チャンネル登録者 1000人 収益。 【YouTube】チャンネル登録者が1000人超えるとどうなる?

Youtubeチャンネル登録者10000人達成までの記録と収益

チャンネル登録者 1000人 収益

収益化条件(2019年8月現在時点)• チャンネル登録者1000人以上• 過去12ヶ月間の総再生時間が4000時間以上 色んな方のブログを読んでみると4000時間は簡単にクリアできるが、チャンネル登録者数1000人が厳しいという声が多かったのですが、自分の場合はチャンネル登録者数1000人よりも総再生時間4000時間の方が厳しく感じます。 原因を考えてみた Roa Musicの動画ジャンルは 音楽で動画の長さは平均3分程度です。 なので動画の 再生回数に比べて再生時間が少ないです。 おそらく他のチャンネルで顔出しして話している動画などは5分や10分の動画が多いと思います。 さらに顔出ししてお話している動画は人が動いているので飽きを感じさせにくいのかと思います。 そして自分の場合は音楽にヴォーカルを入れていないので、ヴォーカルのある曲を求めている方は数十秒で動画を閉じると思います。 あとは単純にもっと再生回数が必要です。。 ただメリットとしては、ヴォーカルを入れていないのでどの国の人も対象になるということです。 なのでチャンネル登録者は増やしやすいです。 改善策について まだこれといって再生時間を増やす策を実施してませんがいくつか試してみようと思うことはあります。 (もしこの記事を見てくれていてこうした方がいいんじゃない?というアドバイス等ありましたら教えてください!) 改善策その1〜ベストアルバム的な動画を作る 今まで作成した音楽を1つにまとめて約1時間くらいのBGMとして聴ける動画にするという策です。 これは一度だけ作成したことがあるので様子見の状況です。 ただ他の3分ほどの動画に比べて再生回数に対しての再生時間は上がっているので今の所効果ありだと思っています。 改善策その2〜作業用BGMを作る 先程の改善策その1と似ているのですが、新たに作業用BGMとして1,2時間の長時間動画を作ってみようかと思っています。 自分の動画はBGMとしては曲に盛り上がりがありすぎるので、何か作業しながらでも聞き流せるようなBGMを作ってみようかと思います。 改善策その3〜音楽をLIVE配信する 自分の音楽や著作権フリーの音楽を集めてひたすら音楽を流すLIVE配信を考えています。 情報が少なく定かでは無いのですがこれも総再生時間に含まれる可能性があります。 実際に自分で確かめてみないことにはわからないですがもしそうであれば自分が仕事中やお出かけ中にLIVE配信をしておけば少なからず再生時間が増えるはずです。 これはまだ調査段階ですので実施した場合は結果報告させていただきます。 改善策その4〜Google広告を活用する 最近は少なめですがここ3ヶ月ほどGoogle広告を使っています。 チャンネル登録者が短期間で増えたのは明らかにこのGoogle広告のおかげです。 今まではディスカバリー広告を付けていましたが、インストリーム広告も出してみようかと思います。 デメリットもあるのでよく考えてからですが、目的が再生時間を増やすということであればインストリーム広告も使えそうだと思ったからです。 上記4つの策が思いつきましたがもっと考えるだけ策はあると思います。 自分の場合はチャンネル登録者を増やすというよりはまず再生時間を増やす方法を考えて収益化につなげる必要があると思っています。 チャンネル登録者はGoogle広告を使えばかなり増えることが分かったので、あとはその再生時間の問題をクリアすれば収益化はできそうですね。 もしこの記事を見てくれている方で、収益化に向けて悩んでいること等ありましたら教えていただけるとありがたいです。 自分の参考にもしたいですし、なにか少しでも役に立てればと思います。

