吉田 羊 学生 時代。 吉田羊の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代や若い頃の画像

吉田羊の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代や若い頃の画像

吉田 羊 学生 時代

吉田羊は小学校時代「ラスカル」が話相手? 小学校時代の吉田羊さんは、いわゆる 内弁慶タイプでした。 ボーイッシュで可愛らしいですね。 兄・姉が2人ずついる5人兄弟の末っ子として育った吉田さん。 家では末っ子らしく好き放題に、思ったことを自由に口にしていました。 しかし、 人見知りな性格から、学校では誰にも話しかけられない内気な子供でもありました。 ご自身でも、 「基本根暗で友達を作るのが苦手だった。 だから、友達はいなかった」 と、小学校時代の吉田羊さんを振り返っています。 今のハキハキした感じの吉田さんからは想像できませんね。 そんな吉田さんの唯一の友達だったのが、「 あらいぐまラスカル」のぬいぐるみでした。 学校では1人で過ごすことが多かった吉田さん。 学校にまで「ラスカル」のぬいぐるみを持っていき、休み時間に話しかけていました。 「ラスカル」だけでなく「モンチッチ」のぬいぐるみを持っていくこともありました。 どちらにしても、端から見たらなかなか怖い光景ですね。 そんな小学校時代を送り、 卒業アルバムにはクラスメイトの男子から、 「君はもう少し明るくなれば良いのに」 というメッセージを書き残されるという強烈なエピソードも! 今の姿からは想像できない 暗めの小学生時代を過ごされていたのですね。 吉田さんの出身中学は、市立の「 久留米市立諏訪中学校」と私立の「 久留米信愛女学院中学校」のうち どちらかです。 中学生になり学校へぬいぐるみを持っていくことは卒業できた吉田さん。 しかし、「 おままごと」を辞めることはできませんでした! 幼い頃は、普通に友達といっしょに遊んでいたおままごと。 けれども、大きくなるにつれ、おままごとをいっしょに遊んでくれる友達はいなくなってしまいます。 仕方なく 吉田さんは一人でおままごとをやり続けました。 つまり、 一人芝居です! 吉田さんは、女優としての片鱗をこの頃から見せていたのですね! 学校でもおままごとをすることが辞められず、 トイレにこもって一人で何役も演じて楽しんでいたと言います。 当時は「1人の男子を巡ってバトルする女子2人」などの役を演じていました。 吉田さんは、 おままごとを続けた理由を「自分ではない、誰かになりたかった」と語り、中学校時代の自分を振り返っています。 吉田さんは、この おままごとを中学1年生まで続けていました。 吉田羊の出身高校は? 高校生になった吉田羊さんは、私立の「 久留米信愛女学院高校」へ進学します。 歌手の 松田聖子さんの出身校としても知られている同校。 久留米市内では キリスト教・プロテスタント系のお嬢様高校として有名な学校です。 吉田さんは、 父親がプロテスタント教会の牧師であることもあり、この久留米信愛女学院高校へ進学したのだと思われます。 一人で過ごすことが多く、暗い印象だった吉田羊さんの小・中学校時代。 しかし、高校入学を機に、 これまでとは真逆とも言える高校時代を送ることになります! 吉田羊が高校時代応援団長でファンクラブも! 「ごく普通の女子高生」だったと高校時代を振り返る吉田羊さん。 しかし、あることがきっかけで周りの環境が大きく変わります。 そのきっかけは、 高校3年生の時の体育祭において応援団の団長を務めたことでした。 そのときの画像がこちら! 今と全然変わらないどころか、むしろイケメンですね! 女の子ばかりの女子校で、女子生徒でもこんなにイケメンだったらモテそうです! 