怠惰な生活。 怠惰な人の特徴。自分自身に甘く外見がだらしない!

「怠惰」の意味とは?「怠慢」との違いは?使い方から「七つの大罪」まで

怠惰な生活

怠惰と怠慢の違い 怠惰と怠慢の違いを分かりやすく言うと、 怠惰というのは、日ごろから習慣や習性的に怠けてだらしないことを意味していて、怠慢というのは、目の前のやるべきことへの取り組み方が怠けてだらしないことを意味しているという違いです。 怠惰というのは、習慣や習性的なだらしなさを意味します。 具体的な行動や態度に対しては、怠惰は使われません。 怠惰が表現するのは、ある人の全般的な行動や態度を総合的に判断して、その人が性格からして怠けてだらしないことです。 例えば、朝なので起きなければいけないのに、そうしない。 あるいは雨が降っているから外に出がらない。 そうした態度を見せ続けていると、その人は怠惰と判断されることになります。 一度や二度そうした態度を見せただけでは、怠惰と判断されるよりも、「そういう気分の日もある」と思われる場合の方が多いです。 怠惰の惰という字には、「惰性」(読み方:だせい)という使われ方もあるように、習慣や習性という意味があるからです。 このように怠惰というのは習性的なものですが、それが転じて精神的に怠けてだらしないことを表現するようになります。 「怠惰な猫」と言えば、特に何をするでもなしに、ゴロゴロしている猫のことです。 次に、怠慢というのは、具体的な行動や態度のだらしなさを表現する言葉です。 スポーツの話題で時折「怠慢プレー」という言葉が使われますが、これは、真面目にやれば難しいプレーではなかったのに、手を抜いてミスをしたという意味合いで使われる言葉です。 何故こういう意味があるかというと、それは、怠慢の慢の字には、「何かをおろそかにする、軽く扱う」という意味があるからです。 怠慢とは、何かを怠けながら行うことを意味します。 人間の行動や態度が精神に基づくと考えると、怠惰だから怠慢になると言うことも出来ますが、必ずしもそうではありません。 普段は厳格で実直に行動していても、何かの弾みに怠慢してしまうこともあります。 例えば、スポーツで納得のいかない判定が下され、やる気が削がれてしまう場合などがあります。 ただし、不意に陥ってしまった怠慢さをいさめられることで、実は自分の精神に怠惰な点があったことが露呈する場合もあります。 怠惰の意味 怠惰とは、 人のある人の習性的なだらしなさを意味しています。 怠惰とは、具体的な行動や態度ではなく、ある人の習性や気質に対して怠けてだらしがないことを表現する言葉です。 「あの人は怠惰だ」と言えば、「その人は怠け癖で、何をやっても怠けてだらしがない」ということです。 「怠惰」という言葉は、具体的な行動を念頭に置いているわけではなく、「何をやらせてもあの人の性格では」という意味合いがあります。 「惰性」という言葉を考えると、怠惰が性格や気質という精神的なもののだらしなさを意味するのが分かりやすくなります。 怠惰の類語・類義語としては、面倒くさがって動こうとしないことを意味する「不精/無精」、何かにつけてすぐ怠けようとすることを意味する「ぐうたら」「ものぐさ」などがあります。 