アパレル ec サイト。 アパレルのWeb運営ってどんな仕事?

【2018年版】アパレルECの市場規模と3つの課題をプロが徹底解説

アパレル ec サイト

SNSでも注目を集めるアパレルECサイト『fifth』。 お手頃でデザイン性の高い可愛いアイテムたちが、20~30代の女性を中心に多くの支持を集めています。 昨対比170%で急成長中の、会社の売上の9割を担う最もチカラを入れている事業です。 ただ、まだまだ十分ではありません。 よりたくさんのお客様に私たちのアイテムをお届けできるように。 アパレルだけではなく、ライフスタイルを含めた提案もできるように。 もう一歩大きく成長していきたいと思っています。 そこで、あなたのチカラを貸していただきたいのです。 市場やお客様の動きを見ながら、どんなニーズが眠っているのかを考えたり。 それをもとに、キャンペーンや特集、メルマガなどお客様の心をつかむ方法を考えたり。 さまざまな戦略を立て、挑戦する中で、少しずつ売上が伸びていくのを日々実感できるのは、大きな快感になるはずです。 もちろん、時には失敗することもあると思います。 だけど、一筋縄ではいかない分、成果が出た時の喜びもまた大きいのです。 日々の更新や、売上アップのための企画・運営をお任せします。 <ECサイトの更新をお任せ> 新商品リリースや特集ページごとにデータを更新します。 写真や商品紹介コピーなどのデータが送られてくるので、指示通りに専用システムに入力。 正しい情報をミスなく届けられるよう、丁寧にチェックしながらデータをアップしていきます。 <販促企画も行ないます> SNS部隊、プロモーション部隊など社内の他部署とも連携を取りながら、よりECサイトを利用する方が増え、売上がUPするよう様々な戦略を企画・実行します。 キャンペーンの企画やメールマガジンの配信、プロモーション企画など、幅広い手法に挑戦できるのも面白いところです。 SNS広告、メルマガなどの中から有効な手段を検討します。 「人気のこのワンピースに、新作アウターを重ね着させたらかわいいかも」など意見を出し合い、形にしてリリース。 それをもとに、次の戦略を企画。 あらゆるパターンの仮説・検証をぐるぐる繰り返しながら、より良いサイトへと育てていきましょう。 最近ではSNSでも注目を集め、20代~30代の女性を中心に多くの方にご利用いただいています。 外に出られない日でも、手軽に買い物ができ、変わらず需要があるからこそ、売上も好調。 実際、自社ECサイトでの売り上げが9割と安定した経営基盤を持っています。 現在は、昨対比170%の勢いで急成長をしており、今後はより幅広いアイテムを扱いライフスタイルを含めたご提案をしていきたいと考えています。 そのため、今回新たな仲間をお迎えすることになりました。 将来のマネージャー候補として活躍いただけると嬉しいです。 実際、産休・育休を取得後に復帰して、時短勤務で活躍する社員もいます。 現在も1名が取得中です。 誕生日会も行なうなど、仲の良い職場です。 中途入社の方も馴染みやすい社風があります。 先輩たちと一緒にEC運営や売上アップのための戦略を考えます。 日々の仕事は1人で進める作業も多いですが、毎週ミーティングをしており困っていることを質問できたり、普段も相談しあいながら仕事を進めるので安心です。 配属部署について 販売本部への配属です。 平均年齢は20代後半で、7名のスタッフ(全員女性)が活躍中。 全員が中途入社で、多くが未経験から当社へ入社した人です。 サバサバしている面倒見の良い人が多く、明るい雰囲気。 ランチ会や懇親会など会社が社員同士の交流の場を設けてくれているので、馴染みやすい環境です。

