車の保険料相場。 メルセデス・ベンツの自動車保険相場っていくら?

軽自動車の任意保険料、気になる相場は?

車の保険料相場

【見積もり条件】• 年齢:44歳• 初年度登録年:2018年2月• 運転者限定:本人と配偶者限定• 使用目的:日常・レジャー• 走行距離:5000㎞以下• 免許の色:ゴールド• 車両保険:一般型 見積もりをした車種はハイブリッド車の代表格であるアクア、軽自動車の代表格であるN-Box、ミニバンの代表格であるセレナとなっています。 アクア ソニー損保 三井住友海上 年齢条件 車両保険あり 車両保険なし 車両保険あり 車両保険なし 35歳以上 85970円 43,970円 153,480円 84,360円 26歳以上 93,590円 48,040円 162,960円 90,000円 21歳以上 156,130円 78,420円 238,440円 122,160円 年齢問わず補償 見積もり不可 174,390円 見積もり不可 173,160円 N-Box ソニー損保 三井住友海上 年齢条件 車両保険あり 車両保険なし 車両保険あり 車両保険なし 35歳以上 73,230円 35,840円 121,920円 63,480円 26歳以上 79,530円 38,970円 128,640円 64,680円 21歳以上 131,930円 62,750円 189,840円 93,600円 年齢問わず補償 見積もり不可 137,780円 見積もり不可 133,560円 セレナ ソニー損保 三井住友海上 年齢条件 車両保険あり 車両保険なし 車両保険あり 車両保険なし 35歳以上 79,420円 34,020円 142,560円 67,320円 26歳以上 85,810円 39,860円 155,520円 73,320円 21歳以上 143,120円 64,740円 228,240円 98,520円 年齢問わず補償 見積もり不可 143,740円 見積もり不可 135,960円 なお年齢条件について35歳以上は三井住友海上のみとなっており、ソニー損保は30歳以上補償での見積もりとなっています。 またソニー損保のプランではオプションとして弁護士費用特約と個人賠償責任特約が付帯されています。 これを見るとやはり6等級の保険料は高いですね。 年齢問わず補償にすると見積もりを取ることすらできなかったのでおそらく加入を拒否されると思います。 つまり18歳や19歳で免許取り立てで新たに車を購入しても車両保険付きで保険に加入することはできないということになりますね。 もちろん中には加入させてくれるところもあると思いますが、かなりまれでしょう。 もしこの条件で加入するなら車両保険はあきらめたほうがよさそうです。 代理店型の保険料を見てみると車両保険を付けてしまうと年齢条件が良くても14万円を超えてしまうのであまり現実的ではないと思われます。 通販型なら車両保険を付けても8万円ぐらいに抑えることができているので、30歳以上補償にできるならこちらの方がいいでしょうね。 保険料を抑えることができるかどうかの境目は年齢条件を26歳以上補償にできるかどうかが1つのポイントとなっています。 新規加入時は嫌でも6等級になってしまうので保険料を安く抑えたいなら年齢条件で調節するようにしましょう。 また車によっては車両保険が必要ないこともあると思うので、保険に入りたてはあえて車両保険が必要ない中古車を購入するというのも一つの選択肢になると思います。 7等級になると保険料はかなり安くなるので1年間辛抱すればかなり楽になると思います。 6等級のうちは運転を控えて車両保険を外しておき、7等級になってから車両保険を付けるというのも1つの手でしょう。 とにかく6等級のうちは保険料が高くなってしまうので、抑えられるところは抑えて少しでも保険料を安くしましょう。 最後になりましたが上記の見積もり結果は用途や走行距離、運転者限定など細かい要素で保険料が上下するのであくまで参考程度に考えてください。 正確な保険料が知りたい場合は自分の車の条件で見積もりを取ってみることをお勧めします。

