就活 面談 質問。 内定後に企業の人へ聞いても良い質問一覧と特に気になる内容3つ~給与・残業・社宅~

内定後に企業の人へ聞いても良い質問一覧と特に気になる内容3つ~給与・残業・社宅~

就活 面談 質問

就職活動のOB訪問。 アポイントをとったはいいけど、「どんな質問をすればいいのだろう?」とわからず、困っていませんか?相手は社会人。 あまり妙な質問をして恥をかきたくありませんよね。 そこで、就活生のために「困ったときはこれを聞いておこう!」といえる使えるOB訪問の質問リストをご用意しました。 以下を参考に、OB訪問で聞く質問を考えましょう。 OB訪問をする目的を再確認 はじめに、OB訪問をする目的について、再確認しておきましょう。 OB訪問の最も大きな目的は「実際に働いている人の話を聞き、その企業についての情報を集めること」です。 OB訪問では、説明会では教えてくれないような細かい業務の話や、人事担当者では答えてくれないような現場のリアルな声を聞くことができます。 さらに、話を聞く中で、「自分がその仕事のどんなところに興味を持ったのか」などの自己分析を行うことも可能です。 対面での会話は、ただパソコンで企業情報を調べているよりもずっとリアルな情報を知ることができるため、自分自身の反応も画面を眺めているだけの時と比べて大きく変わります。 気づけば話が盛り上がってて、「この仕事のこういう部分に興味があったんだな」というような、新たな発見があるかもしれませんね。 また、企業によっては、OB訪問の回数やその内容(態度、身だしなみなど)を評価対象とし、高評価の場合は選考を一部スキップするなどの優遇措置がとられることがあります。 会社で活躍するために必要な能力を探る質問• 御社で活躍するために必要な能力はどんな能力だと思いますか?• 御社で活躍している人材に共通する特徴はありますか?• どんな後輩社員に入社してきて欲しいですか?若手社員に期待するものを教えて下さい OB訪問は「内定を見据えて」行うもの。 内定には、「採用担当に響く自己PR」が必須です。 効果的なアピールをするためには、会社の求める人材像や、会社で必要な能力を理解しておく必要があるでしょう。 OB訪問をし、会社で求められるスキルを理解し、それを自己PRでアピールすれば、的確な自己PRが可能です。 あなたの就活力はどのくらい? 就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。 就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。 ぜひ、「」で今の自分の就活力を診断してみましょう。 無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。 就職活動の際、最終的にこの会社を選んだ決め手を教えて下さい• この会社を選んでよかったと感じるのは、どんな時ですか?• 入社前に抱いていたイメージと、入社後の実感にギャップはありましたか?• 今まで仕事をしてきて最もやりがいを感じたのは、どんな瞬間ですか?• 今までのお仕事の中で、最も大変だったのはどんな時ですか? 就職活動において「志望動機」は、非常に重視されています。 によれば、企業の78%が採用において志望動機を重視しています。 (サークル活動は10%) 上記の質問で、仕事のやりがいや醍醐味を理解し、志望動機の材料にしましょう。 生の情報を使った志望動機は、紙の情報からつくった志望動機とは説得力が断然違うはずです。 実際に現場の声を聴く 企業によってはホームページに先輩社員へのインタビューを載せている場合もありますが、それはあくまでも編集された文章。 あらかじめ用意された質問に答えるだけの形式が多く、構成上割愛された部分もあるため、得られる情報量は少なくなってしまいます。 その点、OB訪問では現場のリアルな声を直接聴くことのできる絶好の機会です。 一対一での対話の場合がほとんどなので、誰に邪魔されることもなく、自分の聞きたい内容を存分に聞くことができます。 そこには文字数の制限も、時間配分の制限もないため、ホームページ上のインタビューなどを調べる場合と比べて情報量が圧倒的に多いのです。 また、「仕事のやりがいは?」「最も大変だった時は?」などの質問も、先輩のリアルな体験を交えながら話していただけるため、より自分が働く際のイメージが湧きやすくなります。 