ピンクランドセル。 ランドセルの色で後悔しましたか?6年後のラン活先輩に聞いてみた!

ピンクのランドセルってどうなの?おすすめのメーカー3選

ピンクランドセル

のピンクのランドセル カラーバリエーションが豊富な羽倉のランドセル。 その中でピンクのランドセルは「パステルピンク」「ビビットピンク」「ペールピンク」があります。 オーダーランドセルで、この3色をメインカラーに配したツートンカラーのランドセルを作ることができ、そのほか、「パステルピンク」は牛革シリーズに、 「ペールピンク」は職人の技が光る「とよおか」にも採用されています。 耐性牛革スタンダート、オーダーランドセルに採用されています。 耐性牛革スタンダードは、発色も美しく、鋲のないシンプルなデザインが、さらにパステルピンクの色合いを引き立てています。 ステッチアートを入れるとさらにかわいらしいランドセルになりますね。 はっきりとした色合いが特徴的です。 オーダーランドセルのメインカラーと人工皮革シリーズ(はねかる)で採用されています。 2020年モデルまでは、コンビネーションランドセルとして販売されていて、女の子モデルの人気No. 1に輝いていたほどです。 人工皮革「はねかる」では、2021年モデルより黒に「ビビットピンク」のパイピングがアクセントになった新色が登場。 以前のカラー名は「フレッシュ」でしたが、より雰囲気が伝わるようにとカラー名が変更されたそうで、色自体はこれまでと同色です。 桜色のようなナチュラルなピンク色は上品で優しい印象ですね。 オーダーランドセルのメインカラーと、豊岡の美しい自然をモチーフにした「とよおか」に採用されています。 「とよおか」は、こげ茶のメインカラーに「ペールピンク」のカットワークがアート作品を思わせるランドセルです。 :ペールピンクxチョコ 重量:1,350グラム 価格: 93,500円 :ペールピンク サイドカラー7色、背あての色3色よりを変更可能) 重量:1,310グラム 価格:61,600円~ 2. 女の子向けにはハート型を使用して、さりげない可愛らしさをプラスしたモデルも。 内装にも天然皮革を使用しているランドセルが多いため、他社よりもランドセル自体は重めですが、 背中に密着して姿勢よく背負える 「はばたく肩ベルト」を採用し、負担を減らして軽く感じる工夫がされています。 実際に背負って体感してみてくださいね。 定番の赤のランドセルでは物足りないという女の子におススメです。 コードバン、牛革、クラリーノで採用されています。 :ローズ シボ牛革ビッグもあり 重量:1,680グラム 価格:129,800円 の「チェリー」 「ローズ」よりも明るめの黒川鞄工房の「チェリー」。 かわいらしいさくらんぼ色のカラーリングですね。 デザインがベーシックなので色味で個性を出したい方におススメです。 :チェリー スムース牛革ワイド、クラリーノもあり 重量:1,580グラム 価格:85,800円 の「ピンク」 黒川鞄工房では、ランドセル本体に「ピンク」は採用されていませんが、ステッチにピンクを採用しているモデルがあります。 ワインやキャメルなどのメインカラーにピンクのステッチを施すことで、女の子らしいかわいらしさをプラスすることができます。 のピンクのランドセル 池田屋はシンプルなデザインで多くのモデルを出しています。 防水牛革、人工皮革「クラリーノ」、「ベルバイオ」にピンク色のランドセルがあり、素材によって、発色も変わってくるので実際に見てお気に入りのランドセルを見つけてくださいね。 「キッズピンク」はコンビカラー、144通り組み合わせから選べるオーダーランドセルでも採用されていて、メインカラーと縁どりで好みの組み合わせを選ぶこともできます。 のピンクのランドセル 充実したカラーバリエーションと上品なシンプルさが持ち味の鞄工房山本のランドセルです。 モデルによっては、ランドセルにデコレーションが施されているものもあり、控えめながらかわいさを演出しています。 コードバン、牛革、人工皮革にピンクが採用されています。 赤にも近い上品なカラーリングでコードバン、牛革、人工皮革に採用されています。 :ローズピンク 重量:1,370グラム 価格:69,900円 :ローズピンク 重量:1,370グラム 価格:67,900円 :ローズピンク 重量:1,370グラム 価格:67,900円 :ローズピンク 重量:1,240グラム 価格:49,900円 :ローズピンク 重量:1,450グラム 価格:95,000円 (牛革) :ローズピンク 重量:1,240グラム 価格:59,900円 の「チェリーピンク」 鞄工房山本の「チェリーピンク」はビビッドなはっきりとしたカラー。 「ローズピンク」よりも赤みが強く出ています。 モデルによって若干色味が違いますので、実際に確認してお気に入りを選んでみてくださいね。 これぞピンクと王道の色合いなので、ピンクが大好き!という女の子にぜひ選んでほしいランドセルです。 :パウダーピンク 重量:1,240グラム 価格:59,900円 5. のピンクのランドセル フジタのランドセルは、「6年間ずっと好きでいられるカラーとデザイン」をコンセプトに作られています。 派手すぎず、シンプルすぎないのがフジタのランドセル。 飽きのこない色とデザイン、背あての色付け・コンビカラーのバランスなど「色」にこだわったランドセルを作っています。 そのなかでもピンクは「チェリーピンク」「チェリー」「ピンク」「スウィートピンク」「ビビットピンク」「パールフェアリー」「パールシャンパンピンク」と幅広いラインナップ。 お好みのピンクのランドセルを見つけてくださいね。 コンビカラーにスウィートピンクを組み合わせた「アップリカ」はぐっとかわいらしさもプラスされています。 ヘリ巻き部分やステッチやハートの刺繍にパステルピンクが使われています。 特に「トラッド」はステッチも同色でしっかりとして知的な印象を与えます。 他にもコンビカラーとして採用されている「ピンク」はパステル調で、かわいらしさを演出しています。 ステッチにピンクを採用したモデルもありますよ。 コンビカラー「ピンク」は落ち着いたブラウンやキャメルなどのメインカラーに合わせるとぐっとキュートなイメージになりますね。 赤みが強くとても可愛らしい色合いです。 ランドセル全体が同一カラーなので色合い自体の魅力が良く出ています。 :ビビットピンク 重量:1,150グラム 価格:58,0000円 「パールフェアリー」 パール加工が施され、キラキラとした光沢が特徴の「パールフェアリー」。 「フェアリー」という名前の通り、空を舞う妖精のようなやさしいかわいらしい色合いです。 : 人工皮革 パールフェアリー 重量:1,150グラム 価格:64,000円 「パールシャンパンピンク」 フジタの「パールシャンパンピンク」は落ち着いた上品なカラー。 ベージュにほんのりとピンクをさしたようなほのかな色味にパール加工が施されでいます。 他ではあまり見かけない色合いですが、派手過ぎず、優しい色合いが世代を超えて好まれそうですね。 : 人工皮革 パールフェアリー 重量:1,150グラム 価格:64,000円 6. のピンクのランドセル 背クッションにNASA仕様のシャトルクッションを使用している中村鞄製作所のランドセル。 背負いやすさと上品でシンプルなデザインが人気です。 その中でピンクのランドセルは「ローズピンク」「ビビッドピンク」「チェリーピンク」があり、繊細なニュアンスのある色を展開しています。 工房のランドセルとしては軽量なので、小柄なお子さまや通学距離が長いお子さまにも人気の高いランドセルです。 べーシックなデザインが上品な発色を際立たせていますね。 ローズピンクよりもワントーン明るい色合いです。 :ビビットピンク 重量:1,250グラム 価格:66,000円 ベルエースハート:ビビットピンク 重量:1,120グラム 価格:55,000円 の「チェリーピンク」 赤く色づいたさくらんぼを感じさせる中村鞄の「チェリーピンク」。 若干青みを感じさせる色合いです。 :チェリーピンク 重量:1,250グラム 価格:66,000円 の「ピンク」のステッチ 中村鞄にはメインカラーに「ピンク」は採用されていませんが、ステッチに「ピンク」を使っているモデルがあります。 メインカラーは落ち着いた色味がいいけど、かわいらしさも欲しい!という方におススメですよ。 のピンクのランドセル デザインもカラーバリエーションも豊富な萬勇鞄のランドセル。 女の子の大好きな「ピンク」。 萬勇鞄では幅広い世代に好まれるランドセルカラーとして、幅広いカラーやデザインを用意しています。 シリーズにより内装のデザインやカラーも異なるので、内装が好みのランドセルを選んでもよいですね。 