ワイ モバイル 料金 プラン。 ワイモバイルのポケットWi

どんな料金プランがあるの?

ワイ モバイル 料金 プラン

「ワイモバイルに興味あるけど、料金プランが複雑でよく分からない…」 「通話もネットもコミコミで、スマホが月々1,980円って本当なの?」 「ソフトバンクとワイモバイルとは何が違うの?どっちのほうがお得なの?」 スマホが月々1,980円=「ワンキュッパ割」のCMで有名な『ワイモバイル(Y! mobile)』ですが、料金プランの仕組みや、ソフトバンクとの違いが分かりづらいという声が多いようです。 実際、ホームページを見ただけで料金プランの内容を理解するのは至難のワザですよね。 そこでこのページでは、その複雑な料金プランの内容をなるべくカンタンに解説して、ワイモバイルのメリットやデメリット、ソフトバンクや格安スマホとの違い、乗り換えでお得になるポイントなどを紹介します。 ワイモバイルの料金プランのカラクリ!? 早速ですが、まず始めに「ワンキュッパ割」で月々1,980円というこのプラン。 これ、そもそもどういう内容かというと、「データ量が月間2GBで2,980円の『スマホプランS』を1年間だけ1,000円割引の1,980円で利用できますよ」というものです。 1年間は1,000円割引で・・、2年間はデータ量が無料で増量になって・・、3年目以降はデータ量と金額が元に戻って・・ といった感じで、契約してから1年ごとに月々の支払い金額が変わるので、とにかくややこしいんですね。 ということで、その金額をまとめたものがこちら。 プラン 1年目 2年目 3年目以降 無料通話 スマホプランS 3GB/1,980円 3GB/2,980円 2GB/2,980円 1回10分まで無料 スマホプランM 9GB/2,980円 9GB/3,980円 6GB/3,980円 1回10分まで無料 スマホプランL 21GB/4,980円 21GB/5,980円 14GB/5,980円 1回10分まで無料 こうして表にしてまとめてみると、少し分かりやすくなると思います。 要するに、あくまでも基本となるプランは、 プランS「2GB/2,980円」、 プランM「6GB/3,980円」、 プランL「14GB/5,980円」という3つで、どのプランも、1年間は1,000円割引、2年間は無料でデータ量を増量できるということ。 ポイントは、3年目以降は、「金額」と「データ容量」が基本のプランに戻るというところです。 (データ容量を増量すると月額+500円かかる) ちなみに、家のインターネット回線がソフトバンクグループの「SoftBank光」「SoftBank Air」だと割引になる『おうち割光セット』は、Sが500円、Mが700円、Lが1,000円という金額が契約中はずっと割引になります。 そもそもワイモバイルってお得なの? 「で、結局のところ、ワイモバイルに乗り換えるとお得なの?」「ワイモバイルのスマホは他社のスマホよりも安いの?」 肝心なのはここですよね。 そこでまずは、それぞれの月間データ容量が「2GB」の料金プランに揃えたうえで、ソフトバンクとワイモバイルの月々の支払額を比較してみましょう。 表の上2つ、ライトプランは、ソフトバンクが1回5分まで、ワイモバイルは1回10分までの通話が無料で、下2つは、どちらの会社も、誰と通話してもすべて無料になるプランになります。 1年目、2年目は基本的に、「月額料金+スマホ本体の24回分割価格」が月々の支払額です。 また、3年目以降はキャンペーンによる割引が終了しますが、その分、スマホ本体の支払いが完了するので、実際の支払額は安くなります。 プランの条件を揃えて比べると、ワイモバイルはソフトバンクよりもかなり料金が安いのが分かると思いますが、これは、ワイモバイル(Y! mobile)がソフトバンクのサブブランドだから。 ワイモバイルはなぜ安いの? サブブランド(セカンドブランド、サブキャリアと呼ばれることもある)のスマホが、なぜ本家のキャリアより料金を安くできるのかというと・・ ソフトバンクは、ドコモやauと並ぶ3大キャリアの1つとして、国から携帯電話用の電波を使用する許可をもらい、その電波を全国に張り巡らせるために、回線施設や基地局などを建設・維持する膨大な費用が掛かっています。 ワイモバイルは、その施設(電波)を借りて運営しているので、その分の費用が浮いて料金を安く提供できるんです。 (ソフトバンクがワイモバイルのための電波を割り当てている) また、販売店をソフトバンクと併設するなどして、お店の運営費や人件費を節約しているのも料金を安くできる理由の一つといえます。 別の言い方をすると、ソフトバンクグループ全体で、携帯電話業界のシェアを広げるための戦略として、キャリアよりも割安なサブブランドを展開している。 それがワイモバイル(Y! mobile)というわけです。 なので、同じ条件で比較するとワイモバイルの方がお得になっているのは当然のことなんですね。 格安スマホと比べるとどうなの? 電波を借りてスマホを提供しているといえば、最近話題の格安スマホも同じようなシステムになっていますが、ワイモバイルと格安スマホの料金は差はどうなっているのも気になるところです。 そこで今度は、代表的な格安スマホの料金プランとワイモバイルの料金プランを比較してみましょう。 会社名 1年目 2年目 3年目以降 通話 3GB/1,980円 +スマホ本体分割 3GB/2,980円 +スマホ本体分割 2GB/2,980円 1回10分まで無料 2GB/1,980円 +スマホ本体分割 2GB/1,980円 +スマホ本体分割 3. では、なぜ格安スマホはサブブランドのワイモバイルよりもさらに安いのか? まず一番大きな理由は、ワイモバイルに比べて借りている電波の容量(帯域)が少なくて、電波のリース料が安く済んでいるから。 