次の

WEBショップ・ECサイト運営/繊維・アパレルの転職・求人情報

アパレル ec サイト

これからECサイトをリニューアルしようとされている方にとって「デザイン」は重要な要素。 本記事では、 デザインの際に参考になるECサイトをピックアップ。 業界別にまとめました。 制作会社にECサイトの制作を発注を検討されている方も、事前に「こういうサイトにしたい」という参考サイトを探しておくのは非常に重要です。 また、おしゃれなECサイトのデザインだけではなく、• 参考サイトを集めている「ギャラリーサイト」• ECサイトに強い制作会社 も合わせてピックアップしました。 関連記事:プロが選んだ優良ECサイト開発会社 Web制作の経験者が、ECサイト制作に強い開発会社をピックアップしました! 依頼を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。 業界別!おしゃれなデザインのECサイトまとめ インテリア・雑貨業界 MoMA STORE THE王道のおしゃれなECサイト ニューヨーク近代美術館(MoMA)の公式ショップ。 ユニークな雑貨インテリアが並んでいます。 メディアが注目している商品も多数掲載。 カテゴリー検索が多様で、ジャンルや価格だけでなく デザイナー別に検索することも可能です。 白を基調とした見やすいUIで、商品が映える形になっている為、ECサイトを構築する際にはとても参考になるサイトです。 ECサイトへ: scope 記事風に商品を紹介する「メディア型」ECサイト 北欧デザインの食器や家具など、生活を豊かにするアイテムを世界中、日本中からセレクトし販売するセレクトショップです。 オリジナル商品だけでなく、 サイトの下部の方にある商品の紹介記事がとてもユニーク。 下記画像のようにコラムのような形で商品を紹介し、商品がさりげなく生活空間にある写真などを散りばめることで「自分の部屋にこの商品があったら」「こんな使い方をするのか」などと想像力を膨らませるようになっています。 そしてそのまま商品の「カートに入れる」と購入の導線がとてもスムーズです。 「ECサイトとして、オンラインで自社の商品を購入できるようにしておしまい。 」ではなく、このような 記事の存在により購入前のストーリーを訴求している、特徴的なECサイトです。 ECサイトへ: モンシファカ|mon cifaka かわいい不思議なぷわぷわ効果 岡山のデザイン事務所が運営する雑貨・家具・食器・アクセサリー等のセレクトショップ。 不思議なぷわぷわと動きをする アニメーションを駆使し、商品の魅力を訴求。 四角いカード型のデザインで見やすく商品を羅列するのではなく、あえてこういったUIにすることによって独自性を産んでいます。 思わず、詳細を覗いて見たくなる商品の種類と、それを取り巻くECサイトのデザインが見事にマッチしているようです。 ECサイトへ: 重山陶器株式会社 伝統と現代風デザインのナイスマッチ 重山陶器株式会社のオンラインショップ。 陶器という伝統ある工芸品からは連想しにくい、おしゃれでシンプルなデザインのサイトが印象的です。 大人っぽい藍色がテーマカラーのECサイトで、それが下地にあるからこその色あざやかな陶器の数々が映えています。 実際の作業工程の写真を挿入することで確かな技術力のある陶芸のプロによる作品を提供していると印象付けているようです。 生活空間に楽しさをもたらすようなユニークでオリジナルな陶器製品がこちらのサイトには並んでおり、思わず家に置いておきたくなるような商品がずらりと並んでいます。 WEBサイトへ: 食品業界 BAKE 観るものを魅了する鮮やかな商品の写真! 北海道生まれのチーズタルトBAKEの公式サイト。 サイトのランディングページには、動的なアニメーションが施されていますがそれ以上に特筆すべきは 画像素材です。 自社の看板商品であるチーズタルトを美しいと言えるほどに綺麗に撮影した写真を掲載。 シンプルに商品の魅力を訴求しています。 こちらのWEBサイトでは実は直接購入することはできず、楽天のオンラインショップにて商品を購入することが可能です。 オリジナルサイトに比べれば見た目はやや劣るものの、いずれにしろ食品系のECサイトは画像の 「シズル感」が非常に重要になることを再確認させられるサイトです。 