調べるだけではわからないことが聞けるメリット OB訪問を通して、ネットで調べるだけではわからないことを聞く最大のメリットは、「その企業について、より深い知識を持つことができる」ということです。 企業のホームページなどで公開されている情報は、その企業についての情報のほんの一部であり、「企業全体としてはこのような方向性をを目指している」という建前の話でしかありません。 それに比べて、OB訪問では一個人にまで回答の内容が落とし込まれるため、より具体的で細かい内容を知ることができるのです。 企業について深い知識を持てば、自分がその企業を志望する理由や、自分の強みを仕事で活かす方法などをより具体的に述べることができます。 さらに、先輩から伺った話を志望理由に織り交ぜることで、「よくある志望理由」から抜け出すことができ、他の就活生との差別化を図ることも可能です。 仕事を理解するための質問• 入社から今まで主にどのような仕事をされてきましたか?• 平均的な1日の仕事のスケジュールを教えて下さい 最近の就職活動では「入社後、どんなことにチャレンジしたいですか?」「5年後にはどうなっていたいですか?」等、学生に具体的なキャリアプランを求める企業が増えています。 仕事像をしっかり理解していなければ、ズレた回答をしてしまうでしょう。 上記の質問で、実際の仕事像を理解しておけば、説得力のあるキャリアプランが語れるはずです。 HPや説明会で知れる内容は限られている ホームページや説明会では、どうしても文字数や時間の制限があるため、伝えられる内容は限られてしまいます。 また、どちらも「一度に多くの人へ情報を届ける」ことを目的としていることから、どうしてもよく聞かれるようなありきたりな質問への回答が多くなってしまい、なかなか自分の聞きたい質問の回答がもらえないこともあります。 それに対して、OB訪問ではあなた1人に情報を届けられれば良いため、先輩社員は面会の時間をフルに使ってあなたの質問に答えてくれます。 もちろん、あまりにも非常識な質問は避けなければなりませんが、入社してからこれまでの業務内容や、自分の会社についてどう思っているのかなど、細かい質問や本音の部分を聞くことができるというのはOB訪問でしか実現できないことです。 ホームページや説明会で知ることができるのは、あくまでも「一般的な情報」であり、そこで聞けないことを聴けるのが、OB訪問だと考えると良いでしょう。 会社・仕事を知るための質問• 働かれていて感じる、御社の強みは何ですか?• 御社の課題はどんな点にあると思いますか?• 現場で働いている社員から、会社の強み・弱みを聞いておけば、志望動機作成の材料になります。 具体的な質問を心掛ける OB訪問の質問を考える際は、なるべく具体的な質問をするように心がけましょう。 相手は忙しい業務の合間を縫って、こちらの質問のために時間を割いてくれています。 そんな中で、「仕事のことについて、なんでもいいので教えてください!」というような漠然とした質問では、何から話せば良いのか困ってしまい、余計な時間を取らせてしまいかねません。 訪問前にまず、企業の事業内容やその方の所属している部署の大まかな仕事内容など、最低限の企業研究を済ませておき、その上で何が知りたいのかを具体的にしておきましょう。 また、聞きたいことがたくさんあるからと、あれこれと矢継ぎ早に質問するのもよくありません。 一度にたくさん質問しすぎると相手が困ってしまうだけでなく、一つ一つの回答が短くなってしまい、具体的な内容まで聞くことができない可能性があります。 質問したいことを一通り考え終わったら、「ネットで調べられる情報ではないか」「相手に失礼になるような質問ではないか」「重複している内容はないか」の3点をチェックし、質問内容をブラッシュアップしていくように心がけましょう。 OB訪問で聞いてはいけない質問リスト12 聞いておくべき質問だけでなく、避けるべき質問も押さえておきましょう。 避けるべき質問を理解しておくことで、OB訪問で失敗しなくなります。 以下の質問は、相手が答えにくい場合が多いので、聞くのはやめておきましょう。 残業に関する質問 たいていの日本企業では、残業があります。 ただ、これを聞いても「あるよ」というような回答しか得られない上、「なんだか弱腰な学生だな」という印象を与えてしまいます。

