ヤマト ホーム コンビニエンス 株式 会社。 ヤマトホールディングス株式会社と株式会社丸井の資本・業務提携に関する基本合意について

クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム

ヤマト ホーム コンビニエンス 株式 会社

ヤマトホームコンビニエンスで水増し請求 image :グッド!モーニングより クロネコヤマトの宅急便で名の通った「ヤマトホールディングス」の子会社で、引越し業「ヤマトホームコンビニエンス」が長期に渡り水増し請求をしていたとして、問題になっています。 2018年7月24日、「ヤマトホールディングス」の山内雅喜社長と、「ヤマトホームコンビニエンス」の和田誠社長が記者会見を開き、謝罪しました。 ヤマトホールディングス(HD)子会社の引越し業「ヤマトホームコンビニエンス」(YHC)の水増し請求問題で、HDの山内雅喜社長とYHCの和田誠社長が7月24日、国土交通省記者会で会見を開き、「心より深くお詫び申し上げます」と謝罪した。 一部の顧客企業に対し、荷物量を水増しして、料金を過大に請求していたことを認めた。 出典: 2018年7月31日追記 その後の調査結果から、17億円から31億円に膨らんだことが判明しました。 以下の記事では宅配便の値上げなどで営業利益は増えているとなっていますが、YHCの法人の新規受注は停止しており、今後の信頼という面ではマイナス要因になりかねません。 ヤマトホールディングス(HD)は31日、子会社ヤマトホームコンビニエンス(東京都中央区)による法人向け引っ越し代金の過大請求額について、これまでに判明していた約17億円に加え、調査結果を踏まえて新たに約14億円を見積もり、過去5年間で計約31億円としたと発表した。 出典: 期間は2016年5月~2018年6月の2年間。 (実際は2010年ごろから行われていた可能性あり?) 件数は分かっているだけで4万8000件、対象社数は2640社と膨大です。 Advertisement また、2011年の段階で社内通報もあったようですが、個別案件として相手企業に対応したものの、 (この時点で)全国的な問題という認識はなかった と山内社長は釈明しています。 この言い方だと、 少なくとも山内社長の耳には入っていたというように聴こえます。 今回の対象期間は2016年5月~2018年6月の2年間となっており、2011年の通報ということは、もっと以前からその兆候があったはずです。 内部告発をした槙本さんは、少なくとも2010年から水増し請求があったと話しています。 社内通報があった時点で、全国の営業所で内部調査を行い、顧客への影響範囲と被害の大きさを鑑みて、顧客への謝罪・返金、業務改善を行うのが大企業の本来の責任・姿勢だと思いますが、 どうも山内社長にはそうした対応を行う「認識」が無かったようですね。 このたび、弊社が法人のお客さまに提供している引越サービスに総額約17億円の不適切な請求があった事実を確認いたしました。 弊社の引越サービスをご利用いただいている法人のお客さまをはじめ、ヤマトグループのサービスをご利用いただいているお客さま、および関係者の皆さまの信頼を裏切り、多大なご迷惑ならびにご心配をおかけしましたことを心から深くお詫び申し上げます。 弊社は不適切な請求があった全ての法人のお客さまへのご一報と謝罪を完了し、 今後、不適切な請求分を速やかにご返金するなど、引き続き誠意をもって対応してまいります。 6月28日より当面の再発防止にあたっており、7月17日に社長直轄の「事業構造改革推進室」を設置し、抜本的な再発防止策の策定に着手しました。 