ランドセル本体に採用されているのは「パールピーチ」「ピンクベージュ」の2色ですが、コンビカラーとして「ジュエルピーチ」「アプリコットジュエル」「ピンクゴールド」が採用されています。 鋲や刺繍がゴールドなのできらきらとした印象をアップさせていますね。 :パールピーチ 重量:1,250グラム 価格:63,800円 の「ピンクベージュ」 高級感溢れる光沢のあるパール加工が施されたピンクベージュ。 色味が落ち着いてる分、キラキラとした質感ですが、大人っぽい印象的ですね。 :ピンクベージュ 重量:1,250グラム 価格:63,800円 の「アプリコットジュエル」 萬勇鞄の「アプリコットジュエル」は宝石のような輝きのあるピンク。 熟れたあんずのように赤みがかったオレンジのようなカラーです。 ランドセル本体での採用はなくコンビカラーとして採用されています。 それぞれのメインカラーの色味に変化をつけてくれますね。 ピンクが大好きなお子様におススメです。 光沢のある質感もぐっと上品さを感じますね。 ランドセルに輝きと落ち着きを与えてくれるピンクゴールドは、保護者の方からも安心のピンクですね。 のピンクのランドセル MOGIのランドセルの特徴は、圧倒的なモデル数とカラー展開。 「カーマインピンク」「レトロピンク」「ヴィヴィッドピンク」「ローズピンク」「パールピンク「パールビビットピンク」などピンクのランドセルが用意されています。 赤に近くほんのりオレンジの色味も感じるような発色です。 素材によって発色も微妙に変化するのでお好みの色味を探してみてくださいね。 装飾も派手過ぎず、ベーシックなデザインです。 :レトロピンク 重量:1,200グラム 価格:53,000円 の「ヴィヴィッドピンク」 真っ赤なリンゴのようにみずみずしい「ヴィヴィッドピンク」。 発色が鮮やかで美しいですね。 ステッチや刺繍も細やかで可愛らしく仕上がっています。 :ヴィヴィッドピンク 重量:1,200グラム 価格:58,000円 の「ローズピンク」 MOGIの「ローズピンク」は赤に白を差したような濃いのピンクです。 もこもことしたフリルのステッチや連なったハートの刺繍、ハートの鋲など、女の子が喜ぶかわいさ満載のランドセルですね。 :ローズピンク 重量:1,200グラム 価格:58,000円 の「パールピンク」 人工皮革の性質を生かした光沢感が特徴のプリズミックスシリーズ。 中でも「パールピンク」は宝石のようなキラキラとした質感を上質に表現しています。 縁どりで採用された「パールピンク」はメインカラーのブラックに可愛らしさを程よく与えていますね。 上質な光沢感と女の子の喜びそうな装飾が素敵ですね。 :パールヴィヴィッドピンク 重量:1,200グラム 価格:60,000円 9. 土屋鞄製造所のピンクのランドセル 余計なものがなくシンプルなデザインの土屋鞄製造所のランドセル。 ピンクのランドセルは 「コーラルピンク」「ミスティピンク」「ピーチ」「チェリー」とあります。 今年から土屋鞄のランドセルは持ち手がつき、また立ち上がり背カンとS字型肩ベルトを採用しているため、昨年までと見た目のフォルムが大きく変わっています。 落ち着いた色合いで、飾り立てないシンプルな美しさが際立ちます。 プレミアムカラー 牛革 :コーラルピンク 重量:1,390グラム 価格:79,000円 の「さくら」 内装のカラーとして採用されている「さくら」。 内装がほんのりとした桜色のカラーリングで、ベーシックな赤のランドセルをかわいらしく演出しています。 まだ月あかりのあるかすみがかった夜明けを感じさせるようなニュアンスカラーです。 アンティークモデル牛革:ミスティピンク 重量:1,160グラム 価格:69,000円 土屋鞄製造所の「ピーチ」 どこか懐かしさをイメージさせる色。 ベルトや内装にパープル採用していて内装も併せて楽しみたいランドセルです。 アトリエ 牛革 :ピーチ 重量:1,390グラム 価格:82,000円 土屋鞄製造所の「チェリー」 食べごろのチェリーのような色合いの土屋鞄の「チェリー」。 この「アトリエ」シリーズにはアーティストたちの思いが込められています。 「チェリー」の 内装は、キラキラとカラフルな世界が広がる万華鏡がモチーフ。 小学校生活でたくさんの変化を楽しんでほしいという願いを表現しているそうです。