次の

【質問例あり】会社説明会や座談会では、どんな質問をした? 先輩アンケート

就活 面談 質問

就職活動のOB訪問。 アポイントをとったはいいけど、「どんな質問をすればいいのだろう?」とわからず、困っていませんか?相手は社会人。 あまり妙な質問をして恥をかきたくありませんよね。 そこで、就活生のために「困ったときはこれを聞いておこう!」といえる使えるOB訪問の質問リストをご用意しました。 以下を参考に、OB訪問で聞く質問を考えましょう。 OB訪問をする目的を再確認 はじめに、OB訪問をする目的について、再確認しておきましょう。 OB訪問の最も大きな目的は「実際に働いている人の話を聞き、その企業についての情報を集めること」です。 OB訪問では、説明会では教えてくれないような細かい業務の話や、人事担当者では答えてくれないような現場のリアルな声を聞くことができます。 さらに、話を聞く中で、「自分がその仕事のどんなところに興味を持ったのか」などの自己分析を行うことも可能です。 対面での会話は、ただパソコンで企業情報を調べているよりもずっとリアルな情報を知ることができるため、自分自身の反応も画面を眺めているだけの時と比べて大きく変わります。 気づけば話が盛り上がってて、「この仕事のこういう部分に興味があったんだな」というような、新たな発見があるかもしれませんね。 また、企業によっては、OB訪問の回数やその内容(態度、身だしなみなど)を評価対象とし、高評価の場合は選考を一部スキップするなどの優遇措置がとられることがあります。 会社で活躍するために必要な能力を探る質問• 御社で活躍するために必要な能力はどんな能力だと思いますか?• 御社で活躍している人材に共通する特徴はありますか?• どんな後輩社員に入社してきて欲しいですか?若手社員に期待するものを教えて下さい OB訪問は「内定を見据えて」行うもの。 内定には、「採用担当に響く自己PR」が必須です。 効果的なアピールをするためには、会社の求める人材像や、会社で必要な能力を理解しておく必要があるでしょう。 OB訪問をし、会社で求められるスキルを理解し、それを自己PRでアピールすれば、的確な自己PRが可能です。 あなたの就活力はどのくらい? 就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。 就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。 ぜひ、「」で今の自分の就活力を診断してみましょう。 無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。 就職活動の際、最終的にこの会社を選んだ決め手を教えて下さい• この会社を選んでよかったと感じるのは、どんな時ですか?• 入社前に抱いていたイメージと、入社後の実感にギャップはありましたか?• 今まで仕事をしてきて最もやりがいを感じたのは、どんな瞬間ですか?• 今までのお仕事の中で、最も大変だったのはどんな時ですか? 就職活動において「志望動機」は、非常に重視されています。 によれば、企業の78%が採用において志望動機を重視しています。 (サークル活動は10%) 上記の質問で、仕事のやりがいや醍醐味を理解し、志望動機の材料にしましょう。 生の情報を使った志望動機は、紙の情報からつくった志望動機とは説得力が断然違うはずです。 実際に現場の声を聴く 企業によってはホームページに先輩社員へのインタビューを載せている場合もありますが、それはあくまでも編集された文章。 あらかじめ用意された質問に答えるだけの形式が多く、構成上割愛された部分もあるため、得られる情報量は少なくなってしまいます。 その点、OB訪問では現場のリアルな声を直接聴くことのできる絶好の機会です。 一対一での対話の場合がほとんどなので、誰に邪魔されることもなく、自分の聞きたい内容を存分に聞くことができます。 そこには文字数の制限も、時間配分の制限もないため、ホームページ上のインタビューなどを調べる場合と比べて情報量が圧倒的に多いのです。 また、「仕事のやりがいは?」「最も大変だった時は?」などの質問も、先輩のリアルな体験を交えながら話していただけるため、より自分が働く際のイメージが湧きやすくなります。 