定額 小 為替。 「定額小為替」とは?読み方は?郵便局で実際に買ってみました。

会社で定額小為替を購入した場合の仕訳処理と消費税の判定について教えてく...

定額 小 為替

A ベストアンサー 元・郵便局員です。 購入は、郵便局の貯金窓口になります。 土曜日・日曜日・祝日は、お求めになれません。 ゆうゆう窓口等でも取り扱いません。 ・・・自動販売機なんかがあると便利なんですけどね。 神奈川県内で16時以降も貯金為替窓口を営業している郵便局は全部で4局あります。 wagamachi-guide. asp? wagamachi-guide. asp? wagamachi-guide. asp? wagamachi-guide. asp? 購入は、郵便局の貯金窓口になります。 土曜日・日曜日・祝日は、お求めになれません。 ゆうゆう窓口等でも取り扱いません。 ・・・自動販売機なんかがあると便利なんですけどね。 神奈川県内で16時以降も貯金為替窓口を営業している郵便局は全部で4局あります。 wagamachi-guide. asp? wagamachi-guide. asp? A ベストアンサー 郵便局は、郵便関係と貯金関係に窓口が分かれていて、 その二つで開いてる時間が違います。 だから、郵便局そのものが開いていても、 小為替は買えないのです。 金券ショップはおそらく扱ってないと思いますよ。 小為替はそのまま郵便局に持っていけば、 額面とおりのお金になるのに、わざわざ金券ショップに 持っていって、安く売り飛ばす人はゼロに近いのでは?? ちなみに、旅行会社に併設のある簡易郵便局が、 9時半に開くからという理由で、4時半まで貯金を 扱ってくれていました。 もしかすると土日でもどこかで買えるかも??? Q 閲覧ありがとうございます。 住民税について質問があります。 私は今まで住民税払ったことがないです。 30代後半まで。 今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、 世帯分離して国民健康保険に加入したのですが 住民税は発生するのでしょうか? 最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら 年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、 ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、 個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。 国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円 国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円 この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。 住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上 必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか? 私は年収200~230万位で 年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形 住民税は毎月払うのでしょうか? 毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで 年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど 自由になるお金減りすぎますよね。 あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・ 年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか? 月の収入で見ると 月給 180,000円 年金 -15,000円くらい 健康保険-16,000円くらい 所得税 -7000円くらい 住民税 -???円(仮に10,000円として)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 醜い数値が出ました。 ひとり暮らしをしたら 知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。 食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円 この時点ですでに9万円です。 残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・ 閲覧ありがとうございます。 住民税について質問があります。 私は今まで住民税払ったことがないです。 30代後半まで。 今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、 世帯分離して国民健康保険に加入したのですが 住民税は発生するのでしょうか? 最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら 年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、 ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、 個人差があり年間10万払ってる人と30万払... A ベストアンサー 年収210万円とした場合の住民税 住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。 なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。 なお、所得税は7000円も引かれません。 4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。 年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。

次の

「定額小為替」を仕訳の方法を知りたい。購入時と利用する時の違い【2020年1月27日訂正】

定額 小 為替

少額のお金をやり取りするのに「郵便定額小為替」は便利です。 定額小為替はどこで発行・換金できる? 郵便局です。 ゆうちょのATMは未対応。 郵便局の窓口のみです。 50円• 100円• 150円• 200円• 250円• 300円• 350円• 400円• 450円• 500円• 750円• 1000円 12種類です。 手数料は一律100円。 一律なので50円でも1000円の小為替でも100円の手数料を取られます。 換金の場合は郵便局の窓口で差し出します。 郵便局員さんがここに名前を書いてと教えてくれます。 ハンコ 押印 も持っているか聞かれましたが、無くてもちゃんと換金してくれましたが、念のため本人確認証とハンコを持参してください。 換金の際は手数料など一切掛かりません。 額面の金額を受け取れます。 郵便定額小為替は何の為のサービス? 主に少額のお金をやり取りするためのサービスです。 「郵便」での金銭のやり取りは原則禁止されています。 現金を封筒に入れて送ることはできません。 銀行振込でも1円から振り込むことが出来ますが、振込手数料が何百円とかかってしまうこともある為、少額をやり取りしたい場合はどちらも賢明な手段とは言えません。 そこで郵便定額小為替というサービスを利用します。 郵便定額小為替は金券と同じ扱いなので、郵送が可能です。 金券は郵送がOKなんです。 手数料100円と郵便代金で少額のお金のやり取りが可能です。 例えばこんなシーンで 私の想像• 企業がキャッシュバックキャンペーン等で活用• 通販企業と顧客間での少額の返金や送金• 遠くの孫へおこづかい・お年玉に 使用時の注意 定額小為替には有効期間があります。 発行日から6か月が経過してしまった場合は、再発行請求しなければ換金できません。 発行から5年間が経ってしまうと換金自体もできなくなってしまいます。 定額小為替を郵送する際は先の通り普通郵便でも送ることができますが、透けてしまえば盗難の恐れがあります。 厚い封筒なり、封筒を2重にするなりして外から中身が見えないようにしましょう。 間違っても「小為替在中」なんて書かないよう気をつけて下さい。 郵便定額小為替は受け取る側にも郵便局までご足労いただくというデメリットもあります。 そのあたりもちゃんと相手方の了承を得たほうが良さそうです。

