サーナイト育成論。 サーナイト育成論

サーナイト・わざ構成論

サーナイト育成論

メガサーナイト 育成論 概要 特性: フェアリースキン+ C165から繰り出されるアホみたいな火力と可愛い見た目が人気のポケモンです。 パーティーのエースとして採用するための、 CSベースのメガサーナイトをご紹介します。 基本的に火力が優先のポケモンなので、性格:ひかえめで確定。 ひかえめにすることで、 メガ進化前は最速ヒードラン・最速ヘラクロスなどに抜かれますが今の環境にほとんどいないので気になりません。 HPに多くは振らないので、後出し性能は低下しますが Sに振ることでタイマン性能が向上します。 運用方法としては、受けポケモン・初手で選出し 積極的に高火力を押し付けます。 技・性格の流行 ・ひかえめ (シーズン8)72. 臆病にするメリットは多くありませんが、S100族なので メガリザードン・メガガルーラにワンチャンスできるようになる。 ・ハイパーボイス (シーズン8)72. みがわり+積み技のポケモンやクレセリアを代表する耐久ポケモンを吹き飛ばします。 ・サイコショック (シーズン8)73. ・めざめるパワー (シーズン8)32. きあいだま・みがわりなど他の技を採用は好み。 ・ちょうはつ (シーズン8)31. S振りすることで、挑発が活きる機会が増えます。 苦手なポケモン ・鋼全般(ギルガルド・ナットレイ・メガハッサム・ヒードラン) 攻撃特化ギルガルドのかげうちは、72. また、ナットレイはめざ炎でも倒せないこともあります。 ・積み技持ち 物理アタッカー つるぎのまいファイアロー、グロパンガルーラ、ニトロチャージ+つるぎのまいメガリザードンXなど崩し性能の高いポケモンが増えました。 ・メガバシャーモ 格闘タイプは役割対象ですが、こいつは無理。 メガサーナイト差別化 ニンフィア 特性:フェアリースキン+ハイパーボイスが被っている。 こだわりメガネをもたせたニンフィアの方が火力がでます。 また、持ち物の自由度の高さはニンフィアが上です。 一方、メガサーナイトには 挑発を搭載することで 耐久ポケモンを処理しやすいというメリットがあります。 役割対象 VS クレセリア 最も一般的な 防御特化(図太いHP・防御252振り)を想定します。 ・ メガサーナイトのハイパーボイス HP252振りクレセリアに対して44. ・ クレセリア れいとうビーム 13. VS ナットレイ すばやさはこちらが上なので、めざ炎のダメージ量をみましょう。 ・HP252振りナットレイ 86. ・パワーウィップ 無振り:57. やどりぎ+まもる型なら、ワンチャンスあります。 特に、身代わりをしてきたら美味しいです。 VS ガブリアス 攻撃特化ガブリアスの どくづき 89. 火力アップアイテム持ちだと 倒されてしまうので基本対対面は厳しい。 VS メガゲンガー 補正なしC252振りメガゲンガー ・ ヘドロばくだん 91.

次の

【ポケモン剣盾】サーナイト育成論 積みアタッカーのこの火力を見よ!

