アフィリエイト ブログ コピペ。 コピペ・リライトはやめましょう|記事の書き方について

ブログ記事を上手にパクる方法

アフィリエイト ブログ コピペ

アフィリエイトはブログやサイトに文章を書いて記事にして、広告収入を発生させて報酬を得るという方法が一般的です。 もしこのような方法でもOKならば・・・• 時間を掛けずに片手間で作業が終わるので楽ですよね?• 頭を使う必要がないので、これまた楽ですよね? ではこのような楽をしてアフィリエイトで稼げるのか・・・? はい、正解は、申し訳ございませんが稼ぐことはできません! ではコピペするのは一体なぜダメなのでしょうか?またなぜ稼ぐことができないのでしょうか? という事で今回は、 アフィリエイトで他人の記事をコピペするのがダメな3つの理由についてご紹介していきます。 では早速確認していきましょう。 アフィリエイトで記事をコピペするのはなぜダメか? アフィリエイトで他人の記事を勝手にコピペしてしまっている初心者の方も実は結構多いようです。 悪気があるのか、ないのか、の話しは別として、コピペしていても稼げない!ということを先にお伝えしたいのです。 稼ぐことが目的でアフィリエイトを実践しているのに、いつまで経ってもコピペが原因で稼げないのは、時間の無駄になりますよね。 また今後あなたが アフィリエイトを出来なくなってしまう可能性もあるので、絶対に避けたい行動となります。 では実際にコピペしてしまうとどうなってしまうのか?について危険性をしっかりと確認していきましょう。 1、ペナルティを受ける可能性がある! 他人の記事をコピペしているブログを見たGoogle(検索エンジン)は、あなたの記事を圏外に飛ばしてしまうことがあります。 つまりGoogleからしても、人の記事を丸パクリしている記事など、全く価値がないと判断するため、その記事を検索エンジン上に表示させる意味などないということ。 またあなたがもし、Googleのアドセンス広告を貼っていた場合には、 アドセンスから手動ペナルティを受けて、アカウントが停止となる恐れもあります。 どの道、Googleから嫌われてしまい、検索エンジンに表示されなくなるので、コピペはやめましょう。 2、オリジナル性がないので上位表示されない! Googleから好かれる価値のある良質な記事とは・・・• 独自性のある記事• 信頼性の高い記事• 質の高い記事 このような記事に関しては、価値のある記事としてあなたの記事を上位表示しようとしてくれます。 では、コピペやリライト記事というのは、独自性や質の高い記事とは決して言えないですよね・・・? 他人の 記事を完全にパクった記事なので、オリジナル性もなにもありません。 また、あなたの記事やブログの信頼性も低くなって、結果的に検索圏外に飛ばされてしまうことになります。 ここで例をあげると、超有名店の行列ができるラーメン屋の目の前に、そのラーメン屋の味を丸パクリしたラーメン屋ができたらでしょうか? いくら同じ味だとしても、権威性のある超有名店のラーメン屋にそのまま行列ができて、丸パクリをしたラーメン屋には人は入らないですよね?またそんなお店は信頼性も無くなるので、結果閉店に追い込まれてします。 これと一緒であなたがもし権威性のある有名な記事をパクったら、すぐにバレてGoogleから閉店(検索圏外)に追い込まれてしまうことになるのです。 3、著作権法違反で訴えられる可能性がある! これはブログに限ったことではありません。 他人の文章や画像、デザインなどを盗んだり、リライトしたりしたら、 著作権法違反で訴えられてしまうことになります。 しかし数日後、画像元の管理人さんから連絡があって、「すぐに削除しないと訴えますよ!」とお怒りの連絡がきたそうです。。 このように、訴えられる前でまだ良かったものの、何も知らずに急に訴えられてしまったら、シャレになりませんよね。 このような事態にもし発展してしまえば、今後、インターネット上で発信したとしても、 信頼も何もかも無くなってしまっているので、アフィリエイトをすることもできなくなってしまう可能性だってあります。。 そのため、もし他人の記事を掲載する場合には、引用タグを使って掲載するように、ルールを守りましょうね。 また画像に関してはを使うと良いでしょう。 著作権法違反に関する記事と、引用タグの使い方は以下の記事をご確認ください。 ただこんなことってあるんですよね・・・• コピペするつもりは無かったがかなり似てしまった。。 リライトしてないのに、かなり似た記事内容になってしまった。。 といったように、全く悪気はないのに、いつの間にか、他人の記事に似てしまったり、同じ感じになってしまい、Googleからペナルティを受けてしまうこともあります。 同じキーワードで記事を書いていれば、似たようなタイトルや構成になってしまうことがあります。 コピペはしていないのに、頭の中に他人の記事内容が残っているため、同じような文章になってしまうことがあるんです。 このようなことがないように、私がいつも気をつけていることがあります。 それは、 他人の記事を参考にするのであれば、読むのではなくて、見るだけにしましょう。 最初から最後までしっかりと他人の記事を参考にしようと読んでしまうとやはり似てしまいますが、パッと見るくらいであれば、文字が丸々頭の中に入ることはあまりないので、酷似してしまうこともないのです。 今回は、 アフィリエイトでコピペがNGな3つの理由についてご紹介してきました。 その3つとは・・・• ペナルティを受ける可能性がある!• オリジナル性がないので上位表示されない!• 著作権法違反で訴えられる可能性がある! ・・・ということでしたね。 この3つの理由によって、やはりアフィリエイトで他人の記事を丸パクリしてしまうのはかなり危険なんです。 今後 アフィリエイトが出来なくなってしまったり、著作権法違反で訴えられたら、シャレになりませんよね。。 そのため、あなたの記事が独自性のあるGoogleから好かれる良質記事になるように、記事を書く際にはコピペ、リライト厳禁宣言で楽しくアフィリエイトを行いましょうね。

