頑張っ て いる 人 に かける 言葉。 頑張っている人にかける言葉。頑張っている人に頑張れと言うのは悪いことか?

努力の名言・格言集。目標に向って努力する人の言葉

頑張っ て いる 人 に かける 言葉

この記事の目次• 言葉選びの際に確認。 人を励ますときの3つのルール どんな言葉を使うか、どんな言い方で声をかけるかは人それぞれでしょう。 あなたにしかできない励まし方をするのは大切なことです。 ですが、 「どんな言葉を使うか」を決めるとき、絶対に確認すべき3つのポイントがあります。 これを見逃すと、意図しなくても相手を不愉快にさせたり落ち込ませたりするので注意してください。 まずは相手の話をよく聞くこと 人を励ますときに大切なのは、自分が話をしようとするのではなく、落ち込んだり疲れたりしている相手の話をよく聞くこと。 落ち込んでいる人にとっては、何かを言われるよりも自分が溜め込んでいることを吐き出す方が、気持ちが楽になるものです。 悲しいこと• つらいこと• 許せないこと• 不安なこと 抱え込んだ悩みの種を吐き出させ、受け止めるのが、人を励ますときに最も重要なこと。 相手がどんな気持ちでいるのかが分かれば、こちらもかけるべき言葉が自然と見つかりますよ。 矢継ぎ早にアドバイスや応援の言葉を浴びせ続け、相手が話す隙を与えない…なんてことがないように注意してください。 アドバイスをしようとしないこと 落ち込んでいる人や疲れている人を見て、ついついアドバイスしたくなることがあるでしょう。 「もっとこうしたら上手くいくのに」こう思うかもしれませんが、これはあくまで客観的な感想に過ぎません。 落ち込んでいる当事者にとっては、「悲しい」「つらい」の感情だけで頭がいっぱいです。 人のアドバイスまで聞く余裕はほとんどありません。 良かれと思って「こうしてみたら?」とアドバイスをしても、かえって相手を追い詰めるだけです。 「それが出来たら苦労しない!」と怒られることもあれば、「それもできない私はダメなやつなんだ…」と落ち込ませることもあります。 アドバイスは極力しようとしない、もしするなら話を聞いてから。 黙ってうなずくことこそが、最高の励ましになる場合もあるのです。 上から目線な態度にならないこと ネガティブな気持ちで参っている人を見ると、自分の方が優位に立っているような気分になる…こんなことはありませんか?• 自分の方が出来る人間なんだ• 私がこの人を引っ張ってあげなきゃ• この人にとって私は頼れる存在なんだ こんな気持ちを持ったまま励まそうとすれば、上から目線な態度になってしまいます。 高圧的なアドバイスや「話を聞いてあげている」という態度を出すと、落ち込んでいる人はさらに落ち込んでしまいます。 「忙しいのに話を聞かせている」と自分を責めたり、「自分がダメだから今こんなにつらいんだ」と自分を卑下したり…励ますどころかネガティブな気持ちに拍車をかけてしまいます。 上から目線な人と自分との格差を感じて、劣等感や惨めな気持ちを抱かせることもあります。 「この人に話さなきゃ良かった」と思われてしまうのです。 弱い部分を見せてくれたのは、相手があなたを信頼しているから。 その信頼へのお礼として、対等な立場から励ましの言葉を贈りましょう。 まずは話を聞くのが大切。 励ましになりそうな言葉を探そう 3つのルールを踏まえたら、さっそく相手を励ます言葉を探していきましょう。 ただしどんな言葉が相手の心を支えられるのか、それは話を聞いてみないと分かりませんよね。 落ち込んでいるのか• 怒っているのか• 悔しがっているのか 相手がどんな気持ちでいて、今どんな言葉を欲しがっているのかを知るために、まずは話を聞くところから始めてみましょう。 「どうしたの?」は万人に使える言葉 何か悩みを抱えていそうで、それでも自分から話をしようとしない…。 こんな人には、たった一言「どうしたの?」と声をかけてみてください。 