ECサイトへ: ANYWHERE DOOR 原宿りんご インスタグラムとの連携に注力しているECサイト 世界で流行っているスイーツをいち早く提供するスペシャリティショップ、ANYWHERE DOORのオンラインストアです。 インスタグラムなどのSNS運用も強化しており、ECサイトの中に、ハッシュタグ「 anywheredoor」というタイトルとともにインスタグラム上で投稿しているインスタ映えする写真を掲載しています。 ECサイトへ: ネスレ カテゴリー検索に工夫がなされた参考例 キットカットなどで有名なネスレのオンラインショップ。 ここで紹介したいのは上記画像に挙げているように 「カテゴリーから探す」の部分です。 一般的なECサイトでは、「カテゴリーから探す」の部分は単純なテキストなどシンプルな見た目になっていることがほとんどです。 ですが、このネスレのオンラインショップでは商品の画像を乗せることで ユーザーのクリック率を高め、ECサイト内の回遊性を高める工夫がなされています。 ECサイトヘ: アパレル・ファッション業界 Happy Socks 眺めているだけでハッピーになれるカラフルでポップなECサイト! スウェーデン発ブランドの靴下や下着を取り扱うお店「Happy Socks」のサイトです。 インパクトある写真素材をタイル型で大胆に表示。 ポップでカラフル、おしゃれな靴下を中心に取り扱っているためサイト全体にもその雰囲気が漂っています。 ハッピーソックスという名前だけあって、サイトに出てくるモデルの方達はどの方も楽しそうな笑顔で靴下や下着を履いており閲覧者をぐっと引き込む力があります。 ECサイトヘ: PUMA ゲームを活用した販促施策が特徴的 ドイツ生まれの世界的に有名なブランド、プーマのオンラインショップ。 シンプルで見やすいデザインをしていて基本的なECサイトとしてとても参考になります。 加えて、今回注目したいのは キャンペーン施策。 販促施策としてマリオ風ブラウザゲームを作成。 自社商品の靴を利用したゲームで、ゲームオーバーするとその靴を購入できるフローまで用意されています。 販促のアイデアとして非常に参考になります。 キャンペーンサイトへ: SCHMECK— For the miniature you. 写真素材で勝負するECサイト 丈夫でおしゃれな子供服を販売しているSCHMECK。 サイトには、おしゃれな格好をしている子供たちと、子供たちが着ている洋服が載っています。 一般的な「かわいい子供服」というコンセプトとしてではなく、「もしも、大人がいきなり小さくなっても着たいような丈夫な服」を提供しており、「For the miniature you」という所にそうした意味が込められておりユーモアがあります。 サイトには 最小限のテキストとインパクトのある写真というレイアウトをとっており、シンプルな訴求が印象的です。 ECサイトヘ: 美容・化粧品業界 BULK HOMME 白と黒を基調としたシックなECサイト メンズコスメブランドBULK HOMME バルクオム の公式サイト。 白と黒の洗練されたデザインが特徴のサイトで、男性らしい格好良さとメンズコスメという清潔感が全体に漂っています。 一番初めにサイトを開いたときのアニメーションでブランド名と商品のイメージが自然と頭に残りやすくなっています。 ECサイトへ: BOTANIST 「CMなく2,500万本」売れたBOTANISTのECサイト ボタニカルライフスタイルブランドBOTANISTの公式サイトです。 BOTANISTはCMなく2500万本売れたと言う大ヒット商品です。 今では、薬局などの店舗などでも販売されていますが当初はインターネット販売のみだったそうで、大ヒットしたマーケティング手法も注目されています。 特徴はECサイトの 1st viewや、サイト内の記事の随所に使用されている「動画」。 商品紹介などをSNSとも相性の良い動画で行い、より訴求力を強めています。 ECサイトへ: baraio 情報量よりも、「この商品が欲しい」と思わせるインパクトを重視したデザイン構成 薔薇水で作られたものを提供する薔薇水ブランドbaraio。 