次の

【鞄工房山本】女の子におすすめ ピンク系ランドセル(2020年4月ご入学用)のご紹介|ランドセルBLOG|ランドセルの鞄工房山本

ピンクランドセル

カラフルなランドセルが増えているといえども、半数ぐらいの親御さんは「女の子のランドセルといえば赤」というイメージでランドセルを探しています。 そして一番売れているのもやはり赤色です。 【人気色】• カーマインレッド• ワインレッド• バーガンディ ただ赤といっても、濃淡によってランドセルのイメージは変わってきます。 その中でもっとも人気があるのは「カーマインレッド」です。 和訳すると「洋紅色」。 「ポルシェ」や「フェアレディZ」の代表カラーとなっていることから分かるように、一般的な赤より少し濃い色で高級感があります。 そして赤に紫を加えると「ワインレッド」、ワインレッドに少し茶色を加えたのが「バーガンディ」。 このように赤系は、 少し大人っぽい色彩へ人気が集まるようです。 女の子が大好きなピンク色。 地域によっては赤よりピンクが多数派という学校もあります。 愛らしいデザインや可愛い刺繍が施されたものが多いので、子供は目移りして決めきれないかもしれません。 【ピンクの懸念点】• 高学年になると落ち着いた色を好む• 汚れが目立つ• デザイン重視で低品質な製品が紛れ込んでいる ピンクランドセルが怖いのは、子供が成長して趣味が変わった時です。 そのように考えると パール系ピンクより、ビビットピンクのような赤に近い色のほうが無難かもしれません。 淡い色が汚れやすいのは宿命です。 せめて防水・防汚加工がしっかりしている会社の製品を選びましょう。 特にピンク系ランドセルは、可愛いデザインなら売れるという事もあって、基本性能が貧弱なランドセルも見受けられるので気を付けてください。 白といっても2種類あります。 ベージュ系・・・落ち着いている• パール系・・・華やか どちらも同じくらい人気で、バリエーションも増えています。 白は汚れを気にする人もいますが・・・、今どきのランドセルは素材レベルで防汚対策ができているので、過度に心配する必要はありません。 とはいえ、やはり濃い色よりは目立ちます。 お子様の性格・通学路の環境を考慮して選んでください。 【白いランドセルのメリット】• おしゃれ• 人と被りにくい 【白いランドセルのデメリット】• 目立つ• 手荒に扱うと薄汚れる メリットだけでなくデメリットもありますが、白いランドセルを持ったお子さんは、特別感があり6年後の満足度が高い傾向にあります。 もし汚れてしまったら、ランドセルカバーで目立たなくすると割り切り、購入してみましょう。 「女の子に黒色ランドセルは似合わないですって?」一体誰がそんなことを決めたのでしょう。 国立大学付属小学校や名門私立小学校の指定ランドセルは、男でも女でもたいてい黒です。 【黒色ランドセルのメリット】• 汚れが目立たない• 洋服を選ばない 大人の女性が持つバッグは、黒が多いですよね。 それは着る服を選ばず、何色にもマッチするからです。 そう考えると小学生の女子が黒いランドセルを背負うことに違和感はなくなります。 それと黒色を選ぶ女の子は、少しませています。 常に背伸びをしているので、口も達者でしょう。 そのような子には、 「ランドセルは自分で選んだ」という満足感を与えて、自立心を満たしてあげると良いでしょう。 サイドバー.