調べるだけではわからないことが聞けるメリット OB訪問を通して、ネットで調べるだけではわからないことを聞く最大のメリットは、「その企業について、より深い知識を持つことができる」ということです。 企業のホームページなどで公開されている情報は、その企業についての情報のほんの一部であり、「企業全体としてはこのような方向性をを目指している」という建前の話でしかありません。 それに比べて、OB訪問では一個人にまで回答の内容が落とし込まれるため、より具体的で細かい内容を知ることができるのです。 企業について深い知識を持てば、自分がその企業を志望する理由や、自分の強みを仕事で活かす方法などをより具体的に述べることができます。 さらに、先輩から伺った話を志望理由に織り交ぜることで、「よくある志望理由」から抜け出すことができ、他の就活生との差別化を図ることも可能です。 仕事を理解するための質問• 入社から今まで主にどのような仕事をされてきましたか?• 平均的な1日の仕事のスケジュールを教えて下さい 最近の就職活動では「入社後、どんなことにチャレンジしたいですか?」「5年後にはどうなっていたいですか?」等、学生に具体的なキャリアプランを求める企業が増えています。 仕事像をしっかり理解していなければ、ズレた回答をしてしまうでしょう。 上記の質問で、実際の仕事像を理解しておけば、説得力のあるキャリアプランが語れるはずです。 HPや説明会で知れる内容は限られている ホームページや説明会では、どうしても文字数や時間の制限があるため、伝えられる内容は限られてしまいます。 また、どちらも「一度に多くの人へ情報を届ける」ことを目的としていることから、どうしてもよく聞かれるようなありきたりな質問への回答が多くなってしまい、なかなか自分の聞きたい質問の回答がもらえないこともあります。 それに対して、OB訪問ではあなた1人に情報を届けられれば良いため、先輩社員は面会の時間をフルに使ってあなたの質問に答えてくれます。 もちろん、あまりにも非常識な質問は避けなければなりませんが、入社してからこれまでの業務内容や、自分の会社についてどう思っているのかなど、細かい質問や本音の部分を聞くことができるというのはOB訪問でしか実現できないことです。 ホームページや説明会で知ることができるのは、あくまでも「一般的な情報」であり、そこで聞けないことを聴けるのが、OB訪問だと考えると良いでしょう。 会社・仕事を知るための質問• 働かれていて感じる、御社の強みは何ですか?• 御社の課題はどんな点にあると思いますか?• 現場で働いている社員から、会社の強み・弱みを聞いておけば、志望動機作成の材料になります。 具体的な質問を心掛ける OB訪問の質問を考える際は、なるべく具体的な質問をするように心がけましょう。 相手は忙しい業務の合間を縫って、こちらの質問のために時間を割いてくれています。 そんな中で、「仕事のことについて、なんでもいいので教えてください!」というような漠然とした質問では、何から話せば良いのか困ってしまい、余計な時間を取らせてしまいかねません。 訪問前にまず、企業の事業内容やその方の所属している部署の大まかな仕事内容など、最低限の企業研究を済ませておき、その上で何が知りたいのかを具体的にしておきましょう。 また、聞きたいことがたくさんあるからと、あれこれと矢継ぎ早に質問するのもよくありません。 一度にたくさん質問しすぎると相手が困ってしまうだけでなく、一つ一つの回答が短くなってしまい、具体的な内容まで聞くことができない可能性があります。 質問したいことを一通り考え終わったら、「ネットで調べられる情報ではないか」「相手に失礼になるような質問ではないか」「重複している内容はないか」の3点をチェックし、質問内容をブラッシュアップしていくように心がけましょう。 OB訪問で聞いてはいけない質問リスト12 聞いておくべき質問だけでなく、避けるべき質問も押さえておきましょう。 避けるべき質問を理解しておくことで、OB訪問で失敗しなくなります。 以下の質問は、相手が答えにくい場合が多いので、聞くのはやめておきましょう。 残業に関する質問 たいていの日本企業では、残業があります。 ただ、これを聞いても「あるよ」というような回答しか得られない上、「なんだか弱腰な学生だな」という印象を与えてしまいます。

