だいたひかる ブログ。 森田ひかる

門垣 ひかる 公式ブログ|be amie オスカープロモーション

だいたひかる ブログ

私は税理士の先生に申告をお願いしていましたが、去年から自分でやっています。 理由は儲かってないからです。 やよいの青色申告オンラインで申告したのですが、自分で申告するのは十数年ぶり。 がんばって申告したのですが、いろいろ間違えてそうで、ドキドキしながら提出しました。 受理されてほっとしてたのですが、先日医療費の領収書を出して、と手紙が来ました。 へ? 医療費の領収書、保存しとけばいい。 同封しなくていいと書いてあったのに。 なんでも、医療費控除を申請した人から、一定の人を選び出して、領収書のチェックをしているとか。 保存しておいた領収書を、同封の封筒に入れて送りました。 自分で電卓で計算したので、計算ミスをしていそうで不安だったけど、二日ほどで送り返されて来て「問題ありません」とのことでした。 よかったぁっ!! 計算間違えてたらどうしようって思ってた。 税務署って、こういうことしてるんですね。 税理士の先生に任せていたときは知らなかった。 お疲れ様です。 税理士の先生にお願いできる程度に儲けたいけど、今年の出版物も4冊ほどになりそう。 本ってどうやったら売れるんだろうなぁ。 忙しいばっかりで、ぜんぜん儲からないよ。 疲労感でグッタリです。 原作者が逮捕されたからです。 まさに佳境だったのに。 舞台化のために、夜凪役のリモートオーディションをしていると書いてあったのに。 もう、続きは読めないのか。 どうしてそういうことができるのかなぁ。 作家は弱い立場なのに。 今売れてても、安心できないのに。 次は売れないかもしれないのに。 どんなトラブルに見舞われるかわからないのに。 苦労して手に入れたものを、どうして簡単に捨てることができるんだろう。 ウィキペティアを見たのですが、この原作者さんあまり苦労することなく、順調に成功しているんですね。 >「猶予2週間、実動1週間」ほどで読切『阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ』のネームを描き上げ「松木達哉」名義で第2回ストキンProに投稿し見事準キングを受賞する。 阿佐ヶ谷の掲載が2017年9号で、 アクタージュの連載スタートは2018年8号。 一年弱で連載って早いよね。 有名な漫画の原作者さんだと本人から聞いていましたが、偉ぶることはないし、謙虚で物腰もやわらかい、もの静かな方でしたよ。 自分で原作者だって吹聴している。 自分の立っている場所は盤石だと思い込んでしまったのかなぁ。 自分は強い。 何もしても許されると思ってしまったのかなぁ。 売れると編集者がちやほやしてくるので、勘違いしちゃったのかな。 接待みたいなことをしてくる編集者だっているそうです。 私は編集者とは距離を保ちたいと思っていたから、せいぜいケーキセットをおごってもらう程度ですが、増刷がばんばんかかっていたときは、お歳暮お中元誕生日プレゼントがいっぱい来ました。 ゴディバのチョコとか薔薇の花束とかね。 そもそもいちばん売れていたときは、社宅暮らし&子供が小さくて病気がち&母が脳腫瘍で意識がないが全部重なっていた。 そんな中で年に13冊書き下ろしをしてたから、朝3時起きで仕事をしていました。 増長するヒマなんてなかったです。 作家なんて誰にも言ってない(実家にも言ってない)。 作家はね。 ちゃんとした社会人でなくちゃダメなんです。 税金をきちんと払い(払いすぎた税金は返してもらい)、契約書をちゃんと読み、締め切りを守り、社会のルールを守って、モンスター編集者が相手でも、ビジネスの相手として、敬意を持って仕事しなきゃいけない。 原作者のマツキ氏は、仕事を失うだけではなく、違約金を払うことになるのかも(契約の内容にもよるけど)。 