簡単 手品。 簡単トランプマジック

【暮らし】手品でビックリ!低~中学年向け、簡単「手品」で楽しい学びを一緒に体験

簡単 手品

わりばしが勝手に上に上がる簡単なマジックです。 子供でも簡単に作れる日用品のわりばしを使った手品 種明かし編 【ギミックの作り方】 1 ホッチキス、わりばし、輪ゴム1つ用意します。 2 わりばしの太い方(手で持つところ)に輪ゴムを当て、 ホッチキスでとめます。 3 下の写真のようになっていれば問題ありません。 【演じ方】 4 輪ゴムに親指をかけます。 かけた状態でわりばしの先まで引っ張り 親指と人差し指で押さえます。 5 少しずつ親指の力を抜いていくと 元に戻ろうとするゴムの力によって動きます。 以上が 種明かしになります。 先にも記しましたが子供と作る場合はホッチキスにも注意です!! 演じ方は基本的に種明かしする用のネタとして私は使っております。 「これは元気測定器です!!」 と言いながら子供にを手を出してもらって、 「動いたからかなり元気のある子です!」 と言います。

次の

忘年会の余興の手品で簡単で盛り上がる厳選5選!種明かしも紹介

簡単 手品

スポンサードリンク 忘年会の余興でやる手品を選ぶポイント 私は忘年会の余興って自分がやる側だとあまり気乗りしないんですけど、そんな時に役立ったのが手品でしたね。 特に1人ずつ何かを披露しなきゃいけない時には手品は本当に助かります。 手品に使うグッズはネットで簡単に買えるし、いざとなれば 東急ハンズや ロフトなど大型の雑貨店に駆け込めば手品グッズが何かしら売ってますからね。 特に忘年会シーズンは需要があるので手品コーナーも充実してます。 また、手品をいろいろ調べると特別なグッズがなくても簡単にできる手品もありますよ。 ほんと忘年会の余興でもなければ手品のやり方なんて調べることもないんですが、探すと簡単なマジックは結構あるんですよ。 どの手品も練習が必要ですけど、本当に簡単な手品だと1,2回練習すればできるものもあります。 逆に手品の種類がありすぎてどれをやるか迷うくらいです。 そこで大事になるのが 忘年会の余興向きの手品かどうか?ということ。 忘年会の余興でやる手品を選ぶときにはポイントは 遠くからでも見やすいマジックを選ぶことです。 忘年会もいろいろありますが、新人が余興をしなきゃいけないという会って私の経験だと50~60人くらい集まる大きな宴会がほとんどでした。 となると、ステージと一番後ろの席って結構距離ができるんですよ。 そういうところでトランプなんかを使った手元でやる細かい手品を披露すると「見えなーい!」という声が必ずでます。 自分が本番で焦らない為にもこういう逆風はなるべく減らしたい。 あと手品はいくつか組み合わせたほうが盛り上がります。 簡単な手品から難しい手品の順に披露します。 つかみで見えやすい手品をやることで会場にいるみんなをまず楽しませてウェルカムな雰囲気を作るのが大事です。 水が消えるふしぎな新聞紙の手品 この手品はわりと遠くからも見えるし、成功すると「え~なんで~!?」と大人でも結構盛り上がるマジックです。 この手品をやる時はロープを縛ってくれる助っ人が必要なんですが、ノリのいい人やいじっても怒られない人を選ぶとちょっと楽しめます。 手首をにロープを縛ってもらう時に「私縛られたい趣味がありまして・・・」なんて言ってみます。 そして「でも恥ずかしいのでハンカチをかけてお願いします」と布をかけてもらいます。 この手品は手でお腹のあたりを押さえる仕草からいかに視線をそらすかがポイントです。 話術だけでは難しいなという時は、小道具を使います。 柔らかいボールを用意して見てる人に「私の頭のてっぺんに当たるようにボールを投げてください」と言ってボールを投げてもらったり。 てっぺん、というとだいたい山なりの投げ方になるのでみんなの視線が上に集まります。 あとは体の正面にボードを持って的宛ゲームのようにそこに向かってボールを投げてもらったり。 ボードで体の正面を隠せるので準備がしやすいです。 ボールが当たった瞬間に首を落とせるとボールの衝撃みたいで面白いですよ。 腰をかがめるスピードが遅いと首の落ち方もゆっくりになってしまうので、インパクトを出したいならここは練習しどころです。 手品にあうBGMをかける 場の雰囲気を作る1番簡単な方法が音楽を流すことです。 いかにも手品をやるようなBGMをかければそれだけでマジックショーの雰囲気を作れます。 ド定番は「オリーブの首飾り」や「ミスターマリックのBGM」あたり。 そのほかにもYouTubeで「マジック BGM」などで探すといろいろ出てきますよ。 スマホでそのまま流してもいいですが、途中に広告が挟まってることもあるので、パソコンで流してスマホのボイスメモに録音するなど事前に準備しておいたほうが安心です。 観客を前に集める 手品を始める前に、「後ろの席の方もよければ前のほうへどうぞ~」と一声かけておきます。 見たい人は移動してくれるので「見えな~い!」というクレームを少しでも減らすようにします。 そうはいっても、あまりに近すぎると手品の種がバレてしまうこともあるので、ステージと客席の間に適度な距離はあったほうがやりやすいです。 忘年会の余興の手品は堂々とやる 最後に、忘年会の余興は堂々とやるのがポイント。 緊張してしまう人は変にウケや盛り上がりを狙わないことです。 余計なことをしないほうが気が楽だし、緊張しいの人が必至にやっている姿はそれだけでおもしろいこともあります。 そして失敗しても笑顔でやりきります。 忘年会の余興の手品は成功したらそれはもちろん万々歳ですけど、正直、成功か失敗かはそれほど重要じゃないことも多いです。 みんなお酒飲んで酔っ払ってるし、楽しく飲めればそれでいいって感じの人もいるので堂々としてればたいていのことは切り抜けられます笑 なので失敗しても「あれ?練習では百発百中だったのに、こんな貴重な瞬間に立ち会えて皆さんついてますね~笑」なんて言っておけば大丈夫です。 心配な人は万が一、手品が失敗した時になんて言ってごまかすかあらかじめ考えておくと気持ちの余裕ができますよ。 忘年会の余興でやる手品まとめ 大丈夫、忘年会なんてしょせん酔っ払いの集まりです笑 それに、嫌々やった余興でも手品が成功してみんなに「おぉ~!」と言われると結構快感だったりするもんですよ~.