次の

2chまとめブログはなぜ稼げないのか?大手以外のコピペブログの収益性が壊滅的な理由

アフィリエイト ブログ コピペ

趣味でブログをやっている人、 アフィリエイトで出来れば収入を得たいと思って ブログを始めた人。 特に始めたばかりの人は、 自分のブログに『プライバシーポリシー』を 書いてない状態で数日記事を更新している人も いると思います。 実際私も、始めてひと月ちょっと経過して、 やっとプライバシーポリシーを書いて設置したので、 『そもそもプライバシーポリシーって何?』 『自分のブログにも必要なの?』 『ブログのどこに設置したらいいの?』 疑問がたくさんあって、頭が痛いですよね。 面倒くさいしwww ですが、もし万が一ブログ関係で誰かから訴えられたリしたら もっと面倒な事になりかねません! なので、『プライバシーポリシーの書き方』と 『設置方法』などを紹介していきます。 Googleアドセンスの審査にも プライバシーポリシーの記 載とお問い合せは必須らしいので、 まだプライバシーポリシーを書いていない人で Googleアドセンスをしたいと思っている方は、 すぐに書きましょう!! プライバシーポリシーとは? 個人情報保護方針の事で、意味としては 「サイトを運営するに当たり、 取得した個人情報をどのように扱うのか記載したもの」 になります。 取得した個人情報をどのように保護するのか、 一定の条件で利用するのか、といった 個人情報の扱い方をサイトの管理者が定める必要があります。 Webサイトを運営するだけで、個人情報って集まるの? と思うかもしれませんが、 多くのサイトに設置してあるお問い合わせフォーム、 これはメールアドレスや名前が取得できますし、 アクセス解析ツールを導入している場合であれば、 市区町村単位での住所、使っている機器、 年齢、性別、などを取得することができます。 プライバシーポリシーを簡単に説明すると、 上記のように集まった個人情報を大切に扱います。 あなたには迷惑をかけません。 と宣言していることになります。 プライバシーポリシーが必要なサイトとは? 『Web上に存在している ほぼ全てのWebサイトに プライバシーポリシーが必要です』 『ほぼ』というのは、誰でも見られる状態ではなく、 【広告がない】 【アクセス解析ツールがない】 【お問い合わせフォームがない】 【その他個人情報が集まる仕組みがない】 というサイトは除外されます。 逆にどんなサイトだwww 記載必須の項目 プライバシーポリシーには、 『集まった個人情報を大切に扱います、 あなたには迷惑をかけません』という内容を記載しますが、 以下のサービスを利用している場合、 各サービスが定めた内容を記載してあげる必要があります。 Google Analytics 利用規約が長文な上に難しい表現が多いので、さくっとまとめると… 【プライバシーポリシーを必ず記載しましょう】 【Google Analyticsを使っていることを記載しましょう】 【データ収集にCookieを使用していることを記載しましょう】 【データの収集・処理される仕組みについて記載しましょう】 ちなみに、Cookie(クッキー)というのは、 あなたが訪れたサイトの情報をGoogle Chromeなどの Webブラウザが覚えておいてくれる仕組みのことです。 amazonや楽天に 「最近チェックした商品」が表示されるのもCookieの仕業 ということです。 他にはパスワードの保存などもありますね。 Google AdSense よく『審査が通った・通らない』 『お姉さんが来た・来ない』で話題になるGoogle AdSense。 私も早くやりたいな…今はお金無いからproに出来ないけど。 こちらもさくっとまとめると… GoogleやAdSenseの広告主は Cookieを使用して表示する広告を決めていることを 記載しましょう www. aboutads. info にアクセスすると、 パーソナライズド広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にすることができることを記載しましょう Google Analyticsと同じように 「こんな方法でデータを集めてますよ」 「ちゃんとデータを扱ってますよ」 「嫌なら解除してね」と書いてあるので、 そのようにプライバシーポリシーにも記載すれば大丈夫です。 