巨大 地震 警戒。 5月11日の巨大地震発生説はデマ?複数の予言とその裏にある真相とは?

警戒!大地震・巨大地震 : ハルマゲドンの大峠 ノストラダムス予言研究家ザール隊長

巨大 地震 警戒

南海海溝特大地震帶來的災害,將會是波及極大範圍的 特大海嘯,伴隨著劇烈搖晃,以西日本為中心, 發生超過 東日本大震災的巨大人身、財產災害。 對我國國民生活、經濟活動全體,造成極為深刻的影響。 甚至已經預測到會發生 可以說是國難的巨大災害。 日本中央防災會議、2012年 南海海溝地震,大約以90 - 150年(若以前的記錄來看則是大於200年)的間隔發生,每次將間隔數小時至數年(或是同時)發生震源地位於東海、東南海、南海的三場地震()的說法已成為定論。 另一方面,對慶長地震的震源位於南海海溝的說法也出現了反對意見,存在認為南海海溝的地震是間隔200年發生的見解。 根據最新的通過地震計獲得觀測記錄的昭和的地震,以及通過地質調查及文獻資料推算出的較早的地震,可以推測出今後也將以同樣的間隔發生地震。 無論歷史還是預測都是8以上的特大地震,因搖晃及造成巨大災害。 此外,之後的研究發現,每發生一次地震,地都在一點點發生變化。 例如,即使是同樣南海道海面的地震,相對於1854年安政南海地震的震源地南海道海面全域,1946年昭和南海地震的推測震源地為西側四分之一處。 另一方面,的瀬野徹三表示,有必要改變東海・東南海・南海這樣地震的三種分類,提出可以分類為與南海海溝東邊的震源地(東南海的一部分以及東海)聯動,斷層破壞直至附近的「安政型」,不與震源地聯動靜岡不發生斷層破壞的「寶永型」兩種。 1498年明應地震以來的文獻資料豐富,人們一直認為發生間隔固定在100年前後(下文南海海溝地震的發生範圍(舊看法)圖表)。 但是,在這之前幾乎沒有關於東海道的地震的發生記錄,1361年正平地震以前的間隔情況也存在記錄缺損,比如,在多處發現了被認為是13世紀前半的海嘯及痕跡,雖可以用於彌補記錄,但也有從1096年永長地震以前無確切證據的海嘯堆積物的研究中給出實際上是以100年和200年的周期交錯的說法。 土壤液化痕跡因存在內陸局部地震的可能性,以及推測年代範圍的問題,還需要繼續研究。 另一方面,也有嘗試模擬地震聯動的發生情況與板塊的相對運動和板塊邊界的摩擦特性,雖然成功再現了聯動性,但也存在地震發生間隔等與歷史記錄不一致的點。 南海海溝全域幾乎同時發生斷層破壞的地震規模極大,一般認為1707年寶永地震是日本最大級的地震。 1854年的安政地震雖然比昭和地震更大 ,但寶永地震比安政地震規模還要更大。 例如在須崎(現在高知縣須崎市),安政海嘯止於5-6m的高度,而寶永海嘯則到達了海拔11m左右的高度,部分地點甚至能到達18m的高度。 根據的受害報告,安政地震房屋損毀3,082棟,衝垮3,202棟,燒毀2,481棟。 寶永地震房屋損毀5,608棟,衝垮11,167棟。 因安政海嘯破壞導致荒廢的部落在土佐國有4處,而根據《谷陵記》記載,寶永海嘯的荒廢地點多達81處。 進入21世紀後,據研究,高知縣土佐市Kanigai湖(蟹ヶ池)中發現了寶永地震導致的特大海嘯堆積物,但與寶永地震相同,留下海嘯堆積物規模的地震痕跡有300-600年的間隔。 