コロイドヨード 作り方。 注射剤の配合変化

甲状腺ホルモン

コロイドヨード 作り方

Language• 当院について• 外来・検査・入院のご案内• 甲状腺と副甲状腺の病気• 甲状腺疾患の治療• ヨウ素と甲状腺の関係• 診療実績と病院情報の公表• レシピのご紹介• ヨウ素について ヨウ素 ヨード は甲状腺ホルモンの主原料です。 甲状腺ホルモンは新陳代謝を促したり、子どもの場合では成長ホルモンとともに成長を促進する働きをするため、ヨウ素は体になくてはならないミネラルです。 そこで、ヨウ素の入った食品は体によいとされて、健康食品のなかに入れられていたり、昆布を主原料にした食品が推奨されています。 しかし、体に必要な甲状腺ホルモンを作るのに必要なヨウ素 推奨量 はわずかで、成人では一日0. 13mgです。 ヨウ素は、日本人が口にする食品のなかには大なり小なり含まれています。 特にたくさん含まれているのは下の図にあるように海藻類で、なかでも昆布が群を抜いており、次がひじきです。 わかめ、海苔に含まれる量はこの2つと比べるとはるかに少量です。 日本人は海藻を好んで食べるため、世界で一番ヨウ素を摂取している国民です。 このほか魚、肉、穀類にもわずかですがヨウ素が含まれています。 また食物でなくても、のどの炎症や歯の治療などの消毒に使うルゴールの主成分はヨウ素ですし、レントゲン検査のときの造影剤には多量のヨウ素が使われているものがあります。 このように私たちは普段から、知らず知らずのうちに必要量以上のヨウ素をとっているため、ヨウ素不足を心配する必要はまずありません。 また、甲状腺にはヨウ素をとり過ぎても問題の起こらない仕組みがありますので、普段はヨウ素のことを気にかける必要はありません。 ただし、アイソトープ(放射線ヨウ素)検査・治療をする場合には、ヨウ素による影響を受けるため、1~2週間ほどヨウ素をたくさん含む食品を制限する必要があります。 ヨウ素制限食について アイソトープ(放射線ヨウ素)検査・治療は、ヨウ素が甲状腺に集まるという特性を利用して行うため、検査・治療を受ける患者様については、1~2週間ほど前からヨウ素を多く含む食品の制限をしていただくことになっています。 そのため当院では、入院されている患者様に「ヨウ素制限食」をご提供しています。 外来で治療・検査をされる患者様には、ご自宅で作りやすいメニューのレシピをご紹介していますので、ご自宅でのヨウ素制限にお役立てください。 また、ヨウ素制限が必要でない方にもおいしく食べていただけるよう工夫していますので、毎日の献立のご参考にぜひご覧ください。 ヨウ素が多い食品 昆布 昆布そのもの、昆布の加工品(佃煮、昆布入りの漬物、おつまみ昆布等) 昆布エキス・調味料 複合調味料・合わせ調味料・醤油・みそ・酢にも昆布だしが使われていることがありますので、表示をよく見て、記載があれば使わないでください。 煮干し、かつお節、味の素はかまいません。 海藻類 ひじき、わかめ、のり、寒天(みつ豆等)、トコロテン、もずく、その他海藻加工品 飲み物 昆布茶、スポーツ飲料、カロリーメイトドリンク 昆布エキス入り ・カロリーメイトチューブタイプなど その他、昆布エキス・海藻エキスなどが入っている飲み物 成分の不明なドリンク類・外食や加工食品について 食品添加物中の「アミノ酸」は、ヨウ素類ではありませんので飲食されても結構です。 また、冷凍食品やカップ麺類などの加工食品には、昆布や海藻(昆布エキス・海藻エキス)が入っている商品が多々あります。 加工商品には原材料名が必ず表示されていますので、購入の際は必ずお確かめください。 成分のわからない食品については避けていただくのがよいでしょう。 ヨウ素が多く含まれると考えられる調味料• ・だし入り味噌、だし入りしょうゆ、だし入りソース、すし酢、ドレッシング類 含まれていないものもあります。原材料をご確認ください• ・複合調味料、合わせ調味料 ヨウ素が少ない食品 穀物 御飯、パン、麺、もち等 肉類 ただしレバーの大量摂取は避けましょう。ゼラチンは動物肉のたんぱく質から作られますので召し上がれます。 野菜類・いも類 きのこ類・果物 これらの食物には表のようにヨウ素はほとんど含まれておりません。 豆類 納豆のたれには、昆布だしが含まれている可能性があるため、注意が必要です。 (適量は、ビール中瓶1本、日本酒1合、焼酎(25度)コップ1杯、ウイスキーダブル1杯くらいと言われています) ただし、甲状腺機能の高い方は飲酒をお控えください。 甲状腺機能への影響については医師におたずねください。