実際、 応援団長の学ラン姿のかっこよさから、後輩の間でファンクラブが結成されています。 呼び止められ振り返れば「キャー!」と黄色い歓声を浴びるなんてことは序の口。 通学のために乗っていた 自転車に頬ずりするほどの熱狂的ファンもいました! さすがにこのエピソードには苦笑していた吉田さん。 けれど、 「そのときの喜びが女優業を選ぶ原体験になったのかも」 とも語っています。 まだ素人だった高校時代から、アイドル並みの人気があったなんてスゴいです! この高校時代の、周りから注目され評価されたという経験が、現在女優として大活躍する吉田さんの原型となっているのですね。 高校時代の卒アル写真!本名も判明! 校内でファンクラブができるほどの人気を誇っていた高校時代の吉田羊さん。 ネットには、そんな 高校時代の卒業アルバムの写真が流出しています。 その卒アル写真がこちら! 高校時代ですので今から30年近く前のお姿ですが、今のお姿と比較しても全然お変わりありませんね! そして注目は、卒アル写真の下に書いてある名前です。 吉田羊さんの 本名は「吉田羊右子 ようこ 」といいます。 かつて本名で活動していた時期もあるので、ご存じだった方もいると思います。 この珍しい 「羊右子」という名前は、キリスト教の牧師である父親が付けたものです。 キリスト教で羊は 「あらゆる人から愛され、守られる存在」と定義されています。 また、右側は「良い行いをした人」を分ける方向とされています。 そのことをふまえ、 いろんな人から愛され、慈しまれて守ってもらえる良い人に育って欲しい、という思いから「 羊右子」と名付けられました。 今の芸名「吉田羊」に変えた理由は「そのほうが左右対称で縁起が良いから」と勧められたからです。 「羊右子」は、父親が深い愛情と願いを込めた素晴らしい名前だったのですね! あだ名は「ひかり」の由来は? 高校時代の吉田羊さんは、なぜか周りから「 ひかり」という あだ名で呼ばれていました。 卒アル写真から判明した本名「吉田羊右子」だと、普通は「ようちゃん」などといったあだ名になりそうですが・・・。 なぜ、名前に一切関係ない「ひかり」という名前になったのでしょう? その理由は、 新幹線「ひかり」にありました! 鼻筋が通り、日本人離れして鼻が高い吉田羊さん。 その横顔が 新幹線「ひかり」に似ていたため、「ひかり」というあだ名で呼ばれていたのです! 理由が全くの想定外で、ビックリしました! 整形疑惑が浮上するほど高くてキレイな鼻をお持ちの吉田さん。 まさか、その高い鼻から「ひかり」とあだ名が付けられるなんて思いませんでした! 吉田羊の出身大学は? 地元の私立女子高校を卒業した吉田羊さん。 しかし、 すぐには大学へ進学しませんでした。 高校卒業後、石川県金沢市に住む 姉を頼りカフェでアルバイトをしていた時期を経て、 大学へ進学します。 出身大学は公表されてはいません けれども、いくつかの情報から東京の私立「 桜美林大学」と判明しています。 吉田さんはかつて自身のブログにおいて、 「どきどきキャンプのジャックバウアーじゃない方は大学の後輩ですねん。 佐藤くん。 応援よろしく。 」 と、コメントを残しています。 このお笑いコンビ・どきどきキャンプの佐藤満春さんが、過去に「 桜美林大学文学部出身」と発言されています。 さらに、出演したバラエティ番組で、 「多摩南部のキリスト教系の大学」 「栃木県を代表する漫才コンビ U字工事 の出身大学」 と、話していることからも、 出身大学が「桜美林大学」であることはほぼ確定的です。 出身学部や専攻は分かりませんでした。 桜美林大学での大学時代に女優の道を志した吉田羊さん。 経験もなく突然飛び込んだ小劇場の世界で徐々に頭角を現していき、現在の活躍に至ります。