另外,還發現了比寶永地震更厚的,推測是2000年前留下的海嘯堆積物,被指出存在發生了比寶永海嘯更大的海嘯的可能性。 地震的發生概率 [ ] 發生概率等的評價(地震調查委員會) 區域 類型 截至2018年1月1日 規模(M) 30年內發生的可能性 南海海溝 板塊間地震 M8-9 70%-80% 左右 作為接下來可能發生的地震,我們著眼相較從前範圍更廣的M8 - 9地震。 2年,並以此計算出了上表的概率。 雖然接下來也有發生最大級別(超越M9)的地震的可能性,但發生頻率(包括歷史上的)比起以100 - 200年間隔發生的地震要「低一位數以上」。 歷史 [ ]• 「南海トラフ巨大地震 -歴史・科學・社會」岩波出版、2014年• 、2012年、1頁• 松浦律子 2014 : PDF, 歴史地震, 第29號, 263. 、2013年5月、正文第10頁以及說明文別表• 「 ,存於」 、2011年9月30日付• 堀高峰 2006 : PDF『歴史地震』 第21號, 253. 平原和朗, 坂本登史文: PDF 理學研究科• 引用錯誤:沒有為名為 Matsuoka-Okamura2011的參考文獻提供內容• 、2013年5月、主文1-2頁• PDF, 南海トラフの巨大地震モデル検討會, 第2回會合, 2011年• Kunihiko Shimazaki, Takashi Nakata 1980 : , Geophysical Research Letters, Volume 7, Issue 4, 279-282. 使用時間預測模型的情況• 、2013年5月、主文6,12,13頁 參考文獻 [ ]• 「」、地震調査研究推進本部 地震調査委員會、2001年9月27日付、2013年6月4日閲覧。 「」、地震調査研究推進本部 地震調査委員會、2013年5月24日付、2013年6月4日閲覧。 「」、地震調査研究推進本部 地震調査委員會、2001年12月7日付、2013年6月4日閲覧。 「」中央防災會議 『報告書』2007年3月• 「 PDF」中央防災會議 防災対策推進検討會議 、2012年7月19日• 宇佐美龍夫 『最新版 日本被害地震総覧』 東京大學出版會、2003年• 、嶋悅三、吉井敏尅、山科健一郎『地震の事典』朝倉書店、2001年• 宇津徳治,1990,世界の被害地震の表(古代から1989年まで),宇津徳治,東京,243 p.• Utsu, T. , 2002, A list of deadly earthquakes in the World: 1500-2000, in International Handbook of Earthquake and Engineering Seismology Part A, edited by Lee, W. , Kanamori, H. , Jennings, P. , and Kisslinger, C. , pp. 691-717, Academic Press, San Diego. 宇津徳治,2004,世界の被害地震の表(古代から2002年まで),宇津徳治先生を偲ぶ會,東京,電子ファイル最終版.• 防災システム研究所 外部連結 [ ]• 內閣府 南海トラフの巨大地震モデル検討會 中間とりまとめ(座長座長 阿部勝征、平成23年12月27日公表、31日新聞発表)•

