ご教示いただけますでしょうか 英語。 「ご教示」の意味と使い方!例文や類語「ご教授」との違いも解説

「教えていただけないでしょうか」の敬語表現・使い方と例文

ご教示いただけますでしょうか 英語

「ご教示」や「ご教授」以外にも、「教えてください」という意味をもつ表現は他にもあります。 全て「教える」というニュアンスがあり、その使い分けも何となくという感覚に頼りがちです。 ここで、それ以外の表現と簡単な例文を紹介します。 ・「指導」:わからないことや方法を教える 例)このファイルの保存方法をご指導ください。 ・「指南」:武術や芸能を教える 例)舞踊を指南する。 少し意味は違いますが、音が似ている表現も併せてみてみましょう。 ・「享受」:用意され与えられたものを、受け入れて味わい楽しむこと 例)自由を享受する。 他の表現と違い、「享受する」は相手からではなく第三者である誰かが用意したものを自分が受け取る際に使うので、「教授する」とは全く違う意味です。 ビジネスシーンでよくある間違いのひとつ、誤変換に注意しましょう。 このように、同じような意味でありながら、細かく使い分けが必要な表現がたくさんあります。 「ご教示」の意味と使い方を通して、書き言葉・話し言葉の違いや、よく似た表現をご紹介しました。 この違いがわかると、英語での「教える」の使い分けもしやすくなります。 「ご教示」は「tell」、「ご教示」は「teach」です。 社内でも英語を目にしたり耳にする頻度が上がってきている今だからこそ、こういうタイミングにまとめて覚えてしまうのもビジネスマンとしての業務効率化に繋がるのではないでしょうか。 敬語やビジネスマナーで一番気をつけなければならないのは、「誰かがやっていたからといって意味を知らずに真似をする」ことです。 言語は変化するものだと言われていますが、ビジネスメールで使うような書き言葉は話し言葉と違って、その使い方が崩れるケースはほとんどありません。 正しい日本語を理解しているであろう目上の人に対して使う敬語表現だからこそ、誤った表現が相手に不快な思いをさせたり、失礼になったりする可能性があるのです。 まず、よく使う表現から、その意味と使い方を見直してみましょう。

次の

「教えていただけないでしょうか」に関連した英語例文の一覧と使い方

ご教示いただけますでしょうか 英語

もう1点は、「道義的な責任」というのが非常に抽象的でよく分から ないのですけれども、法律的には問題が ないとおっしゃっておられるのだけれども、大臣、長官としての道義的な責任というのは、つまり、法律上の違反は見つかってい ないけれども、どうも免許を与えるのに甘さがあって、グレーなところがあるというご指摘ということですか。 それとも、大臣として免許を出したら、破綻した場合にはやはり道義的な責任はあるのだということをおっしゃっているのですか。 それとも、顧問という形で、いわば非常に近い立場の人に免許を出したことに問題があると考えておられるの でしょうか。 あるいは、それ以外の何か、「道義的」とおっしゃるのはどういう意味なのか、もう少し 教えていただけないでしょうか、大臣。 about the "," and grasp. you , are you the that , you something the? you a a , its? you have that the was who was , ,? that "" —? - 金融庁 証券優遇税制の関連で追加したいのですが、今のところ、幹事長が出されたものと、自民党の合同部会が出したもの、更に、日証協(日本証券業協会)が表面化させたもの、の3案が主なところではオープンになっていると思うのですが、それらはいずれをみても、既存の、金融庁が去年まとめたような形のものに更に上乗せしたり、年齢で分けたりと、税制としては非常に複雑なものにならざるを得 ないと思うのですが、税制の簡素化であったり、あるいは、そもそも「貯蓄から投資へ」ということを考えると、景気対策で証券優遇(税制)を考えるべきでは ないという考え方もあると思うのですが、金融庁としてどういう方向を目指されていくのか、どういう方向で案を出すよう指示されるのか、もう少し 教えていただけないでしょうか。 you about for investment. , that : one from , one from the 's and one from the Association. them would the , the into groups. that the "from ," measure. more about the? - 金融庁 例文 あと、もう1点なのですけれども、たしか6月に「新成長戦略」を発表になられて、今回何か景気対策の中で、それを集中的にやる会議を設けるみたいなお話が出ていたと思うのですけれども、6月に出されてから今まで新成長戦略というのは、どうなっていたのかがよく分から ないのですけれども、一回大臣にお聞きしたら、金融のところは金融庁でしっかりやりますというお話だったのですけれども、金融庁のみならず他省庁も含めて、一体数か月どうなっていたのか分から ないのですけれども、それを 教えていただけないでしょうか、改めて。 — you the , , and you a some a measures. , , how this since was June. When I you about , that the would - , the other months. about? - 金融庁.

次の

『ご教示いただけますと幸いです』は英文メールで何て書く?

