ライチ 食べ 過ぎ。 <東南アジア生活>生ライチの魅力:味や食べ方やアレルギーなど

【栄養士監修】犬はライチを食べても大丈夫?食べさせる際の注意点と栄養素|docdog(ドックドッグ)

ライチ 食べ 過ぎ

ライチ レイシ とは ライチはレイシ 茘枝 とも呼ばれる中国南部原産のムクロジ科の果樹・果実のこと。 ウロコ状の皮に覆われた球状の外見、独特の香りと甘さ・酸味のバランスが取れた白色半透明の果肉が姿を表します。 熱帯・亜熱帯の五大名果の1つとされるトロピカルフルーツでもあります。 日本で販売されているライチの9割以上が中国もしくは台湾産で、5~6月頃が最も多く流通します。 沖縄県、鹿児島県、宮崎県などで栽培されている国内産ライチも全体から見ると少量ですが存在しており、国産は6月中後半~7月にかけてが旬です。 普段スーパーや青果店で買うときにはあまり気にしませんが、ライチにも様々な品種があり、中国では100種類以上あるといわれています。 一般的に流通しているもの「黒葉種」、種が小さく熟しても果皮が緑色の「玉荷包種」、表皮が緑~赤の美しいグラデーションで種が小さく可食率が高い「妃子笑」などが代表的です。 ちなみに似た外見や風味を持つ果物として、同じムクロジ科のランブータンや竜眼 リュウガン・ロンガン などもありますが、こちらは他属になります。 中国の医学書『本草網目』にも「喉の渇きを癒す、皮膚や顔色を良くする、精神をリフレッシュする、記憶力を高める、脳を活性化させる」などライチの薬効が記されており、現在でもライチの種子は茘枝核 レイシカク として漢方の生薬として気を巡らせる・冷えを改善し冷えによる痛みを和らげるなどの目的で用いられています。 またライチは「美の果実」とも呼ばれており、古代中国四大美人・世界三大美女に数えられる楊貴妃が好んだとされています。 同じく「美の果実」と呼ばれるもまた楊貴妃が好んだとされ、どちらもの美しさの秘訣であったのではないかとも言われています。 ライチの歴史 ライチは中国南部では紀元前より栽培されていたと考えられています。 前漢時代 紀元前2世紀頃 を記録した『西京雑記』にはライチが皇帝へ献上されていた記述が見られ、1~3世紀頃の複数の書物には中国南部の作物としてライチが記されています。 単に美味しいフルーツとしてだけではなく疲労回復・強壮剤としても役立つと考えられていたようです。 古くライチは離枝と書かれており、枝から離れると新鮮さが失われやすいこともわかっていたようです。 時代が下った中国唐時代 9世紀頃 の詩人である白居易 白楽天 も著作の中で「ライチは枝からとると一日で色が変わり、二日で香りが変わり、三日で味が変わり、四日で色も香りも消えてなくなる」と記しています。 現在のように輸送・加工技術がなかった時代には貴重で珍しい果物として珍重されていました。 ライチと言えば必ずと言って良いほど登場するのが中国唐代の皇妃「楊貴妃」。 玄宗皇帝が楊貴妃のライチが食べたいという希望を叶えるべく、中国南部 現在の広東・福建あたり から唐の都である長安まで数千里もの距離を8日8晩で運ばせた、という逸話はよく知られています。 この時ライチを見た楊貴妃が微笑んだことが妃子笑 ひししょう という品種名の由来でもあるそう。 日本にライチが伝えられたのは1720年頃に伊豆大島、江戸時代末期に鹿児島県と2段階に分かれています。 昭和くらいまでは冷凍ものが多くあまり美味しくないという印象を持たれていましたが、生のままの輸入が行われるようになり人気が出始めます。 近年は鮮度が高く美味しいことに加え、農薬等の不安が少ない国産ライチが注目されており、通信販売などではすぐに売り切れてしまうこともあるようです。 葉酸は「造血のビタミン」とも呼ばれる水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB12とともに赤血球を作るためには欠かせない成分です。 そのほかに 鉄分の吸収を高めるビタミンCや銅も含まれていますが、鉄分含有量自体は多くありません。 貧血の原因が鉄不足にあると感じている方は鉄分を豊富に含む食材や飲み物と合わせて摂取するようにすると良いでしょう。 中医学でもライチは養血類、血を補い体を潤す食材に分類されています。 