ダイ の 大 冒険 ポップ。 DRAGON QUEST

ドラゴンクエスト ダイの大冒険

ダイ の 大 冒険 ポップ

魔王居城『ディーノ・キャッスル』。 ここは勇者ダイが大魔王バーンと戦っている当時、リンガイアと呼ばれた国だった。 外観はほぼ変わらないものの、要塞じみた城壁、港に並ぶ軍艦は圧巻であった。 ましてやそれらを動かすのも指揮するのも人智を超えた能力を持つ魔族たち。 そして領土を拡大していき、いまや世界の四分の三は魔王の領土であった。 人間はモンスター達の顔色を伺いながら生活する毎日。 その『ディーノ・キャッスル』の主は魔道に長け、放つ炎は氷山を一瞬に蒸発させ、放つ氷は溶岩さえ凍らせるほどの魔力であった。 魔王は大魔王バーン侵攻の時代こう呼ばれていた。 『大魔道士ポップ』 カンカンカンカン… 魔王居城、玉座の間に続く一本の廊下、静かなこの廊下に複数の靴音が走る。 4人のパーティーが魔王を討つべく走り進んでいた。 先頭のリーダーらしき若者が玉座の間の扉を勢いよく蹴り開けた。 その若者の先に見える玉座。 それに足を組み堂々と座る魔王ポップがいた。 ゴクリとつばを飲み、先頭の若者はポップに言った。 「ふん。 魔王の居城なんて云うから防備が固いと思っていたのに、意外にたやすく来られたな。 城の備えが甘いのじゃないのかい。 魔王様よ」 「ククク…貴様らごときで大迎に備えなどする必要があるのか?わざとここまで通してやったとも知らず…めでたい奴らだ…」 ポップは玉座の肘かけにもたれ、一行の後方にいた老人を見つめて言った。 「私の居城へようこそ…マトリフ師匠…」 「だまれ!貴様のような馬鹿はもう俺の弟子じゃねえ!」 「ほう…それで馬鹿弟子の私を討つために、そんな偽勇者たちを連れてきたわけですか…」 そう、マトリフが連れていたのは、かつてロモス王国のゴールデンメタルスライム騒動において、ダイと小競り合いをした偽勇者一行である。 勇者でろりん、戦士へろへろ、僧侶ずるぼん。 だが同国にクロコダインが来襲した時にポップを叱咤した魔法使いのまぞっほはもう故人でここにはいない。 その代わりにマトリフが入り、ディーノ・キャッスルに攻め込んできたのである。 「…俺たちの手で引導を渡してやる…覚悟しろポップ」 4人は戦闘体制に入った。 彼らの作戦はこうだ。 まずマトリフが全員にスクルトをかけ、同時にずるぼんも全員にピオリムをかける。 その後マトリフは自分が所持していたあるアイテムでポップの呪文を封じ、そしてでろりん、へろへろがポップに一斉に攻撃を仕掛ける。 ずるぼんはそのまま後陣に位置しフバーハを唱え、その後パーティーの回復役に徹し、マトリフはでろりん、へろへろにバイキルトを唱えた後、必殺のメドローアを放つ隙をうかがい、条件が揃ったとき放出する。 そういう段取りであった。 「行くぞ!」 でろりんの号令が玉座の間に大きく響く。 それと同時に全員にスクルトとピオリムが唱えられ、彼らの防御力と俊敏性は飛躍的に上がった。 でろりんとへろへろの一閃がポップを襲う。 しかしポップは笑みさえ浮かべそれらをかわしている。 「ケッ、余裕とでもぬかすのか。 しかしその憎らしい笑いを浮かべるその面を恐怖で引きつらせてやるぞ!この馬鹿弟子があッッ!」 マトリフはふところから青色の宝玉を取り出して念じた。 ポップもその宝玉に気づいた。 「ほう…それは」 マトリフの手が空に描いた軌跡は印となり、その宝玉を神々しく光らせた! 「邪悪の者の魔法を封じよ!『静寂の玉』!」 宝玉から放たれた光は青色から金色に変わり、ポップを包み込んだ。 単なるマホトーンではポップの魔法を防ぐことはできない。 だからマトリフはハドラー討伐のおりに手に入れていた静寂の玉に自分の魔法力を注ぎ込み、宝玉のチカラを増幅させてマホトーンの数十倍に及ぶ呪文封じをポップに叩き込んだのである。 ポップの呪文は封じ込まれた。 「よし!お前らポップの呪文は封じたぞ!」 