ソニー ミュージック アーティスト。 ソニーミュージック オフィシャルサイト

企業研究:ソニーミュージック

ソニー ミュージック アーティスト

株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ Sony Music Artists Inc. 斉藤剛()• 桂田大助(代表取締役執行役員) 資本金 4億5000万円 純利益• 1億2480万4000円 (2019年3月期) 純資産• 31億9846万円 (2019年3月期) 総資産• 沿革 [ ]• 1974年4月、CBS・ソニーの全額出資により(株)エイプリル・ミュージックとして設立。 1988年3月、(株)CSアーティスツに社名変更• 1993年4月、(株)ソニー・ミュージックアーティスツに社名変更。 1993年、俳優系事務所ソニー・ミュージックスターズを分社化• 2002年、ソニー・ミュージックスターズを吸収合併• 2004年、お笑い芸人を集めたを立ち上げ、こちらは現在もSMAがマネージメントを行っている。 2006年4月1日、各制作部門と傘下会社を分割・再編・統合し、新たにマネージメント会社6社を構築し、(、、、、、)これらを統括する会社とした。 2009年4月1日、ヴィレッジミュージック以外の5社を再び合併した。 2006年の、2011年のと『』のグランプリ受賞者を2名、2009年の倉科カナ、2015年の、2020年のとヒロインを3名輩出した。 2009年7月1日、所属アーティストの代表として、の2名がに就任。 2010年4月、芸能事務所・を子会社とする。 テーマソングとして「」を制作。 2011年3月1日、の衣装について、の政治団体からの批判を受け 、代表取締役の原田公一・高橋章の連名で釈明・謝罪した。 2011年4月、株式会社を吸収合併。 2012年1月、女優発掘オーディション「アクトレース」を勝ち進んだ14名で、演劇集団『』を結成させる。 2012年7月1日、顧問にの、に奥田民生が就任。 2012年10月1日、子会社・ウエストサイドを吸収合併し 、SMA内に新たに「ウエストサイド制作部」を設置した。 2014年01月08日、SMA初のアイドルグループとして新人発掘オーディション「HuAHuA 2013」の応募者を中心とした『』プロジェクトを立ち上げる。 2014年04月19日、創立40周年を記念し、が責任編集長を務めた書籍「WHAT's SMA? 」を刊行。 2015年7月1日、顧問にの北原雅彦、名誉顧問にYO-KINGが就任、奥田民生が名誉顧問を退任。 2016年10月17日、本社を品川区に移転した。 (作詞家)• (ラーメン評論家・フードライター)• (映画監督)• (ダンサー)• (フリーキャスター)• (料理人)• (・元監督)• (フリーアナウンサー)• 女性 [ ]• (フリーアナウンサー)• (フリーアナウンサー)• (ジャーナリスト、作家)• (ダンサー)• (モデル)• (女装家・オネエ系タレント)• (フリーアナウンサー)• 声優 [ ] 男性 [ ]• (、) 女性 [ ]• お笑い [ ]• 声優 [ ] 男性 [ ]• (ツキクラ)• (Hi! Superb)• 女性 [ ]• (元うたたねこ歌劇団)• (元アイドルING!!! (A応P)• (元うたたねこ歌劇団)• 過去の所属者 [ ]• (大石凛)• 脚注 [ ]• 2019年11月27日閲覧。 Deview. 2015年4月21日閲覧。 Musicman-NET 2010年10月8日. 2015年4月21日閲覧。 barks 2009年7月1日. 2015年4月21日閲覧。 ナタリー 2010年10月18日. 2015年4月21日閲覧。 AFPBB News. 2011年3月1日. 2012年11月23日閲覧。 2012年11月23日閲覧。 oricon 2012年1月30日. 2015年4月21日閲覧。 Sony Music Artists 2012年5月1日. 2015年4月21日閲覧。 Musicman-NET 2012年10月1日. 2015年4月21日閲覧。 Musicman-NET 2014年1月8日. 2015年4月21日閲覧。 ナタリー 2014年4月14日. 2015年4月21日閲覧。 ナタリー 2015年5月1日. 2015年8月12日閲覧。 MUSICMAN-NET 2016年10月17日. 2016年12月18日閲覧。 関連項目 [ ]• (同じSME傘下の芸能事務所)• (同じSME傘下の芸能事務所として発足。 2010年にSMAの子会社となり、2012年にSMAに吸収合併され解散) 外部リンク [ ]• - チャンネル• 公式通販サイト• 公式チケット販売サイト• - オーディション公式ウェブサイト• - オーディション公式ブログ• - 声優部門の公式ウェブサイト• My Sony Club.