次の

『ピンク』のランドセルを選ぶならおすすめはコレ!

ピンクランドセル

親が教えて子供に判断させる ・実際に通学中の男の子のランドセルを見せて、ピンクはいないこと。 女の子だけがピンクを背負っている事。 ピンクは女の子の色なんだよと納得するように働きかける。 ・ランドセル売り場に行き、店員さんから男の子はピンクを背負っている子はいない。 なぜならピンクは女の子の色だから。 ・ランドセル売り場に行き、黒や、青。 紺などのランドセルを背負って、店員さんと親がほめる。 ・黒っぽいランドセルを背負っている男の子を見て、あの色もかっこいいねと「男の子らしい色」を意識させる。 頭ごなしでなく、子供が考え方を変えるように働きかけるように計画・実践してみましょう。 なお、ランドセルを2つ購入するのは勿体ないことで、ゴネると色々なものが手に入ると学習させてはなりません。 もし、最終的にピンクのランドセルになったとしたら、6年間絶対に買い換えないと約束させます。 (ただ親の方が守れない確率が高そうですけど) 男の子の好きな色は赤 ランドセルの色を選ぶ時に、赤やピンクを選ぶ男の子はとても珍しいと思っていますが、本当にそうでしょうか。 ランドセルのような高額な物は一つしか購入できませんし、子供が本当に欲しい色なのかどうかは本当は分からない、親に合わせているだけなのかもしれません。 面白い調査があります。 男のこの好きな色を調査したものです。 (複数回答可能) ランドセルでは圧倒的に多いのが黒ですが、好きな色としては5番目なのですね。 意外だったのが「赤」が好きな色の2番めになっていることです。 この結果から、男の子が女性化しているとは言えないでしょう。 なぜなら「赤」は男性の闘志、闘魂、激しさなども表すものだからでうす。 炎の闘魂というとき、赤い炎がメラメラと燃えているイメージが浮かんでしまいます。 2016年の優勝した広島カーブのチームカラーは赤ですね。 それなのになぜ赤いランドセル=女の子のイメージが付きまとうのでしょう。 それは全く皆が思い込んできた常識に過ぎないんです。 だからといって、男の子に闘志を燃やしてもらうために、赤いランドセルを選ぶ必要は全くありません。 ある小学校が子供の好きな色のランドセルを買ってあげてくださいと、春に入学してくる子供の親に働きかけているそうです。 その結果、その学校では男の子が赤やピンクのランドセルを背負っている姿が良く見られるんだそうです。 それをオカシイと見るか、子供が好きで背負っているのだから良しとするかは私達が決めることでは無いでしょう。 男女の性差による差別をなくすとかいうジェンダーフリーの考え方では無いと聞いて、胸をなでおろしました。 ああ、そうそうこの小学校では、女の子が黒いランドセルを背負っている姿も良く見られるそうです。 黒い制服は当たり前に着ているのだから、ランドセルだってオカシクは無いですよね。

次の