オレゴン サン ストーン。 オレゴンサンストーン ペンダント 18K

サンストーンとは?宝石専門チャンネル「GSTV」の宝石辞典

オレゴン サン ストーン

最近、連チャン石のお話しですみません。 先日、あまりにも素晴らしいルースを アメリカのオーナーから特別に譲っていただきました。 石好きの方ならどなたでもご存じやと思います。 『世界で最も美しい宝石の1つ』 そう呼ばれている、サンストーンの中のサンストーン、 オレゴンサンストーンです。 赤いサンストーンはよくご存じやと思いますが オレゴンサンストーンの中には特別な色、 グリーンっぽい子や、ブルー、ブラウン、 そして金色やオレンジ、ピンクっぽい色の子もいます。 ほとんどの子は角度によって透明に見えたり 虹色の光を発する子もいたり。 とてつもなく美しい子たちです。 赤い子はこの2つだけですが サンストーンの輝きが煌めいています。 サンストーンは世界中あちこちで採れますが 例えばインドのサンストーンはヘマタイトの輝きです。 オレゴンサンストーンは銅の輝きなんですね。 そしてこれらはオレゴンサンストーン特有の とても希少なカラーの子たちです。 いつまで見ていても飽きないほど 角度によってもその色合いと表情が変わります。 花の写真がヘタなのでまったく綺麗に撮れてナイ。 (泣) 仕入れ値でもとてつもないお値段でしたが まったく躊躇することなく購入しました。 あまりにも美しい、この子たちに ぞっこん一目惚れです。 届いて、この目で見て、 また惚れ直しました。 美しすぎる!!! 高価なオレゴンサンストーンの中でも 最高品質の原石を選んでいます。 2つだけVSでしたが、残りはすべてIF、 ルーペで見たら目が浄化されそうなほど(笑)美しい石です。 そして世界宝石協会のゴールド会員のマスターが デザイン、カットして仕上げた まさに最高品質のオレゴンサンストーン。 そして喜んで中央宝研さんに鑑別に出しました。 戻ってきた結果が・・・ 嘘だと言ってーーーーーっ なんでラブラドライトやねんっ なんでぜ〜んぶ、ラブラドライトやねんっ どう見たってサンストーンやんっ 緑っぽい子はサンストーンらしい光はほとんどナイけど 赤色は誰が見てもサンストーンやんっ 囧rz 号泣 たまにドヂを踏むオーナーですが こればっかりは間違いではナイはずです。 ありえへん・・・理解できへん・・・ それで中央宝研さんに電話して ウチの担当の鑑別士さんに聞いてみました。 なんでこれがラブラドライトなんですか??? 鑑別士さんは説明に悩んでいるようでした。 素人に説明するのもお忙しいのに大変やろな。 ^^; ぶっちゃけで言うと、 サンストーンという鉱物も宝石名もナイ ・・・というコトらしいです。 以前、こんな図を書いて貼っていましたが この時点ではオリゴクレースにサンストーンを入れていました。 インドのサンストーンがそうなんですよね、 オリゴクレースにヘマタイトがインクルージョン(含有)していて。 ところが、サンストーンと呼ばれる石の定義は 『アバンチュレッセンスを示す長石類の総称』 ・・・なんやそうです。 だから別名が 「アベンチュリン・フェルドスパー」 つまり、長石にヘマタイトや銅などがインクして キラキラ輝くアバンチュレッセンスをしているものが サンストーンと呼ばれる、らしいです。 そういえば、以前、 サンストーンのご紹介をした記事で サンストーンキャッツアイがあった〜って書いてましたが 試しに鑑別に出していたんです。 でもその結果の意味がよくわからなくて・・・ でもようやく、はっきりとわかりました。 めっちゃざっくりと「フェルスパー(長石)」(大笑) なんでサンストーンって書いてナイんやろ、 この子、サンストーンとちゃうんやろか?って ちょっとがっかりしてたんでスが。 どなたか「サンストーン」と 宝石名に書かれた鑑別書をお持ちでしたら ぜひぜひ見せてください。 ^^ 中央宝研の鑑別士さんは 「これは普通サンストーンと呼ばれるお石ですよ」 そういってくれました。 