次の

【自動車保険料の相場】年齢別保険料金相場一覧表

車の保険料相場

自動車保険には、運転者全員に加入義務がある 自賠責保険と、個々人が加入するか否かを判断する 任意保険があります。 自動車保険の任意保険である 対人・対物賠償責任保険は、その名のとおり、人の怪我や物の損害に対して補償してくれる保険です。 しかし、対人・対物賠償責任保険は事故の相手やその車両や物の損害を補償する保険であり、 自分の車の補償はされません。 そこで、自分の車の損害を補償してもらうためには、車両保険に加入することになります。 車両保険は、 他車との衝突や自損事故だけでなく、自然災害やいたずら・盗難などによる損害も補償してくれます。 車両保険に入っていないと、事故により自分の車に損害があった場合、すべて自腹で修理しなければなりません。 車両保険には、大きく分けて 一般型と エコノミー型の2種類があります。 両者の違いは、補償範囲の広さです。 一般型の補償範囲を限定して保険料を安く抑えたものがエコノミー型です。 エコノミー型は、• 他車との衝突・接触• 落書き・いたずら• 飛来物・落下物との衝突(飛び石など)• 自然災害(台風・竜巻・洪水など) のみが補償対象です。 一般型は、エコノミー型の補償範囲に加えて、• 自損事故(電柱への衝突など)• 転覆・墜落• 当て逃げ• 自転車との接触 も補償範囲になります。 例えば、相手車が不明の当て逃げで自分の車に傷がついてしまったなどの場合、一般型でしか補償はされません。 エコノミー型の場合は、保険料が安い代わりに補償も限定されるということを踏まえて、保険のタイプを選択しましょう。 車両保険には 免責金額というものがあり、車両修理費の自己負担額のことを指します。 車両保険を使うとき、つまり保険会社が保険金を支払う場合には、車両の修理代全額を出してくれるわけではなく、 契約時に設定しておいた免責金額を契約者自身が支払わなければなりません。 例えば、補償対象の事故を起こしてしまい、修理に 30万円が必要になったとします。 免責金額を 5万円に設定していた場合は、 5万円を自分で支払い、残りの 25万円が保険会社より支払われることになります。 車両保険の免責金額は、高く設定すると保険料が安くなり、安く設定すると保険料は高くなります。 なお、免責金額は0円に設定することもできます。 もちろんこの場合は、保険を使うときに自分で修理費を負担する必要はありませんが、保険料は高くなります。 自動車保険の保険料が、車両の種類ごとに違うということは容易に想像がつきますが、具体的にどれだけの違いがあるのでしょうか。 保険料の相場を確認しましょう。 一般車両・軽自動車・外車について、• 一般型(免責あり:10万円)• 一般型(免責なし)• エコノミー型• 車両保険なし の4つのケースで、それぞれ自動車保険の保険料の試算を行います。 なお、車種はそれぞれ、• 一般車両:トヨタ・プリウス(型式:ZVW52)• 軽自動車:スズキ・ワゴンR(型式:DBA-MH23S)• 外車:BMW X5(型式:LDA-KS30S) とします。 また、その他の条件については、比較しやすくするために、• 年齢:30歳• 年間走行距離:9,000km以下• ノンフリート等級:6級(事故歴なし)• 免許証の色:ブルー• 使用目的:主に家庭用 で統一します。 以下、車両の種類ごとに保険料の相場を示します。 車両保険の有無や、車両保険をつける場合の保険の種類によって、保険料がどのように変わってくるか、傾向をつかみましょう。 参考程度にご覧ください。 車両保険の種類 保険料の相場(円) 一般型(免責あり:10万円) 200,740 一般型(免責なし) 180,480 エコノミー型 113,210 車両保険なし 51,300 外車は、国産車に比べて保険料の相場が高くなる傾向があります。 これは、「 車両料率クラス」の違いによるものです。 車両は、車種や仕様により1~9のクラスに区分されており、1クラスが最も安い保険料で、9クラスが最も高くなります。 その理由としては、以下のことが挙げられます。 外車は、希少性や単価の高さゆえ、修理費用が高くつくことが多くなります。 一般的に、外車は国産車より高額になり、部品も高額なものが使われていることが多いのです。 また、外車は車上荒らしや盗難のリスクが高いとされます。 高価な自動車に乗る人はお金持ちだろうという心理が働くことが、狙われることが多い一因と考えられます。 これらの理由により、料率が高いクラスに振り分けられることが多く、保険料が高くなりやすいのです。 車両保険は、どのような場合につけるべきなのでしょうか。 車両保険は事故で損害を受けたとき、自分の車の修理代を保証してくれる保険です。 保険料を継続的に支払ってまで加入するのですから、必要性が低ければ加入しなくても良いのです。 一般的に、 車両保険をつけた方がよいのは、高級車や新車を所有している人だと言われています。 高級車は、大がかりな修理でなくても修理代が高くつくことは珍しくありません。 また、前述のとおり、車両保険の保険金額は契約時の価値で決まるので、 新車の場合は保険金額を高く設定することができます。 さらに、新車をローンで購入した人は、仮に 全損レベルの事故が起きたら、ローンだけが残るという悲惨な結果になってしまいます。 それに対して、車の時価額は年数とともに下がるので、中古車など古い車には十分な保険金額を設定できないことが多いです。 そのため、古い車には車両保険をつけるメリットは少ないと言えます。 今回は、車両保険の内容や保険料の相場、必要性について解説しました。 ポイントは以下の通りです。 車両保険は、自動車保険では補償されない、自分の車両に対して保証してくれる保険である• 車両保険には一般型とエコノミー型があり、それぞれ補償の範囲が異なる• 車両保険の有無や種類によって自動車保険の保険料も変わるので、慎重に必要な保険を判断すべき• 一般的に、保険料の相場は軽自動車・普通車・外車の順に高くなる• 車両保険の保険金額は契約時の車の価値に基づいて決まる• 車の価値は時とともに下がっていき、支給される保険金の額にも影響する• 定期的に保険の見直しを行うことで、保険料が安くなるなどの恩恵を受けられる可能性がある• 高級車や新車には車両保険をつけるメリットが大きい.