「ふん、呪文の使えないアンタなんてスライムも同じよ!覚悟しな!」 ずるぼんの言葉にポップは笑った。 「ちょうどいいハンデだな…中々やるぜ師匠」 「負け惜しみ言いやがって!」 でろりんとへろへろの剣はヒュンケル、ダイに及ばずとも、その太刀筋は歴戦の猛者を思わせるに十分であった。 二つの剣がまるで生き物のようにポップを襲う。 しかしポップはまだ笑顔を浮かべたままかわしている。 「ちくしょう!マトリフさんアイツ呪文封じられているのに、まだあんな余裕面してやがる」 体力が消耗してきたでろりんとへろへろにベホイミを唱え、悔しそうにずるぼんはマトリフに言った。 「とりあえず今はこのままでいい。 静寂の玉を使ったのはポップの攻撃呪文を封じるのは無論のことだが同時にマホカンタを使わせないためだ。 メドローアを跳ね返されたらお終いだからな」 ポップもその作戦を読んでか、でろりんとへろへろより後陣のマトリフの動作を気にしていた。 そのマトリフの隣で構える僧侶ずるぼんが 「中々隙を見せないね…それどころかマトリフさんの方ばかり見ているし、あれだけの剣撃をかわしながらよそ見できるなんて…」 「ねえちゃん、バギクロス撃てるか?」 「え?す、すみません私バギマしか…」 「連発できるか?」 「はい、それはできます」 マトリフはニッと笑い、ずるぼんのお尻を撫でた。 「十分だ。 俺と一斉に撃つんだ。 そして間髪いれずもう一発撃て。 俺はその間メドローアの体制に入る!」 「わかりました!」 ずるぼんは自分の尻を撫で回しているマトリフの手を叩いて答えた。 ずるぼんとマトリフの手のひらに真空の渦が巻き起こる! 「でろりん!へろへろ!離れて!」 ずるぼんの合図で二人は瞬時にポップの元から離れた。 「うなれ真空竜巻よ!バギクロス!」 「飛び出せ真空の刃!バギマ!」 二つの真空の渦が合体し、その相乗効果で巨大な真空渦がポップに襲い掛かった! 「ほう」 真空の刃がポップを襲う。 しかもポップに迫る速度は早い。 並の者なら瞬時に肉塊となっていよう。 そしてそれはポップに直撃した。 玉座の間に轟音が響く。 ずるぼんはポップに直撃している真空渦が消えないうちに再びバギマを放つ体制に入った。 マトリフはメドローアの構えに入った。 「もう一発食らいなあ!バギ…」 「調子に乗るな…」 「…!」 ポップは真空の渦をはねのけ、ずるぼんの間合いに一瞬で入って手刀をみぞおちに突いた。 手刀は彼女の体を貫いていた。 「ずるぼん!」 でろりんの悲壮な叫びにずるぼんは答えられない。 口から鮮血を噴出していた。 マトリフはすぐ横の惨劇をメドローアの構えのまま、ただ仲間の無惨な姿を見つめていた。 「マ、マトリフさん…かまわない…撃って…」 『わかった』と言わんばかりに、マトリフはポップを睨む。 もう発射準備は整っていた。 「ねえちゃん、先に待ってな。 じきに俺も行く…」 ポップはすぐ間近でメドローアが発動されようとしているのに慌てる様子はない。 残酷な笑みを浮かべ、ずるぼんの体を持ち上げたままだ。 「…死ね…ポップ…」 マトリフの目が大きく開いた。 「メドローア!」 至近距離でそれは直撃した。 玉座の間の壁が吹っ飛び、ついさっきまでマトリフの前にいたポップとずるぼんは消滅していた。 でろりん、へろへろは余りの絶大な威力に立ち尽くしていた。 「ハアハア…馬鹿野郎が…」 まさに会心の一撃のメドローアであった。 もうマトリフ自身もあれだけのメドローアは二度と撃てないだろう。 それほどの威力だった。 「マトリフさん…」 でろりんとへろへろはマトリフに駆け寄った。 「…すまねえ、俺がすぐ横にいながら彼女を…」 「いえ、あいつも満足だったと思います。 俺たちはとうに死ぬ覚悟はしてここに来たのです。 気にしないで下さい」 へろへろも涙ぐんでいるが、でろりんと気持ちは同じであった。 「さあ、ここに長居は無用です。 