ランディングページには「静岡に咲いた薔薇を 富士の伏流水で蒸留した 日本の薔薇水」というテキストと凛としたバラの棘の写真と商品の写真があり1つ1つの情報にインパクトがあります。 どこか、サイト全体に凛としたバラのような印象を受けます。 WEBサイトヘ: 自分でおしゃれなECサイトの参考デザインを探したい方へ 自分でおしゃれなECサイトの参考デザインを探したい方へ向けて、参考になる3つのサイトを紹介していきます。 EC幹事 <おすすめポイント>• 業界・カラー・イメージなどあらゆる切り口で検索が可能。 TOPページデザインだけでなく、商品ページなどのデザインも掲載 あらゆる切り口からECサイトデザインが検索可能 本サイト「Web幹事」の兄弟サイト「EC幹事」。 参考になるECサイトデザインを、業界・色・イメージなど、あらゆる切り口から検索することが可能です。 また TOPページのデザインだけでなく、商品一覧・商品詳細などの下層ページのデザインも掲載。 ECサイト全体の雰囲気やデザインがチェックできる点が魅力です。 MUUUUU. ORG <おすすめポイント>• 縦に長くオーソドックスなレイアウトでかつ、非常にデザインが優れたサイトを厳選して掲載。 産業別、デザインの傾向別、サイトのタイプ別、色味によって検索可能。 合計3,000サイト以上が掲載。 (ECサイトは300サイト) たくさんのイケてるECサイトをカテゴリー別に検索可能 当サイトのカテゴリー検索で「ECサイト」をクリックすると 約300種類のECサイトのトップページを見ることができます。 ECサイトを構築する時、「トップページをどういったものにしようか」とデザイン案などに悩んでいる際や、「制作会社にイメージを伝えたい」際などにオススメのサイトです。 ただし、例えばECサイトの中の「ファッション」カテゴリーだけを絞り込んで表示させるということができません。 WEBサイトヘ: 1guu <おすすめポイント>• クオリティの高いWebデザインを集めたWebデザイナーのためのギャラリー・サイトリンク集• サイトにあるサムネイル上で動的なアニメーションがある各サイトの動きも確認可能。 国別からの検索、産業別からの検索も可能なため、目的のwebデザインがいち早く見つかる サムネ画像で、動きのあるおしゃれなECサイトも簡単確認! こちらのサイトでは、 動的なアニメーションを伴うECサイトの動きもサムネイルで確認することができます。 多様なジャンルのECサイトをリサーチすることで、デザインだけでなく自社のサイトにも応用できる機能を思いつくなど、思わぬヒントを得ることができるかもしれません。 WEBサイトへ: WebDesign Bookmark S5-Style <おすすめポイント>• 国内外の多数のホームページがまとめられている。 サービス内容、デザインの特徴、色、テクニック、タイプで絞り込み検索可能。 オンラインストアのカテゴリーには、女性向けの限定的なものもあり。 タグでECサイトの特徴を簡単確認! 「MUUUUU」と同じく業界や使用しているカラー、使用技術などからサイトを検索することができます。 こちらのサイトには デザイン性の高いECサイトが200種類以上掲載されています。 WEBサイトヘ: ECサイトの構築が得意な東京の制作会社 5選 こちらでは、 ECサイトの構築が得意な東京の制作会社を5社、ピックアップしました。 制作会社に発注して、ECサイトを構築されようとされている方は是非参考にしてみてください。 関連記事:東京でオススメのECサイト開発会社 Web制作の経験者が、ECサイト制作に強い開発会社をピックアップしました! 依頼を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。 株式会社アライバルクオリティー 株式会社アライバルクオリティーのここがポイント• ECサイトの構築に圧倒的な実績• ASPを利用したECサイト制作やモール型のECなど、あらゆるECサイトの構築が可能• 制作だけでなく、ECの運営代行・広告運用・SEO対策まで対応可能 売れるためのデザインに強みを持つEC制作会社 株式会社アライバルクオリティーの特徴は デザイン性の高さと、その圧倒的な実績。 創業よりECサイトの構築・運用に強みを持って展開し、国内の有名メーカーからアパレル・ファッションまで実績多数です。 