エアコン 室外 機 台風 対策。 エアコン室外機の騒音の原因と対策。うるさい音を防止する方法。

台風でエアコンの室外機のファンが壊れる原因はこれ!対策方法も紹介

エアコン 室外 機 台風 対策

8月、9月は台風が発生しやすい時期です。 台風の時、みなさんはどんなふうに過ごしていますか? たいがいの方は、部屋でまったり過ごしているのではないでしょうか。 でも8月、9月の台風の時は、湿度も高く、気温も高いので、部屋の中は蒸し蒸ししますよね。 なのでみなさんエアコンを使って「冷房」や「除湿」運転すると思います。 しかし! 台風が来ると、思わぬエアコントラブルが発生することがあります。 エアコン室内機から水漏れや異音が発生する エアコン室内機は『ドレンホース』で室外とつながっています。 室外機の脇にある白いホースのことです。 夏になると、そのホースから水が流れているのを見たことありますよね? それ、それ、そのホースが『ドレンホース』です。 このドレンホースですが、室内機で発生する結露水を室外に排出するためのものです。 しかし台風の強風が、ドレンホースの先端から入り込んでくる場合があります。 冷房運転や除湿運転をすると、ドレンパンやドレンホースの中に水が溜まっています。 そこにドレンホースから強風が入ってくると、そのたまった水が逆流して室内機から水漏れを起こすのです。 せっかく部屋の中でおとなしく過ごしたいのに、水が垂れてきたら大騒ぎですよね。 また水漏れまではしないまでも、『ポコッ、ポコッ、ポコッ』といった水がはじけるような音がする場合があります。 水がたまっているところに、風が通過する音です。 以外にこの音って気になるんです。 とくに寝ているときにこの音がすると、気になって気になって寝付くことが出来ません。 水漏れ・異音対策 台風の日に、水漏れや異音を発生させないためには、2つの対策が必要になります。 ドレンホースの詰まりを取り除く エアコン室内機は、部屋の空気を吸って、その空気を冷やして、また部屋に吐き出します。 空気を吸い込む際に、ホコリや汚れも吸い込んでしまいます。 フィルターでホコリや汚れはキャッチするのですが、細かいホコリなどはどうしても通過してしまいます。 そのホコリが、結露水と一緒にドレンホースの中を流れていくのです。 そして、ホコリや汚れが徐々にドレンホースにたまってきます。 ホコリや汚れがたまってくると、水が流れにくくなります。 そしてそのたまった水が、台風の強風とともに、室内機から部屋の中に降ってくるのです。 なのでドレンホース内の汚れなどの詰まりを、台風前にあらかじめ取り除いてやることが重要です。 では、具体的にどのようにしてドレンホースの詰まりを解消すればいいのでしょうか。 それは、 『サクションポンプ』を使えば、簡単にできます。 ドレンホースの先端に、サクションポンプの先端をぴったりと密着させ、ハンドルを2-3回引くだけです。 ポンプの空気を利用して、詰まりを取り除くのです。 詰まりが解消できれば、水通りがよくなり、ドレンホース内に水がたまりにくくなるので、水漏れや異音がしにくくなります。 ドレンホースから風が入ってこないようにする 強風がドレンホースから侵入してきて、水漏れなどのトラブルを引き起こします。 ならばそもそも、ドレンホースから風が入ってこないようにするのが一番の対策です。 「じゃあ、ドレンホースの先端にビニール袋かなにかをつけて輪ゴムで止めておけば?」 と思われるかしれません。 しかし、そんなことをしてはいけません。 室内機から流れてくる結露水が、行き場を失ってドレンホースから逆流してしまいます。 では、どうやってレンホースから風が入ってこないようにすればいいのでしょうか? それは、 ドレンホース先端に『逆流防止弁』を取り付けることです。 ビニールテープでしっかりと外れないように固定するだけです。 この逆流防止弁を取り付けると、室内機からの結露水はちゃんと通過できるけど、外からの風は通過することが出来なくなるのです。 風速30m以上の台風が来るとエアコン室外機が故障するケースがある 台風が来ると、エアコン室内機から水が漏れたり、異音がするトラブルを紹介しました。 『水漏れ・異音』以外にも、エアコン室外機が故障するトラブルも実際にはあるのです。 台風の強風が室外機めがけて吹いてくると、エアコン室外のプロペラが通常の回転方向と逆方向に力がかかり、プロペラが破損することがあるのです。 プロペラが破損しただけなら、プロペラの交換だけで済みます。 ただし破損したプロペラの一部が、熱交換器(アルミフィン)に突き刺さり『ガス漏れ』を起こしてしまったり、基盤を破損させてしまうこともあります。 そうするとかなり大掛かりな修理になってしまいます。 高い出費にならないよう、台風前に『エアコン室外機対策』が必要になります。 台風からエアコン室外機も守ろう エアコンメーカー数社に『風速何mまで室外機は耐えられるのか?』という質問をしてみました。 するとどのメーカーも、エアコン室外機は『風速30m』までは耐えられるという回答を得ました。 風速30mの環境でのテストはしてないようでした。 なので風速30m以上の強風が吹きつけると、エアコン室外が故障する可能性があるそうです。 台風が来た時には、エアコンは使用せず、室外機にエアコンカバーを被せる対策が必要です。 エアコン室外機カバーをかぶせておくことによって、室外機のプロペラ破損を防ぐことが出来ます。 下部分に『ひも』がついているの、しっかりと結んでおけば室外機カバーが強風で吹き飛ばされることもなさそうです。 購入の際は室外機のサイズがちゃんと合うかどうか確認してください。 台風が立ち去ったら、室外機カバーはすぐに取り外すようにしてください。 室外機カバーがかぶせてある状態でエアコンを運転すると故障の原因になります。

