冷め て も 美味しい 肉 料理。 冷めても美味しい!おもてなし料理|フードコーディネーターによる「クッキングアートサイト美膳」

料理講師に聞く!明日からできる、冷めても美味しいお弁当をつくる5つのテクニック

冷め て も 美味しい 肉 料理

出来立てで食べて美味しいのは当たり前ですが、持ち寄りではそれは叶いません。 冷めても美味しい差し入れを持っていくのが、持ち寄りでは暗黙の了解ですよね。 そんな時におすすめなのが、ローストビーフ。 ローストビーフは 冷めても美味しい料理ですし、嫌い・苦手といった人が少ない人気のメニュー。 それに、手間がかかっているように見せかけて、意外と簡単にできてしまうのがローストビーフなんですよね。 ですから、持ち寄りレシピとしてはとても簡単で、冷めても美味しいおつまみになるんです。 さっそく、持ち寄りおつまみとして最適な、ローストビーフの簡単レシピをご紹介していきましょう。 牛モモ(スーパーで半額になっているのを買っておいて、冷凍しておけば安上がりです!)に塩・コショウをふる• フライパンに油をひいて、強火で牛モモの表面に焼き目をつける(中まで火を通す必要はなし)(フライパンはそのままソース作りに使う)• ジップロックに肉を入れて、空気を抜く• 炊飯器に、ジップロックに入れた肉を入れる• 次に、冷めても美味しいローストビーフのソース作りです。 こちらは市販のものを使ってもOKですが、 ほんのひと手間かけるだけで簡単に作ることができますよ。 牛モモに焼き目をつけた後のフライパン(肉の旨味が残っている)に、• 醤油(大さじ1)• はちみつ(大さじ1)• 水(50cc) これらを加えて、煮立たせたら弱火で煮詰めます。 家にあれば、赤ワインやおろし玉ねぎを少し加えると、さらに美味しさがUPしますよ。 そんな持ち寄りパーティーで、 簡単レシピでおしゃれ感のあるおつまみを持っていきたい!と考えるなら、ピンチョスにしてしまいましょう。 そんなおしゃれなピンチョスにおすすめな、持ち寄りおつまみの簡単レシピをご紹介します。 持ち寄りおつまみで、おしゃれなピンチョススタイルならやっぱりミルフィーユサンドイッチがおすすめ。 断面もおしゃれなインスタ映えするサンドイッチを作ってしまいましょう。 サンドイッチ用の薄切りパンを用意する• サーモン・ポテトサラダ(市販でOK)を用意する• きゅうりを斜め切りにする• 一口サイズにカットする• そんな時におすすめなのが、生春巻きです。 「え、生春巻き?どこが簡単レシピなの?」 今、そう思いましたよね! だから、 持ち寄りおつまみでは誰も持ってこないんです(笑)。 でも、意外にもとっても簡単なのが、生春巻きの良いところ。 ぜひ、この機会に簡単で他のひとともかぶらない、生春巻きの簡単レシピを作ってみましょう。 春雨・エビを茹でる• 春雨は茹でた後に冷水で洗い、よく水気を切る• 水気を切った春雨に、スイートチリソース(市販)を絡ませておく• レタスを一口大にちぎる• まな板の上や作業台など、一面にラップを敷く• 水で濡らした生春巻きの皮をラップの上に置き、さらにラップを重ねて密閉する• 持ち寄りの際に、残ったスイートチリソースのビンを持っていきましょう。 持ち寄りおつまみで、他の人とはかぶらない一品を持っていきたい時は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 そんな手軽な持ち寄りにおすすめな肉巻きたまご。 レシピも簡単で、• ゆで卵を豚バラ(もしくは、牛バラ)で巻く• フライパンで焼肉のタレで味付けする これだけの超簡単レシピで、できてしまうのが嬉しいですよね。 また、数品持ち寄る場合などでも、 簡単に品数を増やせるので手堅い一品となります。 簡単レシピなのにボリューム感もあって、大人から子供まで人気の持ち寄りおつまみなので、ぜひ作ってみてくださいね。 それもそのはず、和食メニューは手間がかかるものばかり・・・。 でも、洋食メニューばかりになりがちな持ち寄りおつまみに、 一品和食系のメニューがあると本当に嬉しいですよね。 そんな時におすすめなのが、「南蛮漬け」です! 南蛮漬けは、アジやサーモンといったお魚だけでなく、鶏肉などでも美味しく作ることができます。 そして、レシピも簡単なのに、おつまみに最適だから嬉しいですよね。 そんな和食系の持ち寄りおつまみにぴったりな南蛮漬けのレシピはこちら。 南蛮漬けのタレ(酢・醤油・砂糖・酒・水を大さじ3ずつ)を合わせておく• 玉ねぎをスライス、人参を千切りにする• 魚や鶏肉を一口大に切り、片栗粉をまぶしておく• フライパンに油をしき、3を入れて焼き目をつける• 次に1と2を入れて、弱火で火を入れる• それに、 南蛮漬けは作り置きもできるので、とっても便利です! 持ち寄りおつまみで、和食系メニューを用意したい場合は、ぜひ試してみてくださいね。

次の

持ち寄りおつまみ冷めても美味しい簡単レシピ5選!おしゃれ,かぶらない差し入れをご紹介!