次の

軽自動車の保険料【任意保険】平均相場はいくら?

車の保険料相場

メルセデス・ベンツの保険料が高いのは車両保険のせい? 最初にメルセデス・ベンツは自動車保険料が高くなると述べました。 しかし、厳密にいうと保険料を高くしているのは「 車両保険」の金額です。 自動車保険にはさまざまな補償内容があります。 対人・対物賠償や人身傷害保険は多くの人が加入する補償です。 なぜなら事故の相手方を補償するためには、十分な補償額がないと万が一のときに自腹を切らないといけないからです。 一方の車両保険は、その保険料の高さもあって加入率は高いとはいえません。 言いかえれば「自分の車の損害は、最悪自分でお金を払えばいいか…」という考え方があるといえるでしょう。 車両保険をつけるだけで保険料が大きく変わってきます。 特にメルセデス・ベンツの場合、事故や故障を起こしたときの 修理額が高いせいもあって車両保険は高くつきます。 ドイツ車でいうと、BMWなども修理代が高いと言われていますが、メルセデス・ベンツはその上をいきます。 修理費用が高いわけですから、こうした外国車に乗る人の多くは車両保険に加入しているのが実態です。 輸入車は車両保険に入るべき? さて、問題はメルセデス・ベンツの車両保険に入るべきか、ということです。 結論から言うと、それはその人の経済力によりますが、やはり入るべきです。 国産車の場合は軽くこすっただけの事故であれば、数万円程度の修理代で済むことがあります。 ところが、ベンツはそうもいきません。 バンパー交換ともなると 100万円以上はカンタンに超えてくるからです。 輸入車のなかでもメルセデス・ベンツの修理代は特に高いと言われており、BMWに比べると 1. 5倍〜3倍の修理費用がかかることもあります。 ちょっとした事故でも修理代が100万円を超えてくるわけです。 これは精神的にも金銭的にも大きな負担になります。 車両の盗難にも十分な対策を また、メルセデス・ベンツは 盗難が多いことでも知られています。 外国車で高価なことが多いですから、盗難する価値があるともいえるでしょう。 盗難をされたときに車両保険に入っていないと、車まるごと損をすることになります。 ですから、メルセデス・ベンツについては車両保険に加入することをオススメします。 とはいえ、修理代が高いだけあって車両保険の費用負担もどうしても大きくなります。 このあとくわしく解説しますが、車両保険の補償を限定することで保険料を安くできるプランもあります。 少しでも保険料を安くしたい人は、加入プランを上手く選ぶことで節約することが可能です。 保険料はどれくらい変わってくる? 車両保険に入りたいところですが、やはりネックなのは保険料です。 メーカーによっても車両保険の金額は変わってきますが、車種ごとのグレードによっても変わってきます。 メルセデス・ベンツのCクラスとSクラスではやはり車の価値がちがいますし、修理代もちがうからです。 自動車保険には 車両料率クラスというものがあり、車の型式ごとに保険料の相場が決まっています。 ここからはメルセデス・ベンツの車種ごとに保険料を見ていきましょう。 年齢条件や等級ごとによる保険料のちがいもカンタンに紹介しますので、参考にしてみてくださいね。 35歳以上補償の保険料の相場 たとえば以下のような条件で保険料を見てみましょう。 ・メルセデスベンツBクラス• ・35歳以上、9等級• ・フルカバータイプ• 等級が上がれば、さらに安くなります。 21歳以上補償の保険料の相場 続いては少し上のグレードのメルセデス・ベンツについて見ていきましょう。 ・メルセデスベンツCLS• ・21歳以上、9等級• ・フルカバータイプ• なによりグレードがCLSと高いため、車両保険の負担額が多くなるので、年間保険料も上がります。 車両保険は車対車という選択肢も 車両保険に入りたいけど、やはり保険料がネック。 そんな方は車両保険を「 車対車」に限定する方法もあります。 車同士の事故のみを補償するので、当て逃げや盗難、自損事故は補償されません。 その人の運転スタイルや環境によっても左右されますが、一般車両保険(フルカバータイプ)よりは 保険料を抑えることが可能です。 いずれにしても、メルセデス・ベンツの自動車保険料相場は高くなります。 できるだけ多くの保険会社をくらべて、安い保険料で加入できる自動車保険をチェックしましょう。 まずは気軽に見積もりをとってみることをオススメします。 【 ナビクルって? 】• 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる• スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ• その場でスグに査定額の目安が表示される• 査定はすべて無料 車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。 1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。 たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。 これは大変ですよね。 でも、ナビクルを使えば、その面倒な手続きをカットできます。 なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。 あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。 わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。 申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。 最短即日で査定してもらうこともできます。 なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。 早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

次の