当然、ネットの通信速度がやや遅くなるケースもありますが、格安スマホはここで料金を安くしているんです。 キャリア側で格安スマホ用に割り当てる電波にある程度の制限を設けてはいるものの、基本的には借りる電波の容量は多ければ多いほど通信速度は安定します。 (道幅が広いほど多くのクルマが走れる) ただし、たくさん借りると必然的にリース料は高くなって料金プランを安く設定できなくなるので、このバランスを考えたうえでそれぞれの会社は借りる電波の容量を決めています。 つまり、同じ格安スマホでも、実は、借りている電波の多い・少ないで通信速度の安定度は違うということですね。 ちなみに、規模の大きな会社は、信頼性の面からも電波をたくさん借りている(=通信速度が安定している)傾向にあります。 ちょっと話が脱線しましたが、要するに、格安スマホは、時間帯によってはネット接続の通信速度がやや遅くなるケースもあるけれど、その分、ワイモバイルよりも料金が安いということです。 もう一つ、格安スマホは基本的に、ネットで契約するという前提があるので、販売店の数が少ない(運営費が安くなる)というのも大きな理由として挙げられますね。 それぞれのサービスのメリット・デメリット ここで、 キャリア(ソフトバンク、ドコモ、au)、 ワイモバイル、 格安スマホのメリット・デメリットを整理してみましょう。 キャリア メリット デメリット• 新型iPhoneなど最新スマホの割引プランがある• 専門ショップの店舗数が多いのでサポートが安心• 通信品質(ネットの速度)が安定している• 誰とでもかけ放題になる通話プランがある• 料金が高いうえに、プランの内容も複雑• 基本的に契約は2年縛りになる ワイモバイル(Y! mobile) メリット デメリット• 家電量販店も含めると実店舗数がキャリア並に多い• 料金が安く、サポート体制とのバランスも良い• 通信品質(ネットの速度)が安定している• 誰とでもかけ放題になる通話プランがある• プラン内容が複雑で分かりづらい• 基本的に契約は2年縛りになる 格安スマホ メリット デメリット• とにかく料金が安くバリエーションも豊富• 最新の高スペックから廉価版まで端末の種類が豊富• 実店舗数が少ない• 通信品質が安定しない会社もある• 誰とでもかけ放題になる通話プランがない キャリアとワイモバイルのメリットは、実店舗数が多いことによるサポートの安心感、安定した通信品質などが挙げられます。 もちろん、通話が多いユーザーにとっては「誰とでもかけ放題」のプランが選べるのも大きなメリットの一つです。 また、キャリアには、最新のiPhoneが半額になるといったスマホの割引キャンペーンがあるので、最新のスマホをずっと使い続けたい人にとっては他には変えられないメリットになりますね。 一方、格安スマホの場合はこれらの項目でやや不利にはなりますが、その代わりに、キャリアやワイモバイルに比べて料金が圧倒的に安くなるという最大のメリットがあります。 「実店舗数が少なくても気にならない」「通信品質にはこだわる」「誰とでもかけ放題は絶対に必要」「とにかく月々の支払いは安いほうがいい」「最新のスマホをずっと使いたい」等々・・ どのサービスが自分に合っているのか、どのプランがお得に感じるかは、これらの項目の中でどこを重視するかによって決まると言っていいでしょう。 まとめ ここまで、ワイモバイルの料金プランの内容や、他社との料金比較、メリット・デメリットを説明してきましたが・・ 「すっかりスマホは生活必需品になったけど、さすがに料金がちょっと高すぎる」 「キャリアのスマホを使っているけど、もう少し料金が安ければいいなぁ」 などと感じている人にとって、月額料金の安いスマホがあるというのはどうしても気になるものです。 でも、「サポート体制やネットの通信速度はやっぱり不安・・」と思って何となくそのままにしているという人も多いはず。 そんな人にとってワイモバイル(Y! mobile)は、まさにピッタリの存在だと言っていいでしょう。 キャリアにはキャリアのメリットがあって、格安スマホにもメリットはあるけれど、その両方の良さを持ち合わせているワイモバイルは、かなり理想に近いスマホだといえます。 プラン内容はちょっと分かりづらいけど、サポート体制や通信品質はキャリアの安心感はキープしたまま、料金は格安スマホ並に安くなる。 さらに、かけ放題のオプションがあることも含めると、実は、ワイモバイルくらいの内容と料金がちょうどいいというユーザーはかなり多いのではないでしょうか。 最近では、選べる端末の種類はむしろキャリアよりも多いですし、信頼性の高い会社であればサポート体制や通信品質も十分に納得できるレベルなので、満足度は非常に高いです。 mobile 楽天モバイル OCNモバイルONE LINEモバイル 格安スマホを選ぶなら、なんと言っても信頼性の高い会社から選ぶというのが一番重要になります。 オススメは格安スマホのシェアNo. 1で、ポイント還元がお得な『楽天モバイル』、月間の通話時間が長かった上位3人は通話料金が無料になるという格安スマホで唯一のオプション設定がる『OCNモバイルONE』、LINE機能がすべて無料で、とにかく月々の支払額を節約できる『LINEモバイル』の3社です。 どちらにしても、キャリアのスマホの料金に納得していないのであれば、電話番号はそのまま使えるので一度はワイモバイル(Y! mobile)や格安スマホを試してみる価値はありますよ。