そして、 「普通は原産地は書かないし、わからないものですが・・・」 「これらは多分、オレゴン産に間違いないでしょうね」 えええっ? なぜっ? なぜわかるんですかっ? 「インクルージョンが薄い板状の銅なんです。 サンストーンは俗名なんですね。 というコトは、 図がこんな風に書き換わります。 この美しい子たちは 間違いなくオレゴンサンストーンやった・・・(嬉涙) でも決して「サンストーン」と書かれることはナイんです。 ラブラドライトなんですね。 このカッティングはコンケイヴカットと呼ばれるそうです。 普通は機械に石をはめて、角度を調整しながらカットしますが このカットは手で直に機械に擦りつけて 勘だけを頼りに彫り込むらしいです。 よほど腕の立つマスターでないと美しいコンケイヴはできないとか。 「これは最高級の宝石だよ、ハナ」 いや、1ctに50万もつけるつもりはナイです。 仕入れ値で忠実に計算します^^ 黄金の、女神さまの瞳みたいな子もいます。 これはコンケイヴ・ロムボイド・リーフカットと (波打つように凹んだ平行四辺形の葉) オーナーは言うてはりました。 うん、金色の葉っぱにも見える。 これでリング作ったら見事やろうなぁ。 ペンダントでも十分できる大きさ。 銅の煌めきはほとんどなくても このままで、まさにお日さまの黄金色。 考えてみれば金色や緑、青、茶、オレンジ、ピンク・・・ 確かにラブラドライトの色! 赤色は銅の影響かもしれないけど 角度でも色が変わる、 透明の、最高のラブラドライトなんだ・・・ もちろんオレゴンサンストーンでも たまにオリゴクレースなどの 他の長石の場合もあるそうです。 でもほとんどはラブラドライトなのだとか。 しかし素晴らしいカットですね マスターカットのルースが高価なのがわかります。 完璧、かつ、気品がある これはカスタム・スーパー・ラディエント・クラウン・オクタゴン、 まぁ、カスタムスーパーはいらないんでしょうが 「晴れた日の王冠のような八角形」 サンストーンの名にふさわしいカット名ですね。 マスターのデザインカット名なんでしょうか。 これはコントラ・ステップドカット、だそうです。 今回は花も嬉しいほど良いお勉強ができて 思わず長いブログになってまいました。 はい、いつものコトですが。 (笑) ところで以前ご紹介した、 お店の非売品コーナーにもある、この子。 ラティスサンストーンは 鑑別に出したら何て出るのかな? 試してみたい。 (わくわく) まだお店に出すまでお時間はかかりますが スペクトロライトとは違った、 世界でもっとも美しいラブラドライト、 オレゴンサンストーンを またよければご覧になってくださいね。 追伸: オーナーからの伝言です。 最近、オレゴンサンストーンの偽物が出回っているそうです。 ご注意ください。 特にビーズはありえないそうです。 もし作っても8mm玉くらいでお安くて1粒10万円以上。 そんなビーズ、買いますか?^^; 偽物を作るとしたら・・・ガラスかな・・・いや、 よく似たタイプの薄い色のサンストーンが 1番お安く、偽物にできるかも。 オレゴンサンストーンは色が薄いのではなくて、 銅がものすごく細かく、『角度によって』透明に見えるんです。 サンストーンという鑑別書は取れませんが、 せめてラブラドライトをお求めくださいね。 ご購入されたオレゴンサンストーンは赤色とのこと。 そうですね、緑系のはさらに希少ですので さすがにこれでビーズとかがあったら驚きます。 ^^; オレゴンサンストーンというくらいで オレゴンでしか産出されない石です。 ですから量も限られているワケで、 今は確か閉山していると・・・ まず、本物はほんの一部を除いて ラブラドライトだということは 中央宝研さんから伺いました。 ですから角度によって色が変わるハズです。 赤い子を角度で写真を撮ってみました。 このように赤からほぼ無色まで色が変わります。 そして赤い銅のインクルージョンですが この画像は拡大してますのでなんとか見えますが 実際はこの子の直径は約8mm。 ルーペでないとほぼ見えません。 