次の

ソニー・ミュージックレコーズ

ソニー ミュージック アーティスト

ソニー・ミュージックレコーズ(Sony Music Records)は、の。 また、 株式会社ソニー・ミュージックレコーズ(Sony Music Records Inc. )は、ソニー・ミュージックレーベルズのかつての社名(商号)で、からまで存在していたSME傘下のである。 通称は「 ソニー」、メインレーベル名の「 ソニーレコード」、頭文字の「 SMR」、の「 SR」等。 「」も参照• )設立。 1971年7月 - ・系レーベル「」新設。 当初は洋楽のみだったが、3か月後、CBS・ソニーレーベルから鞍替えしたを皮切りに邦楽にも進出した。 )に商号変更。 1976年3月 - EPICレーベル、邦楽の制作を打ち切り、洋楽専用レーベルに戻る。 同レーベルからリリースされた邦楽音源はCBS・ソニーレーベルの管轄になる。 1978年8月21日 - レーベル・EPICをとして会社を設立。 但し、やら、CBS・ソニーから発売されたEPICの邦楽音源はCBS・ソニーが引き続き管理。 1983年 - によりロック系レーベル「」新設。 1983年8月 - CBS・ソニーレコード株式会社から商号変更した株式会社CBS・ソニーグループの企画制作部門を、株式会社CBS・ソニーとして分離。 1988年3月1日 - 株式会社CBS・ソニーは株式会社CBS・ソニーグループに吸収合併される。 1991年4月 - 株式会社CBS・ソニーグループの株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)への商号変更を機に、名を Sony Records(ソニーレコード)に変更。 1998年 - ロック系レーベル・ SME Records新設。 同時に洋楽部門(等の原盤)を同レーベルへ移行させる(Sony ClassicalはSony Recordsレーベルに保留)。 2001年10月1日 - SMEの制作部門の分離に伴い、株式会社ソニー・ミュージックレコーズ設立。 Sony Records等のレーベルを継承。 洋楽部門はソニー・ミュージックジャパンインターナショナル(SMJI)へ移行。 2003年4月1日 - レーベル・SME Recordsをとして会社を設立(後の吸収合併で元に戻る)。 ロック系レーベル gr8! records新設。 2006年11月 - ソニーレコードをベースにしたレーベル STUDIOSEVEN Recordingsを新設。 2010年4月1日 - STUDIOSEVEN Recordingsとgr8! recordsが統合し、 新生・gr8! recordsとしてスタート(STUDIOSEVEN Recordingsに所属していたアーティストはgr8! recordsもしくはSony Recordsへ内部移籍)。 2011年4月1日 - 演歌部門となるACルームをに移管して、ソニー・ミュージックレコーズをポップス専用レーベルに変更。 2014年4月1日 - レーベルビジネスグループの7社を吸収合併し、株式会社が発足。 レーベルとしてのソニー・ミュージックレコーズは同社のレーベルへと移行。 レーベル [ ] 現レーベル [ ]• Sony Records(ソニーレコード、旧CBS・ソニー。 メイン)• gr8! records(ジーアールエイト! レコード、系レーベル・2003年4月新設)• MASTERSIX FOUNDATION(マスターシックス・ファウンデーション、2003年新設)• SMR Around the World recordings(エスエムアール アラウンド ザ ワールド レコーディングス)• N46Div. (エヌヨンロクディビジョン、のプライベートレーベル) 旧レーベル [ ]• (エピック、7月に洋楽部門の新レーベルとして発足。 同年10月に邦楽部門の制作も開始。 ただし邦楽部門は3月まで)• Odyssey(オデッセイ、元はのサブレーベル。 のプライベートレーベルとしてスタートし、後に、とウィークエンドも参加。 7月 - 12月)• UMI(うみ(海)、のプライベートレーベル。 1972年10月 - 前半)• PEOPLE(ピープル、のプライベートレーベル。 2月 - 12月)• (ナイアガラ・レコード、のプライベートレーベル。 3月 - 3月。 以後は親族が継承し、コンピレーションアルバムの企画制作と旧譜の再発売のみ継続)• (フィッツビート、によって設立。 - 3月。 現在はに統合)• Silverland(シルバーランド、のプライベートレーベル。 