次の

【完全版】リクルーター面談必勝マニュアル|使える逆質問と知っておくべき服装・振る舞いのマナー

就活 面談 質問

就活の座談会になんとなく参加してしまっている就活生の人はいませんか? 企業説明会や合同説明会でよくある 座談会。 せっかく採用担当者や面接官以外の選考に直接関係のない社員の人から話を聞ける機会にも関わらず、 準備不足のために無駄に時間を過ごしてしまう就活生が少なくありません。 とはいえ、座談会の場で社員に何を質問すればいいのか分からない大学生の方も多いと思います。 そこで今回は、 座談会でおすすめの質問集や 避けるべき質問をご紹介します。 また、座談会を有意義な時間に変えるための 事前準備のポイントや 「良い質問」をするコツをわかりやすく説明しています。 これを機に就職活動をより上手に進めて頂ければ幸いです。 就活の座談会って何のためにあるの?目的は? 企業が座談会を開く理由は? 企業説明会や合同説明会で企業が座談会の場を設ける目的は、「 就活生に勤務後のリアルなイメージを湧かせてもらいたい」からです。 基本的に就活中は多くの場合、採用担当者や面接官、役員など特定の人物としか話す機会はありません。 話す機会も面接などの場に限られており、就活生が聞きたいことを何でも聞けるかというとそうではないのが実態です。 そこで、面接等の選考から一歩離れて、現場社員とざっくばらんに話せる機会を用意することで、 その会社で働く具体的なイメージを湧かせてもらうことで入社ミスマッチを防ぐ目的があるのです。 就活生が座談会に参加するメリット それでは就活生の視点で見た時に座談会に参加するメリットは何でしょうか。 それは、 面接では聞きづらい質問や現場社員じゃないと答えられない質問を率直に聞けることでしょう。 面接でも学生から質問できる逆質問の機会はありますが、多くの場合、選考で面接官の印象を下げない無難な質問に終始してしまうことがほとんどでしょう。 座談会に参加してその会社の実態を詳しくすることで、それまで漠然と抱いていた 会社で働くイメージを具体的に想像できるようになります。 「そもそも自分が求めている会社だったのか」「入社後に理想の働き方ができるのか」を知るために、就活生にとっても座談会は有益な場といえます。 今の仕事内容について具体的に教えてください。 1日の仕事の流れを教えてください。 入社直後はどんな業務を担当していましたか?• 入社後に必要となる知識やスキルは何ですか?• 〇〇業界の中での御社の強みを教えてください。 現在、会社として注力している事業は何ですか?• 御社の〇〇というサービスの特徴を教えてください。 実際に仕事を体験している社員だからこそ語れるリアルな話を引き出せます。 座談会で避けた方がいい質問集 事前に調べれば分かる質問 企業HPや新卒向け求人サイトに乗っている情報をわざわざ聞くのはNGです。 時間が決まっている座談会の場で分かりきっている質問をすると対応してくれる社員だけでなく、周りの就活生の時間も奪ってしまいます。 できればHPだけでなく、業界地図や会社四季報、インターネットリサーチを通じて、企業の業界全体の動きや最新の企業の取り組みはチェックしておきましょう。 この記事の後半で効果的な事前準備の方法もご紹介しています。 御社の売上高を教えてください。 転勤の可能性はありますか?• 海外展開はしていますか?• 競合企業はどこですか?• 従業員数を教えてください。 企業が答えられない質問 明らかに社員が答えられない質問をするのはやめましょう。 入社後はどんな部署に配属されるでしょうか?• 自分は御社に合っていると思いますか?• 御社の面接で評価されるためには何をしたらいいでしょうか? 自分にしか関係がない質問 他の就活生に配慮がないと思われてしまいますので、自分にしか関係がない質問は避けましょう。 周りの人への最低限の配慮をするのは社会人としてのマナーです。 〇〇大学の採用者は何名くらいいますか?• 私の〜〜という経験は御社で活きるでしょうか? 座談会の質問マナー 自分ばかり質問しすぎない 座談会の時間は限られています。 自分ばかり質問をして、他の就活生の時間を奪うのはマナー違反です。 答える社員にとっても気持ちいい時間にはなりません。 他の人も質問できるように配慮しましょう。 質問に余計な前置きをしない 質問に余計な前置きはいりません。 