なんかもう、いろいろと残念です。 電撃新人賞の、銀賞受賞作です。 少女、フウは、砂漠に囲まれた荒れ果てた社会で暮らしています。 下層民だったフウですが、ラジオを購入したことで、フウの世界が開けていきます。 ラジオの教育番組を聴き、知恵をつけていくのです。 やがては、アドバイス役(ガイド役)として、大企業のコンサルのようなことさえできるようになります。 フウはカザクラという少女と出会います。 カザクラはロボットで、しかも調子が悪い。 フウはカザクラを助けるために、砂漠越えを決意します。 独裁国家で、脱走は重罪です。 追っ手だけではなく、砂漠の凶悪な生き物とも、戦わなくてはなりません。 こわれた世界の向こう側へと、フウとカザクラの逃亡の旅がはじまります。 ライトノベルは、とくになろう系がそうですが、願望充足のツールになっています。 それとは全く逆のアプローチから書かれたライトノベルです。 電撃の新人賞は懐が広いなーと思いました。 おもしろかったです。 ・文字の回りに黒い枠線を引くのはやめてください。 黒い枠線が引かれた文書は訃報です。 死亡のお知らせです。 縁起悪いです。 悪いことが起こりそうで嫌な気分になります。 ・原稿用紙に印刷するのはやめてください。 読みにくいからです。 白い紙を横に置き、縦書きで印刷してください。 投稿でも、白い紙に印刷するのが約束です。 原稿用紙印刷で投稿している場合は、読まれずにゴミ箱に直行している可能性があります。 ・右上(文字のはじまるところ)を綴じてください。 ・略歴のページも投稿先の書式通りに書いてつけてください。 略歴に病歴や落選歴を書く人がいらっしゃいます。 略歴も含めてチェックさせて頂いております。 ・文字は10.5ポイントで印刷してください。 小さい字で印刷しないでください。 これは投稿であっても同じです。 みんながみんな、視力がいいわけではありません。 ・辞書を引いてください。 饒舌に尽くしがたい美貌と書いていらっしゃる方がいらっしゃいました。 饒舌はおしゃべりなこと。 筆舌の間違いですが、筆舌に尽くしがたいは、ひどいありさまにかかり美貌にかかりません。 ・繰り返しを消してください。 会話と地の文で同じ内容を繰り返している方がいらっしゃいます。 ・データーでの拝読は基本的にお断りさせて頂いております。 プリンターを持っていないからデーターで見てほしいという方は、推敲する習慣がないようで、繰り返しや誤字誤用が多く、添削が大変になります。 ただ講評するだけではなく、弱いところのレジメをつけたり、参考図書を同封したりしているのですが、データーでのやりとりだとそれもできなくなります。 どうしてもデーターで、という方には、紙の方の倍額頂きます。 8月20日までは現状の料金で頂きますが、その後添削を休止します。 10月頃から再会しますが、10月以降料金を改定します。 風邪じゃないんだけど、喉が痛くなって病院に行くと「喉が真っ白だねー」と言われる。 喉に膿がついて白くなるんですって。 慢性扁桃炎なんだそうです。 今日、病院に行くと、うがい薬が処方されたのですが、薬剤師さんに、「うがい薬でコロナ予防できるんですよね?」って聞いたら、薬剤師さんがとたんに「けっ」というような顔になり、「エピデンスがありません」とひとこと。 うがい薬は、悪い菌だけではなく、良い菌まで殺してしまうので、健康な人は水うがいのほうがいいそうです。 しかも、うがい薬に含まれているヨードは甲状腺に作用するので、パセドウ病を誘発するそうです。 私が処方された薬はアズレン系というやつで、ヨードが入ってないやつだそうです。 健康な人は、コロナ予防には、緑茶をこまめにひとくちずつ飲むほうがいいって言われた。 緑茶に含まれているカテキンは、細菌やウイルスを弱める効果があるそうです。 