ラトリエ ヒロ カワサキ。 絶品シュークリーム最強10選ランキング!!マツコ&有吉かりそめ天国!11/1

【武蔵小杉】ラトリエヒロワキサカ 手土産やプレゼントにもおすすめ!人気のガトーブルトンやシュークロッカン

ラトリエ ヒロ カワサキ

新宿伊勢丹 マ・パティスリーに初出店されるとの情報を得てお邪魔しました。 武蔵小杉には時折出掛ける機会はあるのですが、いつも訪れるエリアとは駅をはさんで反対側にあるため、今回が初めましてです。 ローズのムースの中はアプリコットのムースとジュレ、その下にピスタチオのビスキュイとクルスティヤンのボトムという構成です。 ムースはローズ・アプリコットどちらのお味も大変軽やかです。 ジュレにはシャキッとあんずコンポートの角切りも入って甘酸っぱく、ぐんぐん夏に向かっていくこの時期ならではの爽やかさを感じます。 ボトムのサクサクした食感に、ちょっとした遊び心があります。 [ラトリエプリン] とてもデリケートで、持ち運んでいる間に底のカラメルが表面に滲み出てきてしまいました。 スプーンですくった感じはぷるぷる固めに見えますが、口に入れるとすっととろけて消えてしまいます カラメルが仄かに、ビターな味わいを残して行きます。 [フィナンシェエラブル] お隣にいらしたお客様と店員さんの会話から、こちらのお店ではフィナンシェが人気のようです。 すかさず私も別の店員さんに、並んでいたナチュールとエラブルどちらが人気か伺って、より人気というエラブルをいただくことにしました。 「滲み出る」を通り越して、溢れ出るほどのバター! 帰宅して包みを開いたところ、フィナンシェをくるんでいたグラシン紙がバターの洪水に見舞われていました。 しっとり生地はバターたっぷりなのに、全く重たさがありません。 甘ーい幸せが口いっぱいに広がりました。 [こすぎのわっか] クロワッサンラスクの生地をキャラメルでコーティングし、真ん中にダイス状のアーモンド&へーゼルナッツをトッピングしています。 カリッカリのラスク生地から溢れるバターの香りとコクが凄まじい! キャラメルのまろやかな甘さと混ざりあえば、手が止まらなくなること間違い無しです。 イセパン等で購入したものとの兼ね合いもあって今回は泣く泣く見送りましたので、ぜひ武蔵小杉のお店にもお邪魔しなければ。

次の

ラトリエヒロワキサカ|武蔵小杉でケーキを買うなら絶対ここ!|かっぱのおうち

ラトリエ ヒロ カワサキ

Contents• ラトリエヒロワキサカってこんなお店 「ラトリエヒロワキサカ」は、ぐるナビで100名店にも選ばれている自由が丘の有名ケーキ店「モンサンクレール」でスーシェフ(製造責任者)を務めていた脇坂紘行さんが、独立してオーナーシェフを務めるパティスリー店です。 武蔵小杉から自由が丘は近いので、モンサンクレールをご存知の方も多いかもしれませんね。 私も何度か食べに自由が丘まで行っていました。 あの有名店からの独立!美味しくないわけがない!! というわけで、かなり期待が膨らみました。 ラトリエヒロワキサカの店内 こちらが店舗の外観。 お店はかなり小さめです。 可愛い看板が店の前に出ています。 落ち着いた、品のある内装が素敵。 お店には、ケーキやフィナンシェが並び 雑誌にも掲載されたガトーブルトンやクッキーなどが並んでいます。 午後3時ごろ行きましたが、ホールケーキはすべて売り切れていました。 凄い人気ですね。 口に入れるとビターなチョコレートが口の中に広がりました。 なんて大人なチョコレートなの!と思わず感激。 ショートケーキ 第一印象は、「上にケーキがのってないショートケーキってあるんだ!」という印象。 真っ白が美しい。 1番下の層にはさり気なくカスタードクリームがサンドされていて凝っています。 生クリームは絶妙な甘さ。 なめらかでフワフワなスポンジと相まって本当に美味しい。 後味に残る香りが最高でした。 いつまでも食べていたくなるようなショートケーキです。 スフレショコラ しっとりなめらかなムースショコラケーキ。 ビターで大人の味。 1番最初にご紹介したショコラティーヌよりも濃厚でチョコレートをより強く感じられました。 上に乗った生クリームはあまり甘く感じなかったです。 フィナンシェ ケーキだけを買うだけだったはずが、天板に並んだこちらを見て一目惚れ!買わずにはいられないですよねぇ〜。 お味はプレーンとメープルの2種類で、今回はプレーンを購入。 フランス産のシズニーバターとマルコナ産のアーモンドが使用されています。 産地のことはよく分からないけれど、素人でも食べてみたらわかる「他のフィナンシェとはバターが違う感」! 食べたら、多分、びっくりしますよ。 外側はカリッとしていて中はしっとり。 口の中に芳醇なバターがじゅわんと広がります。 とにかく美味しい。 もう半端なく美味しい。 手土産にもちょうど良い値段設定なので、武蔵小杉で手土産を買うときは絶対ここ!と心に誓いました。 まとめ どれを食べても期待以上で返してくれる、「ラトリエヒロワキサカ」のケーキたち。 こんなに美味しいケーキを購入出来るなんて本当幸せです。 武蔵小杉にお店を出してくれて、ありがとう、ワキサカさん。 イートインがなく全部持ち帰りというのが個人的には惜しいですが(ぜひ、ゆっくりお茶しながら店内で食べたい…)武蔵小杉でケーキを購入される際には、ぜひおススメしたい店舗です。