アソシエイト(Amazon) Amazonアソシエイトのプログラム運営規約の一文より 乙は、乙のサイト上または甲がアソシエイト・プログラム・コンテンツの表示を許可した他の場所のどこかに 「Amazon. jpアソシエイト」または「[乙の名称を挿入]は、Amazon. jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 」の文言を表示しなければなりません。 甲は、この文言を適時変更することがあります。 とあります。 難しい内容のように思えますが、 要は 『Amazonアソシエイトプリグラムに参加しています!』 と宣言してください。 ということなので、プライバシーポリシーに記載しましょう。 重要項目『免責事項』 プライバシーポリシーと並んで重要な 『免責事項』もしっかり記載しましょう。 これは、『あなたのサイトの訪問者に何らかの不利益が講じた場合 どのような条件の時に【あなたが責任を取らないのか】を記載しておくのが 免責事項です。 大体はプライバシーポリシーと同じページに記載されることが多いですね。 私もプライバシーポリシーのページに書いてます。 当サイトからリンクやバナーなどによって 他のサイトに移動された 場合、 移動先サイトで提供される情報、 サービス等について一切の責任を負いません。 この一文、アフィリエイトをされている方のブログでよく見掛けますね。 私のもコレです。 ここで言いたい事は、 例えば私のブログの『おすすめ商品!』記事から誰かが商品を購入して、 思うほど効果が得られなかった場合のいわば『逃げ道』として 「購入する際は自己責任でお願いします」と記載しておきます。 アフィリエイトサイトを運営する際は 必須事項になりますので、 必ず記載するようにしましょう。 後は、自分以外の人が作成した画像や動画(フリー画像、フリー動画を除く)を、 サイトに掲載する場合には、 「当サイトで掲載している画像や動画の著作権・肖像権等は 各権利所有者に帰属致します。 」 私もたまに記事内にYouTubeの動画をリンクで貼ったりしているので、 画像泥棒や動画泥棒と言われないために記載します。 著作権 自分が作成した画像や動画を利用する場合には 「ここにある画像や動画は自分のもの」と記載しておきます。 当サイトに存在する、文章・画像・動画等の 著作物の情報を無断転載することを禁止します。 記載例としてはこんな感じで良いでしょう。 これは、自分の権利を主張することによって 「文章・画像・動画等」を守る事になります。 他所のプライバシーポリシーをコピペしてもOK! なんか、難しくてよく分からない…ってなりますよね。 だったらもう 他所のブログのプライバシーポリシーをコピペで 自分のサイトに貼り付けても良いんです! しかし、そのまま貼り付けると、 自分のサイトと内容が合ってない!! なんて事もあるようなので、 自分のサイトとスタイルが似ている所を選んで、 少し手を加えるなりして使いましょう。 調べると『プライバシーポリシー 雛形』とか 『書き方』がたくさん出て来ます。 設置場所と方法 一般的にはヘッダーに設置する方が多いようですが、 私はサイドバーに設置しました。 まずはプライバシーポリシーの記事を作って投稿しておきます。 ダッシュボードの画面から『デザイン』をクリック! 『カスタマイズ』を開きます 『サイドバー』を開きます 『+モジュールを追加』を選択します 『リンク』を選択します 『リンクのタイトルとURLを貼り付け、設定します』 タイトルには『免責事項』とだけでも大丈夫です。 私はもうお問い合せも一緒にしちゃいましたがwww 次のタイトルに『プライバシーポリシー』と入れて、 隣に先に投稿しておいたプライバシーポリシーの記事の URLをコピーして貼り付けます。 …いや、なんだったの結局?? 表示されたから、まあ良いと言う事にしておきます。 解決するまですごい時間掛かったし、 肩凝るし、頭がぐるぐるして気持ち悪くなるし…もういや。 「プライバシーポリシーを固定ページで作成し、 サイドバーかフッターにリンクを貼る」機能は 有料版のproにしないと出来ない機能なので、 無料版でブログをやっている方は私と同じように 記事にしてから設定するか、 こちらの方の記事で 『はてなの無料版でプライバシーポリシーを フッターに設置するやり方』を 紹介されているので良かったら参考にして下さい まとめ アフィリエイトのブログをやっている人は 必須らしいと聞いて、 慌てて設置したプライバシーポリシーですが、 やり始めるともう頭が混乱して…えらい事になりました。 でもプライバシーポリシーを書いておくことで、 トラブルも防げるし、信頼度も上がるとの事なので頑張って設置しましょうね! mutsukitouka.