肉眼では見えないほど細かいインクルージョンです。 そして透明、もしくは透明に近い赤色に 赤い銅のインクルージョンがあるだけではナイんです。 この画像のように、赤い石に白銀のような 細かいインクルージョンがあるんです。 そして下部の鏡に映っている部分では 緑色に見えたりもします。 透明っぽく見える部分もありますよね。 このインクルージョンも当然、 肉眼ではほぼ見えないほどの大きさです。 以下の光の透過写真がわかりやすいかと思います。 このインクルージョンの1枚1枚が薄い板状をしているそうです。 むしろ透明に赤いインクルージョンよりも こちらが多いと思います。 先ほどのラウンド型のルースでも こうして白銀のインクルージョンの方が たくさんありますから・・・ 全部が一概にそうだとは言えませんが 目で見てわかるほどのインクルージョンは どうかなぁ?と思います。 まずは色んな角度でご覧ください。 どこから見ても同じ色であれば 偽物の可能性が高いです。 非常に少ないオリゴクレースであれば オレゴンで産出していればオレゴンサンストーンなんですが。 1ct(カラット)は0. 2gです。 5ctで1g。 ビーズの大きさによっても変わってきますが どんなに質の低い石を使ったとしても 1gでまず10万円以下は考えられません・・・ よろしければクリックしてやってください パワーストーンが大好きで検索していてたどりつきました。 石のお話しがいっぱい詳しくて思わず朝までずっと読んでしまってから毎回楽しみにしています。 ところで去年のクリスマスのころにオレゴンサンストーンのブリオレットビーズを買ったんです。 1万5000円くらいしましたが憧れのオレゴンサンストーンが欲しくて、とってもきれいだったので思い切って買いました。 でも花さんのこのブログを読んで不安になってきて。 偽物と本物の見分け方ってありますか?鑑別してもらってもサンストーンってわからないんですよね? 思わず教えていただきたくて初めてコメントしてしまいました。 突然あつかましい質問をしてすみません。 できたら教えてください。 私のオレゴンサンストーンブリオレットは透明に近い薄い赤色で中に赤いキラキラがいっぱい入っています。 よろしくお願いします。 pomeさんへ コメント、ご質問をありがとうございます。 気が付かなくて、お返事がこんなに遅くなってごめんなさい! 先ほど、上の記事に追記として記載しておきました。 お役に立てたら良いのですが・・・ 大丈夫、本物ですよ、ってお伝えしたいんですが花も素人同然ですし。 わかることだけ書かせていただきました。 でもpomeさんにショックなことばかり書いてしまったかもしれません。 本当にごめんなさい。 オレゴンストーンに憧れて、お高くても欲しくて購入されて。 それを裏切られるって悲しいですモンね。 花も昔、経験があるからその辛さがわかります。 でも売ってる人も本物と信じて販売されているのかもしれないですよ。 どこでどのように偽物が入るのか、それはわかりません。 そのビーズが綺麗で、pomeさんを癒してくれているのなら その子はpomeさんにとってオレゴンサンストーンやないでしょうか。 事実よりも何よりも大切かな・・・ お返事をありがとうございました! とってもたくさんの写真で詳しい説明まで書いてくださって、私でもとてもよくわかることができました。 こんなにまでしてくださって驚いています。 あちこちから見てみたんですけど、どこから見ても同じ透明っぽい赤色で、赤いキラキラもはっきり目に見える大きさですし、多分違うんだろうなって諦めがつきました。 ショックなのは確かですが優しいお返事を読んでいてすごくなぐさめて頂けました。 急にあつかましく質問したのに丁寧に答えて頂けて質問して良かったって思えました。 オレゴンサンストーンでなくてもこのブリオレットが大切なのは変わりません。 本当にありがとうございました。 これからもブログを楽しみにしています! Category• Archive• Latest Entry•