結局何が聞きたいのか分からないような質問の仕方は時間がかかるだけでなく、聞く方にとっても大変なストレスになります。 長々とした自己紹介や回りくどい言い方は避けて、聞きたいことを端的に分かりやすく質問しましょう。 大学生の内はあまり意識しないポイントだと思いますが、就活の本選考が始まってからも重要になってくるので、自覚がある人は今の内から直しておくと良いと思います。 座談会の事前準備のポイント【質問が浮かばない学生必見】 業界をリサーチする まずは、会社を取り囲む業界全体の動向や業界を代表する企業を調べて全体感を掴んでおくのがおすすめです。 業界研究をするには、「 業界地図シリーズ」がおすすめです。 業界全体の企業の関係性や最近の業界動向、今後の課題などが分かりやすくまとまっています。 業界理解を深めた上で個別の企業リサーチを進めることで網羅的な理解をすることができます。 企業の事業内容をリサーチする 業界研究が終わったら、次にエントリー企業の個別の事業内容を調べていきます。 主なリサーチポイントは、• 事業内容・ビジネスモデルの理解• 企業の売上高・利益・平均年齢・年収などの定量的な情報 です。 個別企業の情報を調べるには「 会社四季報」がおすすめです。 企業の経営成績表である有価証券報告書の情報をまとめて掲載してくれています。 企業リサーチというと、新卒求人サイトや企業の採用ページだけを見て終わらせてしまう学生も多いと思います。 しかし、実際の仕事内容をイメージするにはその会社が取り組んでいる事業を知ることが先決です。 複数事業を展開している会社もありますので、あの会社は〇〇で有名だからこの事業で間違いないだろう、と決めつけるのではなく、しっかりと準備をしましょう。 学生の時には聞いたことのない意外な事業を展開しているかもしれません。 これまでの経験から推測するのではなく、実態を掴みにいきましょう。 実際の働き方を想像しよう 企業の事業内容や経営成績、福利厚生などの情報をリサーチしたら、実際に新卒で入った後にどのような仕事をするのか具体的に想像してみましょう。 例えば、「営業を募集しているんだな」で終わらせるのではなく、「お客様は誰?」「その商品はいくら位なのか」「どうやってアプローチするんだろう。 飛び込み?電話?それとも問い合わせがくるのかな?」など細部までイメージしていきます。 仕事をイメージしたら、 その仕事をする上でどんな難しさがあるんだろう、 どういうスキルが必要なんだろうと想像を膨らませます。 その想像の中で疑問に感じた点を座談会で質問してみると、自分の企業理解が深まる良い質問を用意できると思いますよ。 質問をする時は自分が何を聞きたいのか、何を知るために質問しているのかという目的意識を持ち、相手にもそれが伝わるように聞きましょう。 深掘りをしていく時のコツは常に想像をしながら相手の話を聞くことです。 「じゃあこういう時はどうなんだろう?」「ということは、つまりこういうことなのかな」など 社員の会話内容をイメージしていると自然と疑問が湧いてくるはずです。 座談会といっても担当してくれる 社員の年次・職種・ポジションによって会話が広がる質問とそうではない質問が出てきます。 例えば、入社2年目の社員の人に対しては、今後の会社の経営方針を聞くよりも新人の時に苦労した話や同期にどんなタイプの人がいるか、上司との関係性を聞くのがいいでしょう。 逆に入社20年のベテラン社員に新人時代の話を聞いても、新鮮な話は出てこないでしょう。 それよりも、どういう新人に入ってきてもらいたいか、新人に求める働き方などを聞くのが良いのではないでしょうか。 このように自分が聞きたいことだけではなく、相手の立場にたった質問を心がけることで座談会の時間をより有意義にできると思いますよ。 座談会形式の説明会で企業のことを詳しく知ろう! 就活の座談会の質問集をはじめ、マナーや良い質問のポイントなどをご紹介してきました。 これから企業説明会や合同説明会といった就活イベントなどがより本格化してきます。 座談会に参加する機会も増えてくると思いますが、出来れば座談会の時間を自分にとっても有意義な時間にしたいですよね。 座談会形式の説明会は、ふつうの企業説明会よりもフランクな雰囲気なので、企業のことを詳しく知るためのチャンスです。 本記事の内容が企業理解を深めるきっかけになれば幸いです。 皆さんが納得のいく就職活動ができるように応援しています。

次の