抗 コリン 作用 と は。 抗コリン薬リスクスケールと誤嚥性肺炎について

抗コリン薬(神経因性膀胱、過活動膀胱)の解説|日経メディカル処方薬事典

抗 コリン 作用 と は

目次(クリックすると移動します)• 気管支拡張薬の種類 日本で気管支拡張薬として承認されて使用されている薬は、 『,テオフィリン,抗コリン剤』の3つに分類されます。 今回は、その中でも テオフィリンと 抗コリン剤について紹介します。 テオフィリン テオフィリンとは テオフィリンは、気管支拡張薬として、重症の気管支喘息やCOPD、慢性気管支炎の治療に使用されます。 作用機序については、まだはっきり解明されていないところも多くあります。 また、テオフィリンは、気管支拡張以外にも、抗炎症作用、横隔膜の収縮力増強、中枢神経興奮作用、強心利尿作用があります。 特に、テオフィリンと吸入ステロイドを併用することにより気道炎症について効果があるということに期待されています。 テオフィリンの注意点・副作用 テオフィリンを使用する場合の注意点としては、薬剤の血中濃度における、安全値領域が狭いことです。 薬の効果が現れる薬剤濃度と副作用が現れる薬の濃度が近いことを、安全値領域が狭いといいます。 過去にテオフィリンの過剰投与により、意識障害を起こし脳障害を残した症例もあります。 その為、アメリカでは、喘息治療の初期段階ではテオフィリンを使用することが推奨されていません。 テオフィリン使用時は、なるべく少な目の投与量から開始して、増量する場合は血中濃度を測定しながら投与量を検討する必要があります。 テオフィリンの商品名 内服薬は、テオフィリン濃度が血中で急激に上昇するのを防ぐために、 徐放剤が使用されます。 徐放剤とは、錠剤が体内で少しずつ分解され薬剤の効果が出るように、工夫された製剤です。 テオフィリンの内服徐放剤としては テオドールR テオロングR ユニフィルR スロービッドR などが用いられています。 静注薬もあり、アミノフィリン(ネオフィリンR)は急性の気管攣縮に対して使用されます。 抗コリン剤 抗コリン剤とは 抗コリン剤は、気管支を収縮させる神経伝達物質であるアセチルコリンの作用を阻害することにより、気管支を拡張させます。 薬剤の作用時間により、 短時間作用型抗コリン剤(SAMA)と 長時間作用型抗コリン剤(LAMA)に分類されます。 特に、LAMAは、作用時間が長いことから、 COPD治療の第一選択薬として使用されます。 抗コリン剤の注意点・副作用 抗コリン剤の副作用としては、 口腔内の乾燥、味覚障害、便秘、胃の不快感などが主になります。 まれに、 気道収縮を惹起することがあるので、吸入後は患者をよく観察することが大切です。 禁忌の疾患は、 前立腺肥大の尿閉、緑内障、アトロピンに対する過敏があります。 抗コリン剤は、これらの疾患を悪化させる恐れがあります。 med. u-toyama. html 第20回3学会呼吸療法認定士認定講習会テキスト 攻略2015呼吸療法認定士たしかめドリル.