1981年5月 - 9月)• HOLLYWOOD(ハリウッド、のプライベートレーベル。 - )• RAKKYO/楽京(らっきょう、1980年代後半。 の専門レーベル。 CM音楽制作会社「ミスターミュージック」により設立され、後に配給をに移行(ソニー時代に制作した音源の発売権はソニーに残る)。 一時期の旧譜の日本盤の再発売を行っていた)• (ダブル・オーレコード、11月 - 5月。 グループ会社だったがに吸収)• Yoo-Loo(ユールー、Niagara Recordsのサブレーベル。 Sony Recordsからはリイシュー盤のみリリース)• Clearwater(クリアウォーター、のプライベートレーベル。 - 2003年3月)• oafh(オー・エー・エフ・エイチ、のプライベートレーベル。 1997年7月 - 12月)• (エスエムイーレコード、1998年 - 3月。 2003年4月に会社を設立)• So-ffio Records(ソフィオ・レコード、、、など、Sony Music Associated Recordsから一部のアーティストを引き連れ、枝分かれしたレーベル。 - 2003年)• STUDIOSEVEN Recordings(ステューディオセブン・レコーディングス、11月 - 2010年3月。 後にgr8! recordsと統合。 Sony Classical(ソニー・クラシカル、部門、後にSME Records、Epic Recordsの洋楽部門とともにソニー・ミュージックジャパンインターナショナルに移行)• Fifty Four Sounds(フィフティー・フォー・サウンズ) 所属アーティスト [ ] Sony Records• (2016年〜)• (2015年〜)• (2010年〜)(から移籍)• (2016年〜)• (2016年〜)• (2018年〜)• (1972年〜、CBS・ソニー時代のより在籍しており同社所属の日本人としては最長の在籍期間を誇る)• (1985年〜1997年、2006年〜)• 1997年〜)• (1985年〜、2010年2月23日「」のみより発売)• 2018年〜)• (2016年〜)• (2016年〜)• (2017年〜、2015年〜2017年までgr8! records所属)• (2009年〜、gr8! records、ソニー・ミュージックダイレクトとの三重在籍)• (2020年〜)• (2018年〜)• (2013年〜)• (2006年〜)• (2016年~)• (2016年〜、2019年途中まで「欅坂46」内の「けやき坂46」として活動)• (2016年〜)• (2013年〜)• (2010年〜)• (2018年〜) gr8! records• (2005年〜)• (2013年〜)• (2005年〜2012年)(gr8! records)• (2014年〜)• (2019年〜)• (2020年〜)• (2014年〜) MASTERSIX FOUNDATION• (2004年〜)• (2008年〜)• (2014年〜• (2009年〜) SMR Around the World recordings• (2016年〜) N46Div. (2012年〜) かつて所属していたアーティスト [ ] ア行 [ ]• 2011年〜2013年• 2006年〜2010年• 1987年〜1988年• その後アーティストとしての活動を休止。 4月27日死去)• 朝風まり 1978年〜1979年 (現・)• 1973年〜1979年• 1997年〜2000年 (インディーズからデビュー。 はが所持)• 1977年〜1980年• 1971年〜1983年• 1985年〜1987年• 1982年〜1985年• (2016年〜2017年)• 2010年〜2013年• 1975年〜1976年• 1975年〜1977年• 1988年〜 (同じソニーミュージックグループのに移籍)• 現在はアーティストとしての活動を停止)• 1985年• 1972年〜? (かつては「UMI(海)」という専用レーベルを持っていた。 同じソニーミュージックグループのソニー・ミュージックダイレクトに移籍。 所属レーベルこそ変更があるが、ソニー系レーベル以外のレーベルには所属経験がなく、郷ひろみに次いでソニー所属期間が長い)• 1987年〜1990年• 伊藤麻衣子(現:) 1983年〜1987年• 1987年〜1989年• (2005年〜2011年以降活動休止状態)• 1997年〜2001年• 1973年〜? (東芝音工から移籍。 