ごはん 処 あだち。 ごはん処あだち(地図/写真/秋葉原/日本料理)

ごはん処あだち(地図/写真/秋葉原/日本料理)

ごはん 処 あだち

秋葉原でメガ盛りの定食を食べるなら「ごはん処あだち」がオススメです。 このお店の売りは、なんといってもその常軌を逸したボリューム。 定食のごはんは普通盛りで1升(約3. 5kg)、大盛りで2升(約7kg)という常識では考えられないデカ盛りなのです。 もちろんおかずもデカ盛りで、名物の「あだちサービスセット」(980円)では、おでん、コロッケ、唐揚げ、天ぷらなどがテンコ盛り。 ネギトロ丼(海鮮丼)もスゴいです。 見ただけでお腹いっぱいになりそうなメニューに加え、店主のキャラもどっぷりと濃いです。 マイペースで江戸っ子な店主のキャラに「悩むなんて馬鹿らしい」と謎の開き直りマインドがわいてくるという副次的な効果もあります。 (・) で安くてお腹いっぱい食べることができるお店を探したことはありませんか? 実際にあるんです! 知る人ぞ知る安くてのお店が! そのお店の名は「ごはん処あだち 」 このお店のごはん盛りは尋常ではありません。 ・普通盛りで1升(約3. 5kg) ・大盛りで2升(約7kg) すいません、数字だけではイメージつかないですよね。 このあとたっぷりとお見せします。 ちなみに、おかずのっぷりもハンパなし。 これでもかというほどから揚げやが詰め込まれたランチセットやチョモランマを思わせるタワーもあるようです。 コスパ&好きな方はぜひご一読ください! 店はの一角にある「ごはん処あだち 」 見慣れている人はここがどの辺りかわかるはず。 店頭には絶対見逃さない「アキバでボリュームNo. 1」と宣言した看板が。 これでもかというほどをアピール 入り口にもメニュー写真が所狭しと貼られ、入る前から満腹になってしまいそうです。 これが名物の「あだちサービスセット」980円 表には「あだちランチセット」と書いてありますが、同じモノです。 から揚げ、コロッケ、などなど、まあの店なら想定内の品数ですね。 ただし下の「ごはん量目安」を見ると、上記で触れたように大盛り2升、普通盛り1升のほか、少なめ8合もありました。 店主に止められる 何も知らずにうっかり「普通で」と言うと、店主がすかさず「うちの普通はこれなの!」と、頼むとどういう目を見るかを丁寧にレクチャーしてくれます。 ちなみに店主は話好き。 「大盛りはねえ……プロでも無理!大食いタレントのAが一応食べたには食べたけど」「おかずだけでも1kgあるからねえ。 大盛りだと総重量10kgくらいになるんじゃない」とニコニコしながら話し出します。 何度行っても同じトークなので、前菜だと思ってこれを聞くか、心を鬼にして大声で遮り、注文を強行しましょう。 ようやく店主と妥結して あだちサービスセット大盛りを注文。 ちなみにこの店では料理を注文してから出てくるまでなかなか時間がかかります。 次の3つのことを注意しておけば、待ち時間は大幅に減らせます。 ~『あだち』で待たない3原則~ (1)「あんた来たことあるよね」と言われたら嘘でも「ハイ」と言っておく。 (2)調理中に店主に話しかけない。 明らかに揚げ物放置でこっちがヒヤヒヤ。 から揚げが固くならないか心配。 (3)急に店主がテレビの話題について話を振ってくるので身構えておくように。 深い議論になるとまた厨房から出てきてしまうので、そうですねと軽く流すこと。 不気味な音が・・・ 「ぺしぺし、ぺしぺし」…… 何やら不気味な音がすると思って見ると、店主が無言で米の山を作っています。 ひとすくいで茶碗一杯分ぐらいありそうです。 