サーナイト育成論

サーナイト Sirnight 英語名 Gardevoir 282 - 031 159 - - - 066 - - 031 - - - - - - - - - - 122 036 - 分類 ほうようポケモン 1. 6m 48. 4kg 白 メガサーナイト 1. 6m 48. 4kg 20サイクル• 第三世代: 5376歩• 第四世代: 5355歩• 第四世代以前: 208• 第五・第六世代: 233• 第七世代: 233• メガシンカ: 278• ポケモン徹底攻略• サーナイトとはのNo. 282のポケモンのこと。 初登場は。 メガサーナイトについてもここで述べる。 特徴 の進化形の1つであり、の最終進化形の1つ。 亜人型のポケモンで、白を基調に頭や腕などに黄緑色が見られる。 胸の辺りから背中にかけて赤いプレートのようなものが体を貫いている。 同様の器官は分岐進化先のにもある他、進化前・の場合は頭部の突起に存在する。 サイコパワーで体を支えているため、重力を感じていないらしい。 これがためか、速く移動するときには足を使わず空中浮遊を行う。 サイコパワーを使い信頼するトレーナーを守ることに命を懸け、そのためであれば小さなブラックホールさえも作り出すが、野生での生態は一切分かっていない。 20で• 30で• をサーナイトに持たせた状態ででメガサーナイト• で(のみ)• をエルレイドに持たせた状態ででメガエルレイド ポケモンずかんの説明文 、 みらいを よちする のうりょくで トレーナーの きけんを さっちしたとき さいだい パワーの サイコエネルギーを つかうと いわれている。 漢字 未来を 予知する 能力で トレーナーの 危険を 察知したとき 最大 パワーの サイコエネルギーを 使うと いわれている。 、 サイコパワーで くうかんを ねじまげ ちいさな ブラックホールを つくりだす ちからを もつ。 いのちがけで トレーナーを まもる ポケモン。 漢字 サイコパワーで 空間を ねじ曲げ 小さな ブラックホールを つくりだす 力を 持つ。 命懸けで トレーナーを 守る ポケモン。 サイコパワーで からだを ささえているため じゅうりょくを かんじていない らしい。 トレーナーを まもる ために いのちを かける。 、、 みらいを よちする ちからを もつ。 トレーナーを まもる ときに さいだい パワーを はっきする。 漢字 Y 未来を 予知する 力を 持つ。 トレーナーを 守る ときに 最大 パワーを 発揮する。 漢字 ソード 未来を 予知する 力を もつ。 トレーナーを 守る ときに 最大 パワーを 発揮する。 いのちがけで しんらいする トレーナーを まもろうとする。 みらいを よちする ちからを もつ。 、、、、 トレーナーを まもるためなら サイコパワーを つかいきり ちいさな ブラックホールを つくりだす。 漢字 X トレーナーを 守るためなら サイコパワーを 使いきり 小さな ブラックホールを 作り出す。 漢字 シールド トレーナーを 守るためなら サイコパワーを 使いきり 小さな ブラックホールを つくりだす。 こころの かよいあった トレーナーを まもるとき さいだい パワーの サイコエネルギーが はっきされる。 種族値 通常 の範囲 第三世代以降 レベル50 レベル100 68 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 30 をレベルアップさせる。 30 をレベルアップさせる。 30 をレベルアップさせる。 30 をレベルアップさせる。 30 をレベルアップさせる。 形態 メガサーナイトが存在する。 特性はになる。 主に下半身がふっくらと膨張し、花嫁のような姿になるが、性別問わずこの姿になる。 なお、メガシンカ前後でたかさ・おもさのどちらも変化がない。 なお、 女性的な姿と、が雌雄両方存在することはのサーナイトのフィギュアの説明文でも言及されている。 シリーズでは、、の3作に登場。 モンスターボールから出てくると、自分の周りに円状のを展開し歩き回る。 なお、同作のリフレクターは攻撃のダメージを軽減するのではなく飛び道具を反射する効果である。 にプレイアブルキャラクターとして参戦している。 テクニカルタイプ。 共鳴バーストでメガシンカする。 バーストアタックは「フェアリーテンペスト」。 オーバーラップ社の『ポケモン空想科学読本』で取り上げられた。 サーナイトはブラックホールを作る設定だが、もし直径10cmのブラックホールを敵の背後1mの位置に作るとしたら、敵は0. 000000027秒でブラックホールに吸い込まれる。 但し、トレーナーが11m離れたところにいるとすると、敵を吸い込むまでの間にトレーナーがマッハ8600の速度で22cm動き、そのままの勢いで吹き飛ばされる計算になる。 そのため、サーナイトがどのようにトレーナーを巻き込まずにブラックホールでトレーナーを守るかは、現実に当てはめた場合まだ有力な説が無いという内容であった。 2020年2月27日に行われた公式人気投票のポケモン・オブ・ザ・イヤーでは総合9位を記録したが、これはとしては最高位。 ではに配置するポケモンとして人気。 防衛用として人気のやをはじめ、入手しやすくCPが高いやなど、タイプを弱点とするポケモンが多く配置される傾向にあるため、を大きく軽減する上に弱点を突けるサーナイトが途中に挟まっていると、攻撃側はどうしてもタイプを引っ込める必要が出てくるため手間をかけさせることができ、防衛力が高まる。 攻撃力を見ても、ノーマルアタックとして破格の性能を誇るや、2ゲージで発動の早いが使えるため、攻撃側もやを倒すために使える。 アニメにおけるサーナイト• では、進化前のとともにラルトスの姉として登場。 では、のポケモンとして登場。 ではのポケモンとして登場。 メガサーナイトへとさせた。 では映画女優ポケモンとして登場。 マンガにおけるサーナイト ポケモンカードにおけるサーナイト• 探検隊シリーズ・超不思議のダンジョンでは、と共にチーム「チャームズ」を結成している。 「チャームズさんじょう! 」にも登場。 出現するダンジョン 斜体のダンジョンでは仲間にできない。 時・闇:なし 空: 炎:なし 嵐:なし 光:たからじまへのみち 未登場 けつだんのいずみ・せいめいのき かがやきのみき・うんめいのとう CONNECTED条件:ノエタウンで話しかける 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。