東芝時代は本名の大形久仁子名義で活動)• 1996年 (シングル1枚だけの単発企画ユニットであったが、解散後、メイン・ボーカルの田岡美樹が、ジェネオン エンタテインメント(元:パイオニアLDC、現:)より、のボーカルとして再デビュー)• 2012年〜2016年 (2017年よりSME系列のに移籍)• 1985年〜1991年 (解散後、リーダーのは「つじ じんせい」の読みでソロシンガー、本名の「つじ ひとなり」の読みでとして活躍。 エコーズ時代の旧盤は同じソニーミュージックグループのに引き継がれて発売(辻の専用レーベル「PASSAGIO Discs」から))• 2007年〜2009年• 2011年〜2012年• 2010年〜2012年• 1970年〜1973年• 1980年〜2013年12月30日死去)• 2004年〜2005年• 1987年〜1989年• 2003年〜2004年• 1985年〜1987年 (アポロンから移籍、一時「奥田佳子」名義で活動、一時引退後、に移籍して復帰)• 2007年〜2009年 カ行 [ ]• 1992年〜1993年 (nicoとして活動後、再デビュー。 2004年• 1989年〜1993年 (解散後、ボーカルの大木知之はソロユニットとなり、内レーベル「dohb discs」で活動し、のちインディーズに移行。 カステラのアルバムも同レーベルで再発売された)• かとうゆかり 1982年〜1985年• 1969年〜1982年 (コロムビアから移籍)• 2013年• アルファ時代のはソニー・ミュージックダイレクトから発売)• 1984年〜1985年 (死去)• 1985年〜1990年• (から移籍。 死去)• 死去)• 1982年• 1989年〜1991年• 1999年〜2002年• 1983年 (死去)• 2000年〜2002年• (1973年〜解散)• 2005年〜2007年• 2011年〜2013年• 1983年〜1993年• 久保田早紀 1979年〜1984年 (現在は本名の名義でシンガーとして活動中)• 1983年〜1986年• 2010年〜2012年• 2009年〜2012年• (2015年〜2018年)• (2014年〜2018年)• 2008年• 2003年〜2005年• 2002年〜2004年• (2015年〜2019年2月)にグループ名を改名• 2010年〜2012年• 2003年〜2009年• (2013年〜2015年)• 2001年〜2003年• 1988年〜1990年• 1995年〜1996年• 1985年〜1988年• (同じソニーミュージックグループのソニー・ミュージックダイレクトに移籍) サ行 [ ]• (2005年〜2010年6月解散)• (1985年〜解散)• 1976年• (コロムビアから移籍)• 1986年〜1988年 (1989年4月に東芝EMIに移籍)• 1990年〜1991年• 2010年• 1982年〜1984年• 2008年〜2012年• 2004年〜2007年• 2002年〜2005年 (本名の神田沙也加に改名して2011年4月にポニーキャニオンに移籍)• 2006年〜2007年• 1986年• 1981年〜1982年• 2001年〜2005年• 2003年〜2011年 (2012年7月にビクターに移籍)• C-POINT(11月解散)• 2000年• 2002年• 1990年〜1993年• (引退)• (1982年〜11月解散)• 1976年〜? 1977年〜1979年 (死去)• (JJS) 1975年〜1977年• 1995年〜2002年3月解散、2007年に再結成)• 2006年〜2009年• 2001年〜2003年• 2012年• 1979年〜1980年• (2010年〜2012年3月解散)• 2006年〜2007年• 死去)• 1996年〜1999年• 2008年〜2012年 (gr8! (1979年〜1989年、1999年〜2013年死去)• 二度目の再集結はから)• 2010年• 1985年• 1987年〜1988年• 2004年〜2005年 (元メンバー) タ行 [ ]• 1999年• 2011年〜2013年• 2008年• 2005年〜2011年• 1983年〜1985年 (後に「風堂美起」のでに転向)• (EPIC・ソニー発足前のEPICレーベルに在籍。 現・夫人)• 2012年• 1981年〜1988年• 1993年〜1997年、2002年〜2007年、2012年〜• 1981年 (から移籍。 アルファ時代の音源はソニー・ミュージックダイレクトから発売)• 1989年〜1991年• 1988年〜1991年 (その後企画ものとして、イーストウエスト(現・ワーナーミュージック)、から発売)• 2010年〜2012年• 1988年〜1991年• 1996年〜2001年• 1985年〜2001年• ソニーレコード時代の旧盤はTUBE、前田のソロ作品ともSMARに引き継がれて発売)• 1971年〜1972年 (デビュー時はCBS・ソニーレーベル。 