なんて安上がりな予防なんだ。 みんな、ヨードうがい薬の買い占めはやめよう。 奈良はネオンが少なくて、夜は暗いのですが、おかげで蝋燭がよく映えます。 浴衣を着た人たちが夕涼みにやってきて、華やかなんですよ。 筒を並べたり回収したりするのに人手がいるため、ボランティアスタッフを募ります。 私は(できるときだけですが)このボランティアスタッフに参加して、筒を並べていました。 お祭りは、見るより参加するほうが楽しいと思ったからです。 コロナで中止ではなく、自宅で燈花会をして、ネットにあげてほしい、とのことでした。 97万人の観光客を集めるお祭りが中止というのは悲しいですね。 コロナがなかったら、浴衣を着た若い人で賑やかだったことでしょう。 私は参加するつもりですが、縮小モードの淋しいイベントになりそう。 無料配布の小冊子を作りたいんだけど、コピー誌になるかな。 楽しみしていたイベントがリモートや縮小モードになってしまって淋しいです。 コロナ禍、いつまで続くんでしょうね。 ストレス溜まるわ。 もうげっそりだ。 同人誌即売会とは違い、商業販売された本であっても、作家本人が出るならOKなんです。 又吉直樹の火花は、お笑い芸人の又吉が、自分で書いた小説を文学フリマで売っていたら、文藝春秋の編集者がやってきて、うちで書きませんか、と声をかけて生まれた本だそうです。 WOWOWで放送していたのを観ました。 戦国自衛隊の平成版リメイクだと思っていたのですが、まったく違うお話でした。 自衛隊のかっこいいところを観たかったのに、こちらもいまいち。 画面が暗かったのも、陰鬱な感じでした。 CGもショボイ。 作り手はこの映画で何を見せたかったんだろう。 いちばん納得できなかったのは、爆弾を現代にもってきた最後のシーン。 タイムスリップの衝撃で止まるはずだって言ってるけど、止まらなかったら現代で爆発してたよね。 昭和版の戦国自衛隊はおもしろかったけど、思い出補正がかかっているせいだろうか。 私の感覚はおかしいのかなと検索したら、ヤフー映画の口コミは、五点中1.8点でした。 私ならどうするかなと考えたけど、半村良の「戦国自衛隊」を、今のCGの技術で忠実に映画化したほうがいいよね、で思考停止してしまいました。 濃姫役の綾瀬はるかは気が強そうでかわいかった。 半村良の「戦国自衛隊」は、架空戦記ものの元祖的小説だから、小説読むほうがいいと思う。

次の

髙橋ひかる オフィシャルサイト

だいたひかる ブログ

近畿は梅雨入りましたが、私は元気です。 スポーツクラブも開いてるし、図書館も行ける。 スーパー銭湯にも行ける。 仕事もある。 雨さえも心地良く感じます。 中傷メールで元気になるなんて私ってほんとうに京女だと思います(根性がねじまがっている)。 (引用はじめ) 小規模事業者が直面する制度変更 働き方改革や被用者保険の適用拡大等 等に対応するため、経営計画を作成し、それらに基づいて行う販路開拓の取組み等の経費の一部を補助するものです。 (引用おわり) 経営計画書を自分で書かなくてはいけない、商工会議所でアドバイスをもらわなくてはならない。 役場にも行かなくては。 しかも集める書類が多岐に渡ります。 がんばって手続きしても、採択されないという可能性もありますが、チャレンジしてみます。 実は2年ほど前から出版点数が減っていて、もう私あかんのちゃうかなーっと思っていました。 コロナ禍でトドメを刺された気分でした。 もうだめだと思ってた。 でも、増刷がかかり、誹謗中傷された(注目されているというしるしだからいいことです)。 今はものすごく苦しいけど、ここさえ乗り切ったらなんとかなるはずだ。 売れてるときにいっぱい税金払ったし、募金もあれこれいっぱいしたから、苦しい今は助けてもらおうと思っています。 もちろん本業である小説もがんばります。 