次の

これで余興ネタに困らない!大人も子どもも楽しめる、簡単マジック3選|マナトピ

簡単 手品

週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」 バッザのオリジナル教材 更新情報・最新記事 (2020. 28) (2020. 26) (2020. 24) (2020. 23) ~(2020. 21) (2020. 20) (2020. 18) (2020. 16) (2020. 15) (2020. 14) こんにちは、 週末マジシャン・バッザです。 私は、マジック歴約20年。 主にイベントやお祭りなどで、週末を中心にマジックを 披露しています。 あなたはマジックを覚えたいですか? このサイトでは、あなたに簡単なマジックを覚えて、子供に見せたり、学校で披露したり、また職場や飲み会、余興などで披露するだけでなく、 その場で、やり方を教えたりしながら、マジックを通して、良好なコミュニケーションツールとしてお役立てできるよう紹介しています。 ここでは、単なるマジックの種明かしを知るのではなく、やり方も一緒に覚えて、いろいろな場面でお役に立てていただきたいという思いで紹介しています。 手品を覚えて、人気者や注目されるようになりたい• 飲み会や、合コンなどで、何かみんなから注目されるワザがないかぁ~• もっと、まわりを盛り上げれるものがないかなぁ~、• 周りから「 スゴーーい!」と言われて、注目されたり、 モテたりしたいなぁ• 子どもとコミュニケーションをとるきっかけを作りたい このように思っているあなたへ・・・ このサイトで、あなたのお役に立てることができれば幸いです。 マジックって身につけたいと思っても、 手先が器用じゃなきゃ、とか 根気がないと続かない、と思ってあきらめる方もいるかと思います。 このサイトでは、 初心者の方が簡単に取り組める簡単なマジックを中心に紹介いたします。 「 なんだ、簡単なマジックか、それならあまり相手を驚かせることができないな」、なんて思っているかもしれません。 簡単な手品でも、 やり方や見せ方、工夫によって とても不思議に見えたりウケるものになります。 まずは、基本的な種明かしとやり方をマスターして、あなたなりに工夫を取り入れたものにしていってください。 このサイトは、手品のやり方のほかに、見せ方やセリフ、テレビなどで紹介された 参考になりそうなネタなど、私の経験と見解をもとにして、ご提供していきますので、ご参考になれば幸いです。 簡単にできる手品を中心に紹介していますが、やっぱりスムーズにできるようになるためには、 ある程度の練習が必要です。 そして、何度も場数を経験することによって、よりスムーズな動きができるようになります。 また、おしゃべりなんかも、余裕がでてきて、気の効いたセリフを言えるようになってきます。 あきらめずに何度も繰り返して、練習してください。

次の