まるで子どもがお手伝いしているかのような微笑ましい光景ですね(汗)。 具材はその時によって変わります。 汁物が揚げ物と一緒に盛られているとか、この店ではそんな小さいことは気にならなくなります。 ・コロッケ 中身は日によって変わります。 メンチ系だったりクリーム系だったり。 自家製とは信じられないくらいの完成度です。 ・ 巨大すぎる獅子唐と、茄子。 これもその時によって変わります。 ・厚焼き卵 甘めでこれもごはんが進みます。 自家製だそうです。 ・春巻 自家製かは別にして、味がいいアクセントになります。 ・漬物 ごはん処理班として大活躍してくれそうですが、明らかにごはんに対しては足りません。 ・から揚げ このから揚げを目当てに来る人もいるそうです。 というのも…… 名物のカレーから揚げは10cmほどのデカさ。 しかも4個! 特製のカレー風味に仕上げてあり、鶏モモ肉の柔らかさとカリッと揚がった衣の食感がたまりません。 味付けは濃い目で、から揚げ1個につきごはん1合はいけそうです。 赤子の顔ぐらいある 放置しても長年の勘でベストな揚げ加減に。 冷めてもカリカリのままです。 しかし巨大です。 もはや麻痺しているのです。 店で一番少ない量(でも茶碗3杯分) この「11軽」というサイズが最小だそうです。 店主は普段からこんなに量を食べていないと思いますが、他人の胃ならいくらでも入ると勘違いしているのでしょうか。 どうしてこんなに盛り始めたのか 実は昔、駅前には青果市場がありました。 『あだち』は先代が50年前に始めた店で、当時は市場で働く人のための食堂だったそうです。 市場で働く人はたくさん食べる上に舌が肥えており、ここは「味と量の店」として美味しさとボリュームを売りに繁盛していました。 市場が大田市場に移った今も店主の安達政則さんが暖簾を守り、と美味しさをアキバの人々に提供し続けています。 ちなみに看板の「江戸神輿」とは、安達さんが江戸神輿愛好会「安達會」を主宰しているためPRしているようです。 これについて訊くとまた話し始めてしまうので、時間のある時にぜひ。 産コシヒカリが秘密の安いルートで手に入る! 「こんなにごはんを盛れるなんて、どうせ安い米使ってんだろ」なんて邪推はヤボ!! ここの米はのコシヒカリで、米問屋とは先代から築いた信頼があるため安く仕入れることができるそうです。 正直、本当にお米は甘くふっくらしていて美味しい。 おかずがなくなっても食べ続けてしまうのはそのためなんですね。 ネギトロ丼の威力もハンパない(なぜか別の日にまた来てしまった) 別の日にネギトロ丼も注文してみました。 ネギトロ丼とは言うものの、マグロ、サーモン、タコなどが乗り普通にです。 一面に張り付いたシラスは釜揚げ系の柔らかいものではなく、塩気の効いた乾物系なのでこれまたごはんが進みます。 以上に店主のキャラがスゴかった 昼休みの1時間に訪れるより、ゆっくりしたい休日や誰かにかまってほしい寂しい日などに行くのが良いでしょう。 お腹もいっぱいになりますが、マイペースで江戸っ子な店主のキャラに「悩むなんて馬鹿らしい」と謎の開き直りマインドがわいてきます。 ちなみに夜は居酒屋として営業していて、ランチセットを同じ内容で1000円で提供しています。 夜の定食は高い店も多いですが、たったの20円アップでお酒とともに楽しめるので、会社帰りにいかがでしょう。 紹介したお店 ごはん処あだち 住所:都千代田区外3丁目11-6 時間:11:30~15:00(L. )、17:00~23:00(L. )、土・日曜の昼は~16:00(L. ) プロフィール 猫田しげる と食べ放題を求めて津々浦々。 おいしいものもおいしくないものも大好きです。