加えて 体を温める性質のある陽性とされていますから「果物は体を冷やすものが多いから心配…」という方でも安心して食べることができるでしょう。 西洋医学的観点から見ても、ライチに含まれているナイアシンには毛細血管を拡張することで血流量を増やす働きが認められており、血行促進効果により冷え性の改善に有効とされています。 血行不良による肩こりや頭痛などの改善にも効果が期待できますし、貧血の改善からも冷え性改善に効果が期待出来ます。 妊娠中・授乳中の栄養補給 葉酸は核酸をサポートすることで細胞の生まれ変わりを正常に行う働きもあります。 特に胎児や授乳期の赤ちゃんにとっては大切な栄養素で、不足すると神経障害などの発生リスクを高める危険性があります。 普通の食事で不足することは少ないと言われていますが、妊娠中は通常時の1. 妊娠前から葉酸を摂取しておいたほうが赤ちゃんの健康を守ることになると考えられており、妊活サプリなどにも多く含まれています。 ライチは妊娠を望む方から出産後まで意識的に摂りたい栄養素である葉酸を、デザート・おやつ感覚で美味しく補給できる果物と言えるでしょう。 免疫力アップ・疲労回復 100g中36mgとライチに豊富に含まれているビタミンCは免疫物質 インターフェロン の生成に必要な成分です。 ビタミンCをしっかりと摂ることで免疫力を高めることで風邪予防や免疫過剰反応 アレルギー 予防にもなると考えられています。 ビタミンCは疲労回復にも役立ちますし、 ライチには代謝に関わるビタミンB群や、ビタミンB群の仲間ナイアシンなども含まれています。 ナイアシンは約500の酵素の働きを助けると言われており、たんぱく質・脂質・炭水化物の代謝やホルモン合成とも関係しています。 不足すると疲れやすくなったり、慢性疲労感・イライラ・気分の落ち込みなどの原因となるとされています。 ライチの適切な補給は肉体・精神の疲労回復や健康維持に役立つと考えられてますし、心身が健康に保たれていることも免疫力低下予防に繋がるでしょう。 またカリウムは体内の余分な水分を排泄する働きがあり、むくみの原因となる細胞間の水分排泄を促す働きもあります。 加えてライチは アルコール分解酵素・アルコール分解から生じるアセトアルデヒドを分解する酵素両方の働きを活性化させる「ナイアシン」も含まれているため、二日酔いの予防や緩和にも役立つと考えられます。 ナイアシン含有量はさほど多くありませんが、水分やカリウムの補給にもなりますのでお酒を飲んだ翌朝の気分の悪さや顔むくみ対策にも役立ってくれるでしょう。 美白・美肌作り ライチは ビタミンCやポリフェノール ロイコシアニジン などの抗酸化成分を含んでいます。 これらの成分は過酸化脂質の生成を抑制する・動脈硬化予防など健康面のメリットだけではなく、細胞の酸化を抑制することでお肌のシワやたるみ・シミ・くすみなどを防止する働きもあり、外見の老化予防にも役立ちます。 またビタミンCにはメラニン色素の生成を抑制する チロシナーゼの働きを抑制する 美白効果がありますから抗酸化作用と合わせて紫外線対策・シミ予防に役立ちますし、葉酸によって赤血球合成が促進されると血不足によって起こるくすみや顔色の悪さ・肌荒れ・乾燥などの改善にも効果が期待できるでしょう。 ナイアシンも皮膚や粘膜の健康維持効果がありますよ。 ライチ レイシ の選び方・食べ方・注意点 多く流通しているライチは果皮が未熟な時は緑色、熟すほどに赤みが増していきます。 選ぶ際は果皮がしっかりとして、黒ずみのない綺麗なものを選ぶようにしましょう。 ウロコのようになっている表皮が鋭いものの方が新鮮と言われています。 ライチは日持ちのしない果物のため、購入後はポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室に保管し、なるべく早く 最低でも5日以内に 食べきるようにしましょう。 枝付きのものであれば枝から外さずにおいたほうが風味を保てますし日持ちもします。 中医学の考え方ではライチは陽性にあたり、食べ過ぎるとのぼせ・イライラ・湿疹や口内炎・だるさなどを引き起こすと考えられています。 のぼせ気味の方は食べ過ぎに注意するか、スイカなど体を冷やす食べ物と合わせて摂取すると良いと言われています。 また 1歳未満の乳児にはあげない方が良い果物とされています。 ライチのオススメ食べ合わせ.