次の

底辺YouTuber顔出しなし1年の収益!登録者4000人の収入

チャンネル登録者 1000人 収益

では自分の投稿した動画に、 広告を掲載することで、収益を得ることができます。 ところが、広告は誰でも貼れるわけではありません。 広告を張るためには、 - チャンネル登録者数が1000人を超える - そのチャンネルの総再生時間が4000時間を超える という条件を満たさないといけません。 特に、一つ目の「チャンネル登録者数1000人」というのは、 自分の動画を継続的に見てもいいよという人を 1000人集めることになるので、 結構難しい条件とされています。 そこで、興味があるのが、 チャンネル登録者数1000人を超えた人と超えてない人に どんな違いがあるかということです。 なので、この記事では、 チャンネル登録者数1000人付近のチャンネルを調べて、 1000人を超えている人と超えていない人で何か差はあるのかをみていきます。 そして、チャンネル登録者数が1000人を超えたチャンネルと、 超えていないチャンネルで、どのような違いがあるかを調べていきます。 1000人を境に違いがあるかどうかを見たいので、 チャンネル登録者数が800人~1200人のチャンネルのみを抜き出すことにします。 1000人を境にした違い それでは、さっそく登録者数が1000人を超えたチャンネルと、 超えていないチャンネルでどのような違いがあるかを見ていきましょう。 総再生数 まずは、一番違いが出そうな再生数の違いを見てみましょう。 チャンネル登録の流れとしては、 まず動画を再生してみてから、 登録するかどうかを決めるのが普通だと思うので、 再生が多いということは、登録の機会が多いということになりそうです。 左側がチャンネル登録者数1000人を超えたチャンネルで、 右側がチャンネル登録者数1000人未満のチャンネルです。 箱ひげ図で外れ値を除いた最大、最小、四分位数を示しています。 予想通り、登録者1000人以上のチャンネルの方が、 再生数が多い傾向にありそうです。 不思議なのは、 再生数が100を超えていないのに、 チャンネル登録者数が1000人を超えているチャンネルがあるということです。 これは動画を見ずにチャンネル登録をした人がかなりの数いるということでしょうか。 あるいは登録後に動画を削除したのかもしれませんね。 グラフを見ると、 登録者1000人越えの目安となる再生数は 10万~100万再生当たりでしょうか。 ただ、それだけの再生があっても、 登録者数が1000人未満のチャンネルもあるので、あくまで目安ですね。 動画投稿数 次に気になるのは、動画本数ですね。 数打てば当たるものなのかどうか、気になるところです。 再生回数ほどではありませんが、 チャンネル登録者数が1000人越えの方が、 投稿数が多い傾向がうっすら見えますね。 グラフを見ると投稿数100くらいが丁度中央値になっているので、 目指すはまず100動画投稿でしょうか。 とはいえ、100動画投稿しても1000人登録に満たないチャネルがたくさんあるので、 確実にいくなら1万投稿くらいを目指さないといけないかもしれないですね。 高評価率 再生数と投稿数は違いがありそうですが、 動画の評価に差はあるのでしょうか。 ということで、高評価の割合の違いを見てみましょう。 グラフを見るとあんまり差はなさそうですね。 ということは、動画の評価は気にしなくてよさそうですね。 とはいえ、大抵の動画が高評価が8割以上あるということなので、 これを下回ると、気持ち的に悲しいですね。 まとめ のチャンネル登録者数1000人という条件をクリアするために、 1000人を超えたチャンネルとそうでないチャンネルでの違いを見てきました。 まとめると、 - 再生数を増やすことが重要 - 総再生10万~100万くらいが一つの目安 - 動画の評価は気にしなくていい となりますね。 とにかく、再生が多ければ、登録の機会も増えるので、 再生されることが大事であることがわかりました。 u874072e.

次の

【YouTube】チャンネル登録者が1000人超えるとどうなる?

