スナップ エンドウ 下 処理。 スナックエンドウの食べ方おいしさはゆで方と下処理が決め手!

スナップエンドウの食べ過ぎはダメ?栄養や効能、気になる下処理の方法とは?

スナップ エンドウ 下 処理

作り方 1. スナックエンドウの筋を下処理したら、2分くらい塩茹でします。 2. スナックエンドウの水気を切ったら調味料と一緒に密封し漬け込んだら完成です。 スナックエンドウは加熱時間が長いと、 柔らかくなり過ぎます。 あまり柔らかすぎると食感が悪くなるので、 短時間で調理するのがポイントです。 2分程度を目安にサッと仕上げるように心がけましょう。 保存方法について 最後に、スナックエンドウの 保存方法についてご紹介します。 スナックエンドウの保存は基本は「 冷蔵」です。 数日で食べきれる場合は、 野菜室で保存をしましょう。 しかし、 スナックエンドウを数日で食べきれない時には、 「 冷凍保存」するのがおすすめです。 スナックエンドウを冷凍保存する場合は、 生のまま冷凍保存するのではなく、 軽く茹でてから保存します。 スナックエンドウは30秒ほど茹でて、 厚手のキッチンペーパーでしっかり水気を切りましょう。 水分が残っていると冷凍保存しても品質が劣化しやすく、 解凍した時にも水っぽくなってしまうので美味しくありません。

次の

春が旬!さやえんどうとスナップエンドウ、グリーンピースの違いと下処理方法&簡単レシピ

スナップ エンドウ 下 処理

しばらく使う予定の無い余ったスナップエンドウは冷凍保存するのがよいだろう。 その場合は一度お湯でゆでてから保存する。 たっぷりのお湯に塩を加え解凍後水っぽくならないように脱水効果を狙うとともに保存性も高める。 スナップエンドウを沸いた湯に入れて20秒ほど湯をくぐらせたらすぐにザルにあげる。 流水を使うと水っぽくなるため、水を使わずにうちわなどで仰いで粗熱をとり、キッチンペーパーで水をしっかりふき取ろう。 ここで水が残っていると解凍したときに水っぽくなるだけでなく、保存性も悪くなってしまう。 これはブンチングと呼ばれる工程で、野菜を冷凍するさいに一度7割方火をとおしておくことで、野菜についている微生物や酵素の活動を止めて保存性を高めることができるためだ。 あとはフリーザーバックなどにいれ空気を抜いて冷凍庫で保存する。 およそ一か月程度は保存することが可能だ。 電子レンジで下処理しても良い 一度湯通しして冷凍したスナップエンドウは生のまま冷凍したものと比べると、解凍後も比較的違和感なく使用できる。 さすがに解凍して手を加えずそのままで使おうと思うと、生のものよりも食感は劣ってしまうが、例えばマヨネーズなどにつけて食べればさほど気にならないだろう。 触感に違和感を持つという方は冷凍のまま煮物や炒め物に使うと良い。 ほとんど火は通っているので、どちらかというと加熱によって解凍するというイメージだ。 仕上げに彩りのために加えるだけでも料理の完成度がぐっとあがるだろう。 冷凍したスナップエンドウのメリットは手軽さにある。 すでにブランチングによって下処理が済んでいる状態のまま保存していることになるので、使いたい時、思い立った時にさっとフリーザーバックから取り出して料理に加えることが出来るのだ。 これが生だといちいち湯通しをしなければならないことになる。 手軽にスナップエンドウを取り入れるのであれば冷凍保存は意外と便利な選択肢なのだ。

次の

スナップエンドウの食べ過ぎはダメ?栄養や効能、気になる下処理の方法とは?

スナップ エンドウ 下 処理

スナップエンドウの下処理・筋取り方法! スナップエンドウは、春が旬の野菜です。 別名 スナックエンドウ とも呼ばれています。 スナップエンドウは、さやえんどうの一種であり、 さやごと食べることができます。 アメリカから輸入された品種で、 熟してもさやがかたくならないので、 甘味が強く、さやごと食べられるという特徴があります。 そんなスナップエンドウは家庭で調理して食べることも できますが、 下処理する必要があります。 スナップエンドウの下処理としては筋取りをする必要があります。 スナップエンドウはさやえんどうの中でも 筋が硬いので、取り除く必要があります。 同じさやえんどうの仲間である絹さやよりも 筋が太くかたいです。 1・まずはスナップエンドウの尖っている部分 がく を ポきっと爪で折り、 下まで、すーっと筋を取ります。 2・反対側も同じように下まで筋を引っ張って 取り除きます。 スナップエンドウの筋取りの方法は様々ですが、 がくの部分から筋を取ると、 今度は反対側から筋をとるという方法もあります。 どちらでも筋取りは可能ですが、 私は、反対側から筋を引っ張ると、 筋が途中で切れてしまいがちなので、 反対側ではなく、両方の筋をがく側から取り除くようにしています。 その方が、筋が太く簡単にとれる気がします^^ また、がくの部分をポきっと手前に折ると、 両方の筋を一気にとれる時があります! 筋が太いので、 絹さやと比較すると、筋が取りやすいかと思います。 筋の処理をしたスナップエンドウは、そのまま茹でて からサラダなどにして調理します。 2分程度でスナップエンドウが柔らかくなりますので、 ザルにあげたあと、 冷水で粗熱をとります。 冷水にとることで、色止めになります。

次の