「どうしたの?」は落ち込んでいる人にとって、自分を気にかけている人がいると知るきっかけになる言葉です。 怒っている、疲れている…どんな状態でいても、「どうしたの?」と言われるだけで「話してみようかな」という気になるものですよ。 「最近忙しそうだね」は強気な人に有効 中には強気でプライドが高く、自分からは弱みを見せたがらない人もいます。 このタイプは放っておくとどんどんストレスを溜め込んでいくため、気付いたときに声をかけたいですね。 「どうしたの?」はプライドを傷つけることもあるので、「最近忙しそうだね」と相手の手腕を認めるような言葉をかけてみましょう。 プライドが高い人にとって、「忙しそう」は「たくさん働いてる」と同義。 褒め言葉に近い意味を持っています。 忙しさに追われる自分の手腕を認められることで、• どうして忙しいのか• どうすれば忙しくなくなるのか• 今、どんなことをしてほしいのか を抵抗なくお話ししてくれるでしょう。 「そりゃ忙しいよ、だって誰も手伝ってくれないんだから!」といった具合に愚痴や弱音をこぼしてくれるので、それをしっかり聞いておきましょう。 「いつでも話を聞くよ」は安心させる言葉 思いやり深い人や、大人しくて控えめな性格の人は、「迷惑じゃないかな?」と相手を優先するあまり、なかなか弱みを見せてくれません。 見るからに大変そうなのに話してくれない人には、「いつでも話を聞くよ」とさり気なくフォローしてみましょう。 「今話せ」と言っているわけではないので、相手も自分のペースで話しやすくなります。 「いつでも話を聞いてくれる人がいる」という事実が、心の支えになりますよ。 人を励ますときの言葉。 労う・認める言葉を探して 相手の話を聞いたときに感じたことや、伝えたい気持ち・言葉は様々でしょう。 どんな言葉が正解かはケースバイケースですが、ここでは 人の心を支える・受け止める言葉をご紹介していきます。 必ず言うべき、というわけでもありませんが、何を言おうか迷ったらこれを伝えてみてください。 相手の苦労や頑張りを労う言葉 人が落ち込んだり疲れたりしているのは、それだけ頑張ったという証拠です。 悩んだり頭や身体を動かしたりした結果、ネガティブな気持ちになっているということ。 落ち込んでいる人には「頑張ったね」「よくやり遂げたね」「つらかったね」など、頑張りを労う言葉をかけましょう。 下手なアドバイスを貰うよりも、自分の頑張りを認めて貰う方が嬉しいのは誰でも一緒。 話を聞くときには、その人が頑張ったこと、心血を注いでやり遂げたことに注意して聞いておきましょう。 相手の長所を褒める言葉 気持ちが落ち込んでいる人に今必要なのは、ポジティブになれる言葉です。 それも取ってつけたような綺麗ごとではなく、その人だからこそ言われるべき言葉が理想的。 「優しいんだね」「責任感が強いんだね」など、あなたが知っている相手の良いところや長所を伝えてみてください。 自分の長所を人の口から聞かされるだけでも、大きな自信に繋がります。 特に自分に自信をなくしているような人には、心強い励ましの言葉となるでしょう。 例えば次のように、落ち込んでいる理由と関連付けると長所を探しやすいですよ。 話してくれたことに「嬉しい」と言う 人を励ますのは、その人が弱い部分を見せてくれたからです。 自分の弱い部分を見せるのって、かなり勇気が要ることですよね。 悩みがどんな内容であれ、「私に話してくれてありがとう」と信頼に対するお礼を伝えてください。 人に何かを相談するとき、「話に付き合わせている」と罪悪感を覚える人は多いです。 ただでさえ落ち込んでいる人ですから、せめてそんな罪悪感は取り除いてあげたいですよね。 「信頼してくれてるんだね」「話してくれて嬉しいよ」など、相談されたことをポジティブに受け止め、相手に伝えておきましょう。 これを言っておくだけで、「話して良かった」「また話を聞いて貰える」と安心させられます。 