次の

「首都直下地震」「南海トラフ巨大地震」に警戒! フィリピン海プレートに怪しい動き? 専門家「“未知の断層”動けば東京23区内で…」 (1/2ページ)

巨大 地震 警戒

をご存知でしょうか? それは、 地表の異常を検知し、地震を予測するアプリです。 最新の地震予測では、日本の5つの警戒ゾーンが発表されました。 危険度の順番にランキング化すると、以下の5つのゾーンになります。 それに加え、 地表の長期的な「隆起・沈降」と、 地表が東西南北のどの方向に動いているかの「水平方向の動き」の分析を加味し、過去の地震発生の前兆現象と比較した上で「震度5以上の地震が発生する可能性があるエリア」を警戒ゾーンとしています。 スポンサーリンク MEGA地震予測は、地震を予測するアプリ 地球の表面は絶えず動いています。 これまでの研究から、大地震の前には地表に異常変動が必ず発生することがわかりました。 『MEGA地震予測』では、地表の動きを観測することで、前兆現象を捉え、地震の予測を可能にしています。 出典元: 同予測のベースとなるのは、 全国1,300か所に設置された国土地理院の「電子基準点」のGPSデータです。 その微細な動きをキャッチし、地震発生との関連を分析します。 MEGA地震予測は、1週間ごとの基準点の上下動による「異常変動」、地表の長期的な「隆起・沈降」、地表が東西南北のどの方向に動いているかを示す「水平方向の動き」の3つを主な指標とし、総合的に予測するものです。 スポンサーリンク 警戒ゾーンを危険度の順番にランキング化 1月3日に地震が発生した熊本や、 1月8日に震度4を観測した奄美大島も、1月2日発行ので警戒を呼びかけた直後に起こりました。 5つの警戒ゾーンを「危険度」の順番にランキング化します。 【1】首都圏・東海警戒ゾーン 【2】南海・東南海警戒ゾーン 首都圏・東海、南海・東南海、どちらも 政府が今後30年以内に巨大地震が発生する確率が高いと警告している地域ですが、今回は 両ゾーンにまたがって同時期に連動するような地表の動きが見られたそうです。 昨年7月上旬と下旬の2回にわたって、南関東と南海、東南海で一斉に異常変動が起こりました。 その後も9月下旬から10月上旬に伊豆諸島、伊豆半島、紀伊半島、四国で異常変動が起きており、 それ以降『静穏』状態が続いています。 かねてより警戒を呼び掛けていますが、地震リスクはより高まっているようです。 さらに 注意すべきは、「水平方向」の動きでも異常が見られることです。 房総半島南部、伊豆諸島、伊豆半島、紀伊半島、四国の太平洋岸沿いで、7月下旬までは南東方向に動いていた地表が、それ以降は、真逆の北西方向の動きに転じました。 とくに10月下旬から11月上旬に大きな動きが見られました。 これは、穏やかではありませんね。 南海トラフ巨大地震や首都直下地震に関わるような兆しでしょうか、心配です。 【3】奥羽山脈警戒ゾーン 東日本大震災以降、日本列島の中でも最も大きな異常変動が見られる地域です。 【4】道南・青森警戒ゾーン 昨年9月の北海道胆振東部地震が記憶に新しいところですが、依然として大きな揺れに注意すべき地域です。 【5】九州南部・南西諸島警戒ゾーン 熊本を含む九州北部だけではなく、南部でも活発な動きが見られます。 年初に奄美大島で地震が発生しましたが、継続して注意が必要だそうです。 年初の熊本地方の震度6弱の地震に関しては、MEGA地震予測で警戒されていました。 スポンサーリンク 地震を予測してひとりでも多くの命を救いたい おとそ気分が冷めやらぬ、1月3日、熊本地方を襲った最大震度6弱の地震で、 私たちはいつ何時も安心できない地震列島に住んでいることを思い知らされました。 「今回の揺れは、さらなる大地震の引き金になる可能性がある」 測量学の世界的権威であり、「MEGA地震予測」を主宰する村井俊治・東大名誉教授は、そう語りました。 「2018年10月中旬以降、日本列島は極めて異例な状況となっていました。 各地で異常変動が見られたそれまでと一転し、2か月弱の間、全国的に地表に大きな変動が見られない『静穏』状態が続いていたのです。 過去のデータを見ると、震度5以上の大地震は4センチ以上の異常変動が一斉に起きた後、3週間超の『静穏』状態を経て起きる傾向が強い。 今回の熊本の地震もこの条件を満たしています。 今後、同様の動きが各地で起こる可能性は否定できません」 と、村井氏は指摘しています。 「MEGA地震予測」は、東日本大震災をきっかけに誕生しました。 東日本大震災は多くの人々の命と生活を奪いました。 そのときに感じた思いが原動力となり、大地震の前兆情報を人々に伝える手段として、村井氏をはじめとするJESEA地震科学探査機構が世に送り出したそうです。 地震を予測して、ひとりでも多くの命を救いたい それが、村井氏の想いです。 「MEGA地震予測」、予測された警戒ゾーンに居住している方にとって気分が良いものではありませんが、 無防備よりも注意しておいたほうが命の危険度は下がると思います。 私も早速、をダウンロードしました。 防災セットの準備や避難場所の確認、この機会にやっておいた方がいいんでしょうけどね。 やるかやらないか、それが分かれ道になるかも?.