次の

定額小為替の購入方法!コンビニや銀行でも可能?

定額 小 為替

定額小為替の購入方法と、発行時に発生する手数料についてご紹介します。 ・購入場所 定額小為替は郵便局か、ゆうちょ銀行の窓口でのみ購入することができます。 コンビニや銀行などの金融機関では購入できません。 ちなみに定額小為替証書には、50円、100円、150円、200円、250円、300円、350円、400円、450円、500円、750円、1,000円の12種類の金種があり、そのなかから必要な送金額分を組み合わせて購入します。 ・手数料 定額小為替を購入(発行)する際には、手数料が100円(消費税込)かかります。 この手数料は一度の発行に100円かかるというのではなく、定額小為替1枚を発行するごとに発生するため注意が必要です。 たとえば800円分の定額小為替を購入するとき、500円の定額小為替1枚と300円の定額小為替1枚、計2枚の発行が必要となります。 このとき定額小為替発行手数料は2枚分の200円かかることになり、トータルの料金は1,000円です。 定額小為替証書の発行が済むと、購入した金額分(枚数分)の定額小為替を受け取れます。 その際に何点か記入が必要になる部分があるため、書き方を覚えておきましょう。 記入欄は3つありますが、購入者側が関係するのはそのうち2つです。 ・指定受取人 おなまえ(表面) 定額小為替を購入した人が記入する欄で、受取人本人が記入する必要はありません。 この欄に関しては一般的に空欄にしておきます。 ・おところ おなまえ(表面) この欄は受取人が必ず記入する必要があります。 住所と氏名を記入し、押印(シャチハタ不可)しましょう。 ・委任欄:代理人、委任者(裏面) この欄は表面の「指定受取人」に受取人が指定されていて、他の人が代理で郵便局またはゆうちょ銀行の窓口に行って換金する場合に書かなければなりません。 実際に換金に来る人が名前を記入する欄と、委任者(指定受取人)の欄があります。 委任者は代理人に換金を依頼する前にあらかじめ住所と氏名を記入し、押印(シャチハタ不可)しておきましょう。 受け取りの方法によっては記入する必要がない部分もあり、ケースバイケースです。 不明な点は窓口の方に尋ねてみましょう。 定額小為替と間違えやすいものとして、普通為替というものがあります。 普通為替は「普通為替証書」や「郵便為替」と表現される場合があり、一方の定額小為替は「定額為替」や「小為替」「郵便小為替」などと呼ばれます。 普通為替も定額小為替と同様に、郵便局かゆうちょ銀行の窓口で発行できる商品です。 この2つの明確な違いは、発行できる金額にあります。 定額小為替が最大1,000円の証書を発行できるのに対し、普通為替は最大500万円までの為替発行(現金送付)に対応が可能。 また普通為替の発行手数料は5万円未満なら430円、5万円以上は650円で、定額小為替同様に1枚当たりの手数料です。 ちなみに普通為替は指定した金額の証書が発行できるため、送り先が1件であれば1枚分の手数料で済みます。 これらを簡単に覚えるのであれば、「定額小為替=少額」「普通為替=高額」と認識しておけば十分でしょう。 少額送金に便利な定額小為替ですが、何点か注意事項があります。 そのひとつが「有効期限」です。 定額小為替は証書が発行された日を起点として、6ヶ月の有効期限が設けられています。 それを過ぎても換金することは可能ですが、手数料100円に加え場合によっては本人確認書類が必要になるでしょう。 できるだけ期限内に換金するのがベストです。 また同一金種を100枚以上購入する予定の方は、定額小為替を発行して欲しい金融機関にあらかじめ連絡をしておくことも忘れずに。 証書は汚したり破ったりせず大切に扱いましょう。 少額の送金を手軽に送金できる定額小為替。 使いこなすことができれば、公的書類の発行申請などもスムーズに行うことができます。 ぜひマスターして便利に活用しましょう。

次の