その後EPICレーベルに鞍替え)• 2003年〜2005年• 2004年〜2005年• 2004年• ソニーレコード時代の旧盤の殆どはヴィレッジレコードに引き継がれて発売)• D-PROJECT(1993年〜1994年解散)• 1986年〜1989年• 1991年 (同じソニーミュージック傘下のに移籍)• 1982年〜1986年 (後にのヤス赤坂は本名のに改名して・に転向)• 2004年〜2005年• 1995年〜1999年• 2005年• 2005年〜2012年• 1987年• (2011年〜2012年12月解散)• 1975年〜1994年• 1978年〜1980年• 1985年〜1993年 ナ行 [ ]• 1976年〜1977年• 1978年• 1984年〜1985年• 1988年〜1990年• 1977年• 1995年、2001年• 1972年〜1979年 (一時「水島彩子」の芸名で活動時期あり)• にしきのあきら(現:)• (から移籍)• 西田夢蔵 2007年• (第2回グランプリ)• 2014年• 2003年〜2004年• 野川明美(の実妹)• 1995年〜1997年 ハ行 [ ]• 1987年〜1993年 (1991年にSHO-TAことのソロプロジェクトに転換、1997年にポリドールで活動再開)• 2012年〜2013年• 1970年〜1971年 (デビュー時(アルバム)はCBS・ソニーレーベル。 その後EPICレーベルに鞍替えし同レーベルの邦楽制作第1号となった)• 9月解散後はのみソロで活動中。 アルファ時代の音源はソニー・ミュージックダイレクトから発売)• 2008年〜2009年• (2016年〜2017年)• (1984年〜1999年活動休止)• 2011年〜2012年• 1994年〜1999年• 1995年〜1997年 (1999年活動休止)• 1980年〜1984年• 1975年〜1997年 (時代から、現在は同じソニーミュージックグループのSME Recordsに移籍)• 1987年• CBS・ソニー時代までの音源はが所持)• 2002年〜2005年• 1978年〜1979年• 1972年〜1975年 (後にはEPIC・ソニー、(バンバン在籍時は「高山ひろし」)は「」の発売前に脱退後ポリドールに移籍。 ばんば、高山両者とも現在はアップフロントワークス・ライスミュージックに在籍)• (2010年〜2012年6月発売のシングルよりポニーキャニオンに所属)• 2001年〜2003年• 1969年〜1975年 (現在はテイチクエンタテインメントに在籍)• 2003年• 2009年〜2013年• 1998年〜 (2003年9月に活動休止したが、メンバーのナオキが強制わいせつ事件により2004年3月に解散。 のちにヴォーカルのTamaはを結成し日本クラウンに移籍)• 2003年〜2005年 (自主レーベル「Indigo Park」を設立し、インディーズで活動していたが、2009年3月に解散。 ボーカルの堤晋一はソロで活動中。 2003年〜2004年• (1968年〜1978年8月解散、再結成もに、2012年にの死去により活動停止。 再結成時の新曲はフリーボードとインディーズから発売)• 1993年〜1996年 (解散後、は女優・タレントに転身)• (1974年〜解散)• 2008年〜2014年• (同じソニーミュージックグループのソニー・ミュージックダイレクトに移籍)• (2016年)• (2004年〜2016年)• (1986年〜5月解散、2012年に期間限定で再結成)• 1993年〜2003年 (現在はのち・tearbridge recordsに在籍)• 2002年〜2004年• 2007年〜2010年• 2005年〜2009年• 1986年〜1987年• その後ユニット「spoon」を結成し、活動休止後ソロ活動に戻り、2013年4月にビクターからシングルを発売)• 1978年〜1993年• 2002年〜2003年• (1999年〜2004年3月解散)• 1988年〜1991年• 1970年〜1975年 (現在は故郷のでクリスチャンシンガーとして活動中) マ行 [ ]• 1975年〜1980年 (元のボーカル・野口ヒデト。 解散後、「野口ひでと」と改名してからソロデビュー。 