外壁 塗装 挨拶 文。 外壁塗装工事の近隣あいさつ

外壁塗装の近所挨拶の範囲は?持って行くものは?

外壁 塗装 挨拶 文

家を維持するためには、メンテナンスが必要です。 そして外壁も痛みが見えたら外壁塗装をして防水塗装をすることによって、家の劣化を遅らせることになるのです。 外壁塗装をすることになったら、いろいろとやらなければならないことがあります。 それは家の庭や工事の方がはいってくる場所の整理です。 少しでも作業効率を上げるためには、邪魔になるものがない状態にすることが必要なのです。 そしてご近所のかたに挨拶をしたほうがいいのです。 日々暮らしていて、ご近所とのお付き合いも大事です。 まして、外壁塗装は日数がかかりますし、作業にともなってご近所のかたに不便を与える可能性があるからです。 たとえば、足場の組み立てのときは、車両が道路を塞いでしまう可能性もありますし、足場を組む金属の音が気になるかたもいるでしょう。 また、塗装の前の家の洗浄のときは高圧の洗浄機器で洗うのでご近所の、洗濯ものが濡れる可能性があるのです。 さらに工期も1カ月くらいかかる可能性があるので、それを含めてご挨拶したほうがいいのです。 ご挨拶は、工事の現場監督と一緒に、タオルやお菓子などをもって、ご挨拶をしたほうがいいでしょう。 きちんと迷惑をおかけしますと、お話して品物を渡すことによって、その後のトラブルを軽減させることができるのです。 外壁塗装は工事が大変ということもありますが、ご近所とのトラブルもなく終わらせるということにも配慮が必要になってくるのです。

次の

工事の前に行う挨拶のやり方を紹介! ルールや注意点なども解説

外壁 塗装 挨拶 文

足場を組む必要があるなど、どうしても大掛かりになってしまうのが外壁や屋根の塗装工事です。 外壁や屋根の塗装を行う際の、騒音や塗料の臭気などをめぐるご近所トラブルを防ぐために、施工前のご近所への挨拶まわりが必要不可欠です。 塗装前に挨拶まわりが必要な理由 それでは具体的になぜ、ご近所へ挨拶まわりをする必要があるのかを説明します。 道端に車を駐車する必要があるから 足場を運び込む車や、私たちの使う道具を詰んだ車は、近くに駐車するスペースがなければ、塗装を行うお家のすぐ横の道に寄せて、駐車をします。 塗装を行っている間は、車を停めっぱなしにするので、道幅が狭くなってしまいます。 やはり、付近の住民の方にとっては少なからずご迷惑になりますので、安全面も考慮した上で、「ご迷惑をおかけすることになりますが……」とひと声かけておくのがマナーです。 塗料の臭気が発生するから また、塗装を行う上で避けて通れないのが、塗料の臭気の問題です。 塗料の種類によって、ニオイのきつさに差はありますが、外壁塗装の場合も屋根塗装の場合も、広い範囲に塗料を使うことには間違いないので、どうしてもシンナーっぽいニオイが発生してしまいます。 もし、近所で塗装工事を行っていることを知らずに、いきなりシンナーのようなニオイが発生したら、「どこからか変なニオイがする! 」と不安になってしまいますよね。 ですので、塗料の臭気が影響すると思われるお家には、事前にニオイが発生することを伝えておかなくてはならないのです。 足場を組む時・解体する時に騒音が発生するから 足場は金属なので、組み立てるときや解体する時に足場同士がぶつかりあうと、ガンガンと音が鳴ってしまいます。 もちろん、夜間に組み立てることはありませんが、昼間でも在宅していれば騒音は気になってしまうもの。 近所で足場を組み立てている 解体している ことを知らなければ、「いったい何の音なの? 」とイライラしてしまいます。 高圧洗浄の水が飛ぶ可能性があるから 家と家の間が狭い住宅地などでは、高圧洗浄を行う際、洗浄機械から噴き出して外壁に跳ね返った水が、両隣や裏のお家に飛ぶ可能性があります。 ブルーシートで家全体をカバーし、その中で高圧洗浄を行うので、びしょびしょになってしまうというような可能性は少ないですが、何も知らされずに水が飛んできたら、イヤな気持ちを持ってしまいかねません。 道端に車を駐車するので、道幅が狭くなる• 臭気が発生する• 足場を組む時・解体する時に騒音がする• 水が飛んでくる可能性がある これらは、外壁塗装・屋根塗装を行う際には、どうしても起きてしまう仕方のないことです。 でも、仕方ないからといって、ご近所さんに何も言わずに塗装工事を行うと、「配慮がないのでは? 」と思われたり、最悪、深刻なご近所トラブルに発展してしまう可能性があります。 ですので日栄企画ぬり太郎は、お客様が大変な目に合わないよう、塗装前にあらかじめ近隣住民の方へのご挨拶をさせていただいているのです。 外壁塗装・屋根塗装前の近隣挨拶の流れ 日栄企画ぬり太郎では、 両隣のお家、お向かいのお家、裏のお家、その他にお客様が希望されるお家など、大体6~7件回って、ご迷惑をかける旨の挨拶と、工事に関する簡単な説明を行っています。 近隣挨拶の当日には、粗品と、挨拶文と塗装作業の工程が書かれたチラシを持って、1件1件お家をまわっていきます。 ご不在の場合は、ポストなどにチラシだけ投函させていただいています。 特に、• 足場を組み立て・解体する日にち• 狭い場所の場合、水洗いをする日にち を、しっかりお伝えしています。 こうして1件1件、近隣の方へご挨拶をしていくことで、塗装作業の内容やご迷惑をかけてしまう部分について、ご理解をいただいております。 また、近隣へのご挨拶ですが、もちろん私たちだけで行うこともできるのですが、 出来れば立ち会っていただきたいと思っています。 なぜなら、やはり当人であるお客様が、直接挨拶に来てくれることで、かなり印象が良くなるからです。 私たちにとっても、塗装のご依頼を下さったお客様が、塗装がきっかけで近隣トラブルに巻き込まれてしまうのは、心が痛いです。 近隣の方はもちろん、お客様自身の安心のために挨拶は欠かさず行わせていただきます! 日栄企画ぬり太郎まで!

