日本酒 バル しずく。 【デリバリー】日本酒バル しずく(札幌市中央区すすきの)」

日本酒バル しずく (sizucu)

日本酒 バル しずく

出典:黒龍酒造サイト 「黒龍 しずく」を醸すのは、文化元年(1804年)創業の福井の老舗蔵・黒龍酒造。 手造りの日本酒を追求し続け、1975年には全国で初めて大吟醸酒を商品化するという偉業をなしとげた、北陸清酒界最高峰の名酒蔵です。 黒龍酒造が酒造りを営む福井県吉田郡を流れるのは、福井県最大の河川・九頭竜川。 「黒龍」の名は、この川の古名に由来します。 霊峰白山を水源とする九頭竜川の伏流水は、やわらかくしなやかな水質で、日本酒の仕込み水には最適です。 しかしながら、黒龍酒造は自然の恵みだけに満足することはありません。 よい大地で育つ上質の米、愛情あふれる麹造り、純粋で健全な酵母の培養、慈愛の心でのぞむ醪(もろみ)造り…と、あらゆる工程において、よりよい酒造りを追求するためのこだわりを貫いているのです。 「黒龍 しずく」の魅力は、純度の高い大吟醸ならではのフルーティな香り 出典:黒龍酒造サイト 「黒龍 しずく」は、原料と製法にとことんこだわり、人の手でていねいに造り上げられた、黒龍酒造を代表する極みの1本です。 1980年の発売以降も日々工夫を重ね、酒質の向上を目指しており、現在では、洗練された極上の香りをたの楽しめる大吟醸酒に仕上がっています。 立ち上がる香りは、ライチやイチゴを思わせるさわやかでフルーティな香り。 口に含むとバナナの香りも広がります。 透きとおるようにキレイな味わいに舌鼓を打つことは間違いありません。 「黒龍 しずく」が販売されるのは、6月と10月の年2回のみ。 入手は非常に困難ですが、チャンスがあれば、ぜひ、その味を堪能したいものです。 「黒龍 しずく」が身にまとうのは、故郷の意匠 出典:黒龍酒造サイト 一生懸命に醸した娘のような存在のお酒を、きれい綺麗に着飾って送り出したいとの親心から、黒龍酒造が酒質へのこだわりに負けないくらい力を注いでいるのが、商品のラベルやボトルです。 福井県には、人間国宝も輩排出する日本最大の和紙産地があります。 そこで生み出される「越前和紙」を、日本酒のラベルとして初めて使用したのが「黒龍 しずく」なのだそうです。 伝統工芸品規格をクリアした産地こだわりの越前和紙は、手作業により1本1本ていねいに手貼りされ、「黒龍 しずく」の顔となるのです。 おすすめ情報• 関連情報.

次の

日本酒バル しずく (sizucu)

日本酒 バル しずく

観光MAP• 印刷用MAP 交通アクセス 1 地下鉄南北線大通駅、すすきの駅より徒歩3分 営業期間 営業時間:月〜木、祝日: 17:00〜翌0:00 (料理L. 23:30 ドリンクL. 23:30)金、土、祝前日: 17:00〜翌2:00 (料理L. 翌1:00 ドリンクL. 翌1:30) 定休日:日 駐車場 なし(近くのコインパーキングをご利用下さい。 ) お問い合わせ じゃらん旅行ガイドを見たと伝えるとスムーズです。 011-596-8567(基本的に15:00以降。 定休日、その他時間帯も対応しております。 ) 最近の編集者 ホットペッパーグルメ 新規作成 このスポットに掲載している内容はホットペッパーが提供している情報のため、ユーザの皆様は編集をすることができません。 情報更新日:2020年05月15日• 情報提供元:.

次の

日本酒バルしずく~プレミア日本酒を飲み放題で楽しめる~

日本酒 バル しずく

この記事の目次• 札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分のところにある居酒屋『和食バル sizucu しずく』。 5月26日にオープンしたこちらのお店では、ゆったりとした落ち着く京都のをテーマにした空間で、おいしい料理が食べられるお店になっています。 オーナーの西口さんにお話を伺いました。 京都をモチーフにした落ち着く店内 京都が好きな西口オーナー。 その川床の雰囲気が大好きで、京都にもよく行かれるそうです。 店内も京都の鴨川で有名な川床をイメージした内装になっており、落ち着きのある上品な空間になっています。 また、キッチンカウンターが2か所にあるので、注文しやすい作りになっています。 カウンターからは全体を見渡すことができるようにしていて、お客様の顔を見ながら料理をお出ししたり、作った料理をお客様がおいしいと感じて、笑顔になる瞬間を見ることができたときはとてもうれしいとのことでした。 カウンターからは店内全体を見渡せるので、お客様の顔を見ながら料理をお出しすることもできます。 さらに、その料理を食べたお客様が「美味しい!」と笑顔になる瞬間を見ることができた時は、とても嬉しいとのことでした。 コース料理の最後は、抹茶をつかったデザートになっています。 元々製菓学校に通って、パティシエをしていた西口オーナーは、サイドのデザートまでこだわっています。 このアイデアはずっと寝かせていたとのことで、西口オーナーは「何か始めるときは、他ではできないものをやりたい。 」との思いから、スタートさせた飲み放題メニューだそうです。 」という、西口オーナー。 実際に使っている食材は、ブランド牛や、高級食材のフォアグラに、旬の魚や野菜まで。 オーナー自ら業者を探し、とことん交渉をします! 魚は、鮮度が命なので、一日で使いきれる分しか仕入れないというこだわり。 「隠れ家のような形ではありますが、敷居が高いわけではないのでぜひ来てください!」と仰っていました。 和食と洋食がコラボした絶品のオリジナル料理を堪能してみてはいかがでしょうか。 『MEATバル CROWN PEACE NEW YORK』.

次の