早く10万円振り込まれないかなーっ(政府がみんなにくれる10万円のこと。 書類出したけど、まだ振り込まれない……)。 6月17日頃、新刊発売です。 私の通信添削を利用して頂いた方が、大きな賞の最終候補に残ったり、受賞されたりしています。 報告を頂くたびうれしくなります。 私の教室からデビューされた方は、10人ぐらいになるのかな。 みなさん活躍していらっしゃいます。 乙女系や官能小説のデビュー率が高いですが、他のジャンルの方もいらっしゃいます。 私にはとうてい書けないジャンルの小説を書いて頂けるのは、講師としてほんとうにうれしい。 講師の役割は、基礎を覚えてもらうことと、その人の良さを引き出すことだと思っているからです。 私はコロナ禍で「あかん。 もう死ぬ」状態でした。 レンタルオフィスを借りてやっていた小説教室やイベントが壊滅し、専門学校も休校で、お金がぜんぜん入らなかったからです。 緊急事態宣言のさなかに発売された本はどうやら売れなかったらしい。 本屋さんが開いていないのだから当然です。 本来は1月発売でした。 それがいろいろあって、4月発売になった。 なんて運が悪いんだろう。 運も含めて作家の実力だ。 私にはもう実力がないんだ。 小説家なんてやめようと思っていました。 資格を取って転職しようと思っていました。 なのにぜんぜん頭に入らず、私ってなんて頭が悪いんだろうと落ち込むばかり。 でも、重版出来したり、受賞報告を頂いたりして、ちょっと浮上しました。 お金の余裕がないのは変わらないのですが、もう少ししたら10万円の給付金も入るはずだし、増刷分の印税も入る。 なんとかなるはずだ。 持続化給付金の対象にはなかなかならないのですが(前年比50%減という条件が厳しくて)、それはむしろいいことだと思うことにしています。 小説でお説教や演説をしないでください。 読んでいて苦しくなるからです。 書きたいことがあって小説を書く。 それはいい。 ですが、あなたの伝えたいことを、登場人物に演説させたりお説教させたりしても、読者には伝わりません。 エピソードで読ませてください。 小説に怒りや憤りをぶつけるのはやめてください。 読んでいて苦しくなります。 エンタメとして読ませてください。 憤りを書くのなら、自分の心を覗き込み、純文学にまで昇華してください。 少女小説の読者は四十代の主婦です。 コバルトの新人賞に母親が嫌いだという内容の小説を送ると、それは読者が嫌いだと言っているのと同じです。 自慢を小説にしないでください。 あなたがすばらしいことはわかりましたが、読んでいて苦しくなるのです。 自慢を書くなら、振り切れるほど自慢しまくり、ギャグにまで高めてください。 目の前のパソコン、あるいはスマホで、あなたの書きたい舞台について調べてください。 取材しろとまでは言いませんが(ほんとうは取材したほうがいいのですが)、パソコンで検索したら一分でわかる程度のことは、調べてから書いてください。 添削するほうは「ここは違うからこう直しましょう」と提案しなくてはなりませんから、大変すぎるのです。 あいまいに覚えている言葉は辞書を引いてください。 言葉に対して敏感ではない方は、誤用が百箇所以上にもおよび、それをいちいち調べて書き出し、前後の文脈から類推して、正しい文意になるように直さなくてはならないので、他の方の三倍ぐらい時間がかかって苦しいのです。 セリフや字の文で、繰り返しをしないでください。 いったん紙に印刷して推敲してください。 二重になっているセリフや地の文を二重線で消してください。 紙だと二重線で消せますが、データーで読んで欲しいという方は、コピー&ペーストして「繰り返しです」と書かなくてはならないので大変なのです。 繰り返しがクセになっているかたは、数百箇所もの繰り返しがあります。 