酒粕 レシピ おかず。 酒粕の使い方を5つのレシピでご紹介!おかずにスイーツに大活躍!

酒粕のレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

酒粕 レシピ おかず

日本酒の製造過程で作られる酒粕。 一般的に販売されているのは2種類で、「板粕」、「バラ粕」があります。 1年中スーパーにある酒粕ですが、旬は12月から翌3月の冬季です。 そして酒粕は高い栄養価を含んでいるので、スーパーフードにあたります。 「レジスタントプロテイン」というタンパク質が含まれ、脂肪分を体外に排泄してくれるのです。 また糖尿病予防と改善、ガンの抑制、アレルギー体質の改善、骨粗しょう症の予防、脂肪の燃焼、肌荒れ改善といったさまざまな効果があり、ダイエットや健康が気になる方におすすめの食材です。 そんな栄養満点な酒粕は、朝ごはんに摂取することでしっかり補給できます。 この記事では、「酒粕」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 酒粕を蒸しパンに入れた朝ごはんレシピ。 作り方は酒粕、水を耐熱の器に入れて、酒粕をバラバラにしたら、電子レンジで加熱して、滑らかにします。 卵、砂糖、溶かした酒粕、牛乳の順番でボウルに入れて、しっかり泡立て器で混ぜます。 薄力粉、ベーキングパウダーを加えて、しっかり混ぜたら、型に入れてください。 蒸し器で蒸して完成。 蒸すのはスチーマーでもOKです。 酒粕を混ぜたもやしと牛肉を蒸した朝ごはんレシピ。 作り方は牛肉に下味をつけ、酒粕、みそ、みりん、白だしを混ぜ、ニラは切り、ボウルに入れて混ぜ合わせます。 タジン鍋に移してフタをし、中火で加熱し、弱火に変え蒸し煮にしたら、蒸らします。 器に取り分けて、一味唐辛子をかけて完成です。 約15分でできるガッツリ朝ごはん、一味唐辛子はお好みで大丈夫です。 みそ汁に酒粕を入れた朝ごはんレシピ。 作り方は水にワカメを浸けて、塩が抜けたら切り、しいたけ、ネギも切ります。 水、だしの素を鍋に入れて沸騰させ、ワカメ、しいたけを加えて軽く煮立たせ、酒粕、みその順で溶かしながら加えて、さらに軽く煮ます。 器に移して、ネギを加えて完成です。 しいたけの代用にエリンギを入れても大丈夫です。 ネギの量はお好みでどうぞ。 カブとキュウリを酒粕で漬けた朝ごはんレシピ。 作り方はカブ、キュウリ、ショウガを切ります。 袋に入れて、塩と空気を入れてしっかりと振り、少ししんなりさせ空気を抜いて、縛って寝かせます。 水気を捨てて、塩酒粕、はちみつを加え混ぜ、再び空気を抜いて寝かせたら出来上がりです。 翌日に食べるのがおすすめです。 カブの葉がある場合には一緒に入れても合います。 クリームシチューに酒粕を入れた朝ごはんレシピ。 作り方は大根、人参、玉ねぎを切り、鍋に入れて、水を加え火が通るまで煮ます。 塩、固形ブイヨン、酒粕を入れて軽く煮込んでください。 豆乳を加えて煮込み、オートミールを加えてさらに煮込んだらお皿に移します。 仕上げにコショウをかけて出来上がりです。 コショウはなくてもOK、また量はお好みでどうぞ。 レーズンパンに酒粕を入れた朝ごはんレシピ。 作り方はドライイースト、強力粉、塩、ゼロカロリー甘味料、ココナッツオイル、酒粕の順でホームベーカリーに入れ、スタートを押します。 トッピングを入れる合図で、レーズンを入れて、生地が出来たら、分けてベンチタイムにします。 成型してシートに並べ、オーブンで発酵させ、予熱したオーブンで焼いたら出来上がりです。 日本酒などのもろみを圧搾した後に、白色の固形物が残りますがそれを酒粕と言います。 酒粕は料理に使用され、代表的なのが粕汁で体が温まるため冬によく食べられる料理です。 甘酒は酒粕を溶かして甘味を加えたもので、最近では美容に効果があるという理由で甘酒がとても人気があります。 酒粕にはたんぱく質・食物繊維・ビタミンB群・アミノ酸・ビタミン・酵母など、豊富な栄養素に富んでいてぜひ日常に取り入れたい食材です。 この記事では、「酒粕」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 甘酒や粕汁、鍋料理、漬物などの材料として用いられる酒粕は、私たちに古くから馴染みのある発酵食品です。 日本酒の製造過程でできる酒粕は炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素をバランスよく含む優秀な食品なことをご存知ですか。 これらの栄養素によって便秘解消、美肌効果、高血圧の抑制、生活習慣病の予防などの効果が期待されます。 さらに酒粕の発酵過程で作られるアミノ酸は料理では旨味成分に変わり、加えるだけでいつもの料理をワンランクアップしてくれます。 年間を通してスーパーなどで手に入れることのできる酒粕ですが、新酒が出回る1月から4月が最も香り高くておすすめですよ。 この記事では、「酒粕」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