次の

どんな料金プランがあるの?

ワイ モバイル 料金 プラン

2年間の総額で考えてみようか? 新旧2つの料金プランを眺めても、どう変わったのか分かりにくいですよね? そこで、2年縛りがあることを基準にして、2年間で支払い総額を計算してみましょう。 スマホプランLは廃止されるので、スマホプランSとMの比較です。 SIMカードのみの契約であれば、 2年間に渡って400円か600円の割引を毎月受けることができます。 2年間の総額を比較すると以下のとおりです。 これを見ると、旧プランがお得なような気がします・・・。 あなたはどう感じましたか? ワイモバイル新料金プランの口コミ・評判 ワイモバイルが発表した10月からの新プランについて、どう思っているのでしょうか?• 好意的な口コミ• 批判的な口コミ どちらもまとめてみました。 好意的な口コミ ワイモバイル新プラン、実質値引きよりも、素直にどのプランも値引きされてるから嬉しい!! SIM単品契約者からの意見 Sの新プラン割引効かせて約2400円だね! 自分の場合だと!! 昼の時間を中心に、遅くなることを避けたい。 mobileの新プラン悪くないな。 さっさと違約金無しの状態になって気に食わんかったら乗り換え作戦が実行出来るやん。 — 3㍉㌫ maxvs0910 ソフトバンクの新プランが話にならんので楽天モバイル継続しようと思ったけど何周か熟考して結局ワイモバイルにすることに。 — カタカナ katakana1123 ワイモバイル新プラン、うーん。 まあ無難やね。 mobile の新プラン、分離プランと言う割に大して安くなってない。。。 でも、SIM単体の割引とか諸々考慮すると、2年間使用することを前提にすれば滑り込みで現行プラン契約した方が得な気がする。 この3大キャリア特有の、利用者を時限式とかで騙そう騙そうとしてくる姿勢ってほんとセコいしキモいよな! — 占守 Simsyu PayPayのソフトバンク・ワイモバイルユーザー優待が大きく変わる10月以降、ワイモバイルにこだわる理由が無くなってしまった。 来月で2年になるこの時期にUQモバイルと本気で比較検討しておかないと時間がなくなる。 — まっくす maxainsu 好意的な評判は、 2年縛りがなくなることが多かったです。 そして料金については、それほど多くの意見は見受けられませんでした。 よくよく計算してみると、旧プランの方が安いんですけどね・・・。 よく計算されている方は、あれ?と思っているようです。 Amazon Music Unlimited \ お得なキャンペーン開催中 / 初めて利用する人限定で・・・ なんと! 3か月間無料キャンペーン中! 通常月額980円なので、2940円もお得に。 現在6,500万曲が聴き放題のMusic Unlimited。 キャンペーンを利用しないと損しちゃいます! 6月16日までの期間限定キャンペーンなので、登録をお忘れなく。 公式サイト>> なお、Music Unlimitedは 再登録者限定で3か月間、月額300円になるキャンペーンも開催しています。 過去にMusic Unlimitedを登録していたことがある人は、もう一度試すチャンスです! 公式サイト>>.