次の

外壁塗装の近隣挨拶はどうする?

外壁 塗装 挨拶 文

外壁塗装工事の1週間前位になるとご近所に挨拶回りに行く必要があります。 普通、工事会社の方で外壁塗装工事の前にご近所への挨拶まわりはしてくれますが、業者任せにせず、自分でもまわった方が心証が良いでしょう。 外壁塗装工事では足場を組んだり解体する時にはどうしてもカンカンという大きな音が出ますし、塗料の匂いがしたり、工事の車が出入りしたりで何かと迷惑をかける事になります。 「うるさいなー」「臭いなー」と思っても予め住人自ら挨拶回りをして風通し良くしておけば案外大目に見てもらえるものです。 挨拶まわりを塗装業者に任せっぱなしで、本人からの挨拶が全く無しでは感情的にそうはいきませんからね。 我家の場合も塗装工事会社の営業さんの方でも粗品を持ってご近所を回ってくれるという事でしたが、自分でも1000円位の菓子の詰め合わせを持って業者が行く前に挨拶回りに行きました。 ちなみに私は菓子折りの上から外のしをかけ表書きは「ご挨拶」としましたが、のしは無くても良いようです。 工程表のコピーに自宅の電話番号を記入して渡し、「工事期間中、ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。 詳細は後日工事会社の担当者が挨拶に来ます。 」と説明しました。 右隣は「うちの車が停まっていない時は停めていいよ」と感じよく言ってもらえました。 まあ、予め仮駐車場は借りておきましたが。 左隣の駐車場ははうちの塗装対象の車庫に面しているので塗っている間、お隣の分も仮駐車場を借りて移動してもらわないといけないなーと思っていたら「勿体ないから借りなくていいよ。 4台分停めれるから家は3台だけだし、その間お客を呼ばなければいいし」と言ってくださいました。 予め声をかけておく事で今後のご近所付き合いもスムースにいくと思います。 後日、工事会社の担当者もエコバックと挨拶状を持って挨拶回りに行ってくれたようです。 関連ページ 外壁塗装 見積もりサイトおすすめは?【外壁塗装の窓口】と【外壁塗装の駆け込み寺】で一括見積もりを行った口コミ体験談です。 我家の外壁塗装の一括見積もりをご検討中の方のご参考になれば幸いです。 我家の外壁塗装体験談2。 外壁塗装の工程表ができてきました。 我家の外壁塗装体験談3。 外壁塗装で駐車場を工事の間、日割りで借りました。 礼金敷金も必要無くて1日300円。 助かりました! 我家の外壁塗装体験談5。 外壁塗装中、お茶出しって必要なの?って疑問もあると思います。 職人さんへのお茶出し用にジュースと茶菓子を買いに行きました。 お茶の出し方などご参考になれば幸いです。 我家の外壁塗装の塗り替え工事の全記録です。 実際の外壁塗装工事の流れや家主側で確認した方が良い事についても書きました。 これから家の外壁塗装、塗り替えをご検討される方のご参考になれば幸いです。

次の