怠惰の対義語・反対語としては、仕事や学業など物事に一生懸命に打ち込むことを意味する「勤勉」、仏教に由来する言葉で、雑念を払い専念することを意味する「精進」、自分を律し励むことを意味する「自彊/自強」(読み方:じきょう)などがあります。 怠惰の怠の字を使った別の言葉としては、仕事に取り組む姿勢や、出勤と欠勤を意味する「勤怠」、仏の道に打ち込めないこと、一般的な文脈では広く怠けることを意味する「懈怠」(読み方:けたい)などがあります。 「懈怠」は「精進」の正確な対義語・反対語です。 怠惰の惰の字を使った別の言葉としては、だらけた気持ち全般を意味する「惰気」、心持ちや体力などが弱く勢いのないことを意味する「惰弱」、怠けて眠りふけることを意味する「惰眠」、仕事に就かずに無為に過ごしていることを意味する「遊惰」などがあります。 怠慢の意味 怠慢とは、 具体的な物事への取り組み方のだらしなさを意味しています。 怠惰が性格上の全般的だらしなさを表現するのに対して、怠慢というのは、具体的な行動や態度のだらしなさを表現するというのが、大きな違いです。 怠慢の「慢」という字が「物事を軽く扱う」という意味を持つために、怠慢はだらしない行動を意味するのです。 注意すべき表現として「怠慢な人」があります。 一瞬「怠慢な」ではなく「怠惰な」ではないのかと思いますが、どちらも日本語として正解です。 「怠慢な」の場合にはその人の日常的な行動全般が、「怠惰な」の場合には性格が考えられているという違いです。 怠慢の類語・類義語としては、なすべきことを故意に怠け、楽をしようとすることを意味する「横着」などがあります。 怠慢の対義語・反対語としては、取り組み方が真面目で本気であることを意味する「真剣」、努力して思い切り戦うことを意味する「奮闘」、物事の取り組みに全力を尽くすことを意味する四字熟語の「粉骨砕身」などがあります。 怠慢の慢の字を使った別の言葉としては、進みがだらだらとゆっくりしていることを意味する「緩慢」、自分に関係する物事を他人に対して得意気になることを意味する「自慢」、おごり高ぶって他人を見下すことを意味する「傲慢」などがあります。 怠惰の例文 5.返却された答案用紙に並ぶバツ印を見て、部活にばかり打ち込んで学業に怠慢することがないようにと、自省しなればならなかった。 この言葉がよく使われる場面としては、具体的な行動に関して怠けてだらしなさがあることを表現したい時などが挙げられます。 例文2の職務怠慢という言葉は、常習性があることを表現するものなので「怠惰」ではないかと考える人がいるかもしれませんが、人柄ではなく業務をきちんと行っているかどうかという点が重要視されているので「怠慢」という言葉を使います。 例文5の「怠慢する」という表現ですが、怠慢と怠惰を混同した結果、「怠惰する」という表現もあると考える人が少なからずいるようです。 「怠慢する」「怠慢している」とは言えますが、「怠惰する」「怠惰している」とは言えないことに注意しましょう。