次の

オレゴンサンストーン

オレゴン サン ストーン

正式にはヘリオライトと言い、ギリシア語で 太陽の石を意味し、和名は日長石です。 長石という天然石に属し、オレンジ色や黄色の キラキラした輝きを放つ石であることから、 ムーンストーン 和名は月長石 と相対する石として この名前がつけられました。 産地によっては色彩が変わるのも特徴です。 そして、太陽は昔から今も変わらず、恵みをもたらしてくれる大いなる力であり、 サンストーンは太陽がもつパワーのように、輝きからマイナスなエネルギーを浄化し、 生命力や勝利などのポジティブなパワーを起こしてくれる効果と積極性や行動力を高め、 前へと突き動かす力をサポートしてくれます。 前向きなプラスエネルギーを増強し、マイナスな気を除去してくれるので、 生きる希望と幸福感を与え、心に余裕をつくってくれるでしょう。 更に就職活動や仕事での商談のお守りとして、 スポーツの試合や試験、受験のお守りとしてもお勧めです。 この石のエネルギーの効果は強いので、水晶やムーンストーンなど 他の石と一緒に持つ事で、エネルギーを適度に抑制し、バランスを取ると良いでしょう。 サンストーンを購入した方の感想や口コミを集めてみました! >>>以前からムーンストーンが好きでよく身につけたり、 机の上に飾ったりしているのですが、最近ストーンショップに行った際に なぜか「サンストーン」がどうしても気になり、購入してしまいました。 「ムーンストーン」と「サンストーン」。 言葉の響きでは全く逆の石のような感じですが、相性的に一緒に並べておくことは平気ですか? また、サンストーンとムーンストーンは効果も全く正反対なのでしょうか? どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。 >>>そうですね。 サンストーンとムーンストーン。。 日長石と月長石。。 確かに全く逆の感じを受けますよね。 ムーンストーンは月長石ですが、サンストーンは、ラブラドライトと同じ仲間に分類されます。 効果については、 サンストーンは、隠れた才能を引き出す、仕事の成功、地位の向上等です。 ムーンストーンは、恋人との結びつきを深める、優しく穏やかな性格になる、 感性や情緒を豊かにする等です。 意味が全く逆と言う事ではなく、働きかける所が違うと言う事です。 アメトリンやアズマラカイトのように、鉱物的には相性がいいようです。 パワーの面でも、一緒に置けば互いの力を補い合うような雰囲気を感じます。 逆にムーンストーンはよく『復縁』の効果があると聞くので、 正反対の意味を持つ石なのかなぁ…と考えてしまったのです。 ついでといっては何なのですが、サンストーンには恋愛に関する効果も期待できるのでしょうか? >>>チャンスに強い石ですから、ライバルがいるのなら作用はあるかもしれません。