次の

「滲出液」のコントロールが褥瘡(じょくそう)治療のカギ :Part5 褥瘡(じょくそう)を治すための基本的な知識

コロイドヨード 作り方

コロイドヨードは、しばしば抗がん剤と比較されます。 抗がん剤は、正常な細胞にも障害をもたらし、肝臓の機能や免疫機能を低下させ、がん細胞に耐性をもたらすといった影響をおよぼします。 コロイドヨードは正常な細胞には傷をつけず、むしろ細胞の機能や自然治癒力を高めます。 それぞれの治療にはそれぞれの長所と短所が存在します。 当クリニックでは患者さんに正確な知識をお伝えし、最善の治療をご提供することができるようサポートしております。 治療効果の検査・CTC 当クリニックでは、ヨウ素溶液治療の効果判定に、血中循環腫瘍細胞(CTC: Circulating tumor cells)の検査をしております。 「がん組織(がん細胞の塊)」が1mmを超えてくると、個々の「がん細胞」は血管に侵入して血液中に入り、全身を循環している血液に拡散します。 これが転移の始まりです。 この検査は、すでに「微小がん」(CTスキャンなどの画像診断ができない段階)でも、がんの診断が可能です。 しかし、この検査はがん治療の効果判定にも応用することができます。 血液10mlを採取して、その中にどの様な種類のがん細胞が、それぞれ何個ずつあるのか測定します。 治療が効果的な場合は、がん細胞の種類が変化し、それぞれの個数が減少します。 ヨウ素溶液の治療によって、1か月から数か月でその効果が確認されます。 コロイドヨードのことをもっと 知りたい方へ ヨード(ヨウ素)の安全性や、疾患に対する優れた治療効果が認められているにもかかわらず、全体的で詳細な作用機序はまだよく知られていないのが現状であろうと思います。 ヨウ素とミトコンドリア・がん細胞について 一般の臨床的な応用では、カルディオダインという虚血性の心疾患の診断に用いる注射薬があります。 そのヨウ素と脂肪酸の複合体は、静注後、心筋細胞などのミトコンドリアに取り込まれます。 (心筋のみならず、全細胞において同様なことが言えます)ミトコンドリアは、細胞のエネルギーの供給源(バッテリー)ですので、細胞の活動性(エネルギー産生の状態)がシンチグラムに反映されることになります。 がん細胞においては、ミトコンドリアの機能障害が起きていて、その障害の程度と、悪性度(転移能や浸潤能など)との間に強い相関関係があることが指摘されています。 また、ミトコンドリア内の活性酸素種の代謝異常も報告されています。 ヨウ素は強い還元作用を持っていますので、ミトコンドリア内での活性酸素種の代謝異常を改善させる可能性が高いと考えます。 臨床現場においては、ヨードが優れた抗腫瘍効果を示すことを体験しますが、そのメカニズムの一つに、この原理が働いていると推定しています。 ヨードは、還元作用が強いので、炎症やがん細胞との間で産生されるサイトカインなどの消去作用も強いと考えられます。 参考文献• 国立がんセンター研究所• 筑波大学大学院 生命環境科学研究科• 神戸大学 大学院医学研究科• 北海道大学 遺伝子病制御研究所 現代医学においてがんに対する治療は、大きく分けて3つの選択肢があります。 それは「手術」「抗がん剤」「放射線療法」です。 しかし、手術によって患部を切除すれば身体は衰弱し、抗がん剤の使用は細胞を傷つけ、放射線療法は免疫力の低下を引き起こします。 実際に私も末期がんに至った患者さんのいる病棟で、副作用に苦しむ方を数多く診てきました。 全身のしびれや歩行困難……。 そのような状況でも、抗がん剤を大量に摂取する事実に疑問が湧き、現代医学の限界を感じたのです。 