その後に移籍もヒット曲に恵まれず、『』に本名の「野内正行」として出場し10週勝ち抜き、現在の芸名でとして再デビューし人気が上昇)• 2004年〜2006年• 2014年• 1985年〜1991年• 1982年• 1979年〜1984年• (2005年〜2010年4月解散)• 1973年〜1975年 (歌手デビュー時のキャッチフレーズは「ソニー家の三女」)• 2001年〜2002年• 2004年• 1982年〜1987年• 2005年〜2006年• 2008年• 2003年〜2004年• 1971年〜1997年• 1989年〜1993年• 1985年〜1986年• (2016年〜2019年)• 2006年• (エキスプレスレーベル(東芝EMI)から移籍)• 1996年〜1999年• 1979年〜1994年 (フィリップスから移籍。 (1973年〜引退)• (キングレコードから移籍。 と「ポンヌフ」というユニット名で『』のテーマ曲のCDをリリースしたことも。 現在はアーティストとしての活動を休止)• とウィークエンド 1974年〜1978年• 2004年〜2010年 (同じソニーミュージックグループのソニー・ミュージックダイレクトに移籍)• 1993年〜1995年 (から移籍。 現在はアーティストとしての活動を休止)• (ゆうや、出身、1974年在籍)• 1987年〜1993年 (解散後、及び(EBI)、は同レーベルでソロ活動を開始し、とはそれぞれ同レーベルで「」・「BIG LIFE」というバンドを結成した。 その後奥田のみ同じソニーミュージックグループのに移籍、さらにその後に移籍後、2009年よりバンド再結成)• 1983年• 2002年〜2009年• 1976年〜1978年• 2003年• 1976年〜? - から移籍。 に移籍後活動休止。 再結成時は。 現在も不定期に活動中。 2016年~2019年 (に移籍)• 2014年〜2016年• 2002年〜2004年• 2002年〜2003年• 2004年〜2012年• 2003年〜2008年• 1990年〜1992年• 1999年〜2010年 (元の芸名のに戻しに移籍)• 2002年〜2003年• 2013年〜2014年• (出身で、に日本でデビューした当時13歳の。 アルファ・アンド・アソシエイツが原盤制作。 現在、音源はソニー・ミュージックダイレクトから発売)• 1984年〜1991年 (解散後、ヴォーカルのは同レーベルでソロ活動開始。 (自主レーベル)を経て、2010年よりユニバーサルシグマでメジャー復帰)• 1984年〜1985年• 1986年〜1988年 (コロムビアから移籍)• 1977年〜? 1 SRCL-5453 2002年11月20日 WINTER LOUNGE SRCL-5492 SRCL-5494 2003年07月02日 THE COVER SRCL-5564 2003年08月20日 E. Junkie SRCL-5597 SRCL-5599 2003年09月18日 NATURAL VIBES SRCL-5606 2003年11月06日 FANTASTIC! SRCL-5577 2004年06月30日 E. Junkie 2-GUITAROCKING- SRCL-5717 SRCL-5719 2005年04月06日 BARFOUT! presents『authentica〜mellow』 SRCL-5896 2006年01月25日 MATCHY TRIBUTE SRCL-6223 オリコン最高26位 2006年12月13日 SRCL-6456 オリコン最高48位 2006年12月20日 SRCL-6459 SRCL-6461 オリコン最高55位 2008年03月05日 SRCL-6739 オリコン最高7位 2008年08月06日 The World Sings KUBOTA SRCL-6833 オリコン最高152位 2011年01月12日 SRCL-7484 オリコン最高6位 2011年08月10日 SRCL-7680 SRCL-7682 オリコン最高5位 2012年10月24日 SRCL-8135 オリコン最高7位 2013年08月28日 MikXperience e. HATSUNE MIKU Project 5th Anniversary Selection〜 SRCL-8594 SRCL-8597 オリコン最高14位 2015年05月27日 INSPIRED TRACKS -Selected by 白鳥龍彦- SRCL-8818 オリコン最高58位 2015年09月16日 確かに本気の恋だった。 - 2008年7月28日(2019年8月29日閲覧)• SME創業の年と重なる。 創業初期のシービーエス・ソニーレコードの事業を継承しているのがその後のソニー・ミュージックレコーズを経て、現在のソニー・ミュージックレーベルズにあたる。 ソニー・ミュージックダイレクト 2011年4月1日 , PDF プレスリリース , ソニー・ミュージックエンタテインメント , 2011年4月1日閲覧。 ソニー・ミュージックエンタテインメント 広報 2014年2月17日 , PDF プレスリリース , ソニー・ミュージックエンタテインメント , 2014年4月3日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