次の

台風でエアコンに不具合が発生…起こる症状や対処法を紹介します!

エアコン 室外 機 台風 対策

火災保険が適用されるか確認すること 火災保険の補償対象を確認しましょう。 火災保険の補償対象が 「家財」なのか 「建物」なのか、どちらも補償対象になっているのか?という点です。 一般的にエアコンの室外機は建物に取り付けるので 「建物」が補償対象になっていないといけません。 しかし、アパートなどの賃貸で借りている建物に関しては、 入居者が自分で取り付けて保有している物は「家財」として扱われるケースもありますので、その辺りも合わせて確認する様にしましょう。 火災保険が適用される事例 台風に限らず以下の様な事例の場合は火災保険が適用される場合があります。 その場合は保険の適用される金額(~円以上の被害の場合)などの条件を満たしていないというケースが多いです。 その場合は、室外機だけでなく、壁など他の損害も調べてみると適用される場合もあるそうです。 エアコンの室外機の故障以外で適用されるケース 台風によるエアコンの故障は、実際に倒れたり破損の様に分かりやすい物ばかりではありません。 例えば、エアコンの排水ホースが詰まって水滴がエアコンから逆流する場合があります。 それによって壁や床が汚れる事があります。 そういったケースの場合、汚れてしまった壁や床に対して火災保険の「水漏れ保障」が適用される場合があります。 条件を満たしていても火災保険が適用されないケース 火災保険では、老朽化による故障の場合は保証されないケースが多いです。 これはエアコンだけでなく、建物全体で補償対象外となる場合があるので、保険に入る時や見直す際はそういった所も確認しておくことが大事です。 また、先に説明した条件を満たしていても、保険の加入内容や保障の条件が最近は細かくなっていますし、保険会社特有のオプション設定などもあり複雑です。 そういった事も含めて細かい所まで確認していきましょう。 被害を出さない対策も重要! 保険が適用されれば安心ですが、夏場のエアコンの故障などは大変です。 台風の前には、室外機にブルーシートを被せたり、固定したりして補強する事が大事です。 また、強風時にエアコンを使用するとファンが壊れる場合もあるので使用も控えましょう。 まとめ 最近は保険のプランや保証が細かいオプションになっていたり、補償内容も選べたりするので複雑になっています。 特に保険会社に任せていると分からない事が多くなり、保険は安心の為に入るものですが、適用されるのか適用されないのか?などで心配はしたくないですよね。 その為にも保険の補償内容や適用範囲はしっかりと理解しないといけません。 被害が出る前に一度確認しておくといいですね。 もちろん、被害が出ない為の対策も大事ですよ!.