また、 EC-CUBEなどのASP型・楽天やAmazonなどのモール型など多種多様なニーズに対応できるカバー範囲も魅力です。 広告運用やSEO対策も提供しているため、「まるっと」EC業務を発注したい方におすすめです。 株式会社AROUND 株式会社AROUNDのここがポイント!• 美容コスメ・ファッション領域に強み• LINE@・Instagram・ライブECなど最新のマーケティング施策にも対応• 楽天ショップ・オブ・ザ・イヤーの受賞経験者が在籍・ECサイト構築も行う 美容コスメ・ファッション領域に強みあり! 美容コスメ・ファッション領域のECサイト制作に強みを持つ 株式会社AROUND。 それらの制作実績もサイトに掲載されており、発注の際の参考になります。 また、2016年から 自社で大人かわいいプチプラファッションECサイト「HANILOOK 」を運営しており、ECサイトの独自ノウハウも持っています。 ECサイトの制作・構築だけでなくサービス名やロゴ、ムービー制作なども請け負っています。 ボクブロック株式会社 ボクブロック株式会社のここがポイント!• EC-CUBEを利用したECサイトの構築実績が500社以上• EC-CUBEのパートナー制度で最高位のプラチナパートナーに認定• EC-CUBEのプラグイン制作実績多数 EC-CUBEにに強みをもつ制作会社! ボクブロック株式会社は EC-CUBEに強みを持つ制作会社。 EC-CUBEという全国30,000サイト以上で使われているオープンソースのEC構築システムをベースにし、ECサイトの構築・カスタマイズをしてくれます。 EC-CUBE専門のため、サイトを構築するだけでなく保守や集客支援、企画、コンサルティングまで請け負っています。 EC-CUBEでECサイトを構築したいと検討されている方は是非、ボクブロック株式会社に相談して見るのはいかがでしょうか。 アートトレーディング株式会社 アートトレーディング株式会社のここがポイント!• ECサイトの運用に強み• ECに関連する業務は全て代行可能• 商品の撮影・登録や在庫管理・販促施策の立案までECサイトの運用をトータルでサポートすることが可能です。 ECサイトの丸ごと一括サポートの他にも、一部業務からの請負も可能。 ECサイトの運営もセットで任せたい方はアートトレーディングがおすすめです。 コマースメディア株式会社 コマースメディア株式会社のここがポイント!• 自社 Shopify での運用経験多数• カスタマーサポート、物流代行も可能• 公式パートナー「Shopify Experts」に認定 Shopifyを用いたECサイト構築のプロフェッショナル コマースメディア株式会社は、 ShopifyをプラットフォームとしたECサイトに強みを持つ会社。 新規のサイト制作から在庫管理・日々の運営業務まで幅広くサポートしています。 Shopifyとはカナダ生まれの自社ECサイトをつくるためのサービス。 世界でNo1のシェアを持っており越境ECにも最適です。 【まとめ】おしゃれなECサイトのデザイン ECサイトのおしゃれなおすすめデザインについてご紹介してきました。 ある程度デザインの方向性が決まったら、次はECサイトを開発会社に発注する必要があります。 しかし• ECサイトを作るのにどれくらいの値段がかかるの?• そもそも業者に依頼する必要あるの? とお悩みの方も多いかと思います。 そのような時は、下記の記事を参考にしてください。 ECサイトの相場や、構築方法についてまとめております。 関連記事:ECサイトの相場をまとめました。 ECサイトの相場について、徹底調査しまとめました。 開発会社へ依頼を検討されている方はぜひ、ご覧ください。 ECサイトの制作依頼をお考えの方へ Web幹事は、ECサイト開発会社の業者選定や見積り取得を無料で代行するサービス。 Web制作を経験したプロのコンサルタントが、あなたの要件をヒアリングし最適なEC制作会社をご紹介します。 ECサイトを制作するとどれくらいかかるのか聞いてみたい。 まずは気軽にECサイトについて相談してみたい。 インターネットで調べても分からない、細かなポイントも丁寧に説明します。 お気軽にご相談ください!.

