ドラパルト たつじんのおび。 【剣盾】【評価】特殊ドラパルト使ってみたらなんか印象違うんだがw

ドラパルト/対戦

ドラパルト たつじんのおび

はじめに 初めまして。 メタリス と申します。 今回はシーズン6最終17位を達成した構築を紹介させていただきます! 構築経緯 まず初めに、ソードシールドでのダブルバトルが始まって以降常に環境トップに君臨する ドラパルトとトゲキッスの両者に対して技の通りが良く、 ダイマックスを切らずとも戦える点に可能性を感じ、 キリキザンから構築作りをスタートすることにした。 キリキザンの横に並べるのは、 火力補助と素早さ補助の両方が出来るポケモンが望ましい。 ここで候補に上がるのが、ドラパルトやリザードン キョダイゴクエンで間接的に火力補助を行える 、ウォーグルなどである。 その中から僕は、バンドリドラパキッス と対戦するにあたってこの4体の中でキリキザンが唯一苦手とするドリュウズに強い、 ヨロギのみを持ったリザードンを採用することにした。 次に、ダイマックス技の性質上リザードンは基本的に先発で投げるため、 後発として安定感のある並びを探した。 そこでヒットしたのが化けの皮による行動保証を持つ ミミッキュと、高耐久かつメインウエポンでの回復を見込める ローブシンだった。 これで基本選出が決まった。 残りの枠は、ここまでで厳しいラプラスやアシレーヌ、リザードンに強い非ダイマックスポケモンとして 広角レンズパッチラゴンを、追い風+ウオノラゴンに弱かったので相手の追い風を実質無効化できる 追い風エルフーンを採用し、構築の完成とした。 元々リザードンは火力不足気味なため、Cを削って耐久に振るようなことは行われてこなかったが、 命の珠を持たせない場合は結局火力不足になるので、 周りのポケモンとゴクエンでダメージを稼ぐべきだと考えこの調整での採用に至った。 素早さはウインディの上を取りたいので一応最速にしたが、少し削ってCに回すのもいいと思う。 りゅうのはどうは構築全体として重めなパッチラゴンへの打点として採用した。 ちなみにダイドラグーンで無振りパッチラゴン確定2発、A-1珠ダイサンダーを確定耐えする。 ナットレイ対策として後発において非ダイマ状態で動かすこともあった。 技構成はこの四つで確定。 アイアンヘッドは環境に多いフェアリータイプへの有効打点として優秀。 ちなみに命の珠を持たせないとH244トゲキッスを落とせない ふいうちは非ダイマドラパルトをワンパンでき、ゴクエンとも相性がよい。 ダメおしはリザードンのねっぷうやダイジェットなどと合わせて大ダメージを狙える。 環境トップにいるドラパキッスに圧倒的に強く、何故使用率が低いのか分からない。 非ダイマポケモンとしてはトップレベルの性能だと思う。 〜諸注意〜 ・初手のドラパキッスは ジェットねっぷうでキザンを処理しようとしてくるので守りましょう。 ・初手のバンドリは ダイアース+いわなだれでDを上げながら二体を倒そうとしてくるので守りましょう。 ・不意打ちをHP満タンのドラパルトに打つのはやめましょう。 ・アイアンヘッドをHP満タンのバンギラスに打つのはやめましょう。 ・逆にサマヨキッスのキッスはこの指を打ってきます。 注意しましょう。 この素早さが活きることは多々あったためこの調整は間違いではないと思う。 最初から最後までこの技構成で使ったが、かみなりパンチの枠は他の技でも良さそうだった。 天敵のゴーストタイプやトゲキッスにはキリキザンが強く出れるので、そこまで動かしにくくはなかった。 ダイマックスバンギラスへの切り返し要員としても重宝した。 ゴーストダイブは余り必要性を感じなかった。 当てれば 鉢巻ちくでんパッチラゴンも同じような動きが出来るが、 ダイマを切った時の性能と守れる点を評価してはりきりこうかくレンズパッチラゴンを採用した。 まもるかてだすけかは選択だが、 ゴクエンと相性がよく、ねこだましでタスキが削られないことを評価してまもるにした。 サマヨールのナイトヘッドに対して不意打ちが通ることを念頭に入れて対戦した方がいいです。 さいごに このような全く新しい形の構築で結果を残せてとても嬉しいです。 この記事を公開する頃には鎧の孤島が配信されて全く別の環境になっているとは思いますが、少しでも読んでくださったみなさんの参考になれば幸いです。 レンタルチームID:0000 0000 BLM5 L0 パーティ作成者 メタリス S6ダブル最終17位• ダブルバトルメイン。 ウインディ、ウツロイドが好き。 ポケモンカードもプレイしており各地のチャンピオンズリーグに遠征しているが、毎回敗退しているため「旅行が趣味」という設定にしている。 <ゲーム部門> 全国大会 2017~2019出場 WCS2017 Day2出場 WCS2019 Day1出場 <カード部門> 2019シーズン:住所を登録し忘れてプレイヤーズセレモニーが届かない 関連する記事• 2020. 15 目次 1. はじめに2. 戦績2. 予選中の動き3. 構築経緯3. コンセプト4. 構成4. […][…]• 2020. 16 レンタルチームID: 0000 0000 KGVT JF 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 個 […][…]• 2020. 03 レンタルチームID: 0000 0001 KMXR GJ 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構 […][…]• 2020. 17 目次 1. はじめに2. 寄稿される方へ3. 上位リスト3. コウキ3. 2019. 01 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. 上位ラ […][…].