次の

色石:オレゴン・サン・ストーン ~ 燃える夕焼け

オレゴン サン ストーン

宝石百科事典• 宝石百科事典• GemKids• GemKids• 分析とグレーディング• 分析とグレーディング• サービス• サービス• プログラム&コース• プログラム&コース• プログラム• プログラム• オンライン コース• オンライン コース• ラボ クラス• ラボ クラス• 学習する場所• 学習する場所• 世界各地にあるキャンパスの場所• 世界各地にあるキャンパスの場所• 職能開発• 職能開発• セミナー• セミナー• ワークショップ• ワークショップ• キャリア サポート• キャリア サポート• 同窓会• 同窓会• リサーチ&ニュース• リサーチ&ニュース• GIAについて• GIAについて• 優美な彫刻がオレゴン産日長石の、輝き反射する銅内包物、その強烈な色、多色性を表しています。 — Robert Weldon(ロバート・ウェルドン)、提供:Oregon Sunstone(オレゴンサンストーン) 宝石愛好家と革新的なジュエリーデザイナーは、多くの場合、あまり知られいない、それでも魅力的でユニークな、宝石の微妙な美しさを追求します。 それらのいくつかは、長石グループのメンバーです。 珍しい宝石の長石グループの多種多様には、ムーンストーン、非驚異的な正長石、驚異的かつ非驚異なラブラドライト、サンストーンおよびアマゾナイトが含まれています。 サンストーンとムーンストーンは両方の長石グループのメンバーですが、類似性はありません。 クールムーンストーンの驚異的な品種は柔らかく優しい青みがかった乳白色の光沢のある輝きを提供するなか、暖かいサンストーンの驚異的な品種は、アベンチュレッセンスと呼ばれるはっきりとした活発なきらめきを示しています。 アベンチュレッセンスは時々、サンストーン愛好家による「シラー」と呼ばれる平らな、反射インクルージョンに起因するキラキラしたメタリックに見える光沢です。 銅の内包物により、ポンデローサ鉱山産のオレゴン日長石にシラー効果が生じます。 , Inc. (デザートサン鉱業・宝石社)長石グループは、多くのメンバーを持っています。 いくつかは、宝石の使用に適していますが、全てではありません。 長石グループのメンバーは化学組成が多少異なり、それらの変化は、外観において大きく異なる様々な宝石を生成します。 長石家系図には2つの主な分岐があります(カリウムが含まれている長石、およびカルシウムおよびナトリウムの混合物を含む長石)。 長石の二つの種には、カリウムが含まれています。 これらはムーンストーンおよび正長石サンストーンの品種の宝石を含む正長石と、宝石の様々なアマゾナイトが含まれている微斜長石があります。 正長石長石の非驚異的な形式は、まれに宝石内に表示されます。 時々ファセットされ、その色合いは通常透明で黄色です。 斜長石長石にはカルシウムとナトリウムの混合物が含まれており、これらは僅かに異なる組成を有します。 この長石家族の中の宝石の種にラブラドライトとオリゴクレースがあります。 未加工のオレゴン産日長石が、広範囲の明暗の色調を示しています。 , Inc. (デザートサン鉱業・宝石社)「サンストーン」の名称を有さないすべての長石は、長石家族の同じ側からであり、正長石と斜長石種の両方は多様なサンストーン長石を誇っています。 サンストーンの名称は宝石の外観ではなく、むしろその化学的構成を指します。 多くのサンストーンの種類があります。 アベンチュレッセンスが存在する場合、宝石学者はそれをアベンチュリン長石と呼びます。 インド産のアベンチュリン長石は赤褐色のボディーカラーと日当たりの良い輝きを持っています。 それは、おそらく最もよく知られたサンストーンの種類ですが、その状況は変化してきました。 このオレゴン産日長石(直径約2cm)は、いくつかのファセットにマット加工が施され、銅のインクルージョンが引き出されています。 — Maha Tannous(マハ・タノウス)、提供:Klaus Schafer(クラウス・シェーファー)ほとんどのサンストーンは黄色、オレンジ色、または茶色のボディカラーを持っていますが、すべてのサンストーンがアベンチュレッセンスではありません。 現象の出現は、インクルージョンの大きさに依存します。 小さなインクルージョンは、いかなるボディカラーの上に赤みを帯びた、または黄金の光沢を作成します。 大きなインクルージョンは、魅力的でキラキラな反射を作成します。 サンストーンインクルージョンはヘマタイト、銅、または他の鉱物であってもよいです。

次の