根拠があるなら「大丈夫」と伝えて もし相手が悩んでいることに対して「これって別に大丈夫じゃない?」と思う場合、根拠を説明できるのなら伝えてあげてください。 根拠のない「大丈夫」は不安を煽るだけですが、根拠のある「大丈夫」は本当に安心できるものです。 どうして心配する必要がないのか• どうやって解決すれば良いのか• どうして解決できると思うのか ちゃんと相手に分かるように、根拠を説明しながら「大丈夫だよ」と不安を取り除いてあげてくださいね。 ただし解決策を教える間に、偉そうなアドバイスにならないように注意です。 励ますどころか突き落すことに。 裏目に出る励ましの言葉 励まそうとして言った言葉が、あろうことか裏目に出て相手を傷つけることは多々あります。 落ち込んでいる人の心はデリケートなので、いつも聞いている言葉でさえ傷つきやすいのです。 人を励ましたいなら、次の言葉は使わないように気をつけてください。 「頑張れ」はさらに人を追い詰める 落ち込んでいる人によく使われがちな「頑張れ!」「ファイト!」。 これ、落ち込んでいる人の心には全く響かない上、さらに心を荒ませてしまいます。 「頑張れ」は人や状況によっては、「もっと努力しろ」「勝手にやってろ」という意味に取られます。 すでに限界まで頑張っている人に「頑張れ」は無理を強いることになりますし、助けを求めている人に「頑張れ」はまるで突き放すような言葉に聞こえます。 「頑張れ」よりは「頑張ってるね」が無難。 どうしても「頑張れ」に似た気持ちを伝えたいなら、「応援してるよ」くらいにしておきましょう。 「分かるよ」は信憑性がない 悩みは人それぞれで違います。 同じことに対する悩みでも人によっては大小が異なりますし、稀有な状況による悩みや、人には理解しがたい悩みなど様々なものがあります。 誰かの悩みに対して「分かるよ」と言うのはあまりに信憑性がなく、相手にとって何の励ましにもなりません。 むしろ「全然分かってないくせに!」と怒らせてしまうこともあります。 仮にあなたが相手の気持ちを理解していたのだとしても、相手にとっては「自分の悩みは自分だけのもの」という強い気持ちがあるのかもしれません。 相手の気持ちを受け止めたいのだとしても、簡単に「分かるよ」と言うのはやめておきましょう。 「大したことないよ」は落ち込みが悪化 悩みを大きく感じるか小さく感じるかは本人の感性次第です。 あなたにとっては取るに足らないことに思えても、相手にとっては重大な悩み。 人の話を聞いた後で「そんなの大したことじゃないよ」は、仮に思ったとしても口には出さないでください。 言われた側からすれば「私が大げさな奴だから」と自分を責めたくなりますし、「この人は私の話を聞く気がないんだ」と突き放された気持ちになります。 思いやる気持ちが大切。 真心のこもった言葉で励まして 落ち込んでいる人を救うのが言葉なら、さらにどん底に突き落とすのも言葉です。 励ましたい気持ちが先走って、相手をさらに追い詰めないように慎重な言葉選びをしたいものですね。 ただし、ここで挙げたのはあくまで例文。 相手を思いやる気持ちさえあれば、後はあなたが思った、感じた言葉を伝えてください。 あなたに悩みを打ち明けるということは、あなたにしか言えない言葉を待っているということでもあるのです。 あなたの真心が感じられる言葉で、大切な人を励ましてあげてください。

次の

人を励ますときの言葉の選び方。「頑張れ」より「頑張ったね」 | 女性の美学

頑張っ て いる 人 に かける 言葉