次の

【ポケモン剣盾】ジュナイパーの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ドラパルト たつじんのおび

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 起点作りに重点をおいた技構成 ドラパルトは技の選択肢が非常に豊富。 この型では、起点作りのための状態異常技と状態異常で火力が出せるようになるたたりめを採用している。 育成論と使い方 速さを活かして起点を作る ドラパルトの圧倒的な速さによって先制でやけどやまひを撒く起点としての役割を持っている。 様々な型があるドラパルトの中で 現在使用率を伸ばしている型となっている。 たたりめで火力も出せる 状態異常相手のたたりめは威力が130もありタイプ一致技でもあるため火力が高い。 また、 ゴースト半減のポケモンが環境に少ない点も優秀。 Cに努力値を振ればドラパルトの最大火力になる。 特性はすりぬけがおすすめ 特性の選択肢はクリアボディ以外の2つ。 すりぬけならみがわりを貫通してでんじはやおにびが当たる。 基本的にはすりぬけがおすすめだ。 のろわれボディであれば相手の行動を縛れる。 型や対策したいポケモンに合わせて自由に技を入れ替えよう。 育成論と使い方 AとSに252がおすすめ 最速にしない理由はほぼないのでS252。 火力もなるべく出したいのでAにも252振ろう。 余りをHに振ってしまうと偶数になり、定数ダメージを余分にうけてしまうので、BかDに回すといい。 特性はクリアボディかすりぬけ 特性はいかく対策のクリアボディか、壁対策のすりぬけがおすすめ。 環境に多い戦法を両方無効化できるのも、ドラパルトの強みの1つ。 ミミッキュはダイスチルで対処 物理運用だとはがねのつばさが使えるので、苦手な ミミッキュもダイスチルでばつぐんを狙える。 防御も上がり受けられる技の範囲も増える。 大文字や呪いもおすすめ 物理技ではないが、だいもんじやのろいを採用するのもおすすめだ。 だいもんじでアーマーガアやナットレイ、のろいでカバルドンやドヒドイデなどに対抗できる。 だいもんじを採用する場合は性格を無邪気にすると良い。 持ち物の選択肢が多い 耐久を補助するタスキ、スカーフ持ちポケモンに勝てるスカーフ、火力を高めるいのちのたま、ダイマックスと相性のいいじゃくてんほけんなど、 持ち物の選択肢は多め。 他に使うポケモンに合わせて技を選ぼう。 育成論と使い方 CとSに252がおすすめ 物理型と同様の理由で、CとSに252振り、余りはBかDに回そう。 調整次第では耐えられる攻撃は多いが、アタッカーで運用する場合は、なるべくCとSに振っておきたいところ。 特性は好みで すりぬけなら 身代わりやひかりのかべを無視して攻撃できる。 クリアボディならダイマックスわざなどの能力ダウンを防げる。 ミミッキュが辛い… ミミッキュとはタイプ相性が悪いうえに、ばけのかわがあるせいでタイマンだと絶望的。 対面してしまったときは、とんぼがえりでばけのかわを剥がしつつ交代させよう。 持ち物の選択肢は多い やはり持ち物の選択肢が多い。 行動保証になるタスキ、ダイマックスと相性のいいじゃくてんほけんのほか、スカーフ持ち対策のスカーフ、純粋な火力上げにメガネなどが挙げられる。 ほとんどの相手から先手を取れるため、壁貼り役としても優秀だ。 耐久力は高いとは言えないものの、早期退場できると考えればメリットにも捉えられる。 高い攻撃力で自衛もできる ドラパルトで壁を貼る利点は、 自身の攻撃性能も高い点。 有利対面では自ら倒しに行く動きができるため、相手としては厄介この上ない。 耐久調整も有効 壁さえ貼れれば良いと割り切るなら、素早さを削って耐久調整するのもおすすめだ。 スカーフサザンドラのあくのはどう、ドラパルトのドラゴンアロー、珠ミミッキュの剣の舞後のかげうちなどは調整すれば耐えられる。 選出段階と戦闘中に相手のドラパルトの型をある程度推測できれば、立ち回りがしやすくなる。 ダイマックス状態では慎重に行動 ドラパルトは最速100族抜きにSを調整して耐久に振っている型も多い。 HP満タンでダイマックスになると大抵の弱点攻撃は耐えてしまうため、弱点保険を発動+ダイジェットで手がつけられなくなる。 持ち物が全く分からない場合は、確定で倒せる保証が無い限り弱点を突くのはオススメしない。 ブラッキーが後出しで勝ちやすい ドラパルトの型次第になってしまうが、特殊・物理のどちらでも、後出しから持ち直すことが可能。 HB特化で特殊・物理を受け切ることができ、返しのイカサマで物理の場合は確1・特殊は高乱数で倒すことができる。 ブラッキーで対策なら弱保・命の珠は警戒 弱点保険を発動させなければ、ダイマ状態でも後出しで受けてあくびで流せる。 特殊型の珠ダイドラグーン りゅうせいぐん であっても、余裕は無いが後出しからあくびを入れることは可能。 オーロンゲもおすすめ オーロンゲはフェアリーなのでドラゴン技は完封できる。 さらに特性いたずらごころにより でんじはを先に撃つことができ、とんぼがえり前にまひにできる。 先制技のふいうちを覚える点も優秀で、ふいうち圏内に入れられれば相手を縛りやすい。 スカーフ持ちで上から攻撃する こだわりスカーフ持ちのポケモンで上から一撃で倒すのもおすすめの対策方法。 ただし、スカーフ持ちに上を取られないためのスカーフドラパルトも存在するので、過信は禁物だ。 相手のパーティから誰がスカーフを持っているかを予想しつつ動かそう。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