漢方、そしてコロイドヨードという可能性 「どうにかして患者さんに対して出来ることはないか」と悩み、分子栄養学や免疫療法など様々な最新の知見を学ぶ日々。 たどり着いたのが「漢方」という選択肢でした。 漢方はがんに対する新たなアプローチを可能とし、特に「腹水」が出ている患者さんに対しても、一定の効果が見込めます。 ただ、それと同時にステージの進んだがんには対応できない新たな限界も見つかりました。 コロイドヨードに出会ったのはそんな時です。 介助なしでは歩けなかった末期がんの方が、自分の足でクリニックに通えるほど身体が回復するのを目撃し、衝撃を受けました。 がんによって免疫力が低下すると、細胞は正常に働かなくなります。 そこにコロイドヨードを用いて、がん細胞を抑制し、免疫力の向上を図り、細胞の働きを整えるのが基本的な原理です。 からだ全体を診る、いのちのあり方を診る医学へ 病気を見つけて薬や手術で叩く。 それは身体にとって本質的な解決ではありません。 現代医学は、各部門の専門のみを突き詰めて、他の部分は目に入らない。 だから、予防的な観点やどうすれば生体の治癒力を高められるかといった考え方はありません。 患者数が増え続けるのも当然です。 「多面的に人間を見ていきたい、身体全体を見なければ本当の回復はあり得ない」と確信するに至ったのは、学生時代にバックパックで行った世界旅行の経験があるからかもしれません。 それまでの私は出身地の函館や学生生活を送った東京、医学教育という狭い世界しか知りませんでした。 NHKの特集で「シルクロード」という言葉が流行る少し前、ヨーロッパや中近東、そしてインドを巡る旅は、より大きな世界を教えてくれるきっかけになりました。 そこを出発点として、社会・自然・宇宙との調和から「人間」の身体や精神を考え、「原因不明の難病に苦しんでいる方」「末期がんで手の施しようがない方」にとって新しい選択肢を提案できるような医学の道に進んだというわけです。 目標は薬に頼らず、身体が生きようとする力を強くすること 現代医学では病態が肉眼的に見えなくなることを治癒と考えています。 しかし、がんになる以前から、体は悲鳴を上げていたわけで、その理由にしっかり対処しなければいけないのです。 統合医療を突き詰めている方は、そこに踏み込んでいます。 高濃度ビタミンC療法や免疫療法などもその一種だと思います。 目指しているのは、体の自然治癒力を高めて、がんに負けない身体にすることです。 がん細胞はエネルギーを多量に必要とするため、ブドウ糖を栄養源として激しい勢いで増殖を繰り返します。 コロイドヨードはミトコンドリアを活性化させて、エネルギーの素を作り出し、がん細胞を抑制する効果を導きます。 続ければ続けるほど、自然治癒力を高める結果が期待できるのです。 未承認の医薬品ですが、可能性に満ちた治療です コロイドヨードは投与した際に、微熱が出るリスクがあるほか、甲状腺の機能亢進症の患者さんには禁忌として処方できません。 また、厚生労働省の未認可薬品のため、一般の病院では入手が難しいのが実情です。 しかし、現在コロイドヨードには重篤な副作用は報告されていません。 さらに、抗がん剤やその他の治療を受けながら、同時に内服して頂いても構いません。 上海、北京、香港を始め、世界中で注目されており、さらなる広がりを見せていくことが予想されるコロイドヨード。 私自身も、コロイドヨードが日本でより広く認知されて、多くの方が気軽に手に取れるよう努力していきたいと思います。 ご興味をお持ちになった方は是非一度ご相談ください。 なお、当クリニックでは、遠方にお住まいで受診が困難な方のご相談も受け付けております。 ご不明な点等、お気軽にお問い合わせください。