チャンネル登録者 1000人 収益

2年運営でチャンネル登録者数1000人以下な残念な事例 私のチャンネルは• チャンネル開始から1年間でチャンネル登録者数は200人• そこからさらに1年たってチャンネル登録者数はなんとか500人弱 チャンネル登録者数が2年で500人 センスないから自分には無理かな、、 もう辞めようかな、、 と思ったそのとき たった1週間でチャンネル登録者数が一気に1300人増えました。 そしてAdSenseの即収益化をして、今は毎月5桁円の収益が出始めたところです。 私的チャンネル登録者数1000人突破のコツ 私のチャンネルはガジェットやグルメ、ドライブや日常など雑記のようなビデオブログのようななんだかわからないチャンネルです。 しかし、そんな私のチャンネルでもチャンネル登録者数が1000人を超えました。 収益も一応5桁の収益が毎月入り始めました。 個人のYouTubeチャンネルでチャンネル登録者数1000人を超えるにはコツがあることに気づきました。 雑多な個人のチャンネル• 見た目の冴えない40代後半男性のビデオブログ• 誰でも持ってるようなアイテムしか紹介してない動画 そんなチャンネルです。 私の運営するチャンネルも1000人超えるまでは非常に苦労しました。 諦めかけている方もいると思いますが、雑多な個人による日記的動画チャンネルでどうやってチャンネル登録者数1000人を突破したのか?具体例を残しておきます。 最初の1年は面白くて動画投稿してた 最初の1年は動画アップするのが楽しくていろんな動画をアップしてました しかし、 1年間頑張って編集した動画をアップしてもなかなかチャンネル登録者数は増えません。 しかしながら、数本の動画が1万回再生を超えるなど、それなりに再生されたため年間のトータル動画再生数は10万回に届く程度でした。 2年目に諦めかけていた 2年目に入り、YouTubeチャンネル運営のコツなんかをいろいろ勉強しました。 しかし、そもそも自分自身が出演者として魅力がない。 そんな中年男性が運営するチャンネルです。 チャンネルの出演者のファンなんてどこにもいない。 動画をたまたま見た人もファンになるはずもない。 2年目はたまたま5万再生を超える動画が出たため、トータルで300人程度のチャンネル登録者数が増えました。 1年目 200人 2年目 300人 なんとか500人まで来ましたが、収益化ポイントの1000人突破がまったくもって見えません。 2年目も頑張って動画50本ほど投入しました。 編集技術も上がって、毎月お金のかかる を導入して自分なりに動画のクオリティは挙げてました。 しかし、• 出演者は普通のおっさん• ごく普通に外食行くような動画• ごく普通にドライブする動画• お気に入りのアイテムの紹介• とりあえず、物言ってみる動画 どれをやっても特に再生数は伸びません。 しかし、アイテム紹介やグルメ、旅行の動画がたまに再生数伸びるものとなり、再生回数だけ1万回超えるようなものが2,3本出る。 そんな程度のチャンネルです。 もう無理だ。。 絶対1000人なんて無理。 もう辞めよう。 そう思った時 半年前に投稿したけっこう短めの動画が10万回超える再生 プチバズり動画でチャンネルに変化 自分的にはバズるような動画だと思ってないのに、急に再生回数が増えた動画。 それが1年9ヶ月目に突然再生回数が伸びます。 急激な再生回数の伸びが出た動画は その6ヶ月ほど前にアップした動画です。 そして、その際、チャンネル登録者数が200人ほど増えたわけです。 2年目でトータル300人増えたうちの半数以上がこの期間に増えたチャンネル登録者です。 その後、鳴かず飛ばず 1年9ヶ月でチャンネル登録者数が500人 1000人は無理と思ったものの、 10万回も見てくれて人がいて そのうち200人がチャンネル登録者になった。 せめて、チャンネル登録してくれてる人に向けて動画作るか。。 とそのプチバズ動画と同じジャンルの動画を3本ほどシリーズ化してアップロードしました。 すると、 私のチャンネルでアップする動画に劇的な変化が訪れます。 もちろん、しっかりと編集した動画です。 ジャンル統一とシリーズ化で爆裂 さきほどのこのAnalyticsのキャプチャですが、 1年9ヶ月目のプチブレイクから、1ヶ月半ほど再生回数が元通りに下がってしまいます。 