次の

この店、どうかしてるだろ!秋葉原「ごはん処あだち」は常軌を逸したメガ盛りと店主のキャラで本当にお腹いっぱいになれる

ごはん 処 あだち

スポンサーリンク 「ごはん処あだち」のものすごいメニューとなぜこんなにデカ盛りなの? お店がある秋葉原で1番の老舗の食堂の「あだち」さん。 確かに、年季が入っている感じはしますが何か温かいお店に見えます。 秋葉原に市場があった頃に市場の労働者が多数いたからデカ盛りを始めたのきっかけ。 コシヒカリご飯は大盛だと2升w 全体的に相変わらず雑w とにかく、お腹いっぱい食べたい方にはオススメします。 絶対入って良かったって思える店、ごはん処あだち。 久しぶりの訪問で今回はネギトロ丼を! — 榛名 gunmaAHM 店主に会いにくる人も… 店主の安達正則さんがものすごく気さくでお話が好きなので、安達さんに会いたくて来る人も…。 深い議論に関しては厨房から出てきてしまうので、そうですね~と軽く流しておくこと。 おもしろいですね。 お話好きな店主さんなのでしょうね。 なぜこんなにごはんが多いのか? 昔は、秋葉原駅前に青果市場があり、 市場で働く人の為の食堂だったそうです、 市場で働く人はたくさん食べるので、ここは「味と量の店」として美味しさとボリュームを売りにしていました。 米は正真正銘新潟のコシヒカリで、米問屋とは先代から築いた信頼があるので安く仕入れることができるので美味しいお米が提供できます。 昔からのつながりや伝統をしっかり守っているのでしょうね。 店主さんと話したら悩みも吹き飛びそうです。 まとめ 今回は、「ナニコレ珍百景」で放送される、 秋葉原にあるデカ盛りのお店「ごはん処あだち」さんについて調べてみました。 あだちについて事前にしっかりと調べていくといい• とにかくデカ盛り!普通盛りで1升• おかずも大きい• お米はコシヒカリ ということがわかりました。 本当に何もかもが大きいお店で本当にビックリしました。 物価が上がってもこうして昔ながらのお店を続けているということは、本当にすごい事だと思います。 お店はまだまだ続けていってほしいですね。