帰りましょう」 「ああ…そうだな…」 魔力が尽きたか、苦しそうなマトリフにへろへろが肩を貸した。 と、その時であった。 玉座の間床下の地中からポップが勢い良く飛び出してきた。 「な、なんだと!?」 マトリフ、でろりん、へろへろは絶句した。 ポップはそんな様子などお構い無しに床下でついた埃や泥を手ではたき落としていた。 そして嘲笑を浮かべ三人を見た。 「直撃の寸前に地中に逃げたのです。 残念でしたね…。 師匠が消滅させたのはあの僧侶の女です。 ククク…かわいそうなことをしますね…」 「貴様…」 マトリフはへろへろの肩を離れ、歯ぎしりをした。 「どんな作戦だろうが、この俺に逃げをうたせたのは見事です。 それに敬意を表し、ここから俺も真面目に戦いましょう」 そういうとポップは深呼吸をした。 ポップの目が黄金に輝いた。 マトリフはそれが次にどんな攻撃をもたらすか分かった。 一度見ている。 およそ人間技と思えない攻撃がポップから繰り出された。 「輝く息だ!散れ!」 3人は分散した。 ポップは輝く息を放った後に一足飛びでへろへろの間合いに入った。 そして帯刀していた奇跡の剣を抜き、へろへろの心臓に突き刺した。 「ぐあああああっっ!」 「へろへろ!」 でろりんが仲間の名を叫ぶより早くポップはもう彼の前に来た。 「ち、ちきしょおおお!」 あっさりその剣はポップの手刀にはじかれ宙を舞った。 でろりんはそれでも素手で殴りかかってきた。 そして彼の拳がポップの顔面に叩き込まれた。 ポップは横っ面にでろりんの拳を受けたまま笑っていた。 「見上げた根性だな。 さっさと逃げ出すと思ったが偽勇者一行もやるじゃないか」 でろりんはさらに反対の横っ面に拳を叩き込んだ。 ポップはまたわざと受けた。 「ハアハア…確かに俺たちは偽者だったさ…勇者を騙り、金儲けや火事場泥棒していた最低の連中だった…でもお前やダイは本物の勇者だったじゃねえか。 それが何だよ、今じゃてめえの方が偽者だ!」 でろりんはかつてポップがバーンを一喝したように、ポップの目を見据え堂々と言い放った。 そして弾かれた剣を拾い、再びポップに斬りかかった。 「ウオオオオオッッッ!」 ポップの手刀がでろりんの首を横なぎに斬った。 でろりんの胴体から首が離れた。 でろりんの首がポップの足元に転がる。 あまりにも無念だったのだろう。 首だけになってもでろりんの目からは涙がしたたり落ちていた。 一瞬であった。 一瞬ででろりんとへろへろは殺されてしまった。 マトリフの目から無念の涙が溢れた。 「呪文が封じられても、別に支障はないのですよ…ククク…こいつら、みんな犬死にだ…ハハハハ」 「ポップゥゥゥゥ!!」 マトリフの怒りの表情も今のポップには何の感情も持たせなかった。 マトリフにはすでに魔力が無い。 ポップはかつて自分が経験したことからマトリフが次にどんな攻撃をしてくるか読めた。 『メガンテ』である。 しかしすでに体力の限界に到達していたマトリフの突進はあまりに遅かった。 「すぐに楽にしてあげます。 師匠」 「うおおおおおおッッ!!」 吼えた。 マトリフは腹の底から吼えポップに向かっていった。 「死んでその名を残してください」 ポップの手刀がマトリフの胸を貫いた。 メガンテを唱えられることも無くマトリフは沈んだ。 即死である。 アバン、ダイと云う勇者を助けた大魔道士マトリフはここにその生涯を閉じた。 よりによってかつての愛弟子の手によって。 無造作に腕をマトリフの体から抜き取り、血を振り払いポップは生首となっているでろりんを見つめて苦笑した。 「お前の言うとおりだ…俺はもう偽者。 お前たちの方が本物だよ…」 ポップは手を叩き、下がらせておいた配下のモンスターを呼んだ。 「お呼びですか」 「魔王の居城に乗り込んできた、この者たちの亡骸。 敵ながら見事である。 丁重に弔ってやるがいい」 「御意」 「本物の勇者…か…」 苦笑いをしながらポップはでろりんの言葉を自分で繰り返した。