紙に印刷して推敲することで、繰り返しはなくなります。 形容詞は一語に一個にしてください。 咲き誇る寸前の薔薇の蕾のような圧倒的で暴力的なまでの美の女神を思わせる美貌 と書くより、 彼女の美しさは女神を思わせた。 とか、 咲き誇る寸前の薔薇のような美貌 と書くほうが読者に伝わりますよ。 1.舞台をパソコンで調べて 2.起承転結をつけて、文法を守って小説を書いて 3.あいまいなところは辞書を引き、 4.いったん紙に印刷して推敲し、繰り返しや重語、誤字、形容詞の重なりを消す ようにしてくださいね。 当たり前のことかもしれませんが、その当たり前のことができてはじめて、人を楽しませることができるのではないかと私は思います。 低所得者対象で、手続きが必要です。 しみんだよりに載っていて、該当するのではないかと思ったので、書類を送りました。 通ったらいいなー。 月に650円ほど水道料金が安くなるようです。 儲けていたときいっぱい税金を払ったから、コロナ禍で苦しい今は助けてもらおう。 月650円でも助かるもん。 増刷の連絡が来てから、だいぶ精神状態が良くなりましたが、5月初め頃なんて、もうアカン、今年で廃業だって頭を抱えていましたもん。 奈良市の方、しみんだよりを見てね。 対象の方は手続きをしましょう。 恥ずかしいことじゃないですよー。 ああああーっ。 忘れてたーっ! キャンセルしたらよかった!! こんなにたくさんいらんわ、と思ったのですが、第二派が来るかもしれないし、またマスク不足が起こるかもしれないし、大事に保存しておくことにします。 マスクすると、口紅塗らなくていいから楽でいいなぁ。 でも、熱いです。 スポーツジムでマスクして運動したら、息が苦しくなりました。 夏にマスクして出歩くのははじめてですね。 暑い夏になりそうです。 結婚式などの中止で行き場の失ったお菓子などが、楽天で安い値段で売っています。 私もひとつ買いました。 到着するのが楽しみです。 少し紹介しておきます。 体重は変わってないのに、身体が重く感じました。 ウエイトが重く感じたので、ひとつづつ重りを下げて運動しました。 戻るまで時間がかかりそうだなぁ。 久しぶりに運動すると気持ちよかった。 今日は筋肉痛で、身体中が痛いです。 専門学校での授業が再開しました(今まではオンライン授業だった)。 今はまだ分散登校です。 こうした専門学校の良さは「同じ志を持つ仲間ができる」ことだと思うので、早く普通の授業になってほしいです。 USJも再開するそうでほっとしています。 少しずつ、いろんなことがもと通りになってきています。 よかったよかった。 普通って実はすごいことだから、普通を楽しみたいと思います。 にぎやかでよろしなぁ。 キモイんだよ。 ほんにどんなことどすして、かんにんえー。 早くしろ。 あんじょうやっておくれやす。 私の母が「ザ・京女」で、こうしたイケズ京都弁を駆使していました。 私は母が大嫌いだったのですが、親戚によると、私は母そっくりに育ったそうです。 相手を立てて褒めていい気持ちにさせて、自分を下におき、それでも要求はしっかり通すのが京言葉(京都弁とは言わない)。

次の

記事一覧

だいたひかる ブログ

近畿は梅雨入りましたが、私は元気です。 スポーツクラブも開いてるし、図書館も行ける。 スーパー銭湯にも行ける。 仕事もある。 雨さえも心地良く感じます。 中傷メールで元気になるなんて私ってほんとうに京女だと思います(根性がねじまがっている)。 (引用はじめ) 小規模事業者が直面する制度変更 働き方改革や被用者保険の適用拡大等 等に対応するため、経営計画を作成し、それらに基づいて行う販路開拓の取組み等の経費の一部を補助するものです。 (引用おわり) 経営計画書を自分で書かなくてはいけない、商工会議所でアドバイスをもらわなくてはならない。 