仕事頑張ってる人や忙しい人が喜ぶ言葉の9つ目は、「変わりましょうか」という言葉です。 これも仕事頑張ってる人や忙しい人が、好きでその状況を作っているわけではない場合にかけると、大変喜ばれる言葉です。 明らかに雑用のような仕事を押し付けられている、と感じる場合にもこの言葉をかけると、大変喜ばれるでしょう。 この言葉も、あなたの仕事が落ち着いている時のみ使うようにしましょう。 残業をしないといけないようなことにはならないようにしましょう。 仕事を任せた為に、あなたが残業することになったら、相手の人は申し訳ないという気持ちになるかもしれません。 手伝いを申し出るのは、あなたに充分なゆとりがある時のみです。 これは、あなた自身も大変仕事が忙しい状況である場合に、この言葉をかけてあげると、相手は喜んでくれるでしょう。 同じ忙しい人がいる事で、「自分も頑張ろう」という気持ちになるからです。 仲間がいると仕事も頑張れるものです。 また、一緒に頑張ってくれる人がいると、自然と仕事のペースも早くなります。 「競争」というわけではないですが、「こちらは終わりましたが、そちらはどうですか?」という言葉をかけたい、という思いが湧いてくるからです。 「早く片付けよう」という気持ちが湧いてくると、仕事のペースは自然と速くなります。 仕事の話をする男性の心理について詳しくご紹介している関連記事があります。 リンクいたしますので、参考にしてみてくださいね。

次の

仕事を頑張ってる人にかける言葉13選!精神的に疲れてる彼氏への応援は?

頑張っ て いる 人 に かける 言葉

男女で異なる励ます言葉のかけ方 男性の場合 さて、励ます相手が男性の場合は、一体どんな風に励ましの言葉をかけるべきでしょうか。 まず、男性は大前提として プライドが高い生き物です。 そのため、落ち込んでいる男性を励ますときは、絶対にそのプライドを傷つけるようなことを言ってはいけません。 その男性自身のことや、プライドを尊重して、丁寧に言葉をかける必要があります。 そして、男性は落ち込んだりすると 口数が減ってしまう傾向にあります。 こうなってしまった場合、励ましの言葉をかけるにも、どうしたらいいのか困ってしまいますが、これは相手が話し出すのを じっくり待ってあげるのがベストでしょう。 無理に、根掘り葉掘り話しを引き出そうとしてしまっては、さらに心を閉ざしてしまう危険性があります。 女性の場合 次は、女性です。 励ます相手が女性である場合、男性との大きな違いとして、落ち込んでいる女性は、 自分が今ほしい言葉が明確になっているということが挙げられます。 女性は、そのときの自分の感情や状況をよく理解した上で落ち込んだでいるケースが多いようです。 だからこそ、その状況への 安易なアドバイスは逆効果になってしまう可能性大。 言葉は1つ1つ慎重に選んだほうがいいでしょう。 そして、もう1つのポイントとしては、女性は 自分の話しを聞いてもらうことでストレスを発散する傾向があります。 落ち込んでいる際、口数が少なくなる男性が多いのと比べても、これが大きな違いかもしれませんね。 ましてや、人前で泣く機会はなかなかないのではないでしょうか。 失恋して、「泣きたいけれど、泣けない」「いい大人なのに、失恋で泣くなんて恥ずかしい」そんな風に考えて、ぐっと我慢している人には、この言葉を送ってあげましょう。 すると、その我慢が解き放たれ、その人を楽にしてあげることができるでしょう。 あまりの悲しみに、一時的に「もう私のことを愛してくれている人はどこにもいない」「もうこの世界で私はひとりぼっちになってしまった」という孤独に襲われることもあります。 そんな寂しさに打ちひしがれている人には、この言葉を送りましょう。 「 私はあなたを必要としている」それを伝えるだけで、自分の存在価値を再認識し、ゆっくりと前を向いて行けることでしょう。 どんなに悲しくても、その感情を押し殺して仕事に行かなければなかったり、無理に笑顔をつくらなければいけないこともあるでしょう。 そして、片思いにしろ、カップルだった人にしろ、失恋までの過程ではたくさんの困難や頑張りがあったはずです。 そんな人には、そっとこの言葉をかけてみてください。 「頑張っている私を見てくれている人がいる」ということを感じられるだけで、ずいぶん気持ちが軽くなるはずです。 