卵のカロリー。 卵の状態でカロリーは変わる?それぞれのカロリーと糖質量を徹底解説

卵1個分の卵黄・卵白のカロリーと栄養|片方だけしか食べないのはもったいない!

卵のカロリー

ゆで卵のカロリーは、1個60gあたり91kcal。 ゆで卵はノンカロリーの塩を振りかけて食べる分には、とカロリー差はないが、醤油やマヨネーズを付けると茹でたまごのカロリーは高くなる。 固ゆで卵、など、ゆでたまごは茹で時間によってや卵白の固さを変えることが可能。 白身や黄身の硬さが違っても、ゆで卵のカロリーは変わらない。 【ゆで卵の栄養(100g)】 ・糖質(0. 3グラム) ・食物繊維(0グラム) ・たんぱく質(12. 9グラム) ゆで卵をスライスしてサンドイッチの具に使う、細かく刻むかフォークで潰したゆで卵をや塩こしょうで味をつけるタマゴサラダ、半分にカットして蕎麦やラーメンにトッピングするなど幅広いレシピで大活躍するゆで卵は、カロリー計算しやすい食べ物。 調理法も簡単で冷蔵庫に保管すれば日持ちする。 コンビニ等で販売されている、塩味付きの殻付きゆで卵は定番人気。 ビタミンD ビタミンD活性代謝物を含む。 ビタミンD活性代謝物を含まない場合0.

次の

卵のカロリーは?

卵のカロリー

卵は1個60g(可食部51g)あたり、カロリーは「約77kcal」です。 非常に低カロリーな食品なので、卵料理は比較的カロリーが低くなっています。 卵焼き1人前あたり 67. 5g のカロリーは「約136kcal」と、調味料や油を使用しているので、生卵と比べるとカロリーが高くなっていますが、全食品で見ると低カロリーに分類されます。 卵焼き以外の卵料理のカロリー 1人前あたり• ゆで卵:約77kcal• 目玉焼き:約195kcal• スクランブルエッグ:約115kcal• ポーチドエッグ:約164kcal• オムレツ:約181kcal このように、他の卵料理と比較してみても、卵焼きのカロリーは比較的低いと言うことができます。 ただし、調味料や油の量が増えれば増えるほど、この数値よりも高くなってしまうということは頭に入れておくようにしましょう。 卵焼きの糖質量は? 卵焼き1人前あたり 67. 5g の糖質は「約1. 9g」と低糖質です。 卵焼き以外の卵料理の糖質量 1人前あたり• ゆで卵:約0. 目玉焼き:約0. スクランブルエッグ:約0. ポーチドエッグ:約0. オムレツ:約1. 5g 卵1個に含まれている糖質量は「約0. 2g」程度です。 調味料を使わないゆで卵や目玉焼きなどは非常に糖質量が低くなっていますが、卵焼きは砂糖・醤油など調味料を使うことが多く、糖質量は高めです。 しかし、炭水化物のご飯やパンと比べれば非常に低い値と言えます。 糖質制限ダイエットを行っている場合はご飯などの炭水化物の量を減らして、卵焼きに置き換えると効果的です。 卵焼きのカロリー以外のダイエット効果 たんぱく質が豊富 卵焼きには、「たんぱく質」が豊富に含まれています。 このたんぱく質には、体の筋肉が生成されるのを助けてくれる働きがあり、たんぱく質によって良質な筋肉が作られることによって、体の代謝が高まり、1日の消費カロリーを高くすることができます。 アミノ酸が脂肪を燃焼してくれる 卵焼きには、「アミノ酸」が豊富に含まれています。 このアミノ酸には、体に蓄積された脂肪を燃焼してくれる働きがあり、一度体に蓄積されてしまうとなかなか取ることができない脂肪を、アミノ酸を摂取することで、効率良く排出することができるので、オススメの成分です。 PYYが食欲を抑えてくれる 卵焼きには、「PYY」という成分が豊富に含まれています。 普段あまり聞き慣れないPYYですが、食欲を抑えてくれる働きがあり、ダイエットに効果的な成分なのです。 PYYを摂取すると、食欲が抑えられるので、食事の量を減らせ、1日の摂取カロリーをカットすることができ、痩せることができると言われています。 卵焼きの注意点・デメリット 調味料の量に注意 卵焼きを作る際に、醤油や砂糖などの調味料を使用すると思います。 この醤油や砂糖にもカロリーが含まれており、入れ過ぎてしまうと、一気にカロリーオーバーしてしまい、太る原因になります。 また、卵を焼く際に油を使用しますが、この油も高カロリーなので、油の量を少なくするなどの工夫をすると、太りにくくすることができます。 だし巻き卵や厚焼き玉子に注意 卵焼きと似ている料理であるだし巻き卵と厚焼き玉子はカロリーが高くなってしまうので、注意しましょう。 特に厚焼き玉子は使用する調味料の量が多く、一気にカロリーが上がります。 ダイエット中は、中に入れる具や調味料、油のカロリーも考慮して食べることができると良いでしょう。 コレステロールに注意 卵にはコレステロールが多く含まれているため食べ過ぎると血流が悪くなり、代謝率が低下してしまいます。 ダイエットに悪影響を及ぼすだけではなく、動脈硬化など深刻な病気になることもあるので注意が必要です。 一方で、卵はコレステロールを除去するレシチンを含んでもいるので、一般的な量であればそれほど問題はありません。 トマトを入れる 卵焼きのダイエット効果を高めるには、卵焼きにトマトを入れる方法をオススメします。 トマトには、「リコピン」という成分が豊富に含まれており、血流を良くしてくれる働きがあり、代謝を高めてくれるので、1日の消費カロリーをカットできるのです。 卵焼きのダイエット効果と、トマトのダイエット効果が相まって、さらに高いダイエット効果を期待することができる上に、トマトの酸味が加わり、大変美味しいレシピなのでオススメです。 卵白卵焼きがおすすめ! 卵焼きのダイエット効果を高めるアレンジレシピとして、卵白だけで作る卵焼きをオススメします。 全卵1個が77kcalに対して、同量(51g)の卵白は24kcalになっています。 約3分の1カロリーをカットしながら、卵白に含まれる豊富な栄養素を摂取できます。 また、甘めのおやつ卵焼きを間食に食べるのも、カロリーを抑えることができるテクニックなので、オススメです。 低カロリー・低糖質な卵焼きでも食べ方次第では太る!.