役場にも行かなくては。 しかも集める書類が多岐に渡ります。 がんばって手続きしても、採択されないという可能性もありますが、チャレンジしてみます。 実は2年ほど前から出版点数が減っていて、もう私あかんのちゃうかなーっと思っていました。 コロナ禍でトドメを刺された気分でした。 もうだめだと思ってた。 でも、増刷がかかり、誹謗中傷された(注目されているというしるしだからいいことです)。 今はものすごく苦しいけど、ここさえ乗り切ったらなんとかなるはずだ。 売れてるときにいっぱい税金払ったし、募金もあれこれいっぱいしたから、苦しい今は助けてもらおうと思っています。 もちろん本業である小説もがんばります。 早く10万円振り込まれないかなーっ(政府がみんなにくれる10万円のこと。 書類出したけど、まだ振り込まれない……)。 6月17日頃、新刊発売です。 私の通信添削を利用して頂いた方が、大きな賞の最終候補に残ったり、受賞されたりしています。 報告を頂くたびうれしくなります。 私の教室からデビューされた方は、10人ぐらいになるのかな。 みなさん活躍していらっしゃいます。 乙女系や官能小説のデビュー率が高いですが、他のジャンルの方もいらっしゃいます。 私にはとうてい書けないジャンルの小説を書いて頂けるのは、講師としてほんとうにうれしい。 講師の役割は、基礎を覚えてもらうことと、その人の良さを引き出すことだと思っているからです。 私はコロナ禍で「あかん。 もう死ぬ」状態でした。 レンタルオフィスを借りてやっていた小説教室やイベントが壊滅し、専門学校も休校で、お金がぜんぜん入らなかったからです。 緊急事態宣言のさなかに発売された本はどうやら売れなかったらしい。 本屋さんが開いていないのだから当然です。 本来は1月発売でした。 それがいろいろあって、4月発売になった。 なんて運が悪いんだろう。 運も含めて作家の実力だ。 私にはもう実力がないんだ。 小説家なんてやめようと思っていました。 資格を取って転職しようと思っていました。 なのにぜんぜん頭に入らず、私ってなんて頭が悪いんだろうと落ち込むばかり。 でも、重版出来したり、受賞報告を頂いたりして、ちょっと浮上しました。 お金の余裕がないのは変わらないのですが、もう少ししたら10万円の給付金も入るはずだし、増刷分の印税も入る。 なんとかなるはずだ。 持続化給付金の対象にはなかなかならないのですが(前年比50%減という条件が厳しくて)、それはむしろいいことだと思うことにしています。 小説でお説教や演説をしないでください。 読んでいて苦しくなるからです。 書きたいことがあって小説を書く。 それはいい。 ですが、あなたの伝えたいことを、登場人物に演説させたりお説教させたりしても、読者には伝わりません。 エピソードで読ませてください。 小説に怒りや憤りをぶつけるのはやめてください。 読んでいて苦しくなります。 エンタメとして読ませてください。 憤りを書くのなら、自分の心を覗き込み、純文学にまで昇華してください。 少女小説の読者は四十代の主婦です。 コバルトの新人賞に母親が嫌いだという内容の小説を送ると、それは読者が嫌いだと言っているのと同じです。 自慢を小説にしないでください。 あなたがすばらしいことはわかりましたが、読んでいて苦しくなるのです。 自慢を書くなら、振り切れるほど自慢しまくり、ギャグにまで高めてください。 目の前のパソコン、あるいはスマホで、あなたの書きたい舞台について調べてください。 取材しろとまでは言いませんが(ほんとうは取材したほうがいいのですが)、パソコンで検索したら一分でわかる程度のことは、調べてから書いてください。 添削するほうは「ここは違うからこう直しましょう」と提案しなくてはなりませんから、大変すぎるのです。 あいまいに覚えている言葉は辞書を引いてください。 