しかし、ちょうどゴールデンウイーク直前に プチバズした動画と同じジャンルの動画をアップ さらに2本、その動画のつづき的なシリーズにすることで、 今まで見たこと無いようなアクセス 1日に1万回再生、翌日は3万再生、最高で4万再生近くまで伸び あれよあれよと、一気にこの期間だけでチャンネル登録者数は1000人ほど増えました。 その後、チャンネル登録者数は1ヶ月に300人程度増加するペースが続いています。 チャンネル登録者数を増やすコツ YouTubeチャンネルを運営するコツはいろいろあると思いますが、• 元気に喋ってもチャンネル登録者数は増えない• 明るく振る舞ってもチャンネル登録者数は増えない• 面白いことを撮影編集してもチャンネル登録者数は増えない あなたが普通の人なら何をやってもウケないはずです。 ウケる人ならチャンネル登録者数はとっくに増えてるはずです。 そんなウケ狙いが難しい人 ごく普通の人でもチャンネル登録者数が増えるコツがあるとすれば答えは一つです。 一貫して統一したジャンルのチャンネルであること 料理なら料理、釣りなら釣り、お得情報、お金儲け、美人、イケメン、ナンパ、面白 なんでもいいのですが、チャンネルでアップされる動画がひとつのジャンルに統一されることで、視聴者がチャンネル登録しやすい傾向にあります。 なので、もし雑多な日常や少なことをまんべんなくアップしてるチャンネルで登録者が増えないのなら、• 過去に一番再生回数伸びた動画のジャンルにあわせて動画作る• 最近で一番再生回数のびた動画のジャンルにあわせて動画作る これを心がけると、YouTubeのアルゴリズムが急激に反応します。 チャンネル動画をジャンル統一して以下の要件を満たすと再生回数もチャンネル登録者数も増えます。 高評価、低評価、率があがる• チャンネル登録率が上がる• 視聴時間維持率が上がる• コメント率が上がる• 視聴者があなたのチャンネル内の動画を回遊する率が上がる これらの視聴者のアクション率が上がれば爆裂への導火線に着火した状態です。 そして、YouTubeのブラウジング(おすすめ)で今まであなたのチャンネル見たことも聞いたこともない人のスマホ画面トップへじゃんじゃん動画が紹介されます。 1000人登録のきっかけとなる「やったこと」 2年で500人しかチャンネル登録者数が伸びなかったのに、突然1週間で1000人以上チャンネル登録者数が増えたコツは以下の行動に起因しています。 AdobePremiere Proで編集レベルを上げた 多くの です。 YouTube内でも使い方チュートリアルが多いPremiere Proは短期間で高い編集スキルを学べます。 大好きなYouTubeで動画見ながら編集がレベルアップできます。 そんなソフトを使うことで動画のクオリティは著しくアップしました。 動画のカット• 色合い• トランジション• 聞き取りやすい演者の音声• うるさくないBGMのミキシング このあたり、 とくに音声編集に非常に気を使いました。 たぶん、これが起爆剤になってると思います。 Premiere Proは単体利用でも月額2600円ほどかかりますが、今は5桁のYouTube収益が出てるので元は取れてます。 ほんと勉強してよかったと思ってます。 ジャンルを統一した 最も重要なのがこれ。 みんなが憧れるユーチューバーは「いわゆる雑多なユーチューバー」です。 レビューもすれば、企画ものまで何でもやるチャンネル。 こういうのは有名になってからじゃないと再生回数が伸びない。 誰も見てくれない。 誰も見てくさないとオススメに表示されない。 関連にも表示されない。 ジャンルを統一して細かく同ジャンルの動画の関連をねらうなど、自分なりのオリジナル動画を撮影編集していきます。 すると、今まで動画アップしても初日に50回も再生されなかったチャンネルなのに、統一チャンネルになったあとは毎回アップロード初日で24時間で1000回再生超えるようになりました。 あくまでも個人的な事例ですが、 雑多なチャンネル運営で心が折れそうな方はジャンル統一と編集レベルのアップを心がけると、明るい未来が急激に近づくかもしれませんね。

次の