次の

ラトリエヒロワキサカ (L'ATELIER HIRO WAKISAKA)

ラトリエ ヒロ カワサキ

日本医科大学武蔵小杉病院のそばにある、2007年にオープンしたのケーキ屋さんです。 カシス色の店構えが目印。 オープン当初からおいしいと人気で、早々にケーキが売れてしまう日もあるそうです。 ホールでもピースでも買える人気の品が「フロマージュ・クリュ」と「クルチョコ」。 「フロマージュ・クリュ」はムースタイプのチーズケーキで、ふわっとした口当たりがくせになりそう。 「クルチョコ」は、くるみの入ったビター風味のチョコレートケーキで、上にかかったチョコレートソースもおしゃれな感じです。 シュークリームが好きなかたは「パリ・ブレスト」もぜひお試しください。 中のクリームが、ちょっと驚くほどおいしいです。 ほかにも、果物のグラタンふうお菓子「サバイヨン」、紅茶風味にアレンジした「みつ豆」など、オリジナリティあふれるケーキがいっぱい。 入ってすぐ左手に、ガラス越しに厨房がのぞけるのも、素敵な演出です。 元住吉駅からブレーメン通りを15分ほど行った先にある、大人な雰囲気のケーキ屋さん。 シェフは、市ヶ谷「シェ・シーマ」を経て渡仏し、帰国後に目黒「キャトル」(「うふプリン」で有名ですね)のシェフ・パティシエを7年間勤めた方。 2007年独立し、オープンさせたのがこのお店です。 ケーキ好きな方が行ったら、間違いなく、迷いまくりのお店です。 四角いシェイプが小粋な苺のショートケーキや、フレッシュなフルーツがおしゃれにのったタルト。 苺のミルフィーユは、パイ生地が葉っぱの形をしていて、遊び心をくすぐられます。 どれもこれも美しく、おいしそうで、迷いに迷ってしまうのです! なので、一つだけ、おすすめをご紹介。 スイスチョコレートを使用し、パッションフルーツをアクセントにしたチョコレートケーキ「マラカイボ」はどうでしょう。 食べてみると、しっとりと濃厚で、チョコ レートがぎゅっとつまった大人の味。 ぜひお試しください。 生ケーキのほか、素朴な味わいの焼き菓子(フィナンシェなど)もあります。 ちょっとしたおみやげにもいいですね。 下小田中3丁目の住宅街にあるシフォンケーキのお店。 武蔵小杉駅・武蔵中原駅からは距離がありますが、2~3台分の駐輪場、1台分の駐車場が用意されています。 同店のメイン商品は、毎日10種類以上を焼き上げるシフォンケーキです。 そのほかクッキーなどの焼き菓子のほか、ケーキなども作っています。 シフォンケーキはメイプルシフォン、リッチチーズ、チョコレートシフォンなど定番のほか、「季節のおすすめ」もあります。 また、テラスにはイートイン席もあり、店内のシフォンケーキやドリンクをオーダーすることができます。 こちらは「ワンちゃん可」で、ワンちゃん用シフォンケーキなどのワンちゃんメニューも用意されていますので、お散歩中の一休みにも良いでしょう。

次の