マルヤクデ育成論 : 対面最強!物理アタッカー マルヤクデ【たつじんのおび】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

ドラパルト たつじんのおび

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 起点作りに重点をおいた技構成 ドラパルトは技の選択肢が非常に豊富。 この型では、起点作りのための状態異常技と状態異常で火力が出せるようになるたたりめを採用している。 育成論と使い方 速さを活かして起点を作る ドラパルトの圧倒的な速さによって先制でやけどやまひを撒く起点としての役割を持っている。 様々な型があるドラパルトの中で 現在使用率を伸ばしている型となっている。 たたりめで火力も出せる 状態異常相手のたたりめは威力が130もありタイプ一致技でもあるため火力が高い。 また、 ゴースト半減のポケモンが環境に少ない点も優秀。 Cに努力値を振ればドラパルトの最大火力になる。 特性はすりぬけがおすすめ 特性の選択肢はクリアボディ以外の2つ。 すりぬけならみがわりを貫通してでんじはやおにびが当たる。 基本的にはすりぬけがおすすめだ。 のろわれボディであれば相手の行動を縛れる。 型や対策したいポケモンに合わせて自由に技を入れ替えよう。 育成論と使い方 AとSに252がおすすめ 最速にしない理由はほぼないのでS252。 火力もなるべく出したいのでAにも252振ろう。 余りをHに振ってしまうと偶数になり、定数ダメージを余分にうけてしまうので、BかDに回すといい。 特性はクリアボディかすりぬけ 特性はいかく対策のクリアボディか、壁対策のすりぬけがおすすめ。 環境に多い戦法を両方無効化できるのも、ドラパルトの強みの1つ。 ミミッキュはダイスチルで対処 物理運用だとはがねのつばさが使えるので、苦手な ミミッキュもダイスチルでばつぐんを狙える。 防御も上がり受けられる技の範囲も増える。 大文字や呪いもおすすめ 物理技ではないが、だいもんじやのろいを採用するのもおすすめだ。 だいもんじでアーマーガアやナットレイ、のろいでカバルドンやドヒドイデなどに対抗できる。 だいもんじを採用する場合は性格を無邪気にすると良い。 持ち物の選択肢が多い 耐久を補助するタスキ、スカーフ持ちポケモンに勝てるスカーフ、火力を高めるいのちのたま、ダイマックスと相性のいいじゃくてんほけんなど、 持ち物の選択肢は多め。 他に使うポケモンに合わせて技を選ぼう。 育成論と使い方 CとSに252がおすすめ 物理型と同様の理由で、CとSに252振り、余りはBかDに回そう。 調整次第では耐えられる攻撃は多いが、アタッカーで運用する場合は、なるべくCとSに振っておきたいところ。 特性は好みで すりぬけなら 身代わりやひかりのかべを無視して攻撃できる。 