私のこんなところがダメだった、あんなところが嫌がられたんだ…などと自分の悪かったことをひたすらに探し、不必要に自分を追い込んでしまう人もいるでしょう。 そんな風に落ち込んでしまっている人には、この言葉を送りましょう。 ありのままのあなたが素敵そんなメッセージを伝えるだけで、自分の良さを認め、前向きに次の恋愛に進んでいけるきっかけをつかめることでしょう。 失恋したときに大切なのは、 いかに上手に気分転換できるかです。 それがなかなかできないと、失恋の傷はいつまでも癒えないまま、その恋愛を引きずってしまいます。 しかし、失恋した人が自分でそのきっかけを作ることは難しいものです。 そんなときは、周りの人がそのサポートをしてあげるといいでしょう。 ほんのささいな出来事が、前を向けるきっかけにつながるかもしれません。 しかし、大なり小なり、ミスは誰にでもあるもの。 ビジネスシーンの場合はなおさら、そのミスを経験することで、また一歩成長できる、ということもあるのです。 「落ち込む=反省」ではありません。 ミスそのものに落ち込む必要はないよ、という意味で、ミスを前向きにとらえられるきっかけを与えてあげましょう。 そして、同時に周りからの評価がすごく気になってしまいますね。 そんなときに、この言葉をかけられたら、相手はきっと、ほっと安心できるでしょう。 そして、実際にその人をサポートできれば、相手からの信頼度もぐんと上がるでしょう。 そんな精神状態の中で解決方法をひとりで考えるのは、とても辛い作業です。 考えれば考えるほど不安は募り、悪循環になってしまう可能性も。 そんなとき、同僚や上司から、「そのミスの解決方法について、 "一緒に"考えよう」と言ってもらえたら、心底ありがたく思われるでしょう。 そんな不運なミスをしてしまった人には、この言葉をかけてみてはどうでしょうか。 この言葉は、頑張っている人にだからこそかけられる言葉です。 あくまでも、今回のミスは" たまたま"。 いつも頑張っているあなたのことを、ちゃんと周りは知っているよ、ということをしっかりと伝えてあげましょう。 その人の個性や良いところを具体的に挙げた上で、「だから、あなたなら巻き返せるはず」と、優しく背中を押してあげましょう。 すると、そのミスによって、その人が新たなスキルや自信を得られるきっかけができるかもしれません。 そして、不安を募らせてしまいがちです。 しかし、それでは良くなるものも良くなりませんよね。 「病は気から」という言葉もあるように、まずは気持ちだけでも、病に打ち勝ってほしいところです。 そのためには、 回復後の明るいイメージが必要ですよね。 「元気になったら、楽しいことが待っているんだ」 ということを相手に再認識して、前向きに闘病にあたってもらいましょう。 「自分は穴を空けることで、周りの人に迷惑をかけてしまう…」 責任感の強い人ならば、なおさらそんな風に思ってしまいますよね。 でも、病気のときは、どうか周りの人たちのことよりも、自分を大切に思って落ち着いて過ごしてほしいものです。 そのためには、その人の今までの頑張りに対しての感謝とともに、こんな言葉を伝えてみると、相手も安心してゆっくりと療養に励めるでしょう。 そして、それが 不安感や 孤独を招いてしまうことも。 そんなときは、その人にそっと寄り添えるような、こんな言葉をかけてみてもいいでしょう。 もちろん、実際にその言葉に責任をもち、行動を伴わせることができるかも重要なポイントにはなってきますし、その人との信頼関係や親密度によっては、この言葉をかけられるかどうかも変わってはきますが…。 もしこんな言葉をもらえたら、「 この人には安心して寄り掛かれるな」と、感じてもらえるでしょう。 「復帰した際、話しの輪に入れなかったらどうしよう…」「私の居場所はまだちゃんとあるだろうか」ついついそんな心配をしてしまうものです。 