次の

いまだに続く東日本大震災の余震、長引く超巨大地震の影響(福和伸夫)

巨大 地震 警戒

「巨大地震警戒」の臨時情報とは?~「地震は予知できない」を前提とした国の対策を知ろう~ 2019. 7 2016年の熊本地震で崩落した阿蘇大橋。 (撮影:大越 聡) 政府の中央防災会議は2016年、「南海トラフ沿いの地震観測・評価に基づく防災対応検討ワーキンググループ」(座長:東大地震予知研究センター長/平田直氏)の報告により、「現時点において、地震の発生時期や場所・規模を確度高く予測する科学的に確立した手法はない」との見解を発表した。 この公表は、それまでの東海地震の直前予知を前提の1つに踏まえた「大規模地震対策特別措置法」(以下、大震法)のあり方の大転換を意味するものだった。 このため、気象庁は当面の対応として2017年から「東海地震に対する警戒宣言の発令」を凍結。 新たに「南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会」を設置して、南海トラフ沿いで発生した異常な観測結果や分析に対して、「南海トラフ地震に関連する情報(定例)」(ほぼ毎月一回)と、異常な現象が観測されたときには「南海トラフ地震に関連する情報(臨時)」を発表することに決定した。 さらに、今年(2019年)から臨時情報が発表された後、「南海トラフ地震関連解説情報」が発表されることになった。 これは異常な事態が観測された後に震源域周辺における事態の推移を解説するものだ。 少し複雑だが、誤解を恐れずに簡単に言うと「定例」は毎月出るもの。 「臨時」は南海トラフに異常な事態(地震が発生することも含む)が発生した後に出されるもの。 「解説」は「臨時」の後に出るものと覚えておいて差し支えない。 ただ、「臨時」情報にはいくつかの種類に分かれるので、その後の対応に注意が必要だ。 以下、解説していきたい。 「巨大地震警戒」と「巨大地震注意」の臨時情報 「南海トラフ地震に関連する情報(臨時)」は、さらに以下の4種類に分かれる。 「調査中」、「巨大地震警戒」、「巨大地震注意」、「調査終了」だ。 表記としては例として「南海トラフ地震臨時情報(巨大地震警戒)」のようになる。 このうち、危険が迫ってきているのは「巨大地震警戒」、「巨大地震注意」なので、主に本稿ではこの2つについて考察する。 「巨大地震警戒」、「巨大地震注意」の解説を知る前に、もう1つ知らなければいけないことがある。 前述したとおり、現在の科学力では「地震の科学的な予測」はできないが、「発生確率が高くなることを評価すること」はできるとしている。 どのような場合だろうか。 誤解を恐れずに、とても簡単に言うと、「南海トラフ地震が発生したら、その後に3日~1週間の間にもう一度、日本列島の別の地域で、南海トラフ地震が発生する可能性が高くなる」ということが報告書の中で明示されたのだ。 このことをもう少し詳しく見るために、まず以下の3つのキーワードを覚えてほしい。 「半割れ」「一部割れ」「ゆっくりすべり」だ。 最も被害が大きいのが「半割れ」ケース、その次が「一部割れ」ケース。 そしてまだ地震は発生していないが、「発生確率が高くなった」と評価できる状況に「ゆっくりすべり」である。 そして、「半割れ」ケースで政府から発せられるのが、「巨大地震警戒」の臨時情報。 「一部割れ」ケースと「ゆっくりすべり」で発せられるのが「巨大地震注意」の臨時情報なのだ。 ここから後は政府が発表した図表も含めて、「半割れ」「一部割れ」「ゆっくりすべり」についてもう少し詳しく見ていきたい。 「半割れ」が発生したら「巨大地震警戒」 「半割れ」のイメージ (出典:内閣府防災「南海トラフ地震の多様な発生形態に備えた防災対応検討ガイドライン」(平成31年3月)) 上図が、今年3月に内閣府防災から発表された「半割れ」のイメージ図だ。 上記図のとおり、大規模地震が発生すると東側部分は崩壊し、連続して西側部分も地震の発生確率が高くなると評価できることになる。 