織田 裕二。 『BG』木村拓哉と『SUITS』織田裕二に残酷な明暗…主演ドラマ延期にコロナ対応の差

織田裕二、画像悪用で被害者続出…「スマホ不正利用アプリ」の広告塔にされていた!

織田 裕二

「」より 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、春ドラマの約半数が放送延期に追い込まれている。 皮肉なのは、TBSの『半沢直樹』、日本テレビの『ハケンの品格』、テレビ朝日の『BG~身辺警護人~』、フジテレビの『SUITS/スーツ2』と、各局が勝負を賭けた大作ほど影響を受けていること。 人数、時間、セットやロケなど、さまざまな点でスケールが大きい分、クラスターのリスクが高く、「局を挙げた作品だからこそ安全策を採らなければいけない」という事情もあるという。 なかでも、「90年代の主演俳優2トップ」と言われた 木村拓哉と 織田裕二の主演作に明暗が生まれている。 第1話から延期と、第2話での中断 そもそも、両作はドラマ誕生の背景から大きく異なる。 『BG』がオリジナルであるのに対して、『SUITS/スーツ2』は米ヒットドラマのリメイク。 主人公に目を向けても、『BG』の島崎章(木村拓哉)は肉体で人を守るボディガードであるのに対して、『SUITS/スーツ2』の甲斐正午(織田裕二)は頭脳で人を守る弁護士。 「ボディガードは後方で黒子のように振る舞う」「弁護士は前面に出て交渉する」という仕事ぶりからも、対照的なキャラクターが見えてくる。 さらに言えば、島崎は「弱き者の盾になる」という使命感に燃えたピュアな人物像であるのに対して、甲斐は稼げる大企業案件ばかりを扱い、勝つためなら手段を選ばない狡猾なタイプ。 言わば、島崎が保守的な古き良き日本人で、甲斐は進歩的な現代のビジネスマンなのだが、不思議なことに、そのキャラクターが新型コロナウイルスへの対応にシンクロしていた。 まず『BG』は4月16日スタートの予定だったが、8日に放送延期を発表。 一方、『SUITS/スーツ2』は、予定通り4月13日に第1話を放送し、20日には第2話も放送されたが、終了直後に中断を発表。 第3話以降の放送は未定で、今週からは『コンフィデンスマンJP』が再放送されている。 つまり、フジテレビが選んだのは『BG』のような前シリーズの再放送ではなく、主演俳優も作品ジャンルも異なる作品の再放送だったのだ。 これでは再開に向けた『SUITS/スーツ2』の番宣につながらず、新シリーズを楽しんでいたファンにとっても、やり切れない気持ちだろう。 番宣の効果も中断されてしまった 主人公のキャラクターを踏襲するように、「前シリーズの再放送」という保守的な形を選んだ『BG』と、「行けるところまでは放送しよう」という進歩的な形を選んだ『SUITS/スーツ2』。 ここまで、世帯視聴率とネット上の声には明確な差が生まれている。 世帯視聴率は、前シリーズの再放送だった『BG』が第1話11. 6%、第2話10. 4%を記録したのに対して、新シリーズの『SUITS/スーツ2』は第1話11. 1%、第2話8. 4%と、新作であるにもかかわらず、早くも大きく下がってしまった。 当然、録画や配信視聴をしている人もいるが、現在は在宅率が高い時期だけにショックだろう。

