逆seo費用。 逆SEO対策方法は目的や費用で選ぼう

逆SEO対策の方法~費用を解説!風評被害から会社を守る為に正しく理解しよう

逆seo費用

Web集客におけるアプローチの1つに「逆SEO対策」があります。 SEO対策は比較的有名ですが、逆SEO対策となると聞いたことがない、よく知らないという人が多いのではないでしょうか。 そこで、今回は逆SEO対策の概要や方法、注意点などについて解説していきます。 逆SEO対策とは 逆SEO対策とは 「対象のWebサイトの検索順位を下げるための施策」です。 「リバースSEO」と呼ばれることもあります。 通常のSEO対策は、対象のWebサイトの検索順位を上げるための施策です。 これによってユーザーの目に留まりやすくなるため、検索エンジンからWebサイトへの流入を増やして、コンバージョンにつなげることができます。 一方、逆SEO対策は ユーザーの目に留まって欲しくない、Webサイトへの流入を減らしたいという時に有効です。 例えば、自社名で検索した際、虚偽の内容が書かれたサイトや悪質なクレームを掲載したサイトなどが、自社サイトより上位に表示されるケースがあります。 このような状況になると、風評被害によって自社の評判が下がったり、不当な誹謗中傷を受けたりする恐れが出てくるのです。 実際、Web上には無数の情報があふれているため、悪質な情報が流れてしまうリスクも少なからず抱えることになります。 正しい情報をユーザーに伝えるという意味でも、逆SEO対策による自衛が大切なのです。 逆SEO対策は正しく実行すること 逆SEO対策を行うことで、悪質なWebサイトの検索順位を下げることができます。 しかし、企業の中には逆SEO対策を悪用して、競合他社が運営しているWebサイトの検索順位を下げようとする不届き者も存在するのです。 健全なWebサイトに対して、わざと逆SEO対策を仕掛けることは、当然ながらルール違反になります。 検索エンジンからペナルティを受けないためにも、逆SEO対策は正しく実行したいところです。 逆SEO対策を仕掛けられることもある Web上には不届きな企業が少なからず存在しているので、競合他社から逆SEO対策を仕掛けられることもあります。 自社サイトの検索順位が急に下がってしまった場合、逆SEO対策の被害という可能性が高いのです。 そのため、自社サイトを守りたいなら、逆SEO対策に関する知識をしっかり身につけて、自衛手段を検討しましょう。 集客や採用に効果のある逆SEO対策方法 逆SEO対策によってネガティブサイト(悪質なサイト)を排除すれば、自社の評判アップにつながるため、集客や採用にも良い影響がもたらされます。 そこで、特にオススメしたい逆SEO対策の方法を紹介していきます。 ポジティブサイト・指名検索対策サイトの制作運用 ユーザーが企業について調べる際、企業名を検索キーワードとして指名検索することがあります。 それを見据えた有効な逆SEO対策が、ポジティブサイト(良質なサイト)・指名検索対策サイトです。 指名検索市場は最もお問い合わせに繋がる検索市場であり、この市場をしっかり対策しておくことで反響率が分かりやすく変わります。 また、これらのサイトを制作・運用すれば、 ユーザーが自社を指名検索した際、自社サイト以外でもポジティブな情報を伝えやすくなります。 そのため、自社の強みやメリットをより深く知ってもらえるのはもちろん、ネガティブサイトの検索順位を押し下げることもできるので、まさに一石二鳥です。 特にネガティブサイトを 検索結果の2ページ目以降に押し下げれば、ユーザーに閲覧される可能性はほとんどなくなるため、悪影響もグッと減ります。 こちらの逆SEO対策については、わかりやすい資料もご用意しております。 ネガティブサイトを何とかしたい、どんな逆SEO対策がいいのかわからないという人は、ぜひ以下から資料をダウンロードしてみてください。 指名検索対策 Web上でお問合せを取るなら避けては通れない指名検索マーケット。 商品購買にはもちろん、求人応募意欲にも関わる大切な検索市場です。 是非、自社の魅力や強みが指名検索上でユーザーに伝えきれている状態かしっかりチェックしておきましょう。 風評被害のモニタリング Web上にネガティブサイトが存在すると、風評被害によって思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。 風評被害を防ぎたいなら、専門家による「モニタリング」が必要です。 これは逆SEO対策を行う業者が提供しているサービスの1つで、ネガティブサイトによる悪質な情報が出回っていないか、Web上を監視してくれます。 