冷め て も 美味しい 肉 料理

目次(もくじ)• 持ち寄りパーティーの簡単メニュー 持ち寄りの料理って大人数分作ることになるし、凝ったものだと大変です。 できるだけ簡単に作れるパーティメニューがいいですよね。 持ち寄りメニューは前日に作り置きできるとさらに楽チンですよね。 大人数の持ち寄りレシピ シェパーズパイ イギリス料理のシェパーズパイ(コテージパイ)はミートソースとマッシュポテトのグラタンのこと。 スプーンで取りやすいし、食べ応えあって、おつまみにもなりますよ。 >>> チキンのトマト煮込み 煮込み料理なのでまとめて作れます!ホロホロお肉なんて贅沢ですね。 作り置きOKの料理です。 >>> おでん おでんは具材の種類が豊富だから、色々入れたら自然と大人数に対応できる量になってると思います。 前日に作っておくと味がしみて美味しいですね。 参考記事>>> 子供用のパーティーメニュー 子どもに喜ばれるのは凝ったメニューよりも定番の料理です。 パーティだからとかは関係ないんですよね。 こどもの人数が多いならぜひ用意しておきたいです。 からあげ• やきそば• ポテトサラダ• マカロニサラダ• ミニアメリカンドッグ ミニアメリカンドッグはパンケーキミックスで簡単に作れるし、材料費も安いですよ。 >>> スポンサーリンク 冷めても美味しいパーティーメニュー 作りたてで美味しいのは普通だけど、できれば冷めても美味しい料理が食べたいですよね。 何を持っていくにせよ、一人分ずつ切り分けておくのがコツです。 ホスト宅で台所や包丁を借りずに済むように気遣いが大切です。 サラダやカルパッチョなどの前菜や冷菜もおすすめです。 もともと冷たい状態で食べるものですのであまり考えずに済みますね。 キッシュ パーティの定番のキッシュ。 お腹にもたまる一品です。 >>> スパニッシュオムレツ カラフルな野菜を入れて焼けば見た目が華やかです。 >>> ローストビーフ 作るのは意外と簡単です。 しかもメイン料理が安くできちゃいます。 >>> テリーヌ パーティーらしさがでる一品です。 材料費を抑えるならササミはおすすめですよ。 >>> 生春巻き 簡単にできて見栄えがしますよ。 えびやサーモンが合いますね。 >>> スポンサーリンク ホームパーティーの持ち寄りで人気なのは 持ち寄りパーティーおすすめはつまんで食べれるフィンガーフードや一人分ずつカップなどに小分けにされているメニューです。 取り皿が必要ないような料理は食べやすいんですよね。 つまんで食べるフィンガーフード ポテトボール パクパク食べれちゃうポテトボールは子どもにも大人にも人気ですよ。 >>> ひと口コロッケ コロッケを一口サイズで作ってピックにさしておくと食べやすいです。 簡単に作れるしお腹にもたまります。 サンドイッチ 食パンだけでなくロールパンに切りこみを入れて具材を挟むなど、種類が豊富だと豪華ですね。 見た目を工夫するとさらに人気メニューになっちゃいます。 >>> クラッカーとディップ• 鯖とクリームチーズ• アボカドディップ• 明太子とクリームチーズ など数種類のディップを作っておきましょう。 カップでの持ち寄りレシピ プラスチックカップを使い捨てで利用すると洗い物がないのでおすすめです。 他には食べれるカップとして餃子やシュウマイの皮を利用するのもいいですね。 ちらし寿司 ちらし寿司はもともと豪華に見えますがカップに入れるだけで可愛さがアップします。 >>> ゼリー寄せ ゼリー寄せは見た目がカラフルなので華やかです。 一人分を少なめにして、ちょこっとずつ楽しんでもらいたいですね。 >>> 食べれるカップ カップごとパリパリと食感を楽しめますよ。 >>> 持ち寄りパーティーの簡単メニューのまとめ ここではいろんなメニューをあげてみましたが、どんなパーティなのかによっても何を持っていくかは変わってきますよね。 洋風か和風か、家の中でやるのかガーデンパーティなのか。 注意点として、メニューがかぶらないように、参加メンバーにどんな料理を持っていくか確認しましょう。 中にはお箸やお皿は持参なんてこともあるのでリサーチは大切ですよ。 料理が苦手なら買って行くのもアリだと思います。 ケンタッキーやデパ地下などが人気です。 関連記事 関連記事.

次の

ヒルナンデス!で紹介された【冷めても美味しい】レシピ (クックパッドニュース)

冷め て も 美味しい 肉 料理

こんにちは!またちん! うちにもこの春大学を卒業する息子がいます。 学生生活は楽しんでいらっしゃいますか?難しい勉強を頑張りながら、日々のお弁当までご自分で作っていらっしゃるとは頭が下がります。 えらいーーー!!!!! お弁当に入れて美味しいお肉おかずのポイントは、少しだけ味付けをしっかりめにしておくことだと思います。 アツアツで食べるときよりも、冷めている分、少し味がぼやけてしまうので、ややしっかりめにつけておくように心がけています。 おかずを作るときのポイントとしてはもうひとつ、なるべく水分をなくしてしまう事。 あとはおかず同士の味付けがかぶらないようにすることも大事な心遣い。 濃いしょうゆ味のお肉おかずがあったら、もう一品は甘めのおかずにしたり、塩だけで味付けしたシンプルなお野菜おかずがあるのもいいかな。 酸味のあるお漬物もちょっと添えて。 そうすることで、それぞれのおかずがお互いを引き立て合って、全体を食べて《美味しいお弁当!》と感じるのだと思います。 というわけで、今回ご紹介するのはお弁当にも使える、冷めても美味しいレシピ。 お弁当用なので朝忙しいときに作れるよう、とっても簡単なレシピにしました。 メイン食材として選んだのは、またちんが大好きなアメリカン・ビーフの薄切りのお肉と春菊です。

次の