アーティスト一覧

ソニー ミュージック アーティスト

今日は、ソニーグループの音楽系事業統括会社で音楽、アニメ、 キャラクター、ゲーム、アーティストマネジメント、ライブなど多角的に事業を展開する、ソニーミュージックの紹介です。 ソニーミュージックに興味がある就活生はぜひ参考にしてください。 好奇心を刺激する、未来、発想、遊び、技術で人々を鼓舞すること。 モノ・コト・ヒト、複数の価値観が組み合わされていること。 私たちはこの3つの考え方を日々の仕事のスタンスや、人々との関わり方に組み入れることで、 都市や社会、そして未来を面白くする会社であり続けます。 2 宣伝 マーケティング戦略を立て、テレビ、ラジオ、Web、新聞、雑誌、広告代理店等、あらゆる宣伝媒体にアプローチし、アーティストや商品をヒットさせるためのプロモーション活動を行っています。 3 マーケティング、販売 CD・DVD・Blu-rayなど音楽ソフトパッケージの販売、配信、eコマースにおいて、店頭およびWebプロモーションといった営業戦略のもと、音楽・映像を世に流通させるためのマーケティング業務全般を行っています。 4 音楽出版、ビデオクリップの管理・運用 音楽著作権に関する管理全般、および楽曲の利用開発やプロモーション、作詞家・作曲家の発掘・マネジメント、ゲーム・映画・アニメの音楽制作など、音楽著作権・著作隣接権に関わるビジネス全般を行っています。 また、放送・上映・カラオケ映像などあらゆる場面で使用されるビデオクリップに関する各レーベルへの使用許諾申請手続きの代行も行っています。 作品に関連した各種イベント、展示会、上映会等の開催も行っています。 2 制作スタジオの運営 TVシリーズや劇場用アニメーション作品の制作、スマートフォン向けゲームアプリのアニメーションの制作、オリジナルキャラクターの企画・制作などを担うスタジオを運営し、さまざまなアニメーション作品の制作を手掛けています。 3 実写ドラマ・映画化、ミュージカル化、舞台化 アニメーション作品を実写ドラマ化し国内外で放送したり、実写映画化し劇場公開しています。 またミュージカルや演劇を国内外で上演するなど、アニメーション作品を俳優が演じる舞台化も展開しています。 4 マーチャンダイジング 作品のキャラクター等所有する知的財産を多種多様な商品へと展開し、販売するマーチャンダイジングビジネスを展開しています。 5 ライセンスビジネス キャラクターを中心とした国内外の著作物・商標などの知的財産を開発・管理し、様々な商品化やサービス分野へのトータルマーケティングを行うライセンスビジネスを展開しています。 1 アーティストマネジメント業務 所属するアーティスト、俳優、タレント、声優、お笑い芸人など芸能人のマネジメントやプロモーション業務を行っています。 2 新人の発掘・育成 オーディションの開催やスカウトなどを通じて、次代を担う新しい才能の発掘・育成・サポートを行っています。 3 ファンクラブ運営、グッズ制作・販売 所属アーティストやタレントのファンクラブ運営や、関連グッズの企画制作・販売を行っています。 4 音楽著作権の管理・運用 音楽著作権に関する管理全般、および楽曲の利用開発やプロモーション、作詞家・作曲家の発掘・マネジメント、ゲーム・映画・アニメの音楽制作など、音楽著作権・著作隣接権に関わるビジネス全般を行っています。 1 コンサートホール「Zepp」の運営 全世界6都市8ヶ所(札幌・東京・ダイバーシティ東京・名古屋・なんば大阪・大阪ベイサイド・福岡・シンガポール)に展開するコンサートホール「Zepp」を運営。 今後は国内では横浜・羽田、海外ではマレーシア・台湾にも展開を予定しています。 4 グッズの企画・制作・販売 ライブやイベント、展示会などで販売する各種グッズの企画・制作・製造・販売を行っています。 5 劇団運営、舞台制作・プロデュース 所属俳優からなる劇団の運営、演劇・2. 5次元ミュージカルなどの舞台制作・プロデュースを行っています。 