インスタ ハイライト 字体。 目を引く文字デザインの作成方法:初級編

インスタのプロフィールをオシャレに見せるためのコツをご紹介♡【Instagram】

インスタ ハイライト 字体

お店をしている方は、商品を販売するためのPOP作りは必須ですよね。 お店に限らず、教室関係や会社でも告知物を作るためのPOPを作成したい。 という方もおられると思います。 でも、POP作りって簡単そうにみえて難しいんです。 手書きPOPを上手に作れるならいいですが、広い店内だと、すべて手書きをするのも大変です。 書き方も難しそう・・字を書くのが苦手・・そのような方はパソコンでPOPを作らないといけません。 パソコンでPOPを作りたいけど、どうやって作ればいいの?という方のためにPOPの作り方を解りやすく説明したいと思います。 POPのデザインや集客・手書きPOPに役立つ本をまとめた記事もぜひ参考にして下さい。 POPの見本デザイン パソコンでPOPを作るといっても、パソコンの何で作ればいいの?と思うと思います。 ぼくはいつもエクセルで作成しているので、エクセルでの作り方で説明していきます。 エクセルでPOPが作れるの?とお思いの方もいるかもしれません。 エクセルは、意外と何でも作れちゃうんです。 POP参考事例をご紹介します。 一つ目は、販売店の売場でのタイトルPOPのデザインです。 女性向けの日本酒ということで、かわいい感じの丸みのあるPOPになっています。 POPは商品により字体や色合いを変えることで、イメージが変わります。 次は、教室関係で外にPOPを付けて無料体験レッスンの告知のためのPOPです。 (教室名は黒で隠しています。 ) 教室前にチラシを置くだけでなく、POPを付けることにより、手にしてもらう確率がグンと上がります。 チラシを手にとってもらうための目立つ解りやすいPOPを付けています。 POP立ては、市販のものを使っています。 商品の値段を書いたプライスカードも簡単に作れます。 このプライスカードは、日本酒のプライスカードなので、日本酒に合った和風の字体を選んでいます。 商品名と値段だけではなく、商品の詳細や日本酒の味わいも数字にしています。 売場のタイトルPOPです。 A3用紙2枚分をひとつの大きさにしています。 タイトルPOPは、シンプルに解りやすいPOPにすることが重要です。 あまり細かく字を入れないようにしましょう。 このPOPの作り方がわかれば、様々なPOP作りが出来るようになります。 背景の色を付ける まず、背景の部分を作っていきます。 [挿入]の中から[図形]を選び今回は背景が四角なので四角の図形を選びます。 図形が出てきたら、図形の色を変更していきます。 図形の上で右クリックをし、[図形の書式設定]を選びます。 画面の右に[図形の書式設定]が出てきます。 [図形のオプション]の[塗りつぶし(単色)]を選び、色を決めます。 [色]を選ぶと、様々な色が出てきますが、この中に自分の探している色がない場合は、[その他の色]をクリックします。 [色の設定]の[標準]の中から様々な種類の色を選ぶことが出来ます。 次は、四角の外の線の色を変えたいと思います。 先程とやり方は同じです。 [線]を選び同じようにしていきましょう。 線の幅を太くしたいと思います。 [幅]のところから、幅のサイズを変更することが出来ます。 これで幅のサイズを調整すれば完成です。 画像を貼り付ける 次は、背景に画像を貼り付けます。 画像は、パソコンのフォルダに保存しておいてください。 [挿入]の[画像]をクリックし、挿入したい画像を選ぶだけです。 画像の一部分だけを使いたい場合は、画像をトリミングします。 トリミングに関しては、を参考にして下さい。 ワードアートで文字を入れる 文字は基本的にワードアートで入れていきます。 [挿入]の[ワードアート]をクリックすると、色々な形のワードアートが出てきます。 一番シンプルな左上を選びましょう。 このままだとワードアートで文字を書くのにすごく使いにくいので、ワードアートを変形させます。 [文字の効果]の[変形]を選び、赤丸の[形状]を選びます。 右クリックで[図形の書式設定]を選び、[文字のオプション]の[テキストボックス]内の図形のテキストを折り返すのチェックを外します。 そうすると文字が自動変換され使いやすくなります。 文字のフォントを選びます。 [ファイル]の中にフォントを変更するところがあります。 ネコチラが使っているフォントは、後から入れたフォントです。 フリーフォントを探したり、フォントを購入したりして、ご自身が使いたいフォントをパソコンに入れましょう。 ワードアートの文字の色を変更します。 [図形の書式設定]の[文字のオプション]で色を変えることが出来ます。 先程の図形の色を変えるのと同じです。 [文字の塗りつぶし]の[単色]を選び色を自由に変更しましょう。 文字を縦にすることも出来ます。 [書式]で下の画像に出ているところをクリックし、縦書きを選ぶと、横書きの文字が縦になります。 以上のことを覚えるだけで、今回作成するPOPの大半が作成出来ます。 文字をコピーしながら、字の文章を変更し作成していきます。 色は使いすぎないよう、文字は2色のみ使っています。 本体価格は、値段と円の文字の大きさを一緒にするとカッコ悪くなるので、円の字は小さくするようにしましょう。 これらの基本を押さえるだけで、下記のPOPが簡単にエクセルで作成出来ます。 POPを作るのには、写真やイラストも必要になることが多くなります。 数多くの写真の素材を無料で利用することが出来る を利用し、イラストや写真の画像を使って、オリジナルPOPを作成しましょう。 まとめ POPの作り方の基本をご説明しました。 色々なPOPのデザインを作れるようになるには、経験とデザイン力も必要になります。 しかし、自分で作り、色々なお店のPOPを観察することで、少しずつ自分がイメージするPOPが作れるようになっていきます。

