外出 自粛 埼玉。 小池知事 隣接4県知事と共同メッセージ 外出自粛要請

埼玉県の外出自粛はいつから?買い物や公園の散歩はいいの?

外出 自粛 埼玉

Sponsored Link 埼玉県の外出自粛要請はでるのか? 埼玉県新型コロナ状況 やっぱり川口チャイナタウンが断トツ — nobsan nobsanurawa1 4月7日、安倍首相から7都府県を対象に、緊急事態宣言が発表されました。 埼玉県は7都府県に含まれており、5月6日までのおよそ1ヶ月間、外出自粛を強く要請されています。 緊急事態宣言を受け、埼玉県の大野知事は生活のために必要な場合は除いて、外出することを自粛するよう、強く呼びかけています。 県民の皆様に対して、医療機関への通院、食料・医療品・生活必需品の買い出し、職場への出勤、屋外への運動や散歩など生活の維持のために必要な場合を除き、不要不急の外出の自粛を要請いたします。 引用元: また、手洗いうがいやせきエチケットに加えて、「密閉」「密集」「密接」の3つの密閉を避けるよう、国民の皆さんの協力を呼びかけました。 5月6日までのおよそ1ヶ月間は、出来るだけ家の中にいるようにしましょう。 埼玉県では、すでに216人の方が新型コロナウイルスに感染している状況です。 (4月9日現在) 新型コロナウイルスの感染は、8割程度の接触機会を低減できれば、1ヶ月で収束すると言われています。 そのためには国民1人1人の協力が不可欠です。 5月6日までの1ヶ月間で、少しでも新型コロナウイルス感染を収束に近づかせるためにも、不要不急な外出は避けましょう。 埼玉県での新型コロナウイルス感染者は、変わらず増え続けています。 埼玉県だけでなく、東京都ではすでに1195人の感染者が確認されており、お年寄りの方たけでなく、30代以下や子供の感染も確認されており、新型コロナウイルスの勢いは全く収まる気配がありません。 国はなんとしても5月6日までの1ヶ月で、新型コロナウイルスの感染を収束できるよう、対策を練っています。 現在は7都府県が緊急事態宣言に含まれていますが、もしかすると今後ほかの県も、緊急事態宣言に含まれることになるかもしれません。 埼玉県の外出要請がでたら買い物や公園の散歩はいいの? 【検査数感染者分布 公式図表あります】 埼玉県の第9回対策本部会議の資料に埼玉県内のPCR検査実施数、陽性患者数、患者分布図が載っていましたので共有します。 両資料はいずれも4月1日時点の状況です。 【第9回新型コロナウイルス対策本部会議 次第】 — DIIC 災害情報統合会議 DIIC11 埼玉県では外出自粛要請が強く呼びかけられています。 そのため、生活のための必要最低限な外出、買い物などは良いですが、公園の散歩はなるべく避けた方がよいかもしれません。 買い物もなるべく時間をかけず、人との接触を避ける必要があります。 しかし、大野知事も言っていましたが、食料や日用品が購入できなくなるというわけではありません。 食料品などの生活必需品についても買い占めなどが起こらないよう、県民に対して、改めて冷静な対応を求め、買い占めや売り惜しみについては「躊躇なく対応する」としています。 nhk. html スーパーなどは営業を続けていますので、買い溜めは避け、焦らず落ち着いて行動するようにしてください。 「自分は大丈夫」「感染はしない」と思って行動してしまうと、周りの方に迷惑をかけてしまいます。 ちょっとした買い物へ行く時でも、感染のリスクを理解した上で、外出する必要があるでしょう。 大野知事も言っていましたが、新型コロナウイルス感染を防ぐためには、「密閉」「密集」「密接」を避けることが大切です。 3つの密が揃っていなければ大丈夫というわけではありません。 どれか1つの密がある場所であれば、新型コロナウイルスの感染リスクは高まります。 どうしても外出しなければならないときは、3つの密を避けるように心がけましょう。 最後まで読んで頂いてありがとうございました。

次の

【5月3日発表】5月7日以降の緊急事態措置等の方向性について

外出 自粛 埼玉

今週末の外出自粛要請は、東京都が41人の感染者が新たに確認された25日に発表。 26日には埼玉と神奈川の両県が同様の判断をした。 一方で、栃木、群馬、千葉、山梨の各県は東京都への移動自粛要請としている。 県が外出自粛要請としたことについて、大野知事は「東京都と埼玉県の間では頻繁に人や物が往来し、東京の状況を無関係とは考えない。 東京だけ、埼玉だけでやっていても効果は限定的になる。 連携を図っていくことは意義がある」と理由を述べた。 外出の自粛を求めることの影響について、知事は「都市が封鎖されるようなものではない。 生活必需品の買い物の自粛をお願いするようなものでもない。 冷静に判断いただきたい」と説明。 生活必需品の買い物、散歩や子どもが公園で遊ぶことなどは自粛の対象には当たらないとした。 週末以降については「その後の状況を冷静に見極めたい」と知事。 今回の外出自粛要請については「感染症対策と社会的機能のバランスをこれまで考えてきた。 どういったタイミングで自粛(要請)するかは毎日考えてきた」と話した。