クリアボディならダイマックスわざなどの能力ダウンを防げる。 ミミッキュが辛い… ミミッキュとはタイプ相性が悪いうえに、ばけのかわがあるせいでタイマンだと絶望的。 対面してしまったときは、とんぼがえりでばけのかわを剥がしつつ交代させよう。 持ち物の選択肢は多い やはり持ち物の選択肢が多い。 行動保証になるタスキ、ダイマックスと相性のいいじゃくてんほけんのほか、スカーフ持ち対策のスカーフ、純粋な火力上げにメガネなどが挙げられる。 ほとんどの相手から先手を取れるため、壁貼り役としても優秀だ。 耐久力は高いとは言えないものの、早期退場できると考えればメリットにも捉えられる。 高い攻撃力で自衛もできる ドラパルトで壁を貼る利点は、 自身の攻撃性能も高い点。 有利対面では自ら倒しに行く動きができるため、相手としては厄介この上ない。 耐久調整も有効 壁さえ貼れれば良いと割り切るなら、素早さを削って耐久調整するのもおすすめだ。 スカーフサザンドラのあくのはどう、ドラパルトのドラゴンアロー、珠ミミッキュの剣の舞後のかげうちなどは調整すれば耐えられる。 選出段階と戦闘中に相手のドラパルトの型をある程度推測できれば、立ち回りがしやすくなる。 ダイマックス状態では慎重に行動 ドラパルトは最速100族抜きにSを調整して耐久に振っている型も多い。 HP満タンでダイマックスになると大抵の弱点攻撃は耐えてしまうため、弱点保険を発動+ダイジェットで手がつけられなくなる。 持ち物が全く分からない場合は、確定で倒せる保証が無い限り弱点を突くのはオススメしない。 ブラッキーが後出しで勝ちやすい ドラパルトの型次第になってしまうが、特殊・物理のどちらでも、後出しから持ち直すことが可能。 HB特化で特殊・物理を受け切ることができ、返しのイカサマで物理の場合は確1・特殊は高乱数で倒すことができる。 ブラッキーで対策なら弱保・命の珠は警戒 弱点保険を発動させなければ、ダイマ状態でも後出しで受けてあくびで流せる。 特殊型の珠ダイドラグーン りゅうせいぐん であっても、余裕は無いが後出しからあくびを入れることは可能。 オーロンゲもおすすめ オーロンゲはフェアリーなのでドラゴン技は完封できる。 さらに特性いたずらごころにより でんじはを先に撃つことができ、とんぼがえり前にまひにできる。 先制技のふいうちを覚える点も優秀で、ふいうち圏内に入れられれば相手を縛りやすい。 スカーフ持ちで上から攻撃する こだわりスカーフ持ちのポケモンで上から一撃で倒すのもおすすめの対策方法。 ただし、スカーフ持ちに上を取られないためのスカーフドラパルトも存在するので、過信は禁物だ。 相手のパーティから誰がスカーフを持っているかを予想しつつ動かそう。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の