次の

ブログにコピペ。これって違法?! [暮らしの法律] All About

アフィリエイト ブログ コピペ

具体的な手順を教えてください。 始めたばかりの完全な初心者です。 「プライバシーポリシー」というのは、 個人情報の取り扱いや、その情報の利用目的についてまとめた文章のこと。 「なんじゃそりゃ?」って思うかもしれませんが、アフィリエイトなどでブログを収益化するなら、記載しておかなければいけない重要な項目なんです。 以下の枠内をそのままコピペしてください。 掲載方法は、このあとの章で解説します。 当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。 「〇〇〇〇」(以下、本サイト)は、ご訪問者が安心してご利用頂けるよう、個人情報の保護に最大限の注意を払います。 本サイトの個人情報保護方針は以下の通りです。 個人情報保護方針(プライバシーポリシー) ご利用者の登録された個人および法人の情報については、本サイトにおいての機能やサービスを提供するためのみに利用します。 個人及び法人の登録情報の保護に細心の注意を払います。 ご利用者の同意なく、適用範囲を超えて登録情報を利用することはありません。 当個人情報保護方針(プライバシーポリシー)の適用範囲は、本サイトが提供する機能、サービスに限定されます。 また、サイトのセキュリティの向上に努め、より安心してご利用頂けるように配慮してまいります。 ご利用者からご提供頂いた個人・法人のプライベートな情報は、ご利用者の同意がない限り第三者に開示することはありません。 ただし、法律に基づき公的機関から要請があった場合や、法令に特別の規定がある場合、お客様や公衆の生命、健康、資産等に重大な損害が発生する恐れがある場合には、適用外となります。 個人情報保護のため、必要に応じて本方針を改定する場合がございます。 改定が行われた場合、利用者がその内容を知ることができるよう、速やかにホームページに公開し、プライバシーポリシーに記載致します。 第三者配信事業者による広告について 本サイトは、Googleなどの第三者配信事業者が配信する広告、その他の広告ネットワークを介した広告を掲載しています。 これらの広告は、広告Cookie を使用して、ユーザーがそのウェッブサイトや他のウェッブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて配信される広告が含まれます。 本サイトにおける広告掲載について 広告によって、Google及び多くのウェッブサイトと関連サービスは無料でご利用することを可能にしています。 Google社は、広告が安全で邪魔にならず、適切に配信されていることに可能な限り努めています。 本サイトもGoogle社の方針を理解し、ユーザーエクスピリエンスの向上に努めながら、広告配信ポリシーに準拠するように努めております。 Cookie とは Cookieは、ユーザーのブラウザに保存される小さなテキストファイルです。 Cookieは、広告掲載の利便性を高めるために使用されています。 Cookieを使用しないと、ユーザーに適切な広告を配信することが難しくなります。 Googleやそのパートナーは、広告 Cookie を使用することによって、適切な広告を配信し、本サイトで表示しています。 広告 Cookie には、個人を特定できる情報は含まれません。 本サイトのご利用者は、Googleの広告設定ページ でパーソナライズ広告を無効にできます。 または、www. aboutads. info のページからパーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にすることができます。 第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。 本サイトで掲載する広告を配信する第三者配信事業者及び広告ネットワーク 以下は本サイトで掲載する広告を配信する事業者及び広告ネットワークです。 各社のプライバシーポリシーについては、リンク先のページをご参照下さい。 Googleの広告ポリシーと規約 Googleと第三者配信事業者と広告ネットワーク Amazon パーソナライズド広告規約 楽天グループ 個人情報保護方針 A8net運営会社ファンコミュニケーションズ行動ターゲティング広告ポリシー afiB アフィリエイトB 株式会社フォーイットプライバシーポリシー moshimoアフィリエイト 株式会社もしも プライバシーポリシー アクセス解析について 本サイトは、Google アナリティクスの広告向け機能を使用しています。 当該、広告向け機能の内容は次のとおりです。 