言葉に対して敏感ではない方は、誤用が百箇所以上にもおよび、それをいちいち調べて書き出し、前後の文脈から類推して、正しい文意になるように直さなくてはならないので、他の方の三倍ぐらい時間がかかって苦しいのです。 セリフや字の文で、繰り返しをしないでください。 いったん紙に印刷して推敲してください。 二重になっているセリフや地の文を二重線で消してください。 紙だと二重線で消せますが、データーで読んで欲しいという方は、コピー&ペーストして「繰り返しです」と書かなくてはならないので大変なのです。 繰り返しがクセになっているかたは、数百箇所もの繰り返しがあります。 紙に印刷して推敲することで、繰り返しはなくなります。 形容詞は一語に一個にしてください。 咲き誇る寸前の薔薇の蕾のような圧倒的で暴力的なまでの美の女神を思わせる美貌 と書くより、 彼女の美しさは女神を思わせた。 とか、 咲き誇る寸前の薔薇のような美貌 と書くほうが読者に伝わりますよ。 1.舞台をパソコンで調べて 2.起承転結をつけて、文法を守って小説を書いて 3.あいまいなところは辞書を引き、 4.いったん紙に印刷して推敲し、繰り返しや重語、誤字、形容詞の重なりを消す ようにしてくださいね。 当たり前のことかもしれませんが、その当たり前のことができてはじめて、人を楽しませることができるのではないかと私は思います。 低所得者対象で、手続きが必要です。 しみんだよりに載っていて、該当するのではないかと思ったので、書類を送りました。 通ったらいいなー。 月に650円ほど水道料金が安くなるようです。 儲けていたときいっぱい税金を払ったから、コロナ禍で苦しい今は助けてもらおう。 月650円でも助かるもん。 増刷の連絡が来てから、だいぶ精神状態が良くなりましたが、5月初め頃なんて、もうアカン、今年で廃業だって頭を抱えていましたもん。 奈良市の方、しみんだよりを見てね。 対象の方は手続きをしましょう。 恥ずかしいことじゃないですよー。 ああああーっ。 忘れてたーっ! キャンセルしたらよかった!! こんなにたくさんいらんわ、と思ったのですが、第二派が来るかもしれないし、またマスク不足が起こるかもしれないし、大事に保存しておくことにします。 マスクすると、口紅塗らなくていいから楽でいいなぁ。 でも、熱いです。 スポーツジムでマスクして運動したら、息が苦しくなりました。 夏にマスクして出歩くのははじめてですね。 暑い夏になりそうです。 結婚式などの中止で行き場の失ったお菓子などが、楽天で安い値段で売っています。 私もひとつ買いました。 到着するのが楽しみです。 少し紹介しておきます。 体重は変わってないのに、身体が重く感じました。 ウエイトが重く感じたので、ひとつづつ重りを下げて運動しました。 戻るまで時間がかかりそうだなぁ。 久しぶりに運動すると気持ちよかった。 今日は筋肉痛で、身体中が痛いです。 専門学校での授業が再開しました(今まではオンライン授業だった)。 今はまだ分散登校です。 こうした専門学校の良さは「同じ志を持つ仲間ができる」ことだと思うので、早く普通の授業になってほしいです。 USJも再開するそうでほっとしています。 少しずつ、いろんなことがもと通りになってきています。 よかったよかった。 普通って実はすごいことだから、普通を楽しみたいと思います。 にぎやかでよろしなぁ。 キモイんだよ。 ほんにどんなことどすして、かんにんえー。 早くしろ。 あんじょうやっておくれやす。 私の母が「ザ・京女」で、こうしたイケズ京都弁を駆使していました。 私は母が大嫌いだったのですが、親戚によると、私は母そっくりに育ったそうです。 相手を立てて褒めていい気持ちにさせて、自分を下におき、それでも要求はしっかり通すのが京言葉(京都弁とは言わない)。

次の