ご教示いただけますでしょうか 英語

敬語は使い方が難しく、社会人になってもいまいち使い方に自信がないという方も多いでしょう。 その中でも相手に「教えを乞う」場合の敬語は何を使ったら良いのか迷うものです。 「ご教示」なのか「ご教授」なのか、いまいちはっきりしませんよね。 そこで今回は「教えて下さい」を意味する敬語にまつわるお話をまとめていきます。 社会人生活を送るうえでの参考になれば幸いです。 教えてくださいの丁寧な伝え方とは まず単純に「教えて下さい」をより丁寧に伝えるとどうなるのかを考えてみましょう。 特別難しい敬語を使わずに、「教えて下さい」を丁寧に言い表すには「お教え頂けませんか?」などがおすすめです。 これならば言い回しが複雑になったり、難しい敬語が登場したりといったことがなく、丁寧さが伝わりますよね。 また、「ご指導いただけませんか」という言い回しも便利です。 教える=指導するととらえて、多少の言い換えを含んでいますが十分に丁寧な雰囲気が伝わります。 このように単に「教えて下さい」と言うよりも、「頂く」「指導」といった言葉を含ませることでより丁寧かつスマートな印象を与えることができますから、ビジネスシーンなどで活用してみてくださいね。 その他にもよりシンプルに「お教えください」や、「ご意見をお聞かせいただけますか」という少し遠まわしな言い方、上品さがある「教えていただけますでしょうか」などもビジネスシーンに適しています。 どれを使っても間違いということはありませんから、まずは積極的に使って丁寧な言い方を習慣づけましょう。 教えてくださいの言い換えもさまざま 「教えて下さい」をできるだけ簡単かつ丁寧に言い換えたものを紹介しましたが、より敬語らしい言い換えもあります。 それは「ご教示」「ご教授」の二つです。 社会人であればこの二つは、社内のメールなどでもよく目にすることでしょう。 発音もよく似ている上に、「教」という字が入っていることから他人に教えを乞う場合の丁寧な言い方であることはわかりますよね。 しかしこの2つには微妙なニュアンスの違いが含まれているのです。 ・「ご教示ください」 「ご教示ください」は、「教えて下さい」のより丁寧でかしこまったものと考えて良いでしょう。 教示=教え示すという単語が現すとおり、 単純かつ明示的に何かを教えて欲しいときに使う敬語です。 教えてほしい内容が特に専門的でなく、長期間つきっきりでノウハウを伝授されるようなものでなければ、「ご教示ください」が正しい使い方となります。 ・「ご教授ください」 「ご教授ください」は、 専門的な知識やノウハウなどをある程度の期間継続的に教えてほしい時に使います。 いわゆる「伝授してほしい」という言葉にニュアンスが似ていると考えれば良いでしょう。 よく使われるのが楽器やスポーツなどの習い事に関することです。 「ピアノの基礎をご教授頂けませんか」というように、長期間の鍛錬・訓練が必要な楽器やスポーツの分野では、日常的に「ご教授」が使われています。 「ご教示」とは明確な違いがありますので、注意してください。 いかがでしょうか。 この2つの敬語はニュアンスの違いをしっかりとおさえておきましょう。 例えば、会社の先輩や上司に顧客の一覧を見せてほしいと頼むときは「ご教示ください」が、特定の顧客についてのより細かな情報や営業ノウハウ、接客のコツなどを教えてほしい時は「ご教授ください」が適していると言えます。 ビジネスシーンでは、つきっきりで誰かに教育されるという機会があまりないでしょうから、一般的には「ご教示」を使う機会が多いかもしれません。 しかし短い時間であっても、一つの事柄に対して頻繁に質問する機会があるようであれば、「引き続きご教授願います」としたほうが無難です。 状況に応じてしっかり使い分けていきたいところですね。 教えてあげたい!と思ってもらうように言葉遣いを実践しよう ここまで「教えて下さい」という意味の敬語を紹介してきましたが、どの敬語を使うにしろ普段からの心がけが大切なことに変わりはありません。 教えて欲しい段階になって急に敬語を使い始めても、相手は「こんな時だけ敬語か」と気を悪くする可能性があります。 常日頃から、先輩や上司、顧客には丁寧な言葉づかいを心がけ、印象を良くしておきましょう。 人間関係も円滑になりますし、仕事もスムーズに進む可能性が高くなります。 また、社会人になってから他人にものを教わるというのは、わざわざ相手にコストを支払ってもらうことと同義です。 社会人として大切な「コスト意識」があれば、時間や労力の貴重さが実感でき、物を教わることの重さが理解できるでしょう。 そうなれば自然と物腰も丁寧になり、いざというときの敬語に重みが出てくるのです。 上司や先輩、顧客に「この人には教えてあげたい」「教えたらメリットがあるだろう」と感じてもらえるように、丁寧かつ好印象であることを心がけてみてくださいね。

次の