次の

怠惰 (たいだ)とは【ピクシブ百科事典】

怠惰な生活

あなたは生産性メソッドを学びました。 たくさんのToDoアプリも試しました。 これからはもっと生産的になるんだと、毎月のように心に誓いました。 しかし、そうはなりませんでした...。 もし、自分が怠惰だからダメなのだと思っているなら、以下の記事を読んでください。 今回は、このサイクルを断ち切る方法を紹介します。 自分は本当に怠惰なのか、それとも、やることが多すぎるのかを見定める 多くの活動的で生産的な人たちが、ただ自由時間にリラックスしたり、やるべきだが達成していないプロジェクトがあるというだけで、自分のことを「怠惰」だとみなしています。 の中で、楽しいことをするのは重大な罪だとみなされ、自分自身を、集中力がなく、非生産的で、行動力がないと思い込んでいます。 怠惰の治療を始める前に、少し立ち止まって、本当の問題を見定めてください。 心理学者のLeon F. Seltzer氏は、「怠惰」という言葉をボキャブラリーから削除することを提案しています。 また、少なくとも、誰かの人格全体を表す言葉としては使用すべきでないと言っています。 氏いわく、自制心やモチベーション、報酬への健全な期待感が欠けていることを、すべて「怠惰」で片付けてしまうと、解決がより難しくなるそうです。 私の個人的な、またセラピストとしての経験から言えば、人間の振る舞いの説明として「怠惰」を使うのはあまり有効ではありません。 ある人物を怠惰だとみなす(あるいは糾弾する)のは、浅はかなことです。 それは、ただその人が無気力だったり、惰性的であるのを過度に単純化しているのです。 そして、誰かの不活発性をカテゴライズするのにこの言葉に頼るのは、記述される側より、記述する側の怠惰を示しているように思われます。 要するに、この軽蔑的な呼称は、話題となっている人物がよく理解されていないときに「デフォルト」として適用されるものなのです。 もし怠惰が別の問題の無意味な言い換えであるのなら、本当の問題を見定めることから始めてください。 時間計測ツールを使って、自分の時間の使い方を調べます。 あるいは、1週間、スプレッドシートに達成したこととをひたすら記錄するだけでもOKです。 データがそろったら、以下のカテゴリーを参考に、裏にある本当の問題を見極めてください。 自制心の問題:スケジュールがいっぱいなのに、予定通りにこなせていないなら、おそらく自制心の問題があります。 解決策は気が散るものを取り除くことです。 また、意志力の高め方を見つける必要もあるでしょう。 非現実的な期待:スケジュールがいっぱいで、その通りにこなせており、それでもまだ自分を怠惰だと感じるなら、問題は自分に厳しすぎることでしょう。 誰もが生産的になりたいと願っていますが、ときにはスローダウンも必要です。 モチベーションの問題:スケジュールが空いている、あるいは、多くの時間を睡眠やレジャーに費やしているなら、おそらくモチベーションの問題です。 モチベーション問題は、ことから、ことまで、広範囲に渡ります。 とはいえ、誰もが何らかの形で持っているものです。 「怠惰」の解決方法は、裏にある問題が何かによって異なります。 また、複数の問題が組み合わさっている場合もあります。 いずれにせよ、自分のニーズに合わせた解決策をとらねばなりません。 時間をかけて自分の弱点を調べ、有効な対策を立ててください。 自分の仕事を正しく評価する 私たちの超多忙文化におけるみじめな皮肉は、自分の仕事が嫌いな人がいっぱいいることです。 しかし、神話のように「ソウルメイトな」仕事が見つからなくとも、実際、仕事は楽しくてやいがいがあるものになり得ます。 仕事の価値を正しく評価する必要があります。 そして、あなたの仕事に対する考え方が、生産性にも大きく影響します。 米紙フォーブスの寄稿者Erika Anderson氏が言うとおり、もしあなたの周囲に、自分の仕事を憎んでいて、不平ばかりを言う人たちがいるなら、そんな人たちとは付き合うのをやめるべきです。 ネガティブな会話は、あなたの姿勢も堕落させます。 そして、もっと重要なのは、仕事の良い面が見えなくなることです。 どんな組織にも、あらゆることに文句をつけるのが喜びである人たちがいます。 究極の皮肉屋である彼らは、あなたを喜ばせようと、いかに上司が低能であるか、いかに会社があなたにふさわしくないか、いかにほかの社員たちが間抜けであるか、いかに仕事がバカバカしくて無意味であるかを吹聴します。 「あいつらは馬鹿だけど俺たちは... 」的なアプローチによる独り善がりな満足は、長い目で見れば、あなたを不幸にします。 職場についてのネガティブな意見ばかり聞いていると、あるはずのポジティブな面が見えなくなります。 そして、結局は、自分もおかしいのだと思うようになります。 (この場所や、ここの人たちがそんなにダメだとしたら、なぜ自分はまだここにいるのだろう... ) もっとバランスの良い視点をもった同僚と付き合えば、あなたの仕事に対する感情的な反応は、劇的に変わるでしょう。 