次の

吉田羊は若い頃の画像も美人すぎる!昔の高校時代の写真やすっぴんもやっぱり綺麗?

吉田 羊 学生 時代

スポンサーリンク 吉田羊 プロフィール (画像引用元:) 本名 吉田 羊右子(よしだ ようこ) 生年月日 2月3日 出生地 福岡県久留米市 身長 163 cm 血液型 O型 職業 女優 ジャンル 舞台、テレビドラマ、映画 活動期間 1997年~ 中学時代から一人芝居をしたり、高校時代はモテて後輩に慕われることから女優を志すきっかけとなり、高校卒業後に上京します。 大学に進学して卒業時には、幼いころより興味があった女優に挑戦し、情報誌「ぴあ」に掲載された3ヶ月後の舞台作品へ出演する女優を募集する劇団の三行広告に応募して、小劇場の舞台で女優デビューしました。 大学卒業後はフリーの女優として活動し、2001年には女性3人で演劇プロデュース集団「東京スウィカ」を旗揚げして2007年に卒業するまで主演女優を務めます。 30代になると出演舞台を見にきた現在のマネージャーに「映像をやりませんか」とスカウトされ、2007年4月より初めて事務所に所属します。 2007年4月に川島なお美・下條アトムと共演した三人芝居「とんでもない女」で本格的な映像デビューを果たします。 その後、2008年放送のNHK連続テレビ小説「瞳」で、、患者役の西田敏行とのアドリブを交えた軽妙な掛け合いが中井貴一さんに目に止まるほどの演技力に注目。 さらに2009年公開の「20世紀少年 最後の希望」で映画デビュー、2011年から2012年にかけてNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」「平清盛」に2年連続で出演するなど出演作品を着実に増やしていきます。 2012年10月からはNHK連続テレビ小説「純と愛」にレギュラー、同ドラマのスピンオフ「富士子のかれいな一日」では主演となっています。 2014年7月期のフジテレビ系月9ドラマ「HERO」でも注目浴び、2015年に入ると4クール連続で連続ドラマ4作品にレギュラー出演を果たすします。 それだけでなく映画4作品へ出演して初の映画賞となる第40回報知映画賞助演女優賞並びにブルーリボン賞助演女優賞を受賞、「映画 ビリギャル」では第39回日本アカデミー賞優秀助演女優賞も受賞しています。 また、大塚製薬「ポカリスエット」を皮切りに1年間で新たに9社のCMに起用され2015年の、「タレントCM起用社数ランキング」へ初登場で5位にランクインします。 2016年もNHK大河ドラマ「真田丸」、映画「嫌な」にて映画初主演、2016年の「タレントCM起用社数ランキング」で女性部門の首位となって初のCM女王に輝き、男女合わせても単独トップの座と勢いは変わらず。 吉田羊は小学中学は友達いない?学生時代の画像は?高校ではモテた? 吉田羊さんは小学は久留米信愛女学院、中学は久留米信愛女学院、高校は福岡県久留米信愛女学院と、エスカレーター式の女子校に通っていました。 そんな吉田羊さんは 小中では友だちがいなかったのですが、高校になるとモテモテだったとのことです。 小学・中学時代は友達がいない? 吉田羊さんは 小中では友達がいなかったとのことでです。 (画像引用元:) 確かに当時の画像を見ると、おとなしめで友達が多そうに見えませんが、やはりお綺麗ですね! そんな吉田羊さんは、子供の頃からお芝居のマネをしたり人前で歌を歌ったりするのが好きでした。 そのため、 トイレの中で一人芝居をしたり、誰かを演じるおままごとが好きで中学1年生までやめられなかったとのことです。 友達がいなくてトイレで一人芝居をしているとは。。。。 ちょっと危険な香りがしますね… まぁそれだけお芝居にのめり込んでいたのでしょう! スポンサーリンク 高校時代はモテモテ! 吉田羊さんは小中では友達がいませんでしたが、高校時代になると下級生から絶大な人気を誇っていたのでした。 「あんたの自転車のサドルに頬ずりしている子がいたよ」と友人から言われたり、「校舎の上から『吉田先輩お疲れ様です!』って言われて『ありがとう』って言ったら『きゃー』と逃げていく」と、当時を振り返る吉田。 「私のモテキはアレが最後でしたね」と苦笑い。 (画像引用元:) (画像引用元:) また応援団長を務めて女性から憧れるの存在となり、女子高なのにファンクラブが作られるほどだったのです。 そんな、もてはやされる事が「気持ちよかった」と思い、これが女優という仕事に就く原体験だと、女優を志す一つのきっかけとのことでした。 吉田羊は小学中学は友達なしで高校はモテモテ!学生時代の画像! 吉田羊さんは、小中では友達がいなくて、トイレで一人芝居をしていたほど演技に夢中になっていました。 それから高校ではモテモテとなり、そのもてはやされる快感が女優を志すきっかけの一つとなったのです。 小中で芝居、高校で志すきっかけと、このような学生時代の体験があったからこそ、現在の女優として活躍しているのかもしれませんね。 今後も女優としてどんな演技を見せていくのか注目です!.

次の

吉田羊「根暗」な小学生時代 卒アルに書かれた「君はもう少し明るくなれば」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

吉田 羊 学生 時代

女優のが、5月9日に放送された『』(日本テレビ系、毎週水曜21:00~)に出演。 知られざる学生時代のエピソードを語った。 ある共通点を持ったゲスト3人をあらゆる角度から比較し、それをもとにMCのチュートリアルの、フットボールアワーの、HKT48のがトークを繰り広げる同番組。 今回は吉田の他、彼女と親交の深いとも登場した。 吉田との関係性を聞かれた陣内は、同じ福岡県出身で実家も近いと紹介。 「僕と彼女の間には色々あった」とコメントすると、後藤から「ないでしょ! 何でそんなミステリアスな関係にするんですか」とツッコまれる。 しかし、陣内は止まらず「肉体関係だけない」と説明し、吉田を困らせていた。 学生時代を振り返る中で吉田は、自分に自信がなく、あまり友だちがいなかったと回顧。 トイレにこもって1人芝居をしていたと言い「男の子を取り合う女の子2人」と設定を設け、1人で3役をこなしていたそう。 続けて「やっぱり自分に自信がないから、自分じゃない何かになりたかったんだと思います」と語った。 また、吉田は女子高校に通っており、特に後輩からの人気が高かったと振り返る。 後輩たちの異様な行動に陣内は「特殊な人たちが集まる学校ではないですよね?」と話し、スタジオを笑わせた。 吉田の話を聞いて後藤は、指原の学生時代について「どんなグループにいたの?」と質問。 すると、指原は間髪入れず「ゴリ1人」と返し「あまり人と喋ることがなかったので、匿名掲示板で知らない人とケンカしていた」と告白した。

次の