次の

ワイモバイルの料金プランをていねい解説(旧プラン)!3GBで1,080円から利用可能!|ワイモバイル大百科

ワイ モバイル 料金 プラン

シンプルなY! mobile(ワイモバイル)の料金プラン「スマホベーシックプラン」 1,480円からスマホが使える「スマホベーシックプラン」 2019年10月から提供されたワイモバイルの新プランである、スマホベーシックプランは、 データ通信量に応じてS・M・Rの3種類から選べるプランです。 シンプルな料金プランで誰にでも分かりやすいのが特徴。 契約月の翌月から、「新規割」適用で最大6ヶ月間が 700円割引、さらに「おうち割」or「家族割引サービス(2回線目以降)」が適用になるとさらに 500円割引になります。 スマホプランは2019年9月30日で新規受付終了しました。 既にワイモバイルを使っているのユーザーは、引き続きスマホプランを利用できます。 10分を超過した場合は30秒当たり20円が発生するため注意。 とはいえ大抵の要件は10分あれば伝えられると思います。 データ通信量は契約から2年間は「データ増量オプション(500円)」が無料になり、通常よりも増量され、【S:4GB、M:12GB、R:17GB】から選べます。 データ通信量をよく使う方はスマホベーシックプランのRをの申込みをおすすめします。 動画を少し見たりWebブラウザで検索したりなど、一般的な使い方であればスマホベーシックプランのMでも十分だと思います。 通話メインでデータ通信量はそこまで使わない方、動画などはWi-Fi環境で観る方はスマホベーシックプランのSが安くてお得です。 ワイモバイルの対応端末であれば、現在お持ちの端末でそのまま使うことができます。 複数台使いたい人はシェアプランも 複数台で使うならシェアプランがオススメ スマホやタブレットを複数台使う方には シェアプランがオススメです。 シェアプランに加入することで親回線のパケットを最大3回線まで子回線に分けあえます。 データ通信量は「データ増量オプション」適用にしたものになります。 この子回線はデータ通信専用で、タブレットや他社のSIMフリースマートフォンなどでサブ機として使用するのに適しています。 シェアプランの子回線で音声契約は出来ないので、他社のシェアプランのように家族で分けあって使うイメージとは少し違います。 ドコモでは子回線でも基本使用料に加えてシェアオプションの加入が必須となりますが、 ワイモバイルではシェアプランの「基本使用料のみ」でOK。 より安価に複数枚のSIMが使えます。 mobile(ワイモバイル)のケータイ向け「ケータイベーシックプラン SS」 Y! ケータイベーシックプランSSは、AQUOS ケータイ3などの ワイモバイルで販売しているケータイを対象としたプラン。 午前1時~午後9時までの間、ワイモバイル・ソフトバンクのスマホ&ケータイへの通話料が無料なのが最大の特徴。 2年の縛りはなく契約期間はありません。 最も注意が必要な点は、 ケータイベーシックプランSSは通話のみの用途を想定しているプランであること。 SMSは利用できますが、 メールやインターネットを利用するにはパケット定額サービスへの申し込みが別途必要(月300円)になります。 なお、パケット定額サービスは使用した分だけ料金を払うタイプで、料金は何も使わなければ0円で上限額は4,500円。 月々最大2. 5GBまで高速データ通信を利用できます。 また、ケータイベーシックプランSSの契約期間の縛りはなく解約金もありません。 5GBまで高速データ通信が利用可能 通話定額オプション「だれとでも定額」「スーパーだれとでも定額」 国内通話が無制限でかけ放題になる「スーパーだれとでも定額」 「スーパーだれとでも定額」は時間制限・回数制限なしでかけ放題になります。 