そんな不安にかられている人には、こんな言葉をかけるのがいいでしょう。 「みんながあなたの帰りを待ち望んでいる」その事実を告げることで、それが辛い 闘病生活を乗り越える糧になるかもしれません。 そして、辛いことに、闘病期間中は気分転換ができる機会や方法も限られてしまいます。 しかし、その限られた方法の中には、「誰かと話しをする」ということも挙げられます。 闘病生活中は、人との会話も減ってしまいますから、家族や友人、恋人との会話は、一番のストレス解消法と言っても過言ではないかもしれません。 そんなときは、素直にその気持ちを相手に伝えみるといいでしょう。 同じ気持ちでいてくれる、自分の気持ちに寄り添ってくれる人がいる…その安心感から、辛さや悲しみから立ち上がる原動力になるかもしれません。 誰かと話しをして自分の気持ちを打ち明けることで心がすっきりしますし、 自然と頭の中も整理されていくものです。 そうすることで、 心のもやもやも解消されていくでしょう。 落ち込んでしまうと、眠れなかったり、ご飯ものどを通らない日々を過ごしてしまう人も少なくないです。 しかし、何はともあれ体は資本。 気持ちが落ち込んでいるときに、生活パターンまで乱してしまっては、体調まで崩しかねません。 そして、体調を崩してしまっては、それによりまた心も病んでしまって負のスパイラルに陥ってしまうことも…。 それを避けさせるためにも、気分転換もかねてご飯に誘ってみるのもいいかもしれません。 美味しいものを食べれば、自然に笑顔を取り戻せることもあるでしょう。 「その気持ちに同調してもらえる」ということは、落ち込んでいる人にとって、とてもありがたく嬉しいことです。 そして、この言葉を言ってもらえた相手は、「その大変だった経緯を理解してもらっている」「そこまでの頑張りを認めてもらっている」という気持ちになるでしょう。 この言葉をかけてくれる相手が、自分にとって親密な人であり、それまでの経緯やその人自身のことをよく理解してくれている人であれば、この言葉はさらに強い意味をもつことになるでしょう。 「思い出すのも辛いから」と、その話題を避け続ける人もいるでしょう。 そんな人には、無理に根掘り葉掘り聞き出そうとしたりせず、そっと見守ってあげましょう。 そして、その際はこの言葉をかけて、「 いつでもあなたの力になりたいと思ってる 」という意思表示をするのがポイントです。 何も言葉をかけずにそっと見守るのも優しさですが、「放っておかれている」と思われてしまっては、どちらにとっても辛いですよね。 励ましの言葉やメールで嬉しかったパターン 次は、嬉しいと感じた励ましの言葉やメールの内容をご紹介します。 そんなときに、その何気ない愚痴から、本当の気持ちや今の状態を察してくれた友人・恋人が「 今から行くよ!」と言ってくれたときは、その優しさに感動してしまいます。 そして、「無理しないでね」と伝えても、自分のことを心底心配し、実際に会いに来てくれたその顔を見た瞬間、嬉しさと安心感に包まれてしまうものです。 そして、「もう誰にも会いたくない!」「何もしたくない!」とふさぎ込んでしまうこともあるでしょう。 そんな状態のときは、そのレベルにもよりますが、時には強引に誘い出してもらうことで、救われることもあります。 それでも誰かに聞いてもらいたくて、気持ちを打ち明けたくて、一生懸命話して… そんなときに、それを聞いてくれている相手が自分の目を見て、何も余計なことを言わずに「うん、うん」と真摯に耳を傾けてくれたら、そんな姿に感動して、気持ちもほころんでいきます。 そして、その人の存在を、より大切に愛しく思えるでしょう。 特に、人間関係のいざこざやトラブルが原因で落ち込んでしまったときは、なんだか周りの人が信用できなくなってしまったり、人と接すること自体がおっくうになってしまうことも… それでも、誰かは必ず自分のことを思っていてくれるものなのです。 