのたたみ方には、大きく分けて「たたむ」「丸める」の2つが一般的です。 タオルをたたむ時は、大きさを揃えてたたむと整理しやすくなります。 今あるタオルの大きさはバラバラ!という方でも、たたみ方でタオルのサイズを揃える方法にチャレンジしてみてください。 タオルのたたみ方:フレンチ折り タオルの端っこを内側に折り込む「フレンチ折り」は、特にきれいに見えておすすめです。 タオルの裏側を上にして広げる• タオルが細長くなるよう、タオルを縦に三等分に折る• タオルの左右の端を中央に合わせるようにして折る• 3をさらに半分に折る フレンチ折りはまず、タオルを広げて縦長になるよう半分に折ります(大きいタオルの場合は縦に3つ折りでも可)。 縦長の状態になったら左右の端がタオルの中心に来るように折り、そこからさらに半分に折れば完成です。 タオルのたたみ方:丸める• タオルの裏側を上にして広げる• タオルが細長くなるよう、タオルを縦に半分に折る• 内側にしたい方からくるくると巻く• 最後まで巻いて完成 タオルはたたむことでコンパクトにできますね。 ただ、ギュッと圧縮してしまうとタオルの繊維を傷めたり、繊維の間の空気が抜けてタオルがしぼんでしまったりするので気を付けましょう。 無印良品でスッキリ!タオル収納 無印良品の壁に付けられる家具を使ってDIY - 2018年11月月18日午前1時44分PST 無印良品の「ステンレスワイヤーバスケット」は丈夫で扱いやすく、使用頻度の高いタオル収納にピッタリ。 デザインもシンプルなので、中に入れるタオルの色合いでイメージを変えることができます。 大きさも様々で、用途によって使い分けることができます。 こういったバスケットにタオルをまとめて、棚の上に置いておいても取り出しやすいですね。 子どもがいるおうちの場合、学校や保育園に持っていく用のタオルなどを1つのバスケットに入れておくと、管理もしやすくなっておすすめです。 バスタオル、タオルと種類別に収納しておけば、サッと手に取れて便利ですね。 通気性が良いところと中身が見えるところがお気に入りなんだとか。 また普段使わない来客用タオルは、写真2枚目、3枚目のように、ラック上段の無印良品のソフトボックスに入れているそうですよ。 フタ付きタイプなら、ホコリの心配もありませんね。 洗面用具や洗剤、掃除用具など、収納がいっぱいになりがちです。 そういった場合には、作りつけの棚以外にシェルフやラックを設置するという方法もあります。 ニトリグッズにタオル収納 ニトリのバスケットにタオル収納 - 2018年11月月18日午前12時08分PST 引き出しには使用頻度の高いタオルや、すぐに取り出したいタオルを収納しておくのがおすすめです。 引き出しにタオルを収納しているとありがちなのが、気が付くと手前の方ばかり使ってしまって、奥の方にずっと使っていない小さくなったタオルがつぶれている……という現象。 特に収納する際にたたむサイズをバラバラにしてしまうと起こりがちなので、できるだけサイズを揃えて全部が見えるようにしまっておくと良いですよ。 タオルはたたんでリネン庫で収納 タオルの色を揃えて、同じくらいの大きさにたためば、こんなにキレイ! タオルやボトル類がホワイトで統一されていて、清潔感がありますよね。 タオルをぎゅうぎゅうに収納せず、程よいゆとりを作ることがコツですよ。 脱衣所のクローゼットタオルを収納.

次の