自分の仕事についてひねくれた態度をとっていても、生産性は少しも向上しません。 正しい道に戻るために、以下のエクササイズをして、マインドセットを調整しましょう。 メリットを書き出す。 仕事には必ずメリットがあります(でなければ、なぜみんな仕事をする?) 少し時間をとって、メリットについて考えてください。 きれいになった洗濯物、空の受信箱、振り込まれた給与に満足しているなら、それらを書き出してください。 仕事を楽しんでいる時間を味わう。 深刻な心の問題を抱えていない限り、あなたにも仕事を心から楽しんでいる瞬間があるはずです。 自分が今そうであることに気づいたら、手を止め(可能であれば)、その瞬間について書いてください。 それは、自分のためであり、ほかの誰かに伝えるためでもあります。 頭の外に出してみることで、後から思い出しやすくなります。 また、仕事を楽しんでいる瞬間を意図的に捉えることは、あの恐ろしい質問「いったい人生で何をすべきだろうか?」に答える助けにもなります。 「仕事」とは何かを再定義する。 仕事をしている間、みじめな気持になるなら、その考えに反論してください。 その仕事はやる価値があるのだと自分に気づかせてください。 意図的に笑顔をつくりましょう。 、あなたがその仕事をどう扱うかが、あなたがそれをどう体験するかを決めるのです。 もちろん、無理に仕事を楽しむなどできないでしょう。 しかし、仕事について否定的になろうとする衝動と戦うことで(衝動に耽溺するかわりに)、マインドセットを変えられます。 生産性を上げるには、そのタスクに取り組むのを楽しみにすることです。 楽しみを感じられないようなら、で問題を整理してください。 習慣を壊す もし、あなたが帰宅して最初にすることが、テーブルに鍵を放り出し、ソファに倒れこんで、テレビをつけることだとしたら、あなたは非生産的な夜をすでに始めていることになります。 同じく、朝起きて最初にすることが、Facebookやメールのチェックだとしたら、あなたは1日の最良の時間を浪費しています。 このサイクルを破るには、通常のルーチンをやりづらくすることです。 帰宅するとすぐにソファに直行してしまうなら、夜はテレビの電源を抜いておきます。 Facebookを頻繁にチェックし過ぎているなら、スマートフォンからアプリをアンインストールしましょう。 どちらもささいなことですが、トリガー部分を壊すことで、身体的な記憶を妨害し、新しい習慣を始める助けとなります。 習慣のチェーンを構築し、新たな習慣を作る 停滞への道は、希望的な意図で敷き詰められています。 誰がも「明日こそはやろう」と言います。 この約束の問題点は、それがあいまいで、気分に左右されることです。 確かなのは、明日もあなたはしないということ。 翌朝目が覚めた時、今日と同じく、やる気が出ないと感じることでしょう。 この堂々巡りを変える良い方法は、既存のルーチンの中に、鍵となるタスクを組むこむことです。 生産性ブログ「99u」によれば、習慣を少しだけ変えるほうが、全体を一気に変えるよりも効果が高いそうです。 ささいな習慣の変化が、繰り返すうちに、驚くほどの改善をもたらします。 例えば、「家をもっときれいにしておく」よりも、「帰宅したら、服を着替え、部屋/オフィス/キッチンを掃除する」と決めるほうが効果的です。 複数の研究が、意志力に頼るよりも「文脈的な合図」を利用したほうが成功しやすいことを示しています。 「健康的な食事をとる」と誓うかわりに、「ランチタイムには、肉と野菜しか食べない」と宣言しましょう。 無気力や非生産的であることは、結局はただの習慣に過ぎません。 古い習慣を壊し、新しい習慣を構築すれば、いつの間にか活動的になっている自分に気づくでしょう。 継続する。 進捗を管理する 始めたら、継続してください。 怠惰は、どんな形にせよ、意志力の隙間を突いてきます。 中毒を克服するときと同じく、たった1日の過ちで、スタート地点に戻ってしまいます。 失敗してもOKです。 ときどきできない日があっても、そこであきらめないでください。 繰り返しますが、怠惰は習慣であり、性格的特徴ではありません。 効果的なやり方のひとつは、目標管理ツールを使うこと。 目標を設定し、達成したらチェックを付けます。 こうしたアプリには2つの利点があります。 第一に、やるべきことを覚えておけて、過去の自分の責任を追求できることです。 そして、もっと重要なことは、自分がどれだけ多くを達成したかを見せてくれることです。 自分の性格など変えなくても、習慣を変えることはできます。 「やったことリスト」が効果的なのはそのためです。 自分が新しい習慣を築けたこと、小さな進歩を繰り返してこれたことが見えれば、前進し続けるモチベーションになります。 自分が目標を達成したことに気づいたとき、また、自分の進歩を心から喜び、もう一度その気分を味わいたいと願うとき、すでに「怠惰」は消え去っています。 Eric Ravenscraft(/訳:伊藤貴之) Photos by , , , , and.