また ヤマトホールディングス内に外部の独立した専門家で構成する調査委員会を設置し、8月中に当委員会から本件に関する詳細な調査結果等の報告を受ける予定です。 なお、当調査委員会の報告を受け、再発防止策が機能を開始するまでの期間、弊社は法人のお客さまと契約する引越しサービスの新規契約、新規受注を中止させていただきます。 お客さまには多大なご迷惑をお掛けしますが、二度とこうした事態を招かぬよう、全社を挙げてさらなるサービス品質向上と信頼回復に努めてまいります。 詳細につきましては、下記ニュースリリースをご参照ください。 2018年7月24日 ヤマトホームコンビニエンス株式会社 代表取締役社長 和田 誠 出典: この文中に原因が記載されていませんね。 外部の調査委員会で調査した結果を8月に報告するとのことです。 Advertisement 法人の盲点 今回の水増し請求は、明らかに「ヤマトホームコンビニエンス」の悪質な業務の常態化が問題ではと思われます。 (まだ調査中なので推測に過ぎませんが) しかし顧客である「法人」の側には問題は無かったでしょうか? 法人の規模にもよりますが、20万円程度多く請求をされても気づきづらいという会計処理の盲点があります。 個人では金額が小さく、依頼主と請求書の受け取り先が同一なので気づかれやすい。 法人は依頼元の部署と、請求書の受け取り先の部署(経理)が別なので気づきにくい。 裏を返せば、「ヤマト」というブランドへの盲目的な信頼と、請求書の内訳を精査せずに出されるがままに支払う杜撰な会計処理。 Advertisement まとめ image : WBS より 山内社長は、組織ぐるみは否定しました。 しかし、「ヤマトホームコンビニエンス」の和田誠社長は、 一部の社員からは業績を上げるためにやったことがあるという証言があったと話しています。 事が大きくなってから慌ててヒアリングをしたのでしょう。 しかし、例えばどこかの営業所だけ局所的にやっていて、全体の1%から5%くらいに収まるのなら組織ぐるみではないと言えますが、今回はどうでしょう? 過去2年間(2016年5月~2018年6月)に引越しサービスを提供した3367法人の全約12万4000件を調査したところ、2640社の約4万8000件で総額約17億円の不適切な請求 出典: Advertisement この件数を分母として計算すると、 39%が不適切だったことになります。 2年間だけでも40%近くの案件で行われるほど常態化していたことが、なぜ安易に組織ぐるみではないと言い切れるのでしょう。 組織ぐるみとは、「会社組織すべてが関係しているさま(出典:)」を指します。 別に社長が直接指示をしていなくても、会社全体に蔓延している場合でも組織ぐるみといえるのではないでしょうか。 社長が「組織ぐるみではありません」という時、いつも「私は知りませんでした」と言っているように聴こえて仕方ないんですが。 こういう数字が出てしまっている以上は、「私の責任であり、不徳の致すところ」くらいにして、平身低頭謝罪する方が良いような気がします。 「私が指示を出したものではございませんが、いつしか組織全体に蔓延してしまっておりました」みたいに言えば、社員のせいにして逃げだしたとしか見られませんしね。 対象の顧客には既に謝罪済で、これから返金を進めていくそうです。 株主には「ヤマトホームコンビニエンス」として、負債額がどの程度のダメージになるのかはきちんと説明をすべきではないでしょうか。 ここまでお読みいただきありがとうございました。 関連記事を紹介させていただきます。