この場合の「崩壊」とは南海トラフの東側半分が地震で7割程度破壊された段階で、おおむね想定震源域が破壊されたとみなすという。 この場合、政府はどのような対策をとるのだろうか。 「一部割れ」のイメージ(出典:内閣府防災「南海トラフ地震の多様な発生形態に備えた防災対応検討ガイドライン」(平成31年3月)) 東側で地震が発生した場合、まず被災地では甚大な被害が生じていることから、まずは被災地域の人命救助活動が一定期間継続することが考えられる。 さらに西側の後発地震が懸念される地域は、先の地震に対する緊急対応をとった後、自らの地域で発生が懸念される大規模地震に対して防災対応をとり、社会全体として地震に備えつつ、通常の社会活動をできるだけ維持する必要がある。 この対応を「巨大地震警戒対応」と呼ぶ。 一部割れケースは「巨大地震注意対応」 次は一部割れケースを見てみよう。 以下のように、南海トラフ地震の想定震源内のプレート境界においてモーメントマグニチュード(M)7. 0以上8. 0未満の地震が発生した場合も、連続して大規模地震発生の確率が高まったと評価できる。 一部割れケースの地震発生後に、隣接領域でM8クラスの地震が7日以内に発生する頻度は、歴史的に数百回に1度程度。 これは通常の数倍程度の頻度と評価できる。 直近の2事例では、2年と32時間の時間差をもって連続してM8以上の地震が発生している。 1944年 昭和東南海地震(M8. 2)の2年後の1946年に昭和南海地震(M8. 4)が発生• 1854年 安静東南海地震(M8. 6)の32時間後に安政南海地震(M8. 7)が発生している。 過去の8事例(南海トラフ沿いで発生が知られている大規模地震9例のうち、津波地震の可能性が高い慶長地震を除く8例)のうち、少なくとも5事例は東側・西側の両地域がほぼ同時、もしくは時間差を持って破壊されている。 世界では、M8. 0以上の地震が発生した103事例を観察すると、地震発生後に隣接領域(震源から50km以上500km以内)でM8クラス以上の地震が発生した事例は7日以内が7例、3年以内だと17事例にのぼる。 南海トラフ沿いで過去に起きた大規模地震の震源域の時間的分布 (出典:内閣府防災「南海トラフ地震の多様な発生形態に備えた防災対応検討ガイドライン」(平成31年3月)) 「一部割れ」が発生した場合、強い揺れを感じ、一部の沿岸地域では緊急地震速報、津波警報などが発表されるが、交通インフラやライフラインに大きな被害は発生せず、人的・物的にも大きな被害は発生していないと考えられる。 この場合の基本的な防災の方向性としては、ここの状況に応じて、日ごろからの地震への備えを再確認する等を中心とした防災対応をとる。 この対応を「巨大地震注意対応」と呼ぶ。 「ゆっくりすべり」も「巨大地震注意対応」 短い期間にプレート境界の固着状態が明らかに変化しているような、通常とは異なるゆっくりすべりが観測された場合も、大規模地震発生の可能性が高まったと評価できる。 ただし、通常より「相対的に高まっている」という評価にとどまるため、この場合は「一部割れ」と同じく「巨大地震注意対応」をとる。 「ゆっくりすべり」のイメージ (出典:内閣府防災「南海トラフ地震の多様な発生形態に備えた防災対応検討ガイドライン」(平成31年3月)) 以上が、「半割れ」「一部割れ」「ゆっくりすべり」とそれに対応する政府の「巨大地震警戒」「巨大地震対応」の情報発生までの流れだ。 まとめると、以下のようになる。 「情報発生までのフロー」を大越が一部改変 (出典:内閣府防災「南海トラフ地震の多様な発生形態に備えた防災対応検討ガイドライン」(平成31年3月)) 簡単にだが、現在の政府の南海トラフ地震が発生した場合の「南海トラフ地震臨時情報」の発表方針をまとめてみた。 一般の生活者にとっては少し難しいかもしれないが、防災・BCP担当者であるならば万が一に備えてぜひとも知っておきたい情報だ。 次回は、「南海トラフ臨時情報」が発表された後の企業や組織の防災対応について考察したい。 (了).

次の