次の

怠惰とは悪魔か。怠惰な生活を送る動物は順応している事実

怠惰な生活

「怠惰」の意味とは? 「怠惰」の意味は「なまけること」 「怠惰」とは、「なまけていること」「だらしない様子」を意味する言葉です。 「怠」が「心がたるんでいる様子」や「仕事をおこたっていること」を意味し、「惰」が「気が緩んでいる様子」や「なまけていること」を意味しています。 「たるんでいる」や「緩んでいる」を意味する言葉を重ねることで、「なまけている様子」を強調する単語となっています。 「怠惰」はキリスト教の「七つの大罪」の1つ 「怠惰」は「七つの大罪」に含まれる1つの罪を表しています。 キリスト教では罪を引き起こす原因に欲があり、欲には7つの種類があるとされています。 聖書では欲の数と内容について触れられてはいないものの、修道士のエヴァグリオスや哲学者のトマス・アクィナスが自らの著書であげた大罪のなかには「怠惰」が含まれていました。 「怠惰」の読み方は「たいだ」 「怠惰」の読み方は「たいだ」です。 「惰」という漢字が「情」に似ていることから、「たじょう」と読み間違えないよう注意しましょう。 また、書き言葉として使用する場合、「惰」を「情」と書かないよう気を付けてください。 「怠惰」の使い方と例文 「怠惰」は「なまけている様子」に対して使用 「怠惰」はなまけている様子の人へ使用されます。 なにもせずにただ時間が過ぎるのを待っている状態や、仕事や学業をさぼっている人を「怠惰」と呼びます。 ただ、日常生活で「怠惰」という言葉を使用すると、堅苦しいと感じる場合もあるため、状況に応じて「なまけている」や「さぼっている」を使用しましょう。 「怠惰」の類語と対義語を紹介 「怠惰」の類語「怠慢」 「怠惰」の類語に当てはまるのが「怠慢」です。 読み方は「たいまん」で、「やるべきことがあるのに、なまけてやらないこと」を意味します。 「怠惰」と「怠慢」の違いは、やるべきことの有無です。 「怠惰」はやるべきことがない状態で単にダラダラしている様子を表し、「怠慢」はやるべきことをやらずにダラダラとしている状態を表します。 状況に応じて「怠惰」と「怠慢」を使い分けましょう。 「怠惰」の対義語「勤勉」 「怠惰」の対義語に当てはまるのが「勤勉」です。 読み方は「きんべん」で「仕事や勉強に真剣に取り組むこと」を意味しています。 「なまけること」を意味する「怠惰」とは反対に、「真剣に取り組むこと」を表している点から、対義語に当てはまります。 「怠惰」の英語表現を紹介 「怠惰」を英語にすると「Lazy」 「怠惰」の英語表現に当てはまるのが「Lazy」です。 「Lazy」とは「怠惰な」を意味する単語で、「Lazy person」だと「怠惰な人」という意味になります。 「Slothful」という単語も「怠惰」を意味するのですが、「Lazy」と比較すると古い表現であるため、状況に応じて使用しましょう。 まとめ 「怠惰」とは「なまけていること」「だらしない様子」を意味する言葉です。 なまけている様子や、なまけた態度の人へ使用されます。 「怠惰な生活」や「怠惰になる」などの使い方をする「怠惰」ですが、「怠惰する」とは言わないため注意しましょう。 状況に応じて類語の「怠慢」に言い換えてください。

次の