ワイモバイル・ソフトバンクだけでなく、他社も含めて多く電話する方はオススメのオプションです。 スマホベーシックプラン、ケータイベーシックプランSSも月額1,000円から申込み可能です。 データプランはその名の通りデータ通信専用のSIMカードで音声通話は利用できません。 月額料金 データ通信量 データベーシックプランS 1,980円 1GB データベーシックプランL 3,696円 7GB Y! mobile(ワイモバイル)の料金プランと組み合わせられるお得な割引・キャンペーン ワイモバイルの料金を更にお得にするにはキャンペーン情報を厳選してご紹介します。 複数台契約するとお得になる割引もあるので、家族揃ってワイモバイルに乗り換えている方も増えています。 家族割引サービス 複数台契約で子回線の月額料金を割引 ワイモバイルで複数台契約すると、 2回線目以降の基本使用料が500円割引されます。 親回線として、スマホベーシックプラン(S・M・R)・データベーシックプランL・Pocket WiFi(ベーシック)の各料金プランに契約していることが条件。 スマホベーシックプラン(S・M・R)・データプランL・Pocket WiFiプラン2(ベーシック)・Pocket WiFiプラン2ライト(ベーシック)に契約した小回線が、最大9回線まで割引の対象になります。 データ増量オプションの月額料金は500円なので、 2年間で12,000円相当の割引になります。 データ増量オプションはその名の通り データ通信量が増量になる優れもの。 トップページのアクセスだけでマイルが貯まる Yahoo! JAPAN関連サービスを使えば使うほどマイルが貯まり、 貯めたマイルをデータ通信量として利用できる「パケットマイレージ」もワイモバイル独自のサービス。 Yahoo! JAPANアプリやブラウザ版のYahoo! トップページを開いて利用するだけで毎日マイルが貯まります。 さらにボーナスマイルやお得なクーポンなどが当たる「パケくじ」もあります。 貯まったマイルは翌月無料で追加できる高速データ通信量になり、 600マイル(プラチナ)まで貯めると翌月のデータ通信量は無制限に!無料でも毎日コツコツアクセスするだけで貯まっていくのでぜひお試しください。 詳しくはこちら: Y! mobile(ワイモバイル)契約者にはYahoo! プレミアムが無料で付いてくる! ワイモバイル契約者はYahoo! プレミアムが無料に また、 Yahoo! プレミアム(月額462円)が無料になるワイモバイル契約者向けのサービス「Yahoo! プレミアム for Y! mobile」もとってもオトク。 「Yahoo! 人気オークションサイト「ヤフオク!」なども制限なしで利用可能。 Yahoo! 関係のサービスを利用している方はよりお得に使えます。 また、Yahoo! かんたんバックアップが容量無制限で利用できるのもメリットです。 詳しくはこちら: まとめ:メリットがいっぱいのY! mobile(ワイモバイル)に乗り換えよう ワイモバイルの料金プランはシンプルで分かりやすく、通話とネット代コミコミで安くなるのが最大のメリット。 他社でもキャンペーンや割引を駆使するともっと安く抑えることもできますが、契約条件が複雑で分かりにくいことが多いです。 ワイモバイルでは1台でも複数台でも、通話が多くてもデータ通信量が多くても、様々なニーズに合わせて最適な料金が選べます。 ワイモバイルは10分のかけ放題がプランについています。 使い方にもよりますが、毎月通話は少し、SNSとブラウジングをやるくらいの一般的な使い方であれば、大手キャリアから乗り換えても月額のランニングコストを減らすことができます。 大手キャリアの平均的な月額は6,000円~8,000円とされていますが、ドコモとワイモバイルの料金を参考までに簡単に比較してみましょう。

次の