「私はずっと味方でいるからね」そんな言葉をもらえたときは、張っていた心のバリアが解けていき、また前向きに頑張っていこう、と思えるのです。 そして、「 自分はもう誰からも愛されない、ダメな人間なんだ…」そんなことを思ってしまったら最後、なかなかその負のモードから抜け出せなくなってしまいます。 そんな負のモードから抜け出せるのが、自分が大好きな、信頼している人からの愛の言葉。 「ほかの誰からも認められなくてもいい。 この人は今の自分を愛してくれるんだ」そう思えたら、強い気持ちを取り戻すことができます。 人に励ます言葉をかけるときの注意点 それでは、実際に相手に励ましの言葉をかけるときの注意点をいくつかお伝えいたします。 落ち込む原因となった言動へのダメ出し• 「分かるよ」の連発• 無責任な発言• 自分の経験談を語りすぎる• 興味本位の追及• だからこそ、それを思い悩み、反省を繰り返し、その結果落ち込んでしまっているのです。 関係性によっては、そういったダメ出しをしなければいけない場合もあるかもしれませんが、相手がひどく落ち込んでいる状態では、その言葉もうまくは届かないでしょう。 ダメ出しをする必要があるならば、最低限タイミングは見極めるべきでしょう。 しかし、落ち込んだ状態に限らず、「分かったつもり」で相手に話しを聞かれることは、いい気分がするものではありません。 ましてや、「分かる、分かる!」と何度も連発されてしまったら、「本当に自分の話をちゃんと聞いてくれているだろうか」と不安にさえ思ってしまいます。 相手への優しさのつもりが、反対の意味にとらえられてしまっては悲しいですよね。 「そんなことを気にする必要ないよ」「別に大した問題じゃないよ」 そういった言葉を励ましのつもりでかけたとしても、「どうせ他人事だからそういう風に思えるんだ」と思われては、人の気持ちが分からない冷たい人、という評価をされかねません。 落ち込んでいる人にとって、あまり多くの情報は入ってこないもの。 普段ならば落ち着いた気持ちで聞けるありがたいアドバイスも、落ち込んでいて心も頭もキャパオーバーな状態では、素直に受け止めることができません。 自分に興味をもって親身に話を聞いてくれること自体はとてもありがたく感じられるかもしれませんが、それが、からかいのためや面白半分の興味で聞いている場合は、相手にもそれが伝わってしまうでしょう。 そして、それが伝わったら、心を閉ざされてしまい、その後も「この人に相談したい」「この人と話したい」と思ってもらえるような対象にはなかなかなれないかもしれません。 落ち込んでいる側からすると、今は笑うことすら困難な状態。 それでも、この人は自分を笑わせてくれようとしている…と思うと、無理に笑顔をつくらせてしまう場合も。 また、最悪の場合は、相手を怒らせてしまうかもしれません。 その人は、頑張って頑張った結果、むくわれなかったのかもしれません。 そんな人に、この言葉は響かないでしょう。 また、その人の頑張りが本当に足りていなかった場合であっても、落ち込んで、心が疲れ切ってしまっているときの「頑張れ」は、受け止めることは難しいでしょう。 ましてや自分の大切な人が思い悩んでいたら、「そんなこと早く忘れて元気になってほしい!」と願うのは普通のことです。 しかし、一番「忘れたい」と思っているのはまぎれもなく落ち込んでいる本人。 それができないから辛いのです。 早く立ち直ってもらいたいところですが、前を向ける日がくることを、寄り添いながら待ってあげましょう。 なんとかなるよ、という言葉は、なんとかするために自分もその人に協力できる場合などに使うのがいいでしょう。 そんな状態で「大丈夫、大丈夫!」という励ましの言葉をかけてしまうと、「どうせあなたには分からない」と、心を閉ざしてしまうかもしれません。 「大丈夫」という言葉をかけるときは、 何がどう大丈夫なのか、具体的に説明した上で 、「だから、大丈夫だよ」と安心させるようにしましょう。

次の