次の

卵のカロリーは低いが太る?ダイエット中の食べ方とは

卵のカロリー

卵のカロリーは1個あたり91kcal。 卵黄の大きさ(グラム数)は、ほぼ変わらないが、サイズが大きいほど卵白の量が多くなるため、卵は大きさによって若干カロリーが異なる。 と卵白を分けて調理できる卵のカロリーは、レシピ・調理法などで大きく変動する。 殻ごとお湯に入れ加熱し調味料を加えない・半熟卵・温泉卵といったレシピの場合、生たまご一個のカロリーと変わらない。 ・スクランブルエッグ等のように、食用油で調理する卵レシピのカロリーは高くなる。 【卵の栄養(100g)】 ・糖質(0. 3グラム) ・食物繊維(0グラム) ・たんぱく質(12. 3グラム) ビオチン・ビタミンB2・ビタミンB12・セレン等の栄養素が卵には多く含まれ、糖質の量は極わずか。 【卵の調理例】 卵焼き・煮玉子・卵とじ・丼・たまごスープ・玉子のサンドイッチ・茶碗蒸し・生卵を食すタマゴかけご飯 弾力のある黄身や白身が良品の卵を見分けるポイント。 サイズが小さい・希少な・あひるのたまごなど、多々ある卵の中でも鶏卵は使用頻度が高いポピュラーなタマゴ。 冷凍液全卵を含む。 廃棄率 付着卵白を含む卵殻。 ビタミンD ビタミンD活性代謝物を含む。 ビタミンD活性代謝物を含まない場合0. 幅ひろいレシピに活用できる人気食材の卵は、ビタミンB12・ビタミンB12・ビタミンDも豊富。 どちらも体内で作成できる脂肪酸ではないので、食物から程よく摂取していきたいところです。 自分お勧めとしては、大豆油です。

次の