次の

東京食べ歩きブログ明日どこに行こう : 【秋葉原】ごはん処 あだち

ごはん 処 あだち

食楽web 山盛り・激盛り、メガ盛りなど、大盛り料理を出す店が集まる秋葉原。 昼は定食、夜は居酒屋として地元の人たちに愛されている店の名物メニューが「あだちセット」(980円)です。 若鶏の唐揚げやコロッケ、厚焼き卵などのおかずと味噌汁、そして山盛りのご飯がセットになっています。 ご飯の量は普通盛り、少なめなど選べます。 器に盛られたご飯の高さは約16cm。 こんなに山盛りなのに、この店の基準では大盛りではなく「少なめ」以下、「擦り切り」よりちょっと多めのボリュームです もともとは、先代の主人が、秋葉原にあった青果市場で働く人たちのために、ボリュームたっぷりの食事を提供していたのが始まり。 青果市場で働く人たちは舌も肥えていたので、おいしいものを大盛りで出すことを心がけていたそう。 現在の店主いわく「もともと大盛りだったんだけれど、先代が、千葉で3kgのゴハンを出す店があるって聞いたら、それよりも多くって。 更に、名古屋で5kgのゴハンを出してたぞって聞いたら、もっともっと多くってね。 ウチは一番じゃないとって7kg出すようになってさ。 だから今、日本一のボリュームなんだよ」。 たしかに定食で7kgのご飯を出す店、日本中探してもここしかないと思います。 ちなみにご飯はコシヒカリ米を使用。 大盛りでもご飯のクオリティ、おいしさにはこだわりを持っているとのこと。 5kg)、少なめ:8合(約2. 8kg)一番下の「擦り切れ:11軽」でも約600g! 茶碗一杯が大体200g程度なので、「少なめ」より少ないのに茶碗3杯分! 知らずに店にふらっと入って、な~んにも考えずに「ご飯大盛りで」なんて注文しようものなら、7kgのご飯が目の前にドーン! 衝撃のランチになってしまいます。 悪質な残し方の場合罰金をとられることもあるので、食べられる量で注文しましょう。 ゴハンの重さだけで1,063g(器の重さは除く)。 味噌汁の器は普通サイズなのに、とっても小さく見えます。 そして、ご飯はおかわりOK。 それでもドンブリ1杯分の量がやってきます。 ちなみに、有名フードファイターが7kgのご飯に挑戦したのですが完食できなかったとのこと。 ラーメンを30杯近く食べられる大喰いのプロでも、時間制限がなくとも、ご飯7kgを完食するのは至難の技のようです。 おかずの高さも測定すると、約15cm。 揚げ物や煮物が立てて盛られているのに驚きです 煮物や卵焼きなどのおかずは、ほぼ垂直、タテに刺して盛り付けられています。 その上に、ひとつひとつがでかい若鶏の唐揚げが3つ。 この唐揚げのファンも多く、「ご飯なしでおかずだけ。 唐揚げだけ食べたい」と注文する常連さんもいるとのこと。 若鶏の唐揚げを持ち上げると、箸にずっしりと感じる重さ! そして独自の味付け。 唐揚げファンがいるのも納得です この日のおかずは、存在感のある大きな若鷄の唐揚げ、コロッケ、てんぷら、厚焼き卵、ダイコンや生揚げ、コンニャクなどの煮物、オクラなどに、別皿でサラダも。 上から見てもわからないのですが、これらのおかずの下にも野菜や肉団子などがあり、実はおかずもボリューミー。 ごはんに合う、しっかりとした味付けになっています。 若鶏の唐揚げは、肉と衣にしっかり味がついていて、ソースやタレをつけなくてもご飯が進みます。 醤油ベースに、ほんのりカレーパウダー? かくし味がきいているのですが、その中身はご主人曰く、企業秘密。 玉子焼きは甘めの味付け、肉団子はジューシーふわふわ食感。 いずれも、やや濃いめの絶妙な味付けなので、ついついご飯をたくさん食べてしまう結果に。 左側、四角い器(鉢)に盛ってもらったごはんを測ったところ約2. 4kg(器の重さを除く)。 この店の基準「少なめ」2. 8kgよりまだ少ないって…… 実際に大盛り、普通盛りで使う器に、軽~くご飯をよそったところ、約2. 4kg。 実際に目の前にすると、1人前としてはありえない量です。 これで2. 4kgなら、7kgの大盛りって、どれだけの高さになるの?? この器、パーティーとかブッフェなどで使われる、いわゆる「大皿」サイズ。 4kgとは、お茶碗1杯200gで12杯分、チャーハンだと大体1人前250gで9~10人前の量。 一般の人は完食できない、選ばれし人たちの領域です。 カウンターの上にはご飯の量に関する説明の貼り紙と、ほかのおすすめメニューが ほとんどの客がランチタイムに「あだち定食」を注文しますが、刺身定食、肉野菜炒め定食など他のメニューも、もちろん注文可能。 これらもご飯の量を選べるので、好きなおかずでご飯をモリモリ食べることだって可能です。 ネギトロ丼でご飯を「擦り切れ」で注文すると……山。 白い山の上にピンクのネギトロ。 壮観です。 マンガみたいな丼がやってきます。 ちなみに店主はお祭りを愛する男。 そのため、東京下町のお祭りシーズン、5~6月の土・日は、神輿を担ぎに神田、浅草、上野などに出没するため店が休みに。 ご主人いわく「神田や三社、鳥越、下谷など年50回ぐらい神輿かついでいるよ~」とのこと。 お祭りや下町あるあるトークも楽しいご主人です。 夜の居酒屋タイムにも「夜定食」があり、一律1,000円でご飯のおかわり無料のサービスをやっています。 昼間に来られない人はぜひ夜定食を。 ・・・・・・・ 7kgの「大盛り」3. 5kgの「普通盛り」は難しいかもしれませんが、大喰いに自信のある人は、2. 8kgの「少なめ」で、味の染みた煮物や評判の唐揚げ、コロッケなどをおかずに、お腹いっぱいになるまでご飯を食べてみてはいかがでしょうか?.

次の