次の

インドで毎年100人以上の子どもが急死した原因は、ある果物だった

ライチ 食べ 過ぎ

先日BBCが報じたニュース「Indian children died after 'eating lychees on empty stomach'(インドの子どもが空腹時にライチ食べた後死亡)」でにわかに話題になっているライチの毒。 かつては冷凍でしか見ることの無かったマニアックな果物ライチも、ここ数年で日本でも生ライチが食べられるようになってきました。 スーパーなどで見慣れないボール状の果物が並んでいるので見かけたことがある人も多いかもしれません。 甘酸っぱく、他に類を見ない味故に、大好きな人も多いと思います。 そこに「ライチには未知の毒がある」「ライチを食べると死ぬ」という話が出てきたわけです。 今まで通りライチを食べても大丈夫なのでしょうか? これについて近年、権威ある医学論文ランセットに、ひとまずの結論が提出されて、まずますの決着をみたので、それにつても紹介しようと思います。 事件はインドの北東部にあるムザッファルプル地方の村で起きました。 2013年あたりから15歳以下の子どもが謎の脳障害で病院に運び込まれるということになり、133人が担ぎ込まれ44%は治療のかいもなく死亡、患者はさらに増加2014年には患者が390人に上り、このうち31%が死亡するという奇病の蔓延です。 あまりに奇妙で劇的な症状に、インド政府とアメリカの疾病対策センター(CDC)の共同で調査が開始されました。 当然最初は未知のウイルスや細菌などによる感染症として調査がされました。 ただ感染症の場合、人間の体は感染症と闘うために白血球を増加させるのが目安となります。 しかし患者の血液から脊髄液まで、白血球の増加はほとんど見られず異常なし。 つまり、感染症の確率はかなり下がります。 そこで、調査チームは彼らの行動を調べることで、ある共通点を発見しました。 そしてこの病気をケースとも照らし合わせて調べていくと、ライチの収穫期にほぼドンピシャで一致することが判明。 彼らが果樹園で木の下に落ちたライチの実を食べていたことから、これらの中毒はライチに含まれる毒素ではないかという結論に至りました。 そして実際にライチの実、特に未熟な実には多く「ヒポグリシン」が含まれており、それが低血糖を引き起こし病気を発生させていたということです。 ヒポグリシンによる中毒は、今回のライチ中毒も青いライチを食べないように……と親に指導することで回避できる……と話は一端決着したように思われました。 しかし、これでは不明な点が残ります。 ライチは世界的に熱帯地方で生産されている果物で、わざわざインドの限られた地方で起こり、輸出先では起こりえないのか? 毒ライチと無毒ライチがあるのでしょうか? ひょっとして農薬の影響? などなどいろいろな調査が続行しました。 先の論文によると、ライチやアキーにはヒポグリシン(とその類似物)という毒素が含まれており、未熟な実には特に多く含まれていることが分かりました。 未熟な実も海外に間違って輸出されてしまうこともあるからです。 その理由は簡単でした。 患者の多くは貧困な地域故に、体脂肪率は低く、加えて十分な夕食を摂れておらず、その空腹から、果樹園に落ちている青いライチを食べていたことが原因と判明。 血糖値を維持するための体脂肪が少ない成長期の子どもにとって、青いライチの毒性は代謝異常を起こし、急激な低血糖を引き起こすという最悪の最悪のマッチングを起こしていたのです。 そして、低血糖からの合併症で神経から内臓にいたるまで様々な病態を示し、あたかも感染症のような病気となっていたことが判明したのです。 ライチが輸出される国は、日本も含め大半が、豊かな国です。 貧困層はいても、飢餓状態の人は滅多にいないことはご存じの通り。 つまり、この毒は体脂肪が低く、さらに食事を満足に摂れていない状態でのみ致死的に発動する極めてマニアックな毒だといえるでしょう。 豊かな国では死者が出ないのも当然です。 とはいえ、「南国のフルーツは基本的に青いときに食べない方が良い」というよくある話はわりと信憑性のある話というオチでもあります……。 気が向いたら、その血糖値の阻害メカニズムと我々の血液の恒常性についてまとめようと思います。

次の

ライチの栄養成分や期待される効果効能・食べ合わせ紹介

ライチ 食べ 過ぎ

甘くてジューシーなライチだが食べ過ぎには注意!医師は1日10粒以内にしたほうがいいと提案している。 夏はマンゴーやライチの旬の季節!甘くてジューシー、口に運ぶ手が止まらない。 しかし眼科医が、最近ものもらいの患者が2~3割増えていることに気がついた。 その原因はマンゴーやライチの食べ過ぎ。 医師によると、マンゴーやライチは熱性の果物に属し、糖分も高いため、熱性体質の人や油性肌の人、よく夜更かしをする人、まつげの根元が詰まりやすい人は、これらの果物を食べ過ぎるとものもらいになりやすいので要注意だ。 さらに今年は価格も安く、食べる手も止まりません。 しかし眼科医が、最近ものもらいの患者が2~3割増えていることに気がつきました。 その原因はマンゴーやライチの食べ過ぎにあります。 (ものもらいの患者が増えているんですか?) 「2~3割増えている。 最近はマンゴーやライチのように熱を持つ食べ物が多く、問診でも症状がある人はこれらを比較的多く食べている。 」 医師によると、マンゴーやライチは熱性果物に属し、糖分も高いため、食べ過ぎるとものもらいができやすくなると説明しています。 眼科医の朱嘉倫・医師 「基本的にはやはりたくさん食べるものではない。 私たちのお勧めはライチは1日10粒以内、マンゴーは大体1個ぐらいがちょうどいいと思う。 」 主な原因は、夏は暑く、油脂が多く分泌されること。 中でもまぶたは脂肪が溜まりやすく、それにより皮脂腺が詰まり、ものもらいになりやすいそうです。 特に、油性肌の人、よく夜更かしをする人、コンタクトレンズをする人、よくアイメイクをする人、付けまつ毛をする人は要注意です。 なお医師は、目が腫れた感じがする場合には、暖めたタオルを目に当て、閉じた皮脂腺を開かせることで、ものもらいになる機会を減らすことができるとお勧めしています。

次の