次の

埼玉)緊急事態宣言解除 外出自粛解かれ、歓迎と不安 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

外出 自粛 埼玉

緊急事態措置相談センター 電話: 048-830-8141 開設時間 9時00分~18時00分(土日・祝日も実施) 【4月10日発表】埼玉県における緊急事態措置 第2弾 の追加実施について 本県における4月9日(木曜日)の新たな陽性患者は35人となり、これまでの傾向を見ると週末には40人を超える恐れがあります。 本日 4月10日 、東京都の緊急事態措置の内容が発表され、都が休業要請を行う施設の内容が明らかになりました。 本県はこれまで首都圏一体となって新型コロナウイルス蔓延防止策を講じることとしてまいりました。 本県として、4月7日(火曜日)に発出した緊急事態措置(第1弾)に引き続き、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づき、令和2年4月13日(月曜日)から5月6日(水曜日)までを期限として、埼玉県全域に対して下記のとおり緊急事態措置(第2弾)を実施します。 なお、本措置は13日午前零時より実施としますが、準備が必要な事業者等におかれてはできるだけ速やかに御協力いただけるようお願いいたします。 下記の施設を管理する事業者又は当該施設を使用するイベント主催者の皆様に対し、施設の使用停止もしくはイベントの開催停止の協力をお願いします。 施設の種類 内訳 学校 等 小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、幼稚園、 自動車教習所、学習塾その他これらに類する学 習支援業を営む施設 等 大学 等 大学、専修学校、各種学校 等 劇場 等 劇場、観覧場、映画館、演芸場、集会場、公会堂、展示場 等 宿泊施設 等 ホテル、旅館 (集会の用に供する部分に限る。 下記の施設を管理する事業者の皆様に対し、適切な感染症防止対策を講じた上で事業の継続をお願いします。 ただし、保育所及び放課後児童クラブについては規模を縮小しつつ、必要な保育等を確保するようお願いします。 (1)保育所、介護老人保健施設、その他これらに類する通所又は短期間の入所により利用される福祉サービス又は保健医療サービスを提供する施設(通所又は短期間の入所の用に供する部分に限る。 ) 3. 下記の事業者等についは、適切な感染症防止対策を講じた上で事業の継続をお願いします。 区分 事業内容 医療体制の維持 病院、薬局、医薬品・医療機器の輸入・製造・販売 等 支援が必要な方々の保護の継続 介護老人福祉施設、障害者支援施設等の運営関係 等 安定的な生活の確保 1 インフラ運営関係 電力、ガス、石油・石油化学・LPガス、上下水道、通信・データセンター等 安定的な生活の確保 2 飲食料品供給関係 農業・林業・漁業、飲食料品の輸入・製造・加工・流通・ネット通販等 安定的な生活の確保 3 生活必需物資供給関係 家庭用品の輸入・製造・加工・流通・ネット通販等 安定的な生活の確保 4 生活必需物資の小売り関係 食堂、レストラン、喫茶店、宅配・テークアウト、百貨店・スーパー、コンビニ、ドラッグストア等 安定的な生活の確保 5 家庭用品のメンテナンス関係 配管工・電気技師等 安定的な生活の確保 6 生活必需サービス 銭湯、理美容、ランドリー、獣医等 安定的な生活の確保 7 ごみ処理関係 廃棄物収集、運搬、処分等 安定的な生活の確保 8 冠婚葬祭業関係 火葬の実施や遺体の死後処置に係る事業者等 安定的な生活の確保 9 メディア テレビ、ラジオ、新聞、ネット関係者等 安定的な生活の確保 10 個人向けサービス ネット配信、遠隔教育、ネット環境維持に係る設備・サービス、自家用車等の整備等 社会の安定の維持 1 金融サービス 銀行、信金・信組、証券、保険、クレジットカードその他決済サービス等 社会の安定の維持 2 物流・運送サービス 鉄道、バス、タクシー、トラック、郵便等 社会の安定の維持 3 国防に必要な製造業・サービス業の維持 航空機、潜水艦等 社会の安定の維持 4 企業活動・治安の維持に必要なサービス ビルメンテナンス、セキュリティ関係等 社会の安定の維持 5 安全安心に必要な社会基盤 河川や道路などの公物管理、公共工事、廃棄物処理、個別法に基づく危険物管理等 社会の安定の維持 6 行政サービス等 警察、消防、その他行政サービス 社会の安定の維持 7 育児サービス 託児所等 大変なご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご協力くださいますようお願い申し上げます。 の詳細を見る 【4月7日発表】埼玉県における緊急事態措置 第1弾 の実施について 県民の皆さまには、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に関してご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。 本日(4月7日)、政府対策本部により、5月6日(水曜日)まで埼玉県全域を含む1都1府5県の地域に対して、改正新型インフルエンザ等特別措置法(以下「法」という。 )に基づく緊急事態宣言が発令されました。 本県として、法第18条に規定する基本的対処方針及び埼玉県新型インフルエンザ等対策行動計画を踏まえ、5月6日(水曜日)まで埼玉県全域に対して下記4点の緊急事態措置を実施してまいります。 外出自粛を要請 県民の皆様に対して、医療機関への通院、食料・医療品・生活必需品の買い出し、職場への出勤、屋外への運動や散歩など生活の維持のために必要な場合を除き、不要不急の外出の自粛を要請いたします。 特に、遊興施設など、いわゆる「3つの密」がそろう場への外出や集まりへの参加について自粛を要請いたします。 【法第45条第1項適用】 2. 多数の者が参加するイベント開催についてのお願い 事業者の皆様に対して、多数の者が参加するイベントの開催を控えるよう御協力をお願いいたします。 県立学校への休業を要請 県立学校(特別支援学校を含む)について、県教育委員会に対して休業を要請いたします。 県内の小中学校、幼稚園などについては、この方針を踏まえ、適切な措置を講ずるようお願いします。 生活必需品の物資確保についてのお願い 生活必需品などの物資の確保について、事業者の皆様には県民が安心して購入できる環境を整えていただくとともに、県民の皆様には冷静な対応をお願いします。 買い占めや売り惜しみなどについては、躊躇なく対応してまいります。 過去の呼びかけ• 【4月2日】• 【3月29日】• 【3月26日】.

次の