顧客からのクレームや競合他社による誹謗中傷を早期発見できれば、 何らかの対策を講じて、デマの拡散や炎上騒ぎを未然に防ぐことが可能です。 モニタリングサービスを受ける場合、当然ながら業者への依頼費用が発生します。 費用は業者によって異なりますが、相談や見積もりだけなら無料で行ってくれることが多いため、できれば導入したいところです。 検索結果を守れる逆SEO対策方法 ネガティブサイトによる悪影響を減らしたいなら、検索エンジンへの逆SEO対策も大切です。 自社に関する検索結果をしっかり守ることが、ネガティブサイトの対抗策につながります。 自社サイトのSEO対策 自社サイトが検索結果の上位に表示されれば、ネガティブサイトの検索順位も自然と下がるため、通常のSEO対策も逆SEO対策になり得ます。 SEO対策にかかる費用は、サイトの規模や申し込み内容によって大きく変動しますが、だいたいの相場としては 初期費用が5万~20万円程度、月額は1万~50万円程度といった感じです。 SEO対策には、自社サイト以外のところで取り組む外部施策、および自社サイト内で取り組む内部施策があります。 どちらも検索順位を上げるために欠かせないものですが、 逆SEO対策の観点から見ると、特に内部施策が大切です。 適切な内部施策を行うことにより、検索エンジンの自社サイトに対する評価が高まりやすくなります。 すると、指名検索で上位に表示される可能性も高まるので、逆SEO対策としても有効というわけです。 内部施策と一口に言ってもたくさんありますが、特に重要な方法について紹介していきます。 XMLサイトマップの導入・送信 検索エンジンでは、Web上を巡回して各サイトの情報を集めるプログラム「クローラー」が機能しています。 自社サイトの検索順位を上げたいなら、このクローラーが頻繁に巡回してくるよう呼び込まなければなりません。 そこで、有効な対策となるのが「XMLサイトマップ」です。 わかりやすく言えば 「クローラー向けのサイトマップ」であり、これを導入・送信することで巡回頻度を上げることができます。 手順も難しいものではなく、Webで調べればすぐ出てくるため、必ず設定しましょう。 パンくずリストの設置 「パンくずリスト」とは、Webサイト内の構造・階層を示す道しるべです。 例えば、お菓子を作っている企業のWebサイトなら、以下のような感じになります。 トップページ > 商品情報 > お菓子 > チョコレート > (商品名) このパンくずリストを設置すれば、ユーザーが自分の状況を把握しやすくなるのはもちろん、 クローラーも巡回しやすくなるため、検索順位アップにつながります。 サイト構造の簡略化 検索エンジンの評価を高めたいなら、Webサイト自体の構造も大切です。 階層が多すぎるサイトはユーザーのみならず、クローラーにとっても巡回しづらいため、評価ダウンにつながります。 コンテンツ量にもよりますが、トップページから2クリック以内ですべてのページにアクセスできるよう、 3階層以内を目安に簡略化しましょう。 HTMLタグの最適化 WebサイトにおけるHTMLタグの使い方も、基本ながら重要になってきます。 ページのタイトルにh1タグが使われているか、h2以降の見出しタグは順番通りになっているか、引用部分に引用タグが使われているかといった点は特に要チェックです。 SNSアカウントの開設 自社サイト以外で取り組めるアプローチなら、自社名でSNSアカウントを開設・運用するのがオススメです。 特にTwitter・Facebook・Instagramといった有名なSNSは、利用しているユーザー数が多いのはもちろん、指名検索で上位表示されやすいため、逆SEO対策として役立ちます。 ただし、SNSアカウントを漠然と運用するだけだと、上位表示を維持することはできません。 質の高い記事を投稿するのはもちろん、更新頻度も重要になってきます。 ユーザーが求める情報を定期的に発信し続けなければならないため、人員や時間をしっかり確保しないと、思うような効果を出すこともできません。 また、SNSは不特定多数のユーザーが利用するため、場合によっては炎上騒ぎなどのトラブルが起こることもあります。 SNS上でトラブルが発生すると、一気に情報が拡散して自社の評判が下がってしまう可能性もあるのです。 そのため、余計なリスクを抱えたくないなら、SNSに熟知した運用代行業者に最初から任せるのも一考です。 SNS運用代行を依頼する場合、相場としては 初期費用がだいたい5万円ほど、月額は10万~20万ほどかかります。 