次の

ECサイト二極化進む?売上UPするアパレルECとは?2017年データ・ランキングを元に徹底解説

アパレル ec サイト

市場規模が縮小しているファッション業界 矢野経済研究所が2017年10月に発表した「アパレル産業白書2017」では、2016年の国内アパレル総小売市場は9兆2,202億円で、前年比の1. また、販売チャネル別の調査結果の中でも特に目だったのが百貨店や量販店における規模の縮小で、百貨店は前年比6. このようなリアルショップの市場規模の縮小は大手百貨店の大型店舗の閉店がニュースとして伝えられることが多くなったことからも想像がつきますが、その影響がファッション業界全体の規模の縮小という結果として現れていることは見逃すことのできない重大な事実といえるでしょう。 ファッション系EC市場は拡大基調|EC市場は10兆円に リアルショップの相次ぐ閉店などによって全体としての市場規模の縮小を強いられることとなったファッション業界ですが、その一方でファッション系のEC市場に関しては規模を縮小するどころか、逆に規模を拡大しているという事実もあります。 2018年2月に富士経済が発表した日本国内における通販・ECの市場規模に関する調査結果では、ECの著しい規模拡大が通販・EC市場全体の規模の拡大をけん引しており、2018年の市場規模は10兆円を超える見通しであることが伝えられました。 また、さらに2019年の同市場の規模は10兆7,833億円に及ぶことが予想され、1年間で7,000億円という凄まじい速さで市場規模の拡大が進むこともほぼ確実視されています。 その中でも特にアパレルは、EC業界全体の中で最も規模の大きなジャンルとなっており、富士経済が発表した調査結果では、2019年のアパレルECの市場規模は1兆8,563億円にも及ぶとされています。 この数値からはEC業界全体の実に6分の1をアパレルECが占めていることが分かり、ファッション業界におけるECの重要性が年を追うごとに増大しているということができます。 オムニチャネル化が後押し? 数多くの業界がEC事業に参入している現状において、ファッション業界がその6分の1をも占めるほど規模の拡大に成功している要因としては、ファッション業界におけるオムニチャネル化の促進が挙げられます。 オムニチャネル化によって得られるメリットとしては、リアルショップとECの連携を図ることによる相互への顧客の誘導などが挙げられます。 特にもともとリアルショップで商品を販売することが多かったアパレル業界では、オムニチャネルのシステムを構築してしまえばそれをすぐにリアルショップの運営に反映することができるという利点があったこともECの規模の拡大に大きな影響を与えたと考えることができます。 また、近年ではネット上で商品を販売するだけのECだけでなく、テレビの通販チャネルなどを利用したECを率先して行っているアパレル系企業が多くなったこともまた、アパレルECの市場規模の拡大の一因になったことが考えられます。 新規参入やオークションサイトの成長 アパレルECが急速に規模を拡大した要因としては上述したオムニチャネル化以外のことも挙げられます。 特にデータ通信量の増加や情報処理速度の向上などのIT技術の発展は、スマートフォンなどの利便性が高い情報通信機器の普及を促進させ、アパレル市場を支える若年層の消費者が高額で高性能な通信機器を購入しなくても簡単にECサイトへアクセスできる環境整備に大きく貢献したといえます。 また、企業側がECの利便性向上のために支払方法の多様化などによってより多くの消費者を囲い込むことに注力したことや、新規参入企業の増加などがアパレルEC市場全体に成長サイクルをもたらしたことも、この市場の規模拡大に深く関係していることが考えられるでしょう。 それに加え、最近ではオークションサイトを通じた個人間取引 C to C市場 も拡大の一途をたどっており、このこともまたアパレルECの市場規模拡大を大きく後押ししています。 まとめ 若年層が大部分を占めるアパレル業界は、少子高齢化が進むにつれて厳しい立場に立たされることは間違いありません。 実際、そのことは大型百貨店のリアルショップの減少などにも如実に表れています。 その一方でアパレルECは成長の一途をたどっているというアパレル市場全体の状況とは正反対の傾向もあります。 このことから、アパレル業界にとってECをいかにうまく利用し、市場規模のさらなる拡大を図るかということは、現状を打破し、存続するための最も大きな課題のひとつといえます。 関連する記事• 2019. 12 メルカリチャンネルなど、アパレル商品を配信者がリアルタイムで販売するライブコマースサービスが盛り上が […][…]• 2018. 27 一昔前は企業が一方的に広告してサービスを提供するだけでした。 しかし、いまや企業とユーザーがネットを介 […][…]• 2018. 24 ECサイトに人を誘導し商品を注目させる手段としてSNSの活用は誰でも思いつきます。 しかし、効果的なS […][…].

次の