次の

エルレイド

サーナイト育成論

サーナイトの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 68 65 65 125 115 80 タイプ タイプ1 タイプ2 エスパー フェアリー 特性 トレース 相手と同じ特性になる シンクロ 毒・麻痺・火傷にされた時、相手に同じ状態異常を与える テレパシー(夢特性) ダブルバトルで味方の攻撃を受けなくなる 長所・短所 攻撃・防御が低く、特攻・特防が高い 典型的な特殊型ポケモンです。 特攻125、特防115と高く、さらにそれを強化できる めいそうを覚えるので、特殊関係の能力は相当なものがあります。 それ以外にも 優秀な補助技を多数習得できるため、 サポート役としても非常に優秀です。 タイプ面では第6世代でフェアリータイプが追加され、 鋼タイプ以外には一致技で等倍以上を取れる攻撃範囲の広さを得ました。 ですが、第6世代以降の大きな強みであった メガシンカがなくなったことで、これまでと比べて 大きく弱体化。 さらに特殊の高さに反比例するかのように HP・物理が脆いので、 物理技を受けたら確1にされることもしばしば。 素早さも並程度なので先手を取られやすく、素早いポケモンに先手を取られてそのまま殴り倒されることもよくあります。 使い道は多いものの、使いこなすのは難しい。 トレーナーの腕が試されるポケモンです。 育成論 積みアタッカー型 努力値 HP:252(実数値175) 特攻:4(実数値146) 素早さ:252(実数値145) 技構成 解説 めいそうで能力を上げ、上がった能力で相手を殴り倒す積みアタッカー型です。 普通サーナイトを使うなら特攻を上げて火力を上げて使うのが基本です。 ですが、めいそうで上がった火力( 実数値219)は補正あり特攻全振り( 実数値194)より高いので、わざわざ特攻に振る必要はありません。 むしろより確実にめいそうで上がったステータスを使えるよう、 HP全振りとオボンの実で耐久を上げるのがいいでしょう。 また、素早さも大して高いわけでもないので、相手に先に攻撃されて倒されるケースはあります。 ですので、少しでも多くの相手より先に動けるよう 最速にします。 これによって、 少しでもリスクを減らしてめいそうを積み、少しでも多く攻撃するのがコンセプトとなります。 技構成は型のコンセプトになる めいそう、一致技の ムーンフォースはまず必須。 後は攻撃範囲を広げるためのサブウェポンを何か一つと、もう一つの一致技は サイコキネシス・ サイコショックのどちらかを入れましょう。 なお、この型ではサブウェポンとして マジカルフレイムを採用しています。 実演してみた では、このサーナイトが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこの方との対戦を使いましょう。 対戦、よろしくお願いします。 ふつくしい… まずは何はなくとも 初手めいそう。 このサーナイトの戦力の要なので、これは絶対に外せません。 実数値では 補正あり特攻全振りシャンデラ(実数値216)すら上回るので、飛び抜けて高い火力が出るのは間違いありません。 使う場合、めいそうを使えるタイミングをよく見極めてからにしましょう。 ちなみに今回の場合は、相手のギャラドスの特性がいかくだったため、 トレースで特性をコピーして相手の攻撃を落として一撃耐えました。 現環境で 専用特性と化しているトレース持ちならではの耐え方ですね。 また、サーナイトの耐久では耐えられないと判断したら、遠慮なく めいそう後にダイマックスしましょう。 メガシンカがなくなっているので、 火力や耐久を確保するのにダイマックスは有効な手段です。 物理耐久は足りませんが、ダイマックスを併用すれば十分に補えるので、 めいそうからのダイマックスを前提として使うのもありかと思われます。 この型を使うなら、最低1回めいそうを積んだ状態をできるだけ維持するのがコツです。 対戦、ありがとうございました。 まとめ 以上、サーナイトの育成論でした。 今回、めいそうを積めた対戦では その火力で複数のポケモンを倒す活躍を見せてくれました。 積みの起点さえ見つけられれば、きっと凄まじい火力で活躍してくれることでしょう。 管理人、八卦がお送りしました。 ではまた次回もよろしくお願いします。

次の