ブログの開設 逆SEO対策のアプローチとして、ブログを開設・運用するのも有効です。 ブログは自由に記事を投稿できるため、定期的に更新しやすく、指名検索での上位表示も狙いやすいと言えます。 また、ブログを通じて社長やスタッフの活動内容、新商品やサービスの紹介、イベントのお知らせなど発信することで、より多くのユーザーに自社を知ってもらいやすくなります。 コンバージョンにつながる可能性もあるため、純粋な集客施策としても有効です。 ただし、ブログもSNSと同じく、 記事のクオリティや更新頻度が重要になってきます。 自由と言っても自社に関係のない記事や、まとまりのない記事は検索エンジンからも評価されにくいため、文章執筆が得意なスタッフがいないと運用は難しいかもしれません。 ライターや代行業者にブログ記事執筆を依頼する場合、文字数や文字単価によって費用は変わってきます。 1,000文字あたり1,000円以下で依頼できるケースもあれば、1万円以上かかるケースもあるようです。 行ってはいけない逆SEO対策 逆SEO対策の中には、グレーゾーンに該当する方法も存在します。 それを知らずに対策を実施すると、場合によっては 検索エンジンからペナルティを受けたり、法に触れたりする可能性もあるため、十分に注意したいところです。 これから紹介する逆SEO対策はどれも行ってはいけない方法なので。 トラブルを予防するための知識として身につけましょう。 下げたいサイトへペナルティを受けるリンクを貼る 一昔前はWebサイト内に貼られているリンクが多いほど、SEOの評価も高まるという仕組みになっていました。 しかし、現在は不正なリンクが多数貼られていると、評価がダウンするだけではなくペナルティを受けます。 この仕組みを悪用した逆SEO対策として、 無用かつ低品質なWebサイトを作成し、そこから検索順位を下げたい対象サイトの被リンクを増やすという方法があります。 つまり、標的になったWebサイトは何も悪いことをしていなくても、悪質な被リンク増加によってペナルティを受けるため、検索順位も下げられてしまうのです。 このような方法は社会のルールから逸脱しているのはもちろん、違法性も問われかねないので、絶対に行ってはいけません。 また、自社サイトが標的にされる可能性もあるため、被害に遭ったらGoogleの「リンク否認ツール」などを用いて対策しましょう。 コピーコンテンツを大量生成して対象サイトの評価を下げる 検索エンジンから高く評価されるWebサイトは、ユーザーにとって有益で、なおかつ独自性のあるコンテンツを掲載しているサイトです。 裏を返せば、 他サイトの内容をそのまま載せたような「コピーコンテンツ」は低く評価されることになります。 つまり、コピーコンテンツをわざと大量生成したWebサイトを作って、そこに対象サイトへのリンクをたくさん貼り付ければ、対象サイトにペナルティが下されるため、逆SEO対策になるのです。 この方法も社会的倫理感に欠けるので、当然ながら実施するべきではありません。 ウィルス感染をさせる ウィルス感染の可能性があるWebサイトは、検索エンジンから危険なサイトだと判断されます。 検索順位が下がるだけならまだマシで、Webサイト自体が表示されなくなるなど、厳しいペナルティを科されるケースもあるのです。 また、このようなWebサイトから被リンクを受けたサイトも評価が下がります。 つまり、ウィルスを仕込んだサイトをわざと作成し、そこに対象サイトの被リンクを貼れば、逆SEO対策になるわけです。 言うまでもありませんが、Webサイトにウィルスを仕込むような行為はご法度です。 他の企業やユーザーがウィルスに感染した場合、「ウイルス作成罪」になります。 3年以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金が課せられるため、絶対にやめましょう。 正しい逆SEO対策は自社のポジティブ情報を発信すること 逆SEO対策の中には、限りなくブラックに近いグレーな方法もあります。 そのため、他のWebサイトの検索順位を下げたいなら、自社サイトや自社に関連するサイトにSEO対策を行ったほうが安全かつ確実です。 自社のポジティブ情報がより多くのユーザーに届けば、企業としても良い印象を与えられます。 全研本社では、企業のブランドプロテクトやブランディングに関するご要望に対し、バリュープロポジションに則したWebコンサルティングを提供しています。 ユーザーから選ばれるマーケティング戦略を仕掛けたい、もっと効率的に集客したいと考えているなら、ぜひ一度ご相談ください。

次の

逆SEOとは

逆seo費用

誹謗中傷が書き込まれてしまった時や、これから書き込まれてしまわないようにする方法の1つが逆SEO対策です。 SEOの手法を用いて、検索エンジンに対してネガティブな情報が上位表示されないようにする逆SEO対策、誹謗中傷の書き込みが発生してしまった場合には、警察や弁護士だけでなく、インターネット業者も解決方法を持っています。 逆SEO対策を行うことで、誹謗中傷などネガティブな情報を押し下げて、企業や人名のブランドイメージを守ることが出来るのです。 誹謗中傷を押し下げるための逆SEO対策 インターネット上で、自分自身や自分が勤めている会社についての誹謗中傷の書き込みがされてしまった時に、その記事自体を削除したり、情報の発信者を特定して、慰謝料請求などを行って、問題解決を図るなど、様々な解決方法があります。 しかし、 誹謗中傷に関する手段は多くが時間が掛かってしまい、ネガティブな情報、それ自体だけでなく、サイトの管理者に対して申し立てを行う必要があったり、相手に対して、申し立てを行う必要があったり、多くのj人が絡んでくるため、ネガティブな情報がインターネット上に表示されてしまっている状態が改善したい、という当の問題が放置されてしまうという点が否めません。 逆SEO対策の目的 逆SEOは、誹謗中傷によってGoogleやYahooなどの検索エンジンの上位に、ネガティブな情報が上がってしまった状態を改善するために用いられます。 ネガティブな情報を押し下げるために、ポジティブな情報が掲載されたサテライトサイトやまとめサイトなどを作成し、上位表示させていきます。 また、作成したサイトや、既に検索結果上に現れているサイトに対して、質の高い被リンクを当てることで、サイトの評価を高めて、上位に上げていきます。 対策業者の逆SEO対策 ・弁護士による削除方法 逆SEOの対策を行うのは、誹謗中傷対策を行う、インターネット業者です。 対策業者は逆SEOだけでなく、通常のSEOやサジェスト対策、誹謗中傷の監視なども行っていて、インターネットやWEB集客についての専門知識を有しています。 また、誹謗中傷に当たっての対応として、対策業者に依頼する以外に、弁護士に依頼する方法や、法的解決が必要な場合には、警察や法務局に相談する方法なども考えられます。 情報の発信者を特定する場合には基本的に弁護士を通じて、サイトの管理者に対して開示請求を行うか、探偵や調査会社に依頼して、相手方の情報を割り出すよう、調査を依頼する場合もあります。 弁護士に対応してもらう場合には、サイト管理者に削除申請を出すなどして「掲載された情報を消す」ように進めていきます。 しかし、業者に逆SEOを依頼して、ネガティブ情報を押し下げる方法は、情報が掲載されてしまったサイトに対してではなく、Googleなどの検索エンジンに対して行う対策で、これにより 世界中にいる多くのユーザーに、誹謗中傷の記事が目に触れてしまうことを防ぐのです。 逆SEO対策をしながら、削除の対応を行うのがベスト 弁護士などで情報削除や 、情報の発信者に対しての慰謝料請求などを行った場合に、全ての対応が完了するまでに、相当な時間を要する場合があります。 また、サイト管理者が削除の申請に対して、応じてくれない場合もあり、その場合には、弁護士に交渉を行ってもらう必要もあります。 逆SEO対策は、依頼者からの発注があれば、その月から施策を開始するため、誹謗中傷の状況によっては、検索結果の上位から、ネガティブな情報が押し下がるまで、あまり時間が掛からない場合もあります。 一刻も早く、自分に関するネガティブな情報が多くの目に触れる状態を防ぎたい場合には、逆SEOの対策を早めに開始しておいて、情報削除が完了するのを待つという、両方の利点を踏まえた対策をすると良いでしょう。 逆SEO対策の費用例 逆SEO対策は、ネガティブな書き込みが行われたサイトを検索結果の上位から押し下げるように、施策を行っていきます。 そのためには、ネガティブ情報が上位に上がってこないように、プラスの情報が掲載されたサイトを作成して、ネガティブな情報を下位に押しやっていきます。 このように情報を押し下げて、成果を出すまでには、短い場合でも数か月、通常は半年前後、押し下げが困難な場合には1年以上の期間が必要です。 対策の費用として10万円前後、個人の名前で対策する場合には、安くて数万円前後、場合によっては、数十万の費用が必要な場合もあります。 もし、既に保有のサイトや、普段から情報発信を行っているFacebookページや、twiterなどのSNSページなどがあれば、それらを活用して、少しでも費用を下げる方法も考えられますので、詳細は対策業者に相談してみると良いでしょう。 会社名の場合での逆SEO対策費用 会社名で誹謗中傷が上がらないようにするためには、対策期間や費用も多く掛かることが多いです。 ユーザーがインタネット上で、社名を入力して検索するのは、その会社の評判などを調べたかったり、サービス内容が知りたい場合が多いです。 規模が大きく、 ネームバリューのある会社ほど、ユーザーに検索されるボリュームが多いため、これらで誹謗中傷が書き込まれてしまった場合には、情報押し下げのために多くのサイトを作成する必要があるため、10万~20万程、掛かると見ておきましょう。 しかし、 既に保有しているサイトやSNSページなどを利用して、費用が抑えられる場合もありますので、詳細な金額が把握したい場合には、業者に見積もりの相談をしてみましょう。 個人名の場合には? 個人名で施策する場合には、企業名で施策する場合よりも費用が安く済む場合が多いです。 芸能人や、代表取締役の方など、対外的に名前を広める必要がある場合には、長い施策期間を要する場合もありますが、そこまで個人名を広める必要もなく、ただ不都合な情報が消されるだけで良いという場合には、施策が容易になるため、費用も抑えられる可能性が多いです。 逆SEO対策の方法について 逆SEOの基本となるのは、検索エンジンのアルゴリズムに則ったSEOの手法です。 検索エンジンはユーザーが求めていて、検索ニーズの高いコンテンツを上位に検索結果の上位に表示させる仕組みとなっています。 この仕組みを利用して、ユーザーが求めているポジティブな情報を上位に押し上げて、ネガティブな情報が下位に押し下がるように対策していきます。 上位表示されるページを作成し、順位を落とす方法 誹謗中傷の書き込みがされたサイトが、Googleなどの検索結果上に表示されるのは、ある個人名や企業名などで検索を掛けた時に、ユーザーが求めているのは、その名前に関しての評価や第3者情報です。 逆SEO対策を行う場合には、ユーザーが求めていて、かつネガティブな情報が含まれない、中立的なサイトや、ポジティブな情報が掲載されたサイトを作成します。 このようなユーザーのニーズにマッチしたサイトを作成して、それらのページの評価を高めていくことで、上位表示させて、ネガティブな情報を押し下げていきます。 他のサイトに優良被リンクを貼り、上位表示させ、誹謗中傷を押し下げる方法 検索エンジンは、質の高い被リンクが張られているサイトを評価して、上位に表示させます。 検索結果の1ページ目に上位表示されているサイトだけでなく、 ある程度評価されているページを利用して、質の高い被リンクを張ることで、これらのサイトを上位に押し上げます。 こちらは新たなサイトを作成するのではなく、既に公開され、運用されているサイトを利用して、それらの評価を上げる方法を取ることで、誹謗中傷が書き込まれたサイトを下位に押し下げていきます。 サイトをGoogleインデックスから削除する方法 逆SEO対策は、誹謗中傷が書き込まれたサイトを押し下げるために対策していきます。 これに限らず、ネガティブな情報が書き込まれたURLや、自分自身が過去に管理していたサイトのURLをGoogleのインデックス上から削除したい時があります。 そのような場合には、を利用できますが、どのようなページに書き込まれてしまったのか、状況に応じて慎重な対応が求められるため、専門家の知見の下での実行を検討した方が適切です。 まとめ 逆SEO対策の方法は、SEOをベースにしていますが、誹謗中傷が検索エンジンに表示されないように施策を成功させるには、専門知識と経験が必要です。 実施を検討している場合には、一度、対策業者に連絡してみましょう。

次の

風評被害対策|大阪・京都のWEBマーケティング会社|オーパスプラン有限会社

逆seo費用

誹謗中傷トラブルに巻き込まれてしまった際に慌てないよう、予め掛かる 費用・ 料金について確認しておきましょう。 口コミ・掲示板での誹謗中傷 掲示板やコンテンツに投稿された口コミや書き込みに関しては、1つ辺り 5~10万円程度を対策費として設定している会社がほとんどです。 例えば、以下の例はこちらの料金体系に当てはまります。 Googleの「口コミ」 お店や事務所等を持っている場合、多くの方は「Googleマイビジネス」に登録しているかと思います。 こちらを登録しておくと、ユーザーがお店や事務所名を検索した際に住所や連絡先等の「詳細情報」が検索結果として表示され、利便性が大きく向上するためです。 こちらはGoogleその他プロバイダ等に対して削除申請を行う形になります。 5chに書かれた「個人情報」 個人情報が流出すると、自身のみならず 家族・友人・恋人が危険に晒されてしまいます。 一度書き込みされてしまうと、まとめサイトに転載されてしまったり、閲覧者がスマートフォン・PC等でスクリーンショットを撮られてしまったり、ウェブ魚拓をされてしまったりと、最悪の場合何年もネット上に残ってしまう可能性があります。 そのため、書かれた掲示板の管理者に対し、直ぐに削除申請を行わねばなりません。 大規模な対策 既に拡散してしまった場合、書き込みの量が途方もない場合(所謂「炎上状態」)等は、 逆SEO対策によって火消しを図る必要があります。 また、管理者に削除を依頼したのにも関わらずこれに応じない場合には、裁判によって削除や送信防止を求める形になります。 両者の大まかな費用相場は以下の通りです。 逆SEOを行う場合には、対策用のサイトを5~10個ほど用意する必要がありますので、 50~100万円ほどの費用が掛かります。 (1サイトにつき約10万円程度) ただし、検索順位を下げたいサイトが「SNS」や「特定ページ(サイトの一部分)」である場合には、対策用のサイトをブログ・SNS等で代用することも可能です。 削除・送信停止を求める裁判 裁判になった場合、ほとんどの方は訴訟代理を弁護士に依頼するかと存じます。 そのため、弁護士に支払うための報酬と訴訟に関する費用(印紙税等)が必要となります。 また、判決確定証明書を受領するための送料も同じく2,000円程度必要となります。 費用相場まとめ 誹謗中傷対策に関する費用相場をまとめますと、以下の通りとなります。 内容 単位 金額 口コミ・書き込みの削除 1つ 5万円 逆SEO対策 1サイト 50~100万円 仮処分申立 訴訟 1件 20~100万円 ご覧の通り、誹謗中傷対策には決して安くはない費用が掛かります。 自身で行える箇所については自身で極力行い、 どうしても分からない・難しいといった場合にのみプロに依頼するようにしましょう。 株式会社GoAでは相談料や着手金は一切頂いておりませんので、まずは是非お問い合わせくださいませ。

次の