住宅 ローン 控除 シュミレーション。 住宅ローンシミュレーション【スマイティ】

住宅ローン控除シミュレーション計算ツール!長期優良住宅にも対応

住宅 ローン 控除 シュミレーション

住宅ローン控除は新規借入時から10年間、年末ローン残高の1%が住宅ローン控除の金額になります 2014年4月1日~2019年6月30日までに対象となる住宅に入居した人について。 また、住宅ローン控除の上限は年40万円まで、認定長期優良住宅や低炭素建築物では年50万円までとなっています。 例えば、年末のローン残高が2000万円なら、控除額は20万円になります。 差額も計算します。 自分が住む住宅であること 住宅ローン 控除は控除を受けたい方が実際に住む住宅にのみ適用されます。 賃貸で人に貸す住宅や別荘など控除を受ける人が住んでいない住居は住宅ローン控除を受けることができません。 12月31日現在住んでいない住居は控除が受けられません。 12月に住宅を購入しても1月から住み始める場合は前年の住宅控除を受けることができません。 年末に住宅を購入した場合は年内に住民票を移して住みはじめましょう。 住宅を年末年始に売却予定があるとき。 例えば12月29日まで住んでいたとしても、12月30日に不動産を売却してしまった場合はその年の住宅ローン控除を受けることができません。 住宅ローン控除を受けている人が年末年始に住宅を売却しようとするときは12月に住宅を売却するよりも1月に住宅を売却した方がお得ですね。 新規購入した場合半年以内に居住を開始すること 住宅を購入して半年以内に済まないと住宅ローン控除を受けることができません。 住宅ローンの借り入れ期間が10年以上であること 早く返済したいからといっても借入期間が9年以下の場合は住宅ローン控除を受けられません。 住宅ローン控除を受けたい場合は、借入期間を10年以上にしましょう。 勤務先から借り入れる場合は金利が0. 親や親戚や友人などからの私的な借り入れは住宅ローン控除対象外です 親や親戚や友人などからの私的な借り入れは住宅ローン控除対象外です。 延べ床面積が50㎡以上あること ワンルームマンションや、部屋が複数あっても50㎡未満の住宅では住宅ローン控除を受けることができません。 マンションなどでは共有部分の面積は計算に含みません。 また壁芯(へきしん)面積でなく内法(うちのり)面積(実際に使用できる面積)で計算します。 購入予定の住宅が50㎡ぎりぎりの場合は、登記簿の専有面積で確認しましょう。 柱などの面積は含みません。 夫婦などで共有登記している場合は一人当たりの専有面積でなく、住居全体の専有面積で計算します。 その年の所得金額が3000万円以下であること 高給な方や事業を行われている方などで所得金額が3000万円以上になった年には住宅ローン控除を受けられません。 所得金額3000万円以上を目指したいものですねw 居住した年の前後に別の税優遇を受けた方は住宅ローン控除対象外となることがあります 住み替えや買い替えを行った際に、特別控除や10年超保有の税率の軽減などの税優遇を受けた方は住宅ローン控除対象外になります。 中古住宅の住宅ローン 控除(減税) 条件 中古住宅の場合、前述の住宅ローン控除条件に加えて次の条件が追加されます。 新築から何年経過したかの条件 マンションなどで耐火建築物の場合は25年以内に建築されたものであること。 木造など耐火建築物以外の場合は20年以内に建築されたものであること。 親族などから購入したものでないこと 親族など、身内から購入した住居は住宅ローン控除の対象外です。 贈与を受けたものでないこと 住宅ローンの残債がある住宅などを贈与で譲り受けた場合は住宅ローン控除の対象外となります。 住宅ローン 記事一覧• 年収、年齢から見た借入可能額シミュレーション• 新築購入ローン• 中古購入ローン• 土地購入ローン• 増改築ローン• 住宅ローンの繰上返済•

次の

住宅ローン控除計算、減税シミュレーション【ローン計算】

住宅 ローン 控除 シュミレーション

支払総額の少ないローンを確認しよう• このシミュレータは、ローンを借入れた際の住宅ローン控除やすまい給付金を計算するものです。 このシミュレータによる計算結果は、イー・ローンが定めた特定条件に基づいて計算された参考数値であり、控除や給付、およびその金額を保証するものではありません。 シミュレーション結果における各金額の端数は切り上げています。 住宅ローン控除の計算では、「借入額」を物件価格として計算しています。 すまい給付金の計算では、住宅ローンを利用することを前提としています。 すまい給付金の計算における各控除については、以下に従って計算しています。 所得控除は、基礎控除・扶養控除(配偶者控除含む)・社会保険料控除を考慮しており、その他の控除(生命保険料控除等)は考慮していません。 基礎控除・扶養控除は、所得税は一律38万円、住民税は一律33万円としています。 住民税については、調整控除を考慮しています。 社会保険料控除額は、会社員の方を想定しており、一定の試算式に基づいて計算しています。 シミュレーション結果の「支払総額の少ないローンを確認しよう」は、各ローンの適用金利の下限を用いてシミュレーションを行っています。 監修 大林 香世(おおばやし かよ) ファイナンシャル・プランナー(CFPR)、一級ファイナンシャル・プランニング技能士、DCプランナー。 大学卒業後、教育系出版社に入社、教材・雑誌編集などを担当。 その後、独立系FP会社を経て、2000年春より独立系FPとして、ライフプラン全般の相談業務や雑誌・HPのマネー系コラムの執筆などを行っている。 現在、静岡市在住。