次の

ダイの大冒険のポップの人気について

ダイ の 大 冒険 ポップ

ダイ 1位に輝いたのは主人公のダイです。 主人公が強さ1位の漫画って結構珍しいのですが、ダイの大冒険では文句なしにダイが1位でしょう。 このダイは 竜魔人化したダイを想定しており、1位の根拠は最強形態である「 鬼眼王」バージョンのバーンに1対1で戦い勝ったからです。 竜魔人化したダイは父バランの竜の紋章と自分自身がもっている竜の紋章二つの力を最大限に活用することが出来、簡単にいえばドラゴンの騎士2人分の強さを持っていると言えます。 バーンの「 化物か・・・!」というセリフに対しては自身も「 その通りだバーン、お前以上のな」と返しており、最強なのを認識しています。 以上のセリフから考えても、総合的にダイの大冒険で最強なのはダイで間違いなさそうです。 ちなみにバーン戦闘後は キルバーンが持っていた黒のコアを空へ持っていき、爆発した後は行方不明となっています。 噂では魔界に飛ばされて、第2部ではヴェルザーが出てくる魔界編が始まるとかの話もありましたが、結局実現には至っていないようです。 いかがでしたでしょうか。 以上がダイの大冒険強さランキングです。 既に完結した漫画ですが以前として根強い人気を誇っており、何度読み返しても楽しめる作品になっています。 20代後半から30代前半の男性はみんな好きな漫画だと言えるでしょう。 この記事を見ている方はもう一度ダイの大冒険を読み返してみてはいかがでしょうか? 大人になってから読んでみても、面白いと思います。

次の

ダイの大冒険のポップは天才?成長して強い理由はメガンテとメドローア?

ダイ の 大 冒険 ポップ

ダイの大冒険のポップの人気について 1. 作者はポップが好きだそうですが、序盤悪印象を与えて後で巻き返すというのは打ち切られない自信があったんですか? ポップ悪印象期間は「ジャンプは人気がなければ即打ち切り、中堅でもテコ入れを考えるべき」というのを考えるとかなり長いように見えますが。 作者がポップが好きで、殺すのを提案されても反対したというのはどこ情報ですか? 3. 作画の人もポップは好きなんですか? 4. 最初から終盤まで重要キャラとして活躍させるつもりで作ったんですか? それとも主人公やマァム・レオナ・ヒュンケルなどの引き立て役で作ったら不本意ながらお気に入りになってしまったんですか? 5. 最初は叩かれ(人気投票の順位だけ見ると不人気と言うよりアンチが多いような感じですが)ましたが、 「ポップ厨」なるものはいつから出現したんですか? 彼らは最初から好きだったのが歓喜し声が大きくなったのか、アンチが寝返ったのか、新規を取り込んだのかどれでしょうか? 6. ポップを大切にしてるってことですよね?最終戦でもダイと一緒に活躍しましたし ポップはストーリー中優遇されている面が見受けられる。 (例:モテる など) 読者も真の主人公はポップだという感想も見る(ネタかもしれませんが) 1:作者って、原作者の三条先生のことですか? PBでは、最初の六大団長が好き、と対談で語ってます。 ポップが好き、という情報は知らないです。 ただ、「ダイ」は、元々1~2年の連載予定で、 ポップは、元々死んだまま終わるはずだったらしいので、 ある程度嫌われてもいいや、ぐらいの気持ちがあったのかも・・・? しかし、序盤の「逃げ出し野郎」時代でも、 ポップはなんだかんだ言ってダイの元に戻ったり、 マァムの一喝&鉄拳やまぞっほの説得でクロコダインに立ち向かったりと、 「逃げ出し」を克服しながら旅を続けてました。 それも、結構早い段階(クロコダイン戦はかなり序盤です)で、 「逃げ出し」の一面が急激に薄れていったので、どっちみち、 悪印象というのは、そんなにいつまでも残るものだったとは思えないです。 クロコダイン戦で自分が殺されてでもあとをダイに託そうとした彼の姿を見たら、 最初の悪印象なんて、そこまでで消えていったのではないか、と。 2:PBには書かれてないようだし、他からの情報だと、 私にはわからないです。 3:作画の稲田先生は、PBでは、男キャラだから気をつかわなくていいとか、 作画がしやすいからポップが好き、と語ってますが。 4:1でも書きましたが、ポップは元々バラン編で死んで終わるはずだったそうです。 しかし、人気が出て作品の連載が続行になったので、 物語構成が変更され、生き返ることになったとか。 多分、ポップを大いに(それも主人公並みに)活躍させようと思ったのは、 その(連載続行決定の)後なんでしょうね。 5と6に関しては、よくわからないので、なんとも言えないです。 ついでに、こちらからも1つお聞きしたいんですが、 「作者がポップ好き」ということについて。 いや、だから、それが何かに書いてあったのかな、と思って。 何かに掲載されたインタビューとか。 しかし、最初の頃のポップはともかく、「逃げ出し」でなくなった後の彼を見て、 不満が出るとは思えないんですが・・・。 特に、バラン編でダイのために仲間割れを装って、 1人で竜騎衆を止めにいくところとか、 バランにメガンテをかけるところとか。 それでも、出たんですかね? >読者も真の主人公はポップだという感想も見る(ネタかもしれませんが) そう言われるぐらい成長した、ってのはわかりますけどね。 キルバーンをして「成長速度で言えばダイ以上」と言わせたほどですし。

次の