Google アナリティクス リマーケティング Google ディスプライ ネットワークのインプレッション レポート Google アナリティクスのユーザーの分析とインタレスト カテゴリに関するレポート 広告掲載目的のデータ収集(広告 Cookie と識別子によるデータ収集を含む)のためにGoogle アナリティクスを必要とするサービス 本サイトは、Google アナリティクスの広告向けの機能に関するポリシーに準拠し、個人を特定したり、個人を特定できる情報とGoogleの広告サービスまたは広告機能介して収集された個人を特定できない情報を組み合わせたりすることは致しません。 Googleが開発したGoogle アナリティクス オプトアウトアドオン をご利用するとGoogle アナリティクスによる本サイトご利用のお客様のデータ使用を無効にすることができます。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依 頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 冒頭の「〇〇〇」以下、本サイトは、のところは、自分のブログの名前をいれてください。 【運営者】のところは、ブログ上で公開しているハンドル名で構いません。 本名はあまり載せないほうがいいかもしれません。 【初出掲載】は、このプライバシーポリシーを掲載した日でOKです。 「はてなブログ」を収益化するために必要なASPや、アドセンスへポリシーへのリンクも入っているので、そのままコピペで使えます。 はてなブログのaboutページ 通常「プライバシーポリシー」は、固定ページという記事投稿ページとは別の方法で掲載しますが、はてなブログの無料版にはそれがありません。 記事投稿のページで公開しても問題はないのですが、出来れば「記事コンテンツ」と「プライバシーポリシー」は分けたほうがいいので、aboutページで作成しましょう。 ここまでは簡単ですが、これで終わりではありません。 今度はこれを、トップページからすぐアクセスできる位置に設置していきます。 「プライバシーポリシー」をフッターに設置する方法 今度は 「プライバシーポリシー」をフッター部分に設置していく流れを解説していきます。 トップページから直ぐにクリックできるフッターやサイドバー部分に設置するようにしましょう。 プライバシーポリシーの内容を理解すること• プライバシーポリシー規約に従って個人情報を取り扱うこと 1. プライバシーポリシーの内容を理解すること プライバシーポリシーに記載されている内容を理解しておく事が大切です。 「取り合えず設置したからOK」というだけでは、知らず知らずのうちに「プライバシーポリシー」に記載した規約を違反しているかもしれません。 これに関してはで解説されているので、内容が良くわからないという方は、参照してみてください。 プライバシーポリシー規約に従って個人情報を取り扱うこと プライバシーポリシーの内容をなんとなく理解したら、それに従って個人情報を取り扱わなくてはいけません。 お問い合わせフォームを設置していなくても運営者情報で連絡先として管理人のメルアドを掲載していればメールがやっていきます。 そこでもハンドルネームやニックネーム、氏名(本名)を取得する可能性があります。 そこで、きちんと個人情報を大切に取り扱う、つまり基本的には勝手に第三者の手に渡したりしないということを書いておきましょう。 適切な方法で個人情報を管理していきましょう。 はてなブログでアフィリエイトするなら「連絡先の明示」も必須の項目です! 「はてなブログ」をアフィリエイトなどの収益化に利用する場合、プライバシーポリシーだけでなく、 連絡先の明示も必須の項目となります。 要は、「 営利目的で利用するなら、運営者に直接連絡が取れるように連絡先を載せてくださいね」ということです。 自身でプライバシーポリシーを設けている場合、プライバシーポリシー内に記載• ブログのヘッダ、フッタ、サイドバー、プロフィールなど、どの記事からも確認できる箇所に記載 連絡先として表示する情報は、恒常的に受信できるメールアドレスなど、誰でも直接連絡が取れるものとしてください。 コメント欄やSNSアカウントへのリプライなど公開での投稿、SNSのフォロワーや特定サービスの登録者のみが利用できるダイレクトメールやメッセージ機能などは連絡先とみなしません 引用: 運営者の連絡先は 「プライバシーポリシー」内に含んで掲載してもOKということなので、プライバシーポリシーの一番下にでも連絡先を入れておきましょう。 今回は以上です。 最後までありがとうございました。 関連記事 関連記事.

次の