粕床(かすどこ)のレシピ/作り方:白ごはん.com

酒粕 レシピ おかず

「酒粕の使い方を知りたい!」 「簡単レシピって?美容にも使えるの?」 こんにちは、発酵食品大好き主婦のsayaです^^ あなたは、酒粕に手を付けられずに 放置…なんてことをしていません?それって、すごくもったいないことなんですよ。 酒粕は健康や美容に効果的な食品なので、できれば 積極的に摂りたいくらいです!とはいえ、 使い方が分からないと手の付けようがないですよね。 そこで今回は、私が実践している レシピを 5つ紹介しましょう! ちなみに私は、酒粕 1kgを1ヶ月かけずに消費するくらい 使い慣れているので、きっと参考になると思いますよ。 私は以前、加工していないアルミホイルで焼いてしまって全部くっついたことがあります^^;加工してないものを使うなら、 サラダ油や ごま油をぬってからのほうがいいでしょう。 ちなみに、私のお気に入りの食べ方は• ごま油&醤油&いりごま• 砂糖&醤油 の組み合わせです^^ 酒粕レシピその3:酒粕漬け(野菜・魚・肉) 酒粕漬けをする際に必要なのが「 粕床」。 まずは、粕床の材料と作り方から…。 粕床の材料• 酒粕:200g• 焼酎:50cc• みりん:50cc• 熱湯消毒した容器に材料を全て入れる• ペーストになるまでしっかり混ぜる• 1日~2日ほど常温で寝かせたら完成(その後は冷蔵庫に^^)• 粕床を作るのがちょっと面倒ですが、ぜひこれも楽しみましょう。 慣れてきたら甘めにしてみたり、 自分好みの味を見つけてくださいね。 そんなときに、 味噌粕汁がオススメ!我が家では、豚肉入りの粕汁よりも ポピュラーです^^ 作るときは、酒粕で少し とろみが付くくらいが美味しいですよ。 ケチって少なくすると、美味しくないので気をつけてくださいね。 塩酒粕の材料• 酒粕:100g• 水:100cc• 酒粕:100g• 酒粕:100g• 豆乳:100㏄• きな粉:大さじ1• 砂糖:大さじ1 塩酒粕と酒粕醤油は、 肉や 魚を漬けても美味しいですよ。 私は塩麹や醤油の代わりとしても使っています^^ ~こちらは 酒粕醤油~ たとえば、塩酒粕の場合• ゆで卵につける• サラダと和える など。 酒粕醤油では• のタレ• 刺身醤油 とか。 調味料にすれば、料理での使い道も グッと広がります! それに塩や醤油だけでは出せない 旨味もあるので、手を抜いたとは思えない味に仕上がりますよ(笑)なので、面倒くさがりの私にはかかせない調味料になっています^^ また、酒粕クリームは 食パンや クラッカーにぬると凄く美味しいですよ。 私は を食べているので、そこにも プラス!酒粕の香りがほんのりするので、良いアクセントになります^^ ~自家製豆乳ヨーグルト~ ちなみに、これら酒粕を使った調味料を作るときには、必ず 熱湯消毒したキレイな容器で作ってくださいね。 そうすることで、しっかり 保存ができるようになりますよ^^ あと酒粕の使い方で、まごきょんさんは 味噌づくりの際に利用してるってお聞きしましたが…。 それは、化粧水の水分が蒸発するときに、 肌の水分も一緒に持って行ってしまうからなんです…。 酒粕化粧水には アルコールも含まれているので、たくさん使うと余計に水分を蒸発させてしまいます^^; でも量さえ気をつければ、酒粕化粧水は モチモチとした潤いとハリを与えてくれますよ。 それに、酒粕には 美白効果もあるので、使い続けるときっと シミも薄くなっていくでしょう。 ここまで、酒粕で スキンケアするときの使い方を紹介してきました。 ただ、1つ 注意してほしいことがあります! それは「必ず パッチテストをすること」です。 (二の腕の内側など目立たないところで) 酒粕は アルコールを含んでいるので、 肌が弱い人は特に注意してくださいね。 入浴剤として使うときも、量を少な目にして試してから増やすようにしましょう! では最後に、今までお話ししてきたことを まとめておきましょうね。

次の

粕床(かすどこ)のレシピ/作り方:白ごはん.com

酒粕 レシピ おかず

水(分量外)500ccを沸騰させ、ザルののせた油揚げに熱湯をかけて油抜きする。 縦半分に切った後、1cm幅に切る。 小ねぎは小口切りにしておく。 豆腐は縦方向に半分に切ってから、1cm幅の厚さに切っておく。 大根は皮を剥いて5mm幅のいちょう切りにする。 人参も皮を剥いて5mm幅の半月切りにする。 椎茸は軸の根元の固い部分を切り、かさと軸に分け、かさの部分は5mm幅に切り、軸は縦半分に切る。 鍋に水・白だし・料理酒を入れ、切った大根と人参を加えて中火にかけ、10分ほど煮込む。 煮たら一度火を止め、酒粕をちぎって加えて、蓋をして5分放置する。 5分経ったら、再び中火にかけ、お玉でかき混ぜて酒粕を溶かす。 豆腐と油揚げと椎茸を加えて3分煮込んだら完成です。 酒粕と牛乳をよく混ぜペースト状にする。 酒粕が柔らかい場合は、牛乳の量を減らして調整してください。 混ぜ合わせた卵に砂糖を加え、全体的に混ざったら牛乳とサラダ油を入れて混ぜる。 ペースト状にした酒粕を加え、ダマがなくなるまでよく混ぜる。 ふるいにかけた薄力粉を入れて、ゴムベラで生地を切るようにして、しっかりと混ぜる。 焼き上がったら、真ん中あたりを竹串をさし、何もついてこなければOKです。 型から外して、ラップをして一晩ねかせて出来上がり。

次の