次の

ヤマトホールディングス株式会社と株式会社丸井の資本・業務提携に関する基本合意について

ヤマト ホーム コンビニエンス 株式 会社

これまで僅かながら黒字を維持してきたホームコンビニエンス事業。 2019年度の決算では77億6400万円の赤字、2020年度もQ3で76億5600万円の赤字です。 名前からイメージしにくいものの、実際の業務は引っ越しサービス。 売上の急落が続いたため大赤字へ。 事の発端は2018年8月 「ヤマトホームコンビニエンスによる法人向け引越し代金の過大請求問題」です。 以降、売上の減少が止まりません。 ヤマト、引越で4. 8万件「過大請求」の深刻実態 宅配最大手のヤマトホールディングスは7月24日、子会社のヤマトホームコンビニエンスが法人顧客向けの引っ越し料金を過大に請求していたと発表した。 2016年5月から2018年6月末までにサービスを提供した3367社の約8割にあたる2640社に対して過大請求があり、総額は約17億円に上る。 今後の見通しにマイナス、脅威となる外部環境 ライバル会社は宅配事業に力を入れ始めている。 国土交通省 令和元年10月1日発表 ヤマトHDの株価予想。 今後の見通し まとめ 以上、ヤマトHDの株価にプラスの影響をもたらす要素、マイナスの影響をもたらす要素をリストアップしました。 結果、 今後、ヤマトHDの株価は急騰すると予想。 今の内に仕込んで置きたい株の1つです。 ヤマトHDは運賃の値上げ等により、利益を稼ぐ体質へ変貌。 デリバリー事業の営業利益6倍、右肩上がりの社員1人当たり営業収益からもはっきりと改善の傾向が見て取れます。 メール便の取り扱い件数が減少、宅配個数の頭打ちといった不安材料があるものの、現時点での影響は軽微。 件数が減少するも売上が増加している内は問題ありません。 またヤマトは現在、3700か所ある宅急便センターでの2次仕分け業務を無くし、70か所のベースで一次仕分け、二次仕分けを完了させ、各センターでの仕分け作業を無くし、直ちに積込、配送できる環境を整えるべく、設備投資、開発を行っている最中です。 売上拡大を進める前に、足元の基盤を強固にする施策を採用しているヤマト。 今後も利益率の改善は見込めるといって良いでしょう。 ヤマトHDの抱えている問題といえば過大請求問題で大きく報道、売上減少、赤字が継続している「ホームコンビニエンス事業」です。 ホームコンビニエンス事業のおかげで、2018年8月以降株価は右肩下がりです。 おかげで、 絶好の買い場が到来していると私は判断します。 2019年度に引き続き、2020年度も大幅赤字で着地するホームコンビニエンス事業。 そろそろ撤退、規模縮小。 なんらかの施策が発表されると予想します。 積極的な自社株買いを実施するなど、株主還元姿勢の高いヤマトHDがこのままお荷物を抱えて放置することはありません。 もし、 ホームコンビニエンス事業に対し、例え効果が弱くとも、何らかの方向性が発表されれば、株価は急騰します。 ヤマトHDの改善傾向は明らか。 問題はお荷物事業をどうするか?処置を行うのみ。 今後、ヤマトHDの株価は急騰すると予想。 今の内に仕込んで置きたい株の1つと判断します。

次の

クロネコヤマト(ヤマトホームコンビニエンス)

ヤマト ホーム コンビニエンス 株式 会社

廃品回収も依頼するなら、ヤマトホームコンビニエンス株式会社(クロネコヤマト)がオススメです。 ヤマトホールディングス株式会社のグループ会社です。 ヤマトさんは、宅配便でよく利用していたので、その関連で、引っ越しも手掛けていることを知っていました。 それで、いざ引っ越しとなった時、インターネットで、一括見積もりサイトを検索して、見積もり依頼をしました。 私が利用して便利だと思った1つ目の理由は、廃品を回収してくれるということです。 状態のよいもの、という条件なので、営業担当者が、直接見ての判断でしたが、私の場合、冷蔵庫と電子レンジを回収してもらえました。 これらは、2点とも、廃棄となると料金がかかるし、粗大ゴミの面倒な手続きも省けたので、無料で引き取ってもらえたのは、大変ありがたかったです。 ヤマトホームコンビニエンスさんは、リサイクルショップも経営しているので、このような対応が可能なようです。 2つ目によかったと思ったのは、引っ越し後のダンボール回収を何度でも行なってくれることです。 電話をして、翌日には取りに来てくれます。 荷物を出した後のダンボールは、とにかく数が多くて、場所を占領します。 引っ越し後は、出来るだけ早く片付けして、快適に過ごす空間を作りたいので、電話の翌日に来てくれるのは、助かります。 営業担当者も問い合わせに対して、的確に返答してくださり、印象がよかったです。

次の