次の

住宅ローン控除(減税)シミュレーション

住宅 ローン 控除 シュミレーション

住宅ローンを利用することで戻ってくる控除額はいくら? 住宅ローン控除の制度を最大限に活用すると、 最大で400万円のお金が返ってくることになります。 しかしながら、一気に400万円が戻ってくる訳ではありません。 400万円全額が返ってくることがあった場合には、 10年間にわたって毎年40万円ずつの返金を受けるということになります。 ところが、すべての住宅ローン利用者に400万円の控除が適用されるわけではありません。 例えば、住宅の価格が1,000万円で住宅ローンを800万円分利用したという人にまでこの住宅ローン全額の控除を利用できるようになる訳ではないということです。 この住宅ローン全額の控除を受けることが出来るのは、 10年間のローン残高が4,000万円を超過していることが必要です。 更に、控除を受けるのですから、納める所得税等の税金が年間で40万円を上回っていることが求められます。 本記事執筆当時は控除申請の対象期間となっていますが、最新の内容につきましては一度ご自身でもご確認して頂き、ご利用して頂ければと思います。 ご不明であれば、住宅ローンの専門家等にお尋ねください。 パターン別の控除額戻り額について さて、ここからが問題となるのですが、先ほど住宅ローン控除は「最大400万円」ということですが、最大以外の控除金額はどのようになっているかという点も気になるところではないかと思います。 控除の内容は、以下のような条件によって変動することになります。 (1)住宅ローン残高• (2)税金• (3)住宅の効果・機能 (1)先程もご説明しました通り、最大400万円の控除を受けることができるのは、ローンの残高が4,000万円以上残っている場合に限ります。 つまり、それ未満しか残っていない場合には、少なくなってしまうということを意味します。 そのため、住宅ローン残高が2,000万円の人であれば20万円ということになります。 (2)住宅ローンの控除は確定申告の際に、支払う税金より控除されることになりますので、 控除金額よりも所得税が高いことが必要になります。 よって、住宅ローン残高が2,000万円の人は20万円の控除がされるのですから、所得税が20万円以下の場合、その金額のみの控除となります。 ただし、住民税に対しても及ぶことが出来ますので、併せて20万円とすることも可能です。 (3)通常の住宅ローン控除では、400万円まで控除を受けることが出来ますが、 認定長期優良住宅など一部の指定された住宅を建てられる際には、特別に控除額が大きくなるようになっています。 こうした住宅では、500万円まで最大に控除を受けることが可能ですので、物件が対象となるのか、購入前に確認してみるのも良いかもしれません。 事例を基にシミュレーションしてみましょう 住宅ローンにより控除できる金額はどのようになるのか実際の事例をもとに検討してみたいと思います。 それでは、以下のケースを考えてみましょう。 ケース)Aさんは、最近3,000万円の一般的な構造及び機能性を有する物件を購入し、住宅ローンを組んだところ、この年の年末に住宅ローンの残高が2,800万円であることが分かりました。 本制度の最大限度額は毎年40万円であることから、28万円の控除は適用されうることが分かりました。 まず所得税15万円は、今回の住宅ローン控除対象額の28万円以内ですので、全額控除の対象とすることが出来ます。 ここで、計算の結果として3(=13-10)万円が残りますが、これはその他に使用することが出来ないことになっています。 また、翌年に繰り越しすることもできません。 住宅ローン控除のために必要な条件とは? それでは、住宅ローン控除を受けるために必要となる条件について見ていきたいと思います。 (1)10年以上にわたる住宅ローンを組んでいること• (2)対象となる物件の延べ床面積が50㎡以上であること• (3)ローンを借りる者の経費等を差し引いた所得金額が3,000万円以下であること• (4)リフォームをする場合には、リフォーム費用が100万円以上であること• (5)中古であれば、鉄筋コンクリートなどの対価建築物は築25年以内、それ以外の木造建築住宅などは築20年以内のものであること 上記はあくまで一例であり、その他の細かい個別具体的な条件については、ご自身で調べて頂くか、住宅ローンの専門家に確認を取るようにしてください。 まとめ 住宅ローンの控除制度について少しはご理解頂けましたでしょうか。 まずは、住宅ローンを利用することで控除という形でお金が返ってくることが分かりました。 その上で、控除には上限が決まっており、最大で400万円、毎年40万円を10年間にわたることが限度となっていました(ただし、認定長期優良住宅等では500万円が最大)。 また、実際に住宅ローンの控除がどのように計算されるのかもシミュレーションを行うことでご確認頂けたのではないでしょうか。 住宅ローン控除を受けるためにはいくつかの細かい条件を満たしておく必要があるため、住宅ローン控除を賢く活用するためには、ローンを組む前からどのような物件を選べば良いのか、慎重に検討する必要があるイメージを掴んで頂ければ嬉しいです。

次の