次の

インスタストーリーに文字を入れる方法|ラブラドールのはなことあんこ

インスタ ハイライト 字体

インスタのハイライトカバーを設定する方法 まずインスタ上での操作方法を説明します。 アプリを開いて、左にスワイプさせるとカメラが起動します。 カメラを起動させた状態で左下の画像ファイルをタップします。 画像ファイルを選択すると、右下の「送信先」ボタンを押します。 「シェア」という画面になるのでストーリーズの「シェア」ボタンを押します。 「シェア」ボタンを押すと下に「完了」のボタンが表示されます。 「完了」ボタンを押します。 「完了」ボタンを押すとアプリトップ画面に戻ります。 トップ画面に戻ったら、右下の「プロフィール」ボタンを押すとプロフィール画面にかわります。 次にアカウントアイコン下にある「新規」ボタンを押します。 写真を選び、右上の「次へ」ボタンを押します。 ハイライトを編集という画面になるので「カバーを編集」を押します。 カバーの編集画面になります。 画像のくりぬきたい位置を調整し、完了を押すと設定完了になります。 ハイライトを可愛く作れるアプリ まずは可愛いハイライト画像をスマホ上で簡単に作ることができるアプリ2つを紹介します。 PicsArt PicsArtではシンプルなハイライトカバー画像の作成をすることが可能です。 元々は画像や動画の編集アプリですが、 6,000万以上のステッカーや1,000以上のフィルターを利用してオリジナルのアイコンを作成することが出来ます。 一部は有料ですが、基本無料で利用できるアプリなので、ハイライトカバー画像作成の導入として利用してみるのも良いでしょう。 Pico Sweet こちらも画像編集するのに、直感的操作で簡単に可愛い画像が作れるアプリです。 こちらのアプリは有料ですが、可愛いスタンプが豊富にあります。 ただ、CMを見ると60分間だけスタンプを使うことができますので、課金しなくても可愛いハイライト画像を作ることはできます。 フォント系アプリ フォントを変更するアプリを利用すると、 特殊な字体の文字や記号を利用してハイライトカバー画像を作成することができます。 ハイライトカバー画像をより分かりやすいように分けたり、モノクロなどにする楽しさもあります。 可愛い素材があるサイト アプリのスタンプで十分、可愛いハイライト画像を作成できそうですが、少し人と違うようなおしゃれなハイライトを作るなら、ネットのフリー素材を使う手もあります。 今回は使いやすそうなシンプルなアイコンを集めてみました。 もしよかったら、使ってみてください。 ICOON MONO 種類がとても豊富です。 シンプル目なシルエットアイコンが多く、ハイライト表紙を可愛くするのに向いている素材が多いです。 また、ほかの素材サイトと違うところが、自分でアイコンの色を変えることができます。 アイコンの色を変えれるので選ぶとき、イメージがしやすいです。 Human Pictgram 非常口のあの人をモチーフにした、少し変わったシルエットが多いのが特徴です。 少しネタ感も出せる人型シルエットですね。 ハンコでアソブ サイト名通り、はんこ風の可愛い素材がたくさんあります。 服や動物など適度なキャラクターデフォルメがされていて使いやすいです。 PicsArtの利用方法 PicsArtの利用は非常に簡単です。 アプリを開くと上に写真フォルダの画像が表示されるので、どれか1つ元となる画像を選択します。 下にある「ペイント」から、右下のメニューを開き、さらに右下のバケツを選択しましょう。 背景となる色を選択できるので、好きな色を選択し、右上のチェックマークを選択します。 背景色を作れたら、ステッカーや文字を好きなように選び、真ん中に配置させたら、右上の「次へ」を選択。 「写真」を選択して一度保存を行えばOKです。 あとは「インスタのハイライトカバーを設定する方法」と同じように、ハイライトカバーを変更すれば完了です。 このPicsArtの利用方法はあくまでも一例なので、他にも自分でアレンジしてかわいいカバー画像の作成ができます。 たくさん試してみましょう。 編集した画像をハイライトに反映させてみると インスタのハイライトに反映させるとこのようになります。 こうして、ひと手間かけると統一感があるハイライトになりますね!アイデア次第では可愛くて、面白く、わかりやすい表紙をつくることができそうです。 是非、試してみてはいかがでしょうか。

次の

目を引く文字デザインの作成方法:初級編

インスタ ハイライト 字体

文字色を変えるには 文字の色も自由に変更することができます。 文字色を変えるには下にある色パレットをタップするとかわります。 画面を左にスワイプするとさらに色が出てきます。 文字の大きさを変更するには 文字を大きくしたり、小さくする方法は2通りあります。 文字編集中は横のスライドバーを上下させる 入力中に文字の大きさを変更するには左端にスライドバーが出てくるので文字を大きくしたり小さくしたり調整できます。 ピンチイン・ピンチアウトで文字の大きさを変更する 完了をタップした後で文字の大きさを変更するには文字を2本の指ではさんで広げたり狭めたりすることで大きくしたり小さくすることができます。 文字を斜めに配置するには ストーリの文字タイプ フォントは画面に表示されている上部の部分をタップする事で変更する事が可能です左上から順に タイプライター:タイプライターで打ったような文字。 他のフォントより小さめだけど使用頻度は一番多い クラシック:シンプルなフォントでタイプライターよりやや大きい 強: 太い大きいでかいフォント。 写真や動画が雑誌のようなテイストになる ネオン: 光るネオンサインみたいなフォント。 筆記体っぽい文字でおしゃれな モダン:モダンテイストなフォント。 英字になると細身な感じに。 日本語ではあまり文字の違いはわかりませんね、アルファベットになると字体の違いが一目瞭然なんですけど。 フォントを変える手順.

次の