次の

がん治療で頼るべき情報源

コロイドヨード 作り方

小林麻央さんが死去して1週間後、昨年末から通っていた病院が業務停止になったと『女性自身7月18日号』が報じています。 その病院はどこなのか調べてみました。 以前にも話題になった首藤クリニックが業務停止になったようです。 その理由はどういったものだったのでしょう?小林麻央さんの死去に影響はあったのでしょうか? スポンサーリンク 小林麻央死去に影響はあったのでしょうか? 小林麻央が信頼した病院が業務停止になった理由とは? 小林麻央が受けていたと言われている『再生医療』には施術を受ける側を守るための規定があります。 再生医療の中に他人の『臍帯血』や『幹細胞』を使った医療を行う場合は専門委員会に『計画書を提出』することが義務付けられていて、安全性の審査を受けなければならないのですが、小林麻央が通っていた病院はそれを提出していなかったということで厚生労働省から『再生医療法』にふれるということで一時停止命令を受けたそうです。 その病院で死去前に小林麻央が受けていた治療とは? 小林麻央が大病院での治療を受けながら通っていたとされるのは『水素温熱免疫療法』を施していた病院と言われています。 高濃度の水素水を使用した温熱療法なのだそうです。 そういった効果を狙った治療だったのでしょうか。 また水素を体内に入れることで免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質が『ガン周囲の異常血管』の増殖を抑制するということです。 増殖を抑制とはガンの進行を止めるもしくは遅らせることが出来るということを意味しているのでしょうか? 小林麻央が治療を受けいていたとされる病院のホームページにどのような治療が施されるかが記されていました。 患者の希望や症状などによって受ける治療は変わるようです。 内容を見てみます。 ・水素ガス吸入療法 ・水素点滴、その他点滴療法(高濃度ビタミンC点滴療法など)・・・適応のある方や希望者のみ ・水素水の飲用 ・免疫療法(注射やサプリメントの服用)・・・がん治療の方のみ ・コロイドヨード療法 ・遺伝子治療・・・がん治療の方のみ ・食生活、生活習慣の改善についてのアドバイス 水素の持っている効果はどのようなものか分からないですが、施術を受けるにはかなり高額な費用がかかるようです。 施述にどれほどかかるのでしょう? 小林麻央が受けていたと思われる治療にかかる費用とは? こちらの病院は全て自由診療になっているので保険が適用されません。 検査も一般的な血液検査から自費で『がん発現解析』系の血液検査は10万円はしていますし、これにカウンセリング料や施術代が加わります。 免疫細胞療法となると1クール6回で200万円を超えてしまっています。 かなり高額ですね。 施術を受けた方達の感想はどうなのでしょう? 再生治療はとても費用がかかるとは聞いていましたが、やはりかなりの金額になるのですね。 病院で治療を受けた方々の感想として《患者さんの声》がクリニックのホームページに載っていたのでガン関係のものだけ書き出してみました。 【患者さんの声】 ・抗がん剤の副作用が減り、体調がよくなった。 体力もアップし、転移していたがんも縮小した(60代女性)。 ・末期がんが1か月でほぼ消失していた(60代男性)。 ・がん手術後のしびれが軽減した(60代女性)。 ・乳がんが画像上消失した(50代女性)。 ・がんの腹膜転移が、画像上改善がみられた(50代女性)。 これを読むと成果が現れた方達もいるということでしょうか。 スポンサーリンク 小林麻央が再生医療を望んだのは何故? 再生医療を選ぶ時 医療技術が進み、ガンに対する研究もすすんでいるのになかなか完治することがないのが現状です。 小林麻央さんに限らず、誰しも闘病生活を振り返り思いを巡らすことは沢山あるでしょうし、あの時もっとこうしておけばと後悔することはあると思います。 親族を亡くすまで医者は完璧な存在だと思っていました。 でも冷静に考えればそんなことがあり得る訳ないのです。 同じ人間なのですから見落としもあれば判断ミスもします。 ただそういったことは世の中に出てこないし、明らかにミスと思われるものもそれを証明する手立てはないのです。 医者からの説明の内容が悲痛なものになる毎に、大切な家族を守るために必死で何か手段はないものか、現代医学、特に西洋医学では不可能なことであっても、他に治る・改善する方法で可能性がほんの1%でもあれば、それに掛けてみようと思うものだと思います。 小林麻央さんも身内の方々も治したい一心で、母としては幼い子供達のことを考えると少しでも長く側にいたいと思ったが故の『再生医療』だったのでしょう。 『ジュースクレンズ』でも『酵素風呂』でも少しでも良くなる方法があるのであれば何でも試そうと思ったことと思います。 まとめ 小林麻央さんの闘病について聞くにつけ身内の闘病生活が思い出されました。 ガンの場合は特に医者を信じて任せていても、医者から聞いていた説明とは違う自体に陥り回復が不可能となり、退院を迫られることがあります。 そんな時は絶望感しか感じませんでした。 看病している家族も世の中と隔絶された次元で生きているような精神状態になり非常に辛い日々でした。 小林麻央さんが昨年9月にブログを始めた時、闘病中で深刻な状態でありながらも前向きに生きている姿は心打たれました。 お子様方が大きくなった時そのブログを読むことで、麻央さんが愛情を沢山そそいでくれていたことを知ることができますね。 小林麻央さんはご自分の希望である自宅で周りの必死の看病もあり、家族との時間を持つことが叶ってよかったと思います。 『再生医療』については色々な見方があると思いますが、生き抜く道の一つとなり得るのであればそれも医療として頼れると思います。 現在はまだその判断が出来る時ではないのかもしれませんが。 スポンサーリンク 【関連記事】 【こちらも読まれています】.

次の