1 ソフトパッケージのワンストップソリューションの提供 音楽・映像・ゲームなどのソフトパッケージのデザイン・制作から製造、物流、販売にいたるプロセス全般のワンストップソリューションを提供しています。 2 スタジオ運営 レコーディング・マスタリング・オーサリングといった音楽と映像の制作作業を一貫して行える、ソニー・ミュージックスタジオを運営。 音響特性に優れた世界水準の大型スタジオとして、最先端の音楽創造環境を提供しています。 3 プロモーションプランニング 商品・コンテンツ・企業のPR活動における、販促物制作、タイアップ・キャンペーン施策、イベントの企画・運営、映像やWebサイトの制作、ブランディング、ファンクラブ運営など、あらゆる広告宣伝業務を行っています。 4 マーチャンダイジングビジネス ライブやイベント、展示会などにおけるマーチャンダイジングを目的としたグッズやキャラクター商品の企画開発・デザイン・制作・製造・販売代行および品質管理を行っています。 6 ITソリューションの提供 Webサイトやアプリの制作、音楽・書籍配信等のプラットフォームサービスの展開、デジタルプロモーションツールの開発・提供のほか、VR・AI・ARといった最新技術を活用した新たなエンタテインメントを創造しています。 アニプレックス製作のアニメ作品に関連する映像商品やグッズ、フィギュア、イベントチケットなどを販売しています。 3 Rocket Express ソニー・ミュージックアーティスツ所属のアーティスト、タレントのオフィシャルグッズほか関連商品を販売する通販サイト。 4 forTUNE music ソニーミュージックグループに限らず様々なアーティストに関する、イベント参加券や限定グッズなどの特典付きCDの応募・購入サイト。 5 mora レーベルゲートが運営する高音質の音楽ダウンロード・音楽配信サイト。 ソニーミュージックグループに限らずさまざまな音楽レーベルの最新ヒット曲から過去の名盤、ハイレゾ音源やミュージックビデオ等、約1,000万曲をラインナップしています。 6 Reader Store ソニー・ミュージックエンタテインメントが運営する電子書籍・電子コミックストア。 国内最大級10万冊以上の品揃え。 ESと面接の際には、上記の要素をアピールした方がいいでしょう。 面接では音楽について聞かれることが多いそうです。 そのため影響を受けたアーティストやあなたにとっての音楽についての回答は準備しておきましょう!!また、少し変わった質問等もされることもあるので対策をしておいたほうがいいでしょう。 私が以前ブログで書いた質問集の内容は網羅しておくと役立つかもしれません。 ・多数の学生を見てきたアドバイザーが、受かるES、GD、面接ノウハウを教えてくくれる(内定率が1. 2倍になる面接対策プログラム) ・自己分析、ESなどの基本的なことがわかるセミナーを定期実施 ・日程調整や人事との連絡もしっかりサポート、人事にアドバイザーからアピールしてくれる ・人事目線でフィードバックが得られるから、自分のアピールポイントが響くように指導をしてくれる ・大手企業のグループ会社、企業向けサービスで高いシェアを誇る安定企業など様々な優良企業を紹介してくれる ・多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠も多数あり といった利点があります。 キャリアチケットさんは、就活生にはとても心強いサービスになっています。 興味のある方は、登録だけするだけでも損はないので、おすすめです。 登録はこちらから🔽🔽🔽🔽 2 企業が学生にオファーするスカウト型の新卒就活サイトを展開するOfferBoxさんです。 OfferBoxさんは就活生の4人に1人は登録しているとても人気なサービスです。 OfferBoxさんの良いところは、 ・キャリアパークが厳選した優良企業から、あなたに合った企業をご紹介してくれる ・最短1週間で内定も可能 ・特別推薦ルートへご案内をしてくれる ES、一次面接免除 ・年間1000名以上を内定に導く実績のある就活のプロが徹底サポートしてくれる ・大手グループ/東証一部上場企業/急成長ベンチャー/優良企業など様々な企業を紹介してくれる 紹介してくれる企業数も多様 ・自己分析・ES・面接・グループディスカッションなど充実の選考対策を実施してくれるため、安心 ・人事責任者への推薦を実施してくれるという心強さ ・面接のフィードバックあり ・ナビサイト非掲載の求人を紹介してもらえるため、自分の知らなかった企業への面接も可能 といった利点があります。 とりあえず登録しておくだけでも十分に役立つ時が来るので まだ登録していないという方は是非登録してみることをおすすめします。 登録はこちらから🔽🔽🔽🔽.

次の