次の

抗コリン薬リスクスケールと誤嚥性肺炎について

抗 コリン 作用 と は

ベラドンナの果実 は、学名 Atropa belladonnaと呼ばれ、古くから用いられてきた。 ベラドンナには、やといった成分が含まれ、これらは抗コリン薬として用いられる。 機序 [ ] は神経伝達物質として、身体の様々な機能に関わっている。 このアセチルコリンが作用するときに結合する部位が、である。 さらにには、とが存在する。 抗コリン薬は、このうちムスカリン受容体にアセチルコリンが結合して作用するのを阻害する。 つまり、である。 用途 [ ] 胃腸の過活動、失禁、吐き気の抑制 [ ] (ブスコパン)のような抗コリン薬は、胃腸の過活動による、胃痛や腹痛、また乗り物酔いの抑制などにも用いられる。 抗コリン性抗パーキンソン病薬 [ ] 詳細は「」を参照• 第一世代の :(レスタミン、)や (ヒベルナ、ピレチア)など。 改良された抗コリン作用のないが、1980年代より登場している。 低力価の抗精神病薬 :フェノチアジン系 の や など。 : や など。 :(セルシン)(デパス)など。 胃腸鎮痙薬:塩酸ジサイクロミン(レスポリミン)、臭化プロパンテリン など。 抗コリン中毒 [ ] 抗コリン剤の過剰摂取や、抗コリン作用のあるとの併用によって生じる中毒状態であり、、、、、、などの症状が生じる救急状態である。 認知症リスクの増加 [ ] 抗コリン作用のある薬剤を長期間、摂取するとアルツハイマー病などのの発症リスクが高まる可能性があることが報告され、10年間で91日分から365日分の使用では1. 19倍、1095日まででは1. 23倍、1096日以上では1. 54倍であった。 禁忌 [ ] 抗コリン薬はや尿路に閉塞性疾患がある場合には投与が禁忌になっている。 これらの持つ人に抗コリン薬を投与すると、排尿障害を来たすおそれがある。 抗コリン薬には、の排出力を弱めるとともに、を細く収縮し、を悪くする作用がある [ ]。 脚注 [ ] []• ; Church, Martin K. 2011. World Allergy Organization Journal 4 Supplement : S22—S27. 精神医学講座担当者会議 監修 、佐藤光源、丹羽真一、井上新平 編集 『統合失調症治療ガイドライン』医学書院、2008年、第2版、124頁。 Medエッジ. 2015年2月7日. 2015年3月1日閲覧。 Gray, Shelly L. ; Anderson, Melissa L. ; Dublin, Sascha; Hanlon, Joseph T. ; Hubbard, Rebecca; Walker, Rod; Yu, Onchee; Crane, Paul K. et al. 2015. JAMA Internal Medicine. 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、に関連した です。

次の

抗ヒスタミン薬の抗コリン作用、眠気の違いについて(登録販売者試験)

抗 コリン 作用 と は

バップフォー(プロピベリン)の作用機序:過活動膀胱(OAB)治療薬 急にトイレに行きたくなってしまうなど、尿のトラブルとして過活動膀胱(OAB)という病気があります。 ただトイレが近いだけなら良いですが、日常生活にまで支障が出てくるようであると病気として治療しなければいけません。 この時に使用される薬として プロピベリン(商品名:バップフォー)があります。 プロピベリンは 抗コリン薬と呼ばれる種類の薬になります。 抗コリン薬による過活動膀胱(OAB)の治療 過活動膀胱では、意図しない時に膀胱が勝手に収縮してしまいます。 尿が溜まっている膀胱が収縮すると、その分だけ尿が出やすくなってしまいます。 その結果、急に尿意を催してしまう「尿意切迫感」や何回もトイレに行くようになる「頻尿」などが症状として表れるようになります。 膀胱の収縮が行われる時にはシグナルが必要であり、この時のシグナルとして アセチルコリンという物質が知られています。 アセチルコリンが膀胱の筋肉に作用して膀胱を収縮させます。 これによって、尿を出すように働きかけます。 そのため、 アセチルコリンの働きを阻害すれば、膀胱の収縮を抑えて過活動膀胱を治療できることが分かります。 前述の通り、アセチルコリンは膀胱の筋肉に作用します。 膀胱の筋肉にはアセチルコリンが作用するための受容体が存在しており、この受容体を阻害すればアセチルコリンは作用できなくなります。 そして、アセチルコリンが作用する受容体の阻害薬を総称して 抗コリン薬と呼びます。 この抗コリン薬による過活動膀胱治療薬としてプロピベリン(商品名:バップフォー)が使用されます。 プロピベリン(商品名:バップフォー)の特徴 アセチルコリンは膀胱を収縮させる作用があるため、この働きを阻害する抗コリン薬は過活動膀胱(OAB)の治療薬となります。 そして、前述の通り プロピベリン(商品名:バップフォー)は抗コリン作用によって過活動膀胱の症状を抑えます。 このように膀胱の収縮関わっているアセチルコリンですが、実は膀胱の収縮には他のシグナルも関与しています。 このシグナルとしてカルシウムがあります。 骨の成分として有名なカルシウムですが、 筋肉の収縮などにもカルシウムが関与しています。 そのため、カルシウムの作用を抑えることによっても、膀胱の筋肉での収縮を抑えることで過活動膀胱を治療できる事が分かります。 「カルシウムの効果を阻害する作用」を専門用語では、「カルシウム拮抗作用」と呼びます。 また、 プロピベリン(商品名:バップフォー)は抗コリン作用以外にも、カルシウムの作用を阻害する働き(カルシウム拮抗作用)を有してします。 これにより、ダブルの作用によって膀胱を弛緩させて尿を溜めやすくさせることができます。 このように、抗コリン作用とカルシウム拮抗作用によって過活動膀胱(OAB)を治療する薬がプロピベリン(商品名:バップフォー)です。

次の