次の

織田裕二 そんなもんだろう 歌詞

織田 裕二

「 サイトを開いてみたら、ちゃんと織田裕二さんがいて、すっかり信用してしまいました……」(被害に遭った男性、以下同) いま、佐川急便を装ったサイトを悪用した詐欺が増えているという。 「 《お荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。 下記よりご確認ください》という不在通知がショートメールで届いたんです。 それまでもサイトやLINEで配達の時間指定をしていたので、何も疑いを持ちませんでした」 届いたリンク先を開くと、佐川急便のサイトと、まったく同じデザインのサイトで、CMに出演している織田裕二の姿も。 本物かどうか判別しようとしても…… 「アプリを入れたら、僕に届いた文面と同じショートメールが、自分の番号でいろいろな人に勝手に送られたんです」 手口について、ITジャーナリストの三上洋氏は、 「 Androidの場合は、荷物追跡サービスを装った不正アプリを入れさせて、被害の拡大を狙ったメールの不正送信以外には、スマホ内の情報を盗み取って不正利用します。 iPhoneの場合は偽サイトにログインさせて、IDやパスワードを盗み取って、不正利用するというものです」 この男性のようなメールの不正送信だけでなく、クレジットカード情報を盗み取られ不正に利用されたり、キャリア決済で勝手に買い物をされた人もいるという。 「 不正アプリを入れさせる説明以外、サイトはそっくりです。 そのため注意喚起としては、本物かどうか判別しようとするのではなく、そういったショートメールは無視すること。 自治体や企業がリンクつきのショートメールを送ることはなく、送ることがあっても本文のみで、リンクを貼ってサイトに飛ばすことはありません」(三上氏) もしアプリを入れてしまったら? 「 スマホを初期化し、すべてのネットサービスのIDやパスワード、クレジットカードやキャッシュカード、また携帯の番号なども、すべて再発行すべきですね」(三上氏) 詐欺サイトを作られてしまった佐川急便に話を聞いてみると、 「 集荷や配達に関するお問い合わせを、お客様に対してショートメールで送ることはいっさいしていないので、そういうショートメールが届いた場合は開けずに削除をお願いいたします」 注意すべきは佐川急便を装ったメールだけではない。 「 大手銀行やネット銀行を装ったメールも急増中。

次の

【画像】織田裕二の若い頃は?学生時代のエピソードや経歴・デビューのきっかけも調査!|まるっとログ

織田 裕二

(C)まいじつ 3月28日、坂上忍がMCを務めた特番『豪華俳優が本気で食べたいグルメ争奪戦!FNS春の祭典2020』(フジテレビ系)が放送され、不仲がウワサされる俳優・織田裕二と共演を果たした。 同番組は、この春放送の新ドラマやフジテレビ系配給映画の俳優陣が、チーム制でさまざまなゲームを繰り広げるお祭り的番組。 織田は主演の〝月9〟ドラマ『SUITS/スーツ2』チームとして参戦したが、2人は前作の『SUITS/スーツ』番宣時に出演した同番組が原因で〝共演NG〟になったとウワサされたことがある。 「18年10月の同番組にて、坂上は『みなさん! フジテレビに織田裕二が帰って来ましたよ~!』などと織田をイジり、同い年でドラマ共演歴もある仲から『織田』と呼び捨てにして番組を進行していました。 しかし、織田は〝あくまで番宣で出てるのに失礼なイジリだ〟と不愉快に感じたらしく、一部メディアで『織田が坂上を共演NGにした』とのゴシップが飛び交いました」(芸能ライター) 「仲良しアピールがウザい」 しかし、織田は今作でも番宣として出演し、坂上との共演NG説はあくまでウワサにすぎなかったと証明する結果に。 ネット上にも、 《前回の共演で織田裕二が怒って共演NGになったって週刊誌に出てたけどあれは嘘だったのか》 《坂上と織田って共演NGじゃなかったの?》 《坂上のアホが無礼働いて共演NGっつったんじゃなかったっけ?》 などと、驚く反応が多数見られた。 坂上は今回も織田を呼び捨てにし、以前に共演した映画『就職戦線異状なし』でのエピソードを明かすなど、まるでNG報道を打ち消すかのように織田と仲がいいことをアピール。 しかし、この過剰なアピールが視聴者には「ウザい」と映ってしまったようで、 《坂上忍ちょいちょい織田裕二と仲良し感出すのウザいな》 《コトあるごとに織田裕二の苗字を呼び捨てして〝昔なじみ感〟をちょいちょい出す坂上忍、むちゃくちゃ気持ち悪いな》 《いくら過去に共演あったとしても「織田くん」でもいいんじゃ?》 《坂上忍、何で織田裕二さんを「おじさん」って言ったんだ》 《坂上忍のような三流タレントが織田裕二のことを織田って呼び捨てにするのイライラするな》 などといった声も続出した。 10年ほど前には、自身のモノマネをする某芸人にも、不快感から〝禁止令〟を出したと報じられたことがある織田。 坂上との共演NG報道にも、こうした〝プライドが高い〟イメージが影響したのかもしれない。

次の