次の

エアコンの効きが悪い…盲点は「室外機」にあり! 気を付けたい3つのポイントを聞いた

エアコン 室外 機 台風 対策

倒れてはいませんでしたが、50cmくらい移動してしまっていました。 あんなにも重たい室外機が動くだなんて台風は恐ろしいです。 動いた室外機は二人がかりでやっと元の場に戻すことができました。 今までは、マンションのベランダに設置していたのですが、その時はブロックの上に室外機を置いていました。 去年、引っ越した時にクーラーを設置したのですが、架台にブロックを使うかプラスチックの架台であるプラロックを使うか選べました。 ブロックの上に置くよりは、プラロックに設置した方が、苔などもつかずに良いかなと思ってプラロックにしました。 プラロックは地面に固定しているものかと思ったのですが、よくみると置いているだけの状態でした。 室外機の設置の方法は地面に固定はしないものなのか、そして台風のときにとった対策についてお話していきたいと思います。 スポンサードリンク 目次• 室外機の設置は地面に固定しないのか? 室外機をベランダに設置する場合には固定しません。 それはベランダの床に防水処理などを施しているからです。 アンカーなどで固定すると、ベランダの防水に傷が入ってしまいますので、固定はせずに置くという方法になります。 室外機はとても重いので、よっぽどのことがないと動かないから大丈夫ということのようですが、21号の台風の風で動いてしまっていましたので、対策を取らなければいけません。 台風の対策のためにとった方法 室外機が移動しないようにとれる対策は、なにか重いものを室外機の周りに置いて動かないようにすることだと考えました。 土のうを室外機の周りに置いて、室外機が動かないようにするのですが、土のうの購入も迷ってしまいました。 土のうを使わない時、どうすれば良いのか、収納する場所がないので、購入をためらってしまいました。 ですので、重りとなるものを置けばとりあえず室外機の移動は防げるので、なにか重たいものを置くことにしました。 そこで家にある重たいものを置くことにしました。 家にあった重たいものは、土です。 これから種を植えて花を咲かせようとして土を購入していたのですが、まだ何もしていませんでしたので、その袋に入った土を室外機のプラロックとプラロックの間にかませることにしました。 少しは動きにくくなったので、何もしないよりはマシではないかと思います。 土は1袋しかありませんでしたので、あと3台の室外機をどうしようか迷ったのですが、ゴミ袋を2重にして水をたっぷりと入れて重りにすることにしました。 ゴミ袋なので、形を固定するために、ダンボールの中に水を入れたゴミ袋を入れて蓋をして重りにすることにしました。 それを室外機の周りに置いて室外機が動かないようにしました。 台風が去った後には、ダンボールや水はすぐに処分することができますので、重りになりますし、片付けは簡単ですので、とても良い方法だと思います。 スポンサードリンク 室外機は架台に設置しているだけ、台風の対策方法は?のまとめ 室外機の設置は正直手抜き工事ではないのかと思ってしまっていました。 地面に設置せずに置いておくだけだなんて。 と思ったのですが、その設置方法で合っていました。 室外機を外壁と固定する金具も売っているのですが、外壁に傷をつけるのはなるべく避けたかったので、私の家の場合には、この方法で十分でした。 地域によっては風などの影響などが違うので、他の方法の方が良い場合もありますのであなたの家に合った方法で家を守って下さい。 台風による備えは前もって十